2019年04月30日

平成の時代の終わりに。

今日、4月30日といえば、我が家では亡き父の誕生日。生きていれば79歳でした。
父の誕生日のことを書くつもりではなかったのですが、この日付を書いて思い出しました。

あらためて。
平成31年4月30日の今日、「退位礼正殿の儀」が終わり、天皇陛下が退位されました。
天皇、皇后両陛下には、平成の30年間、本当に感謝申し上げます。
お二人のお言葉や行動のひとつひとつからにじみ出る優しさ、思いやりに触れるたび、
温かい気持ちになり、不思議と前向きな気持ちも湧いてきました。

私達には想像できない大変なこともたくさんあったかと思いますが、
どうぞ、明日からは、ごゆっくりとお二人だけの時間をお過ごしいただき、
いつまでも、お元気でお幸せでありますよう、お祈りいたしております。
いつも国民の幸せのために祈り続けてこられた天皇、皇后両陛下のために、祈りを捧げます。



平成の時代が30年と少しで終わろうとしています。
自分にとって、どんな時代だったのか、超簡単に振り返ってみます。

昭和の時代に大学に入学した私は、途中で平成の時代を迎えました。
昭和が終わるとか、元号が変わるとか、急には受け止めきれなかったなあ。

まもなく大学を卒業して、社会人に。今も同じ会社にいます(爆)

平成5年12月、夫と結婚。二人でアパート住まいを開始。
そのまま仕事も続けて今に至る(^-^;

平成8年3月、長男誕生。初めて育児休暇を一年取りました。

平成9年、長男1歳となる直前に、私の実家に同居することに。そして今に至る。
当時の育児短時間勤務は、保育園送迎という条件にあわないため、フルタイムで復帰。
(今は改善されましたよ)

平成10年、シロアリ被害にあったためやむを得ず実家を建て替える。
なんちゃって二世帯住宅です。

平成11年、次男誕生。二度目の育児休暇取得。一年後に復帰。

このころ、母が脳梗塞になり入院。でも後遺症は残らなかった。

長男が小学生、次男が幼稚園年長の時に、母がまた脳梗塞になり、後遺症が残り今に至る。

この時は、母に頼っていた育児の一部、食事の用意、家事全般、もちろん仕事も重なり、
自分の限界もおそらく超えていたのだろう。全身にひどい発疹が出て入院してしまいました。

退院し落ち着いた頃、平成17年11月23日に、このブログを開設しました。

育児に仕事に家事に、ずっと忙しかったのですが、父の体調が思わしくないことを感じ、
毎月の持病の通院に同行するようになりました。
そこで徐々に、父の病気の状態や、今後のこと、寿命などを知りました。

何度か手術を行い、色々とできる手立ては尽くし、あとは自然に任せるのみとなり、
平成23年1月20日、父はこの世を去りました。初めて家族の葬儀を経験しました。

悲しみが癒える間もなく、平成23年(2011年)3月11日、東日本大震災が発生。
この時の辛さ、大変さは人それぞれなので、何とも言えないですが、
父を亡くしたばかりで心細い母を何とか支えなくては、子供達を守らなくては、
という想いで必死でした。

平成23年、長男、高校入学。そして、平成26年に大学入学、東京で一人暮らし開始。
6人家族から、父がいなくなり5人家族へ、そして長男もいなくなり4人家族へ。
この時は引っ越し手伝いにも行けず、都会の荒波に放り出した感じで、しばらく寂しかったです。

この頃から段々と、母の言動が、認知症かな? 脳梗塞の後遺症によるまだら記憶なのかな?と
思うようになり、どうしたものかと悩みつつも先送りにしていました。

ですが、ある時に民生委員の方にいただいた一言によって、行政のサポートを利用することにし、
介護認定を受けて、デイサービスに通うまでになりました。
支援を受けてから一年が経ちましたが、本当に頼って良かったと思ってます。

平成27年、次男、高校入学。そしてやっと平成31年春に晴れて大学生になりました。
色々と一年悩みつつ、長男もこの春から大学院生になりました。

次男も東京へ行ったので、長男と二人で暮らすことになり、何とか生活し始めました。
こちらは、母・夫・私の大人3人の暮らしに。
寂しくなるかと思いましたが、案外とそうでもないのは、まだ時間経ってないからかな。

そうそう、平成30年は結婚25周年記念でもありました。なんと銀婚式です。



仕事のことや家族の細かい話などを盛り込まなくても、もうこんなに長くなりました。
平成30年を振り返るというのは、大変なことですし、自分の記憶もあいまいになります。

なので、平成17年から始めたブログ記事も、私にはとても貴重な記録になりますし、
Twitterのログもある意味では即時的な記録として役に立つでしょう。

平成最後の数年間は、結局仕事の忙しさが先に立ち、ブログ更新もままならずでしたが、
これを機に、平成の思い出を少しずつでもまた記録していきたいなと思うのでした。

学生から社会人へ、そして妻になり、母になった、平成の時代よ、本当にありがとう。
 
posted by しゃーしゃん at 22:05| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。