2012年12月19日

水のビジョンより。

お空にはもう半月になろうかというお月様。

先週は新月だったのに、月の満ち欠けは早いものですね。
そして、その他の天体の動きも。

その新月の日と、その次の日に、ちょっと内観してみました。
新月には願い事も叶いやすいというし、良い機会ですから、
自分の心の奥に問いかける時間を作ってみました。

ジャスト新月の日には、エンジェルオラクルカードをネットで引いてみました。
ちょっと聞いてみたいことがあったので。

すると、このカードが登場。「Harmony」調和というカードです。

harmony.jpg

質問内容とか、カードの標準的な意味とは全く別に、
私が受けたメッセージは「水、潤い、たゆたう」というものでした。

このカードは何度も出てきたことがあるのですが、
こういうメッセージを受け取ったのは初めてです。
なぜなのかなあ・・・と。

そして、次の日も新月のなごりがありますので、瞑想してみました。
瞑想っていっても、目を閉じて思い巡らすだけですが。

まあ、色々と自分のこうしたい、ああしたいが浮かんでは消え、
本当のところはどうなりたいのかなあというビジョンを探っていたら、
突然、ぽちゃんと水が弾けてるような「水」のイメージが浮かびました。

こんな感じ?
water.jpg

2日続けて「水」ですか。そうですか。



透明。

清らか。

ピュア。

クリア。

何の色もついていない。

素の私。

何ものにも染まっていない。

明るい。

本当の私。

流れていく。

執着することなく、周りに流されることなく。

流れていこう、前に向かって。

そのさまざまな器に沿って、いかようにも。

ゆっくりとたゆたい、時にはスピードをあげて。

何かと混ざり合う、何かが入り込むことがあっても、

それで色がついたとしても、濁ってしまったとしても。

濾過すれば、ほら。

私は私です。

ピュアで透明で、芯がぶれない、地に足がついている。

だから、恐れることはない。

さまざまな色がついた自分を楽しもう。

濁った自分も俯瞰して見てみよう。

その奥には、いつだって、本当の私がいるのよ。

厚い曇り空の向こうには、輝く太陽がある。青空がある。

日食になっても、月食になっても、そこには確かに太陽が、月が、地球がある。

それとおんなじ。ぜ〜んぶおんなじ。

だから、怖くない。

なくなったわけじゃないもの。消されたわけじゃないもの。

変化に応じて、凍ったり、しずくになったり、水蒸気になったり、

雲になったり、雪の結晶になったり、木の中の導管を通ったり。

わあ、すごく大忙しだね。

でも、それも楽しいことだよ。ワクワクする。

変化に応じて姿を変える。染まってみる。

晴れた日には、光を受ける。漣(さざなみ)が光る。

夜には、闇を抱きしめる。

すべてを受け止めて、すべてを流していく。

そして、また、自分に還っていく。

それでいいんだな。



こんな気づきがありました。
おもしろかったな。

さて、今後私はどうなっていくかな?

楽しみです。
 
posted by しゃーしゃん at 22:05| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

「今」を大切に。

昨日、自転車で帰宅中、ふと心に浮かんだことからの自問自答。

私の目の前にある現実から目をそらしてはいけない。
スピリチュアルなことに興味が出て、それを追いかけている一方で、
やっぱり自分は人間として現実に生活していることを忘れちゃいけない。

根っこをしっかりして、その上での、だよ。
(根っこをしっかりってグランディングに通じますね)

「今」を大切にしないと!大切にしよう!

自分が感じることができるのは「今」だけだもの。
過去のことをほじくりだしてあれこれ悩んでいるのも「今」。
未来のことを必要以上に不安がったり怖がったりしているのも「今」。

そんなことして未来がよくなるの?過去が消えるとでもいうの?

未来って来年とか、2〜3年後、10年、20年後という感覚があるけど、
1秒後だって未来だよね。1秒前はもう過去になっちゃう。

だったらね。

「今」に集中して「今」を大切に丁寧に過ごせば、
おのずとそれは大切に過ごした過去として積みあがっていく。
そして1秒、1分、1時間、1日後に何をどう選択して過ごすのか、
それを常に考えているのは正に「今」であり、
今自分が選択した思考に基づいて行動していく未来の自分がいるはず。
だからいたずらに不安や怖れを抱いている暇なんてないのよ。

確かに、今までの過去には蓋をしてきたこと、思い出したくないこと、
目をつぶってきたこと、恥ずかしいこと、怒りがこみ上げること、
苦しいこと、悲しいこと、辛かったこと・・・いっぱいあるよね。

わざわざ蒸し返す必要はない。でもふと心に蘇ることがあるよね。
その時はね、それを客観的にありのまま見つめるの。
そして、その時の自分に対してこう語りかけるのです。
「頑張ったね。辛かったよね。あの時の私がいてくれたからこそ、
今の私がいるの。本当にありがとう。過去の私よ、愛しています」と。
当時の自分を責めてはいけないよ。それは自分を更に「今」傷つけるから。

うん、過去の自分にはやっぱり「ホ・オポノポノ」がいいな。



・・・ということで冒頭に戻り、現実世界を地味に生きている私です。

母が書いたスーパーでの買い物メモにはこうある。

・ジョイ
・調理用オイル
・みそだれ
・ソファ

3歳児と話す時にものすごく頭をフル回転して、この単語は実は何を示すのか?
と推測した経験、お子さんをお持ちの方なら必ず経験してるでしょう。
それを母に対して実施せねばなりませぬ。毎度のことではありますが、今回は難題です。

・ジョイ → 食器用洗剤◎
・調理用オイル → いただきものがあったので買わない。

そもそもソファってなんだよ(笑)と母に問うと、お風呂方面へ歩き出そうとしたので
「ああ!レノアのことね」と解決。ソフランと混ざったのか?

問題はみそだれだ。母に聞いても思い出せないらしい。
「いつ使うものでどんな色なの?」「調理する時に使う、味つけするやつ」
味噌はあるし、醤油・塩・砂糖・ソース・ドレッシング等もある。

何度聞いても要領を得ないので、次回思い出した時に、となった。
しばらくして自分が台所仕事をしていて、母が肉を炒めるシーンをなぜか回想。
そこで!焼肉のタレ登場!みそだれってこれのことか〜!わかんないよ〜。
母に聞くとやはりそうでした。

まあ、こんな毎日を過ごしております。
母よ、目が悪くてもメロンパンは冷蔵庫に入れないで。



「ホ・オポノポノ」についてはじっくり書きたいんだけど、
なんかタイミングがあわないのですよね。
いずれ、必ずハートがOKを出したら書きますね。
posted by しゃーしゃん at 22:31| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 心のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

不思議な夢

101108_1252~001.jpg
日曜夕方から今日まで琥珀の国に出張してました。
休日移動は手当が出るけど、なんか休み半分で残念だ。

21時半にホテルに入り、駅で買ったお弁当とビールを部屋で一人食し、
いつの間にやら眠りについた。

珍しく、なんとも不思議な夢を色々と見た。
枕が変わったせいなのか。

空を見上げたら、右手に金色の龍が浮かんでいて、
左手には銀色の龍が浮かんでいた!!

とっても高価な着物に金糸で刺繍したかのような、
煌びやかなうろこを持つ龍たちだった。
本当にキラキラしていて、安土桃山文化か〜?!って思った。
あんなにはっきりくっきりって夢にしては珍しい。

びっくりして、傍らにいた人に「ほら、あれ、見て!!」と
空を指差しても、何も反応してくれず、
「え〜、なんであれが見えないの〜?」と焦る私。

するとその龍の間をペガサスが駆けていき、
真下の道路をギリシャ彫刻的なモノ達がとっとこ過ぎ去っていく。

一体この夢は何なの?
誰か診断してください〜

他にも色々見たけど、忘れてしまった。あ、これは覚えてる。

大きな玄関のドアが開け放たれていて、私はその内側にいた。
外の世界が広々と見える。
しかし、(外から丸見えじゃん!)と思った私は、母に「玄関閉めて」と頼み、
かくしてドアは閉められた。

これもなんか夢占いできそうですよね。

いや〜、それにしても金銀パールな龍は忘れられない。

写真は琥珀の国のイチョウの落ち葉。すっかり黄色に色づきました。
 
posted by しゃーしゃん at 00:34| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

心と頭

yahoo占いの「ジョナサン・ケイナー今日の予言」が好きです。
http://special.fortune.yahoo.co.jp/cainer/12astro/index.html

もちろん無料で、夏ごろから見始めてます。
星座ごとですが、普通の星座占いのように金運、恋愛運などに分かれてはいません。
インナーチャイルドカードのメッセージ形式に似ている気がします。
抽象的なんだけど具体的でもある。受け取る人によって変容する気がします。

私は獅子座なのですが、自分の過去の出来事を思い出すメッセージが先日ありました。
コピペしようと思ったけど、昨日の分までしか遡れなかった・・・。

確か、「心で感じようとしていますか? 頭で考えていますか?」みたいな内容。

小4位の国語の授業でのこと。
からだの一部を使った慣用句などの勉強で、文字通りの内容とは異なるものを
思いついた人から挙手して発表していくという場面でした。

例えば、「あごが落ちる」「首が回らない」「手を打つ」とかね。

そこで私は一生懸命考えて、手を挙げて発表した。
「胸に手をあてて考えると言うけど、考えるのは頭であって胸ではない」

教室中シーン。

どうやら先生の意図する方向で考えてなかったみたいだね、小4の私。
その後、他の人の発表を聞いて、「ああ、そういうことを言えばよかったのか」と気づいた。

それで、ジョナサンのメッセージを見た時、「ああ、これよこれ!」って
過去の私と繋がって、何かこう小4の私を癒すことができた気持ちになりました。

「胸に手をあてて考えてみて」という言葉は、理詰めで頭で考えるってことじゃなく、
自分の内側の気持ちに正直に、あなたがハートで感じていることは何でしょう?と
いうことなんだろうね。

心の感じるまま、直感に従って生きる。
できそうでなかなかすっとはできないことです。
仕事なんかは特に、頭をたくさん使って、本当の気持ちを押し込めて、ストレスが溜まる。

でも、根底にあるのはコミュニケーション、人と人との心の通い合い。
それって、理詰めでするものなんだろうか。
そんなことで、信頼関係って作れるんだろうか。

直感に従って行動するのも悪くはないと思います。
そして目に見えない流れに逆らわずに、乗ってみるのも最近はありだなと。

直感やインスピレーションをもっと感じられるように、
心の鏡を磨く努力はしないとね。

そしてもちろん、他者へ迷惑をかけるようなことはしないように。
根底に愛が流れてることが大前提かな。

なんかとりとめなくまとまらないけど、自分のため記します。
 
posted by しゃーしゃん at 13:29| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 心のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

中秋の名月ですね

100922_2210~001.jpg

今日は十五夜、中秋の名月です。

昨日、会社からの帰り道、ふと思い立ち、ヨークへ。
ダシだけを買う予定を変更し、お月見の品を揃えました。

さつま芋、なし二個、賞味期限間近のお買い得品のぶどう、栗、ゴマだれ入り団子をチョイス。
枝豆は悩んだが見送り。

「自由に持ち帰ってください」とあったので、すすきもゲット。

自転車のカゴになんとかすすきを収めて自宅へ。
すすきがびょーんとはみ出た自転車に乗る女(笑)

帰宅し、子供達に「明日お月見だからね〜」と予告。
「秋分の日は満月だよ〜。今もかなり丸いよ」

ベランダから空を眺めた次男。
「うわ!月の周りが緑色になってる!」
「どれどれ...本当だ〜」と長男。

昨日のお月様には綺麗に傘がかかっていたのでした。
その傘が緑色に見えたのだね♪

「こういうのを傘がかかるって言うのよ」
子供達、初めて見たのかも。

でも傘がかかるということは、天気が悪くなる傾向だったはず...

はい、今日は雨で〜す(^_^;)雷も鳴ってる。

ここ3ヶ月位、仙台は満月の時は曇りか雨なんですよね〜

仕方ない、地球を潤して、余計な塵や埃を洗い流して、
ついでに人のネガティブな思いも洗い流して、浄化してくれる雨と思いましょう(^ー^)

風邪はやっと良くなってきました。だるさが取れればあとは大丈夫。
遅い夏バテだったのかもしれません。

今朝、会社に行く途中で右足が下のほうからなんだかスーッとしたんです。
何?もしかして、何か感じるようになった?私?などと妄想しながらオフィス到着。

靴を確認したら、右の靴底に切れ目が入ってて、そこから雨水が靴の中に染み出て、
私の足元がスーッとしたわけでした(笑)

何度かかかとを修理したり、靴底張り替えたりしたヒールでしたが、
もう履き収めかなあ。つま先も若干剥げてたし。
捨てる時にはホ・オポノポノで感謝しながら捨てようっと。



明日の満月の日、皆さんで一斉に地球に「愛」と「感謝」の気持ちを
贈ってみませんか?

22時から5分間ですけど、その時間帯でなくてもOK。
自分なりに地球を心をこめて癒すだけなので、簡単ですよ〜。

詳しくは、roseさんのブログ記事を参照してくださいね。

「満月の日に一斉地球ヒーリング♪」
http://mitsubasp.blog109.fc2.com/blog-entry-106.html

地球が癒されれば、地球が元気になって、
地球に住む命に更にエネルギーを与えてくれると思うのです。
そんな愛の循環、素敵ですよね。

こうやって平和にお月見できる幸せに感謝。
地球で生活してることに感謝。
今日生きている自分、生かされていることに感謝。
 
posted by しゃーしゃん at 23:37| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 心のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

「ママにっこりセラピー」と月影マツコとお彼岸と。

タイトルのキーワードに関連性はありません(^^;

まずはお知らせから。

「ママにっこりセラピー」

東京近辺に住んでるママさんにおすすめ!
18歳以下のお子さんを持つママさんなら誰でも
無料で90分のカラーセラピーを受けられるそうです。
場所は東京の三軒茶屋です。

この企画は、私の好きなブロガーさんであるmegさんが設立した
NPO「ハートを育てるプロジェクト」が世田谷区に提案した、
子育てに関する社会貢献事業として助成金対象に選ばれたものです。

ちょっと詳細をコピペ。



10月からスタートです。

<内容>

対象者:18歳以下のお子さんを持つママさんなら誰でも
(世田谷の方でなくてもいいのです)
90分間のカラーセラピーが無料で受けることができます。

場所:東京・三軒茶屋駅からすぐのキャロットタワー3F

料金:無料

時間は平日の
@午前10:30〜
A午後1:00〜
B午後3:00〜
のいずれか<90分>です。

(すでに予約が入っている日もあります)

ぜひ!ぜひ!カラーセラピーで
「にっこりスマイル」取り戻してください

・カラーセラピーって何?
・何日に予約できるの?
・申し込み方法は?

と言った詳細はこちら。
http://mroom.ocnk.net/page/26

12月・1月を除く10月〜5月末日まで
計30名様がセラピーを受けることができます。



私も関東在住なら申し込むのに・・・。
たまには子供から離れて自分へのプレゼントとしていかがですか?



次の話題。

ガラスの仮面の45巻が9月30日、46巻が10月29日に発売!
これは買わねばならぬ〜(^O^)

そのキャンペーンポスターが話題になってるそうです。
あの月影先生役をマツコ・デラックスが演じてますが、似てる!

以下のリンク先に3つの記事リンクがありますので、
それぞれのポスター写真をご覧ください。

http://news.biglobe.ne.jp/topics/100915/wY29CmScaeH9kdcCAG8ec1XSkhZqcZxncGd1wSgd.html?TE1R

目力(めぢから)がある人だからはまってるのかも。



今日から彼岸の入りですね。

熱は下がったけど、体調はあまり良くない。
でも、頑張って母方の墓参りに行ってきました。
父に運転をやめさせてるので、私が運転するしかなく・・・

おばさんのお墓がある涌谷町まで片道1時間強。
一度帰宅し、母の父(私の祖父)が眠る葛岡まで片道40分ほど。
そして多賀城にある母方の親戚の墓参り2ヶ所と、親戚の家を訪問。
朝から夕方までかかりました。つ、疲れた。

父方の墓参りは今度の土曜日に行きます。これも一日費やすことになる。

お盆とお彼岸、これからは必ず二日がかりで墓参りに行くのだろうな。
その結果、義父の墓参りに行けてません・・・まずいよね〜。
posted by しゃーしゃん at 23:44| 宮城 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 心のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

次男とスピ系な話

100905_1650~001.jpg

私がネットサーフィンをしていると、次男が後ろで見ていることが多い。
なので、私がよく見るブログを覚えたり、一緒に見たりもします。

紫色の背景を目ざとく見つけては、「ホウホウ先生だ!」と言ったり、
ブックマークにあった「ホ・オポノポノ〜」を見つけては、
「ホ・オポノポノ、ホ・オポノポノ、ホ・オポノポノ。早口言葉みたい」と言ったり。
(ちなみに、ホ・オポノポノが何なのか一切教えてないです)

なんとなくですが、次男は私のスピ系理解者第一号な気がしてます。

私がたまに引いてみる、マヤンオラクルカードのサイト。
http://www.thn-it.com/kizuki/mayan/index.htm

先日も引いてたら、次男も興味深々だったので引かせてみました。
次男が引いたカードは「チューエン」というカードでした。
http://www.thn-it.com/kizuki/mayan/data11.htm

色々とメッセージが書いてあります。

「あなたは、何事に対しても真剣になりすぎる傾向がありませんか?」
「傷つきやすくとも、繊細でもいいから心を開きましょう。」
「ユーモアたっぷりに少し大げさに振る舞って下さい。」
「理性的に結果を気にするよりも、遊び心と創造性を働かせて色々なことを探究して下さい。」

次男に該当しそうな上記メッセージを噛み砕いてアドバイスしてあげました。

「ユーモアたっぷりに、ってあるから、結構面白おかしく友達と話してみたら?」

「あ〜、それが一番苦手なんだよね〜」

「色々と先のことをたくさん考えて、頭でっかちにならないで、
 思いっきり楽しくいろんなことやってみたらいいんだよ」

「うん」

何気なく引いたカードなんだろうけど、結構的を射た内容にびっくり。
そう、次男はやんちゃなタイプではなくて、じっと周りを観察しながら
色々と考えて冷静に進むタイプなのです。繊細な面もある。

少し、このメッセージがこれからのエッセンスになればいいね。

そして今日。

「お母さんって、占いとか、宝石とか、石とか、人生とか、好きだよね〜」
と突然言うのです。「人生」って言葉が出るあたり、次男はよく見てますね。

「そうですけど、何か?(笑)」

「いや〜、何か悪いところで高いもの買ったりしないとは思うけどさ〜」

「色々見るけど、高いものは買わないよ(買えない)。大丈夫」

心配してくれてありがとう。
お母さんが欲しいものはお金じゃ買えないのよ。
家族みんなの笑顔だから。
 
posted by しゃーしゃん at 23:35| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 心のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

「できない」を「できる」にシフトする

100824_1829~001.jpg

一人ランチで食事を堪能し、レジに向かう直前に「財布を♪忘れて♪愉快なサザエさん♪」
状態ということに気づき、店の人に謝り、急いで会社に戻って財布を取って支払をした、
どうも、しゃーしゃんです。(ありがとう!レジのお姉さん)

考え事をしながらミニバッグの準備をしたのがよくなかった(^-^;
食事に不要な手帳は持ってきてました(笑)

今回は、旅行記事の連投はしないで、普通の記事と交互に書くことにしました。
そのほうがタイムリーに書きたいことも書けるし、読むほうもメリハリつきますよね?!

☆☆☆

以前も書いたが、母は後遺症により右側の視野が欠けている。

普通は正面を向いた状態でも、真横に何かがあるのは視野に入りますよね。
でも、母の場合は、正面を向いた状態で、顔の右斜め前に置いた指が見えません。
そのため、歩いていて右側に柱などがあったり、人がいると結構危ない。

母は、人に自分の状況を説明する時に、「私、目が見えないの」と言う。
たいていの人は驚く。そりゃそうだ。そして説明の続きを聞いて納得するのだが。

対外的にはそれで問題ないのだが、最近、家庭内でその発言が「伝家の宝刀」のように
利用される傾向があってちょっと困る。大抵、「わからない」という言葉と一緒に。

そして「目が見えない」を別の意味でも使う。
老化により小さな字が「見えにくい」のである。

「目が見えない」が、テレビを見たり、料理をしたり、化粧をしたり等は、
前を向いての作業のため問題ない。
しかし、「目が見えない」から、薬に書いてある説明は読めないし、
冷凍・レトルト食品等の注意書きも読めない。

全部、経験と勘で勝負している。
なので、冷凍したままフライしろと書いてあるのに解凍したり、
容器に開けてチンしろと書いてあるのに、袋のままチンしたり、
朝起きたらすぐ飲んで30分は横になるなと書いてある薬を、
朝食後の薬と一緒に飲んで、すぐ横になっているし・・・。

24時間付き添うことはできないので、見つけたらサポートしてる私。
「読めないんだったら、誰かに読んでもらってからやってね!!」と諭すのだが
なかなかうまくいきません。老眼鏡を使う気もないようです。

料理が失敗してもドンと来い!なのですが、
薬や手紙など、健康や他人に関係する部分は不安が残ります。

先日。

旅行で不在になるため、父の薬や注射の説明を大きな文字で絵入りで書いた
ノートを準備して、注射の小さな文字も確認できるように拡大鏡も買ったのです。

旅行から戻ってみたら、案の定、全部父にお任せだった。
父に任せると不安だから、忘れずに間違いなくするように、託していったのに。

「だって見えないし、わからないんだもの」
「だから大きな文字でノートに書いたでしょ!拡大鏡も渡したでしょ?!」
「ああ、気がつかなかった」
「・・・」前日に説明したのにな〜。

そこで気がついた。

母は「見えない」のではなく、「見ようとしない」のである。
「見える」ための手段は周りにいくらでもあるのに、
「見ようとしない」から、手を伸ばさない。
だからいつまで経っても「見えない」まま。
自分で自分を縛りつけている足かせに気づかない。

「私は見えないので何もできません」ではなく、
「私は見えないので、見えるために何をすればいいのか?」と考えてほしい。

自分も子供が2〜3歳の時、同じような状況だったと思い出した。

仕事・育児・家事で手一杯で、自分の時間が取れず、イライラが募っていた頃。
「全然、ゆっくり買い物とか好きなことできない。子供は土日離れてくれないし」
と夫にやつあたりしてました。

すると夫は、
「忙しいのを子供のせいにするのか?!子供が悪いのか?違うだろう。
 ゆっくりしたいなら俺が面倒みるから、1日どこでも行って来い!」と。

我に返り、ありがたく好意を受け止めました。

あの頃の私、今の母と同じだよ。
「できない」ことを何かのせいにして、時には文句をいい、あきらめ、
「できる」ようになる努力をしようとしない。
周りに助けてもらうという選択肢が頭から消えてしまっている。

母に過去のこと気づかせてもらったな。ありがとう。



ちなみに、京極夏彦の「姑獲鳥の夏」も、
「見えているのに見ようとしない」=「脳が見えないものとして捉えてしまう」
という事象をうまく利用しています。
(わかる人だけわかってね(^-^;)
 
posted by しゃーしゃん at 16:14| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

「ありがとう」の花

100821_1633~001.jpg

旅行記事は休憩して、(まだ1つしか書いてないだろっ!)別の話題を。

旅行の仕上げに、子供達にもお土産渡したい人がいるか聞いてみました。

「お土産あげたい人、何人いる?」
「う〜んと、6人かな」と次男。
「俺は8人」と長男。

毎年、あげたい人数が増えていきます。
つまり、大切な友達が増えてるってこと。いいね!!

次男は、東京限定カレー味のじゃがりこ8袋入りと、東京限定ぷっちょを購入。
長男は、9種類の味がちょうど8個ずつ入った、おかきセットを購入。

今日、100均で買った袋に、それぞれ小分けしました。
次男の友達には、じゃがりこ1袋とぷっちょ一本ずつ。
長男の友達には、9種類のおかき。

終わりそうなポケモン映画を見に行くついでに、次男の友達の家を巡る。
ほとんどの友達がいて、直に手渡しができました。

渡し終わって、車に戻ってくる時の次男の満足そうな顔。
「ありがとう」って言われて、素直に嬉しいんだよね♪

毎年お土産を買って、友達に渡してるけど、友達からお土産をもらうことはほとんどない。
それでも関係なく、渡したいから渡す。

次男の心の中に、「ありがとう」の花が咲いているみたい。
そしてそれは幸せな響きの言葉。

次男も長男も、普段の生活の中で、たくさんの「ありがとう」を発しています。
発するだけでなく、「ありがとう」を受け止める嬉しさもたくさん感じて欲しい。
それには純粋な気持ちで行動することが必要と思います。

☆☆☆

昨日は私の誕生日でした。

いい一日にしたいと思っていたのに、前半は父や母に対して怒ったり苦言を呈したりしてしまい、ブルーに。
父や母は一生懸命やってるし、年齢や病気でうまくいかないことがあるのに、それにイライラした自分。

自分の思いどおりにいかないのは当たり前。他人をコントロールしようと思う気持ちがイライラさせるのだ。
ああ、まだまだ修行が足りないなあ。他者をありのままに受け入れれば、イライラしなくて済むのに。

反省モードの中、子供と夫がピアノにでかけたので、エンジェルカードを引いてみた。

「私への今後一年のメッセージ」とお願いしたら、「自由」(引いたカード)+「許し」(飛び出たカード)が出ました。

ああ〜、やっぱり。「許し」なんてモロに今の状態。「相手の行動を許すのではなく、相手自身を許しましょう。」
これがなかなか難しいですが、必要なのですね。

帰ってきた子供達から、プレゼントをもらいました!写真の洋服とインカローズのネックレス。
「わ〜、ありがとう!!」

夜には家族全員でケーキを食べて。

みんなにお祝いしてもらえる私は幸せです。本当にありがとう。感謝。
 
posted by しゃーしゃん at 23:15| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 心のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

お墓参りにて

結婚してからは、夫の実家側のお墓参りにしか行かなくなったのだが、
本日10年ぶり位に自分のご先祖様のお墓参りに行きました。

ドクターから運転禁止令が出た父の代わりに私が運転をして、
親戚廻りを余儀なくされたというのが発端なんですけどね。

結婚するまでは、お彼岸・お盆には必ず父と母の実家や親戚のお墓参りに
一緒に行ってましたから、長年行かなくなってから実は気がかりだったのです。

また、「お墓参りの効果 」という記事を読んでからというもの、
更にいつか行かなくちゃ!という想いが強くなっていたので、
本当にいいタイミングだなと思いました。

「お墓参りの効果 」
http://bloom.at.webry.info/201004/article_2.html

(上記リンク記事より抜粋)

子孫の魂の血は先祖の血と繋がって、そして先祖は産土神に繋がって
産土神は仏や如来に繋がっていくのです。
生きてる者は、先祖からの血によって生かされている。
先祖供養によって血の流れが良くなり、仏との血の流れも良くなる。
先祖の開運は、仏の開運であり、
子孫の開運でもあるのです。


午前中は、母の姉(私の伯母)のお墓へ。お葬式以来の訪問です。
あの時は次男がまだ1歳前、長男3歳でしたが、よくお見舞いに通ったものです。
伯母さんのことを書いた記事はこちら。

「叔母さんの想い出」
http://shashan.seesaa.net/article/92926607.html

初めて伯母さんのお墓に向き合い、お線香をつけました。
そして、ぞうきんでお墓を綺麗に拭いてあげました。

最初はお墓を綺麗にして自分の開運を願うなんて、打算的じゃないか?と思ったのですが、
ピカピカになったお墓を眺めたら、そんな気持ちは吹き飛んで、
純粋に「伯母さん喜んでくれたかな?」という気持ちで一杯になりました。

お墓を去る時、伯母さんが「来てくれてありがとう」と言ってくれたような。

午後は母の父(祖父)のお墓にも行き、お墓を綺麗に磨きました。
おじいさんにも久しぶりにお線香をあげて、ご挨拶ができました。

皆さんの天国での繁栄を祈りつつ、お墓を後にしました。

明日は父方の実家に行きます。父の父(祖父)のお墓も磨こうと思います。
 
posted by しゃーしゃん at 23:51| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 心のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

言葉から連想するイメージとは。

仕事中に、資料に記載する「外字フォント」という言葉が正しいかどうか、
ちょっと不安になったので、念のためにGoogle先生に聞いてみた。

一応、正しいことは確認できたのだが、検索結果に
「森ガールを連想させる欧文フォント」なるものがあって、ちょっとクリック。

「窓の杜」という有名サイトにジャンプして、そのフォントをダウンロードできるページへ。
やや丸みを帯びたフォントでした。

まあ、使わないのでいいけど、それにしても「森ガール」が気になる。
こちらの言葉もGoogle先生に聞いてみた。

えっと。森にいそうな格好の女の子で、
「ゆるい感じのワンピースが好き」
「カメラが好き」
「手作りが好き」
「雑貨屋さん巡りが好き」といった嗜好があるそうな。

あるサイトで、標準的な森ガールの写真を見ましたが、
私にしてみれば、これは森にはいなさそうな格好なんですけど・・・(^^;

私のイメージは、ハイジとか妖精っぽいスタイル。
森のイメージが人によって違うのでしょうねえ。

「森ガール」やら「山ガール」やらありますけど、言葉から連想されるイメージは
本当に人それぞれですね。

そういえば、昨日だったかちらっと見たドラマの冒頭で、
IT会社の社長が、外出先で部下に携帯で指示してたんですよ。

「絶対何としても明日までにバグは全部取っておけよ!」というようなことを言った後、
すぐに通り魔みたいな人に出会い、拳銃で撃たれて死んでしまうというシーン。

最期の言葉がこれじゃあねえ・・・と思ったと同時に、
IT会社の社長が言う台詞って、一般的なイメージはこれなんだなあと苦笑。

占い師といえば、目元だけ出したベールをかぶってるとか、
コックさんなら、長い白い帽子をかぶっているとか、
学校の体育の先生なら、いつもジャージを着てるとか・・・
みたいな固定観念ってありますよね(私の例が適切かどうか・・・笑)

でも本当はそうじゃないんですよね。
既に与えられたイメージに自分をはめ込む必要はないわけで。
もっと自由な発想で、自由なイメージでよくて、
そのどれもが正解であって、間違いなんてないと思うんです。

意外性があるなら、それもまた、楽しいですよね!

・・・と、まとまりがなくなりましたけど、外字フォントの話と、
「すべては「考え方」で決まる!」というブログ記事に触発されたお話でした。

http://happymroom.seesaa.net/article/159165360.html



明日、あさってはお墓参り巡りになります。久々に行く場所もあって楽しみです。
posted by しゃーしゃん at 23:28| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 心のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

占いと私

100801_2218~001.jpg

小学生の頃から、それはもう時間を忘れる程本を読んでいた私。
「ご飯を炊いておいて」等の母からの頼まれごとを何度忘れてしまったことか。

友達と遊ぶより、テレビを見るより、何より楽しかった。
本の世界にどっぷりと入るのが大好きだった。

そのせいか、ある日父に「いつまでも夢の世界にいてはだめだぞ」と言われ、
「えっ?」と自分はどうやら夢の世界にいたのだと思い知らされたのだった。
たぶん、もっと目の前の現実を見て生きろってことだったのかも。
確か小学校中学年だったかなあ。

その後、友達との関係も保ちつつ、読書はもちろん続け、今の私がいる。
最近はめっきり読書量が減りましたけどね。それが自分の中では引っかかっている。

さて、図書館にある本以外の思い出。

小学生の頃は定番の「小学○年生」「学研の科学・学習」を毎月楽しみにしていた。
あとは、「りぼん」「なかよし」「マーガレット」「明星」「平凡」等をたまに買ってもらう。

中学以降にハマったのが、「My Birthday」という占いの雑誌。
すごく流行ったと思うので、ご存知の方も多いかな?特に女性はね。
今は廃刊となり、web上で展開しているようです。

そこで「占い」に興味が出て、付録のタロットカードもよく使いましたね〜。
大アルカナ・小アルカナとか懐かしい!小アルカナは枚数多すぎて断念しましたけど、
大アルカナは、自分ではなかなかいい感じで扱えてたと思ってます。

でも、カードの絵が怖いんだよね。あと、逆位置の意味も結構シビアだったりして。
占う度に結構ドキドキして、真剣にやらないとカードに怒られると思ってました。

それも大学以降はあまりしなくなり、普通の星座占いやホロスコープ占いにシフトしたかな。
自分でやるのではなく、雑誌で見る程度でしたが。

結婚してからは、神社やお寺へ行くことが多くなりました。
もともと神様や仏様は身近な存在で、自然に手をあわせてました。
小さい頃からお墓参りや初詣は必ず行くし。

去年あたりからネット・サーフィンをしていて、「ホ・オポノポノ」という言葉に出会い、
今年に入ってからは、「エンジェル」「ヒーリング」「アセンション」等の言葉に出会い、
急激に私の周りに変化が起こっていると感じてます。

先月思い切って、写真の「エンジェルオラクルカード」を購入。
タロットと異なり、優しく美しい絵ばかりで癒されます。
また、カードのメッセージも怖さはなく、気づき・癒し・愛にあふれています。

まだあまり引いてないですが、今の自分に的確なカードが出ます。
少しずつカードと仲良くなっていこうと思います。

夢子さんに戻るわけではないよ(^O^)
 
posted by しゃーしゃん at 22:21| 宮城 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 心のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

「ありがとう」の言葉

100724_1012~001.jpg

今日は町の全小学校代表チームが戦うドッチビー大会。
子供会役員として子供達をお世話するために、私も行って来ました。
もちろん次男は選手です。

朝7時に集合し、子供達を相乗りさせて体育館へGO!

お約束の開会式での挨拶がとても良いお話だったので、皆さんにもシェアしますね。



今日皆さんがここで試合ができるのは、たくさんの人の協力があったからです。

大会準備をしてくれた方々、練習時や今日皆さんのお世話をしてくれた方々、
ここに集ってくださった来賓の方々、学校の先生、朝にご飯を作ってくれた家族の方、
そういう皆さんに支えられているということを忘れずに、「ありがとう」という気持ちを
持って、プレーをしてください。

また、試合中に、相手がディスクを反則の投げ方で投げた場合なども、
「自分がそういう反則をしないように見せてくれたんだな、ありがとう」と心の中で思ってください。

同じチームのメンバーがラインクロスでファウルになった場合なども、
「自分もラインクロスしないように気をつけるね、知らせてくれてありがとう」と思ってください。
そうすれば、イライラする気持ちはなくなります。



ありがちなお話とは全く異なる内容で、私はとても深く感動しました。
朝から素晴らしいお話をありがとう!です。
みんなきちんとお話を聞くことができていたので、伝わったと思います。

さて、試合ですが、次男のチームは2戦2勝で準決勝進出!
次男はプレー中も軽やかな身のこなしで、低学年の子をフォローしつつも縦横無尽に
コートの中を駆け回ってました。

準決勝では、惜しくも2-1で惜敗。
でも子供達はとってもいいチームワークできらきら輝いていました!

それと、応援してたら「しゃーしゃん先生?!」と私に声をかける保護者が。
「私、先生じゃないですけど?」「覚えてませんか?塾で教えてもらったAです!」

なんと大学時代に近所の塾で教えていた当時中学生の女の子との再会でした!
わ〜、覚えてくれてて声もかけてくれて、嬉しい〜!!
お互いに昔話やその後の話に花が咲き、楽しかったです。

「先生、早く来ないかな〜っていつも楽しみだったんですよ〜」
「先生、彼氏いるの?って質問したりしてましたよね」

そんなふうに思っててくれたなんて。あの頃の私に「ありがとう」です!
 
posted by しゃーしゃん at 16:23| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 心のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

今日の幸せ

昨日一旦は自分の中で落ち着いたと思ったのですが、
やはり今日も父を心配する気持ち、不安、恐れなどがむくむくと湧き出てきました。

目の前の仕事に集中しなくては!
ネガティブな気持ちを落ち着けるために、ずいぶんと右往左往しましたよ・・・
ホ・オポノポノをしてみると同時に、具体的な情報を検索して集めたり、
トイレに行って気分転換してみたり。

これも自分にとって必要な課題なんだろうなあ、とやっと受け止めることができ、
また、今自分ができること、すべきことも見えてきた気がしました。
仕事もなんとか形ができたかな。

どちらにも負けないように頑張ったので、退社時には頭がへとへと、ぐったり。

駅に向かいながら、(今日は大変だったで終わりたくないよ〜。何か小さな幸せ見つけよう。)
と一日を振り返ってみました。

そうそう!素敵な夕焼けと雲を見ることができたよね。それで十分。

私は会社で窓際近くに座っているのですが、夕方近くになると、背中に何かを感じることがあります。
振り向くと、そこには夕日。ブラインドは下がったままなのに、すごいパワーで「ちょっと見て!」って感じ。

あ〜、もう夕方なのかあと気づかされ、窓際で夕日と夕焼けと雲を眺めてリフレッシュします。
今日も綺麗な夕焼けだったなあ。雲の形も入道雲とは違い、ちょっと不思議だったなあ。

疲れた体を引きずり、やっとこさで帰宅。

子供達が通知票を持ってきました。おお〜!二人ともよく頑張ったね!!
特に長男はスペシャルな評価でびっくり。次男は二学期の伸びに期待です。

そうそう!これが今日の幸せだよ!!ありがとう。

二人とも明日から夏休み。いろんな思い出ができて、成長する夏になりますように☆
 
posted by しゃーしゃん at 23:53| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 心のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

幸せの視点

先日、家族全員でちょっとリッチな回転寿司(うまい○○)へ行きました♪
母の誕生日と父の日がほぼ重なったので、そのお祝いです。

みんな好きなものを遠慮せずに食べてます。
6人ですので、皿の量も半端ないです。

そこでラッキーが2つ。

JAFカードを提示すると、お寿司一皿が無料でもらえるのです。知らなかった〜。
ネタは5〜6種類の中から選択するのですが、それでも十分。ラッキーでした。
夫はJAFカードを持参してなかったので、残念。私だけ提示しました。

あと、大人だけマグロが3貫(赤身、中トロ、大トロ)乗ってる皿を注文したんですけど、
時間差で届いたので、自分は一番最後にいただいたんですよ。
よ〜〜く見たら! 赤身がなくて、大トロが2巻!! わーい、ラッキー!!
(でも中トロのほうが好き(^-^;)

満腹になり、お会計へ。子供達もついてきました。
一回の食事で万を超えるお支払に、子供達は驚きを隠せない様子。
だって6人で好きなだけ食べればそりゃあねえ・・・100円均一じゃないし。
なので、お財布確認してからでないと無理です。

車に向かう途中、長男がドキドキした様子で
長「こんなにお金かかって、俺たち食べ過ぎたかなあ。」

私「いいんだよ。無事ボーナスも出たことだし。」

長「あ〜、『無事』ってところが不景気を実感できるねえ。」

ふ〜ん、よく聞いてるもんだね。

私「不景気でも景気が良くてもそれは関係ないよ。
  ボーナスがもらえること自体に感謝しないとね」

私「それに、お金がかかる・かからないことより、
  おばあさんやおじいさんと一緒に、家族全員が元気に好きなものを
  食べられるってことのほうが大切じゃない?
  だから、お金のことは心配しなくていいの。」

長「う〜ん・・・まあ、そうだけどね」

何が幸せか。その視点をどこに置くかで、ずいぶん変わってきますね。
長男は、手持ちのお金に視点を置いています。
私は、家族と楽しく過ごす時間、両親が健康であることに視点を置いています。

・・・そんなことを考えたひとコマでした。
 
posted by しゃーしゃん at 18:00| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 心のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

願えば叶う。願わなければ叶わない。

100612_1813~001.jpg

最近色々なサイトを見ていて「なるほどな〜」と思ったこと。

誰にでも叶えたい夢や希望は大小問わずありますよね。
「○○が叶いますように!」は、初詣などで神様へお願いする常套句です。
このお願いの仕方にちょっとしたコツがあるらしい。

「試験に落ちませんように!」
「交通事故にあいませんように!」
「お金に困りませんように!」
「失恋しませんように!」

こういうお願いってよくしませんか?
実はこれがよろしくないのだそうです。

上記の例で共通しているのは、「ネガティブな事象が起きませんように!」ですね。
つまり、お願いする際に一度ネガティブなことが心に浮かんでしまいます。
それが意図せず潜在意識に溜まっていく・・・。
何回も願えば願うほど、更にその事象は刻印のように植えつけられてしまう。

そして神様はその明確となったネガティブイメージを叶えてくれるという、
なんともまあ、希望と反対のことを引き寄せてしまう結果になるんだとか。
本意ではないけれども、正に「願えば叶う」なのです。

な・の・で!

「試験に合格しますように!」
「毎日無事に運転ができますように!」
「お金持ちになりますように!」
「両思いになりますように!」

という、ポジティブな事象を思い浮かべてお願いすれば良いのです!
願いが叶った後のワクワクウキウキな気持ちを何度も想像するとなお良し。

私は仕事や家庭のことで、大きなイベントがある場合は、
必ずそのできごとが成功して、すっかり終わった後の状況を想像しています。
「うまくいってよかったね〜!!」と自分も周りの人も笑顔で、嬉しい、ハッピーな気持ち。
もちろん、私は想像の中でも祝杯をあげてますけど(^^;

今年に入ってからは、このお願いの仕方で本当にうまくいってます。
もちろん、ただお願いするだけではなく、今できることに真摯に取り組んだ上で、ですけど。

皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに特定の宗教などには全く関係ないので、誤解なきよう。
要は心の持ち方、有り様の問題です。

願えば叶う。そして、願わなければ叶わない。これもまた真と思います。



写真はアサリの酒蒸し。アサリ料理3連発終了〜。美味かった(^O^)
 
posted by しゃーしゃん at 23:35| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 心のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする