2017年11月04日

身体が気になるお年頃。

どうも、お久しぶりです。しゃーしゃんです。
あっという間に10月も終わってしまいました。もう11月です。

最近「あっという間」の一言から記事を始めることが多くて、
それだけブログ更新できてないってこともあるんですけど、
それを差し引いても、本当にあっという間ですね。

あっという間ではあるけれど、仕事も家庭も個人的なことも、
かなり色んなことが濃い密度で繰り広げられた10月でした。
それぞれ書き残しておきたいことがたくさん。

なので、実感としては、
「あちこちから湧き出てくる問題・課題に翻弄されつつも、とにかくあきらめないで、
時には誰かに相談しながら、普段言わない弱音や愚痴をこぼしつつ、
心持ちを変えながら、地道にもがきながらも進んできたら、
ようやくそれぞれに、思いがけない一筋の光が見えてきて、気づいたら11月突入。」
って感じです(^^ゞ

そのうちの1つを今日は記録しておきましょうかね。



毎年、会社で健康診断を受けるのですが、この年齢ですと、人間ドックという感じで、
色々な検査項目があり、その中に、女性特有の乳がん検診、子宮がん検診も入ります。
乳がん検診はマンモグラフィーが基本で入っており、オプションで超音波(エコー)検査を
追加して受けました。

以前、基本のマンモだけ受けた時に、何やら病気の疑いが出たので、あとからエコーも受けて、
その両方を重ね合わせて診断したところ、何でもなかったということがあったので、
それ以来、どちらも受診することにしています。だって、下手にドキドキするよりいいし。

子宮がん検診は、2年に1回程度で良いと言われてましたが、
子宮頸(けい)がん検査が基本に入っているので、それだけ受けて、
オプションの子宮体(たい)がん検査はスルーしてました。
これもエコーですが、前は基本に入ってたけどなくなったのでいいかなと。

今年も9月に健康診断を受けたのですが、子宮がん検診の時の問診票に、
不正出血の有無や生理の期間を書く欄があり、そういえば先月少し変かも?と思ったことを書いたら、
検査した先生から、
「子宮体がん検査は4年受けてないから、産婦人科でちゃんと見てもらったほうがいい。
 不正出血も病気なのかもしれないし、年齢のせいかもしれないし、すぐに見てもらいなさい。
 生理もこれは長すぎる、おかしい。」
となんかすごい勢いで言われたので、ちょっと不安になりました。

子宮がん検査結果としては、陰性で異常なしだったので、安心。
とはいえ、その後の生理周期が急に短期間になったことと、
生理期間が妙に長くて全然終わらないのが続いたので、
やっぱり何かの病気で出血が止まらないのか、更年期障害なのか、と不安になり、
次男出産時以来、意を決して産婦人科に行ってきました。

妊娠・出産を経験していても、やっぱり産婦人科って軽い気持ちで行きづらい。
子宮がん検診もそうなんですが、直に診察される時に痛かったりするので。
先生や検査器具によってだいぶ左右されるように感じます。

さて、近所の産婦人科に行ったところ、新しく建て直したこともあり、院内はかなり広くて、
待合室や中待合室も余裕の広さだし、綺麗だし、一般診療とがん検診とで、診察順番を
別々にしていて、番号で呼ばれるし、色々な配慮が行き届いていて、とても安心できました。

エコー検査では、痛いかなあと思ってましたが、最新の器具だったのか、先生が上手なのか、
わからないけど、全然痛くありませんでした。これが一番安心できたポイント。

エコーの感じでは、少し卵巣が腫れてるけど心配するほどじゃないし、
子宮も少し大きい気がするけど特に問題ないと言われました。
長男出産した時、「子宮が非常に小さかった」と母子手帳に書かれたので、それはちょっと意外。

念のために血液検査もして、貧血・ホルモン・腫瘍マーカーも調べることに。
その結果を聞きに、今日また通院してきました。

結果としては、貧血もないし、内膜症もないし、女性ホルモンは少し少ないけど、
全体的には特に何も問題ないことがはっきりして、ようやく安心できました。
検査結果を見た先生が、「あれ?何の相談で来たんでしたっけ?」と聞き返す程に
何でもなかったという(笑)

年齢を確認されて、女性ホルモンの減少や、生理の症状などについて、
「この年齢なら、ものすごく普通の状態で、何も心配することない」
と太鼓判を押されましたよ(笑)

「汗をものすごくかくとかはない?」
「そういう更年期障害だと思う症状がなくて、出血だけだったので・・・」
「もし何かまた気になったら、来てみてください。」
ということで、終了。

治療が必要な病気がなかったことが一番ですが、今後は閉経に向かって、
色々と変わってくるんだろうなあ。

女性ならではの体調の変化は、そのまま人生、生活にも影響が出るから、
今後はうまくその変化ともおつきあいしていけたらいいな。

そんなお年頃になったということを、いやがらずに受け止めて、このタイミングをうまく使って、
生き方を切り替えていけますように。
posted by しゃーしゃん at 23:57| 宮城 ☁| Comment(0) | 病気・薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。