2013年03月08日

長男、またまた脱臼の巻

ちょうど一年程前、長男が初めて肩を脱臼した記事を書きました。

http://shashan.seesaa.net/article/261724453.html

そしてまた同じネタで書くことになろうとは・・・

実は昨年10月にも、同じ右肩を再度脱臼してたんですよ。
つぶやき読んでる方はご存じでしょうけど。
体育の授業中に、後ろから飛んできたバレーボールが右肩にあたり、
その衝撃なのか、咄嗟の姿勢が引き金になったのかわからないけど、
また脱臼して救急車のお世話になったのです。

そろそろ半年になるので、経過観察で病院に行こうと
していた矢先に、三度目の右肩脱臼です。

今日は私は代休で、好きなことをやって過ごそうという日でした。
午前中、母と一緒にモーニングファーストで映画を見て、
お昼は外食にして、午後から何をしようかなという感じ。

で、映画を見終わって、お昼を食べる店に入って注文したら、
長男から電話。ちなみに高校入試の採点日なので長男は休み。
昼前にでかけるって言ってたけど。

そしたら長男ではなくて、救急隊員の肩、いや、方でした。
長男が着替えをしてたら脱臼してしまい、
自分で救急車を呼び、今は自宅前で病院選定のために
救急車待機とのことでした。

長男は私が帰宅するのを少し待っていたんだけど、
やっぱり待っていても埒が開かないと判断し、
自分で救急車を呼んだそうです。
自分で肩を戻すとか試みたらしいけどダメで。
そりゃそうだ。

すぐに自宅へ戻るべきか聞いたら、病院決まったら
連絡するから待っていてと言われましたので、
ランチの海鮮丼もきちんと食べられた〜。

町内には処置してくれるところがなくて、
(総合病院もいくつかあるんだけど)
一年前にお世話になった病院へ行くことに。
(10月は別の病院ね)

一旦帰宅して、保険証と診察券と現金を持ち、病院へ。

外科へ行ったら、長男はもう処置済みで三角巾姿でした。
診察室に呼ばれたら、医者が開口一番、
「お母ちゃん、これはもう、このままにしてちゃだめだね」

ああ〜、やっぱり手術しないとダメか。
脱臼を繰り返さないように根本的に処置したほうが
いいかもよと一年前に言われたけど、
筋力つけることも効果あると言われたし、脇に置いてたんだが。
もう、筋力うんぬんで解決しない状況のようです。

でも、高校入学してから、亜脱臼も何度かやっていたので
もう根本的になんとかしろというサインだったのでしょう。

まあ、それよりも、「お母ちゃん」なんて言われたのは
初めてで、そっちが「えっ?!」でしたけど(^_^;

有無を言わさず、大学病院へ紹介され、予約も取り、
紹介状も書いてもらい、もう手筈は整いました。

あとは大学病院の肩の専門医に相談して、
いつどのような治療をするのか決めましょう。

やるなら「今でしょう!」なのかもね。
受験間近にまた脱臼されるよりはいいし。
第一、着替えで脱臼するってあなた。

しばらくはまた自転車運転できないから、バスか徒歩だね。
まあ、頑張ってくれたまえ。
科学の甲子園全国大会も間近だし、しっかり直さなくちゃ。

しかし、前の記事の時にも書いたけど、
私がいる時、休みの時にハプニング起きるよねえ。
本当に。不思議です。まだまだ学べってことかい?

すぐに対応できていいんだけど、休みがつぶれるのだよ。
今日も半日つぶれた感じでした。

でもまだ土日があるから、取り返そう!
 
posted by しゃーしゃん at 23:39| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気・薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック