2018年03月04日

次男、高校卒業です

1月もあっという間だったけど、2月もそれ以上にあっという間に過ぎ去り、
3月に突入してしまいました。ひな祭りも終わってしまって、早い早い。

2月は、私自身も家族も本当に色んなことが起きて、濃すぎて目が回る位の一か月でした。
あれもこれも書いておきたいことばかり。でも体力と時間のなさでなかなか書けないでいます。

次男の大学受験第二弾の国立大前期試験も、エピソードを交えながらも無事に終わりました。
そのことも書きたいけど、試験が終わってすぐに卒業式となったので、そちらを先に書きますね。



国立大前期試験が終わったのが2/26(月)。余韻覚めやらぬ三日後の3/1(木)が高校卒業式でした。
県内の高校は軒並み3/1が卒業式です。合格発表の前に卒業というのが例年の流れですね。

当日は、予報どおりに天候が荒れて、風は強く、雨も降って、外で記念撮影は難しいのでは、
という感じでした。強風の影響で、電車も遅延するほど。せっかくのハレの日なのにね。
次男も、卒業式のために買ったスーツと新品の靴が、雨で濡れてしまうねえ。
女の子は袴姿が多かったので、これも大変そう。

夫・私・次男の3人で車で向かったのですが、余裕持って出ても幹線道路が混んでいて、
一時間かかったかな。次男は10分ほど遅れて教室へ。他にも遅れてる子がいたのでちょっと安心。

夫も私も正装(スーツですけどね)して、少しおめかしモードで講堂へ。
吹奏楽の生演奏が流れる中、卒業生が入場してきました。みんなちょっと緊張した面持ち。
男子はスーツ姿がほとんどで、羽織袴も時々いました。女子は圧倒的に袴姿が多く、成人式のよう。
高校3年生なのに、急に大人びて見えます。

卒業証書授与は、どのクラスもビシッとしていて、厳粛な雰囲気のまま終わりました。
クラス代表者が受け取るので、次男は呼名で起立しただけ。もちろん撮影しましたよ。

長男の時は、代表者が着ぐるみ着たり、みんなで踊ったり叫んだりなど、
クラスごとに趣向を凝らしていた記憶があるので、次男の時もいつやるのかなと思ってました。
でも、今回は何事もなく、一時間程度ですんなり終わって、あれ?という感じ。

式典が終わってから、元応援団長と幹部が壇上に上がり、卒業生と在校生で、応援歌を熱唱。
やっぱりこれは欠かせないですね。女性の応援団長、かっこいいです。

その頃には、空が明るくなり、雨も止んで、青空が出てきました! 良かった〜。感謝。

子供達はクラスに戻り、保護者と教職員だけ残って、PTAからの感謝の気持ちや事務連絡など。
そこで学年主任の先生が話されたのですが、例年の卒業式のあり方について、前日に子供達に対して
それでいいんだろうかと疑問を投げかけたのだそうです。

体調の悪い人もいるかもしれない、他にも大切な用事があるかもしれない、それでも君たちの
立派な姿を一目でも見ようと、1分1秒でも無理して駆けつけてくれた人たちに対して、
延々と長い式典にしてしまうことが果たして本当にいいのだろうかと。
あとは当日どうするかは子供達に任せたそうです。

その結果として、見事にどのクラスもおふざけはなく、本当に厳粛な授与式となったのでした。
どの先生も「本当に立派で素晴らしい式だった」と感動して話されていたので、よっぽどだったのでしょう。
長男の時の卒業式も面白かったけど、確かにすごく長い時間かかってましたからね。

さて、保護者もクラスへ移動。一人ひとり、担任から卒業証書を受け取ります。シャッターチャンス!
担任の先生からは、メッセージ付きのクッキーをもらってました。先生大変だったでしょうに。

卒業証書を受け取り、一人一言話すのですが、理系から文転した子が数名いたため、
2年次のクラスからはみ出した寄せ集めっぽい感じの文系クラスになり、みんな最初は不安だったみたい。

次男も
「2年の時に仲良しだった人は別のクラスで、あまり知ってる人もいなくて、不安でした。
 自分はコミュ障だったけど、みんな優しくしてくれて楽しかったです。ありがとうございました」
みたいなことを話してました。

えーっと、コミュ障ってリアルで初めて聞いたよ。しかも次男から聞くとは(笑)
次男は確かに先導切って話しかけていくタイプじゃなく、物静かで雄弁ではないかもだが、
普通にコミュニケーション取れてるほうだと思うけど。
その証拠に、帰りに廊下や校門で同じクラスの子と会うと、お互いに「おう」という感じで
女子も男子も関係なく、挨拶交わしてたしね。私から見ると全然コミ障じゃないな(^-^;

担任の先生の挨拶も良かったけど、副担任の先生の挨拶も良かったなあ。

「君たちはいつでもものすごく努力して頑張ってきてるけど、これからは同じように頑張っても
 どうにもならない理不尽なことがたくさん出てくると思う。だから、たまには逃げるとか、
 あきらめるということも大事だから。それを覚えていてほしい」と。

世界に向かって頑張って!というお祝いの言葉が多い中、とても貴重な言葉だと思って聞きました。
みんな基本的には真面目なまま育ってるから、本当にこの先潰れてほしくないと思ってなのでしょう。
とてもありがたく聴いてました。子供達はどう受け止めていたかわからないけど。

ホームルームが終わったら、仲良しらしい男の子が次男の元にやってきて、別れを惜しんでました。
その子もおとなしくて優しい感じ。これまで二人でいろんな話をしてきたんだろうね。
こうやって部活仲間以外でも、仲良くできた友達がいて良かったね。貴重な財産。
お互いのスマホで、二人の姿を撮影してあげました。いい記念になったね。

その後はフェンシング部に行って、一時間ほど戻って来ず。後輩とのお別れですね。
色々な記念品等をもらったようです。これもまた良い想い出。フェンシングやっててよかったね。

もはや15時過ぎ。お昼も食べられずお腹ペコペコ。
ようやく、校門前でみんなで記念撮影。卒業式の看板と国旗の前でパチリ。
場所を変えて、校名の前でパチリ。太陽の光が差して、次男の素敵な笑顔が撮れました。

「この高校に入って、本当に良かったね、部活も勉強もしっかりできたよね」
「うん、良かった」

次男はとっても晴れやかな顔をしていました。

高校卒業、おめでとう。母もお弁当作りから卒業です。

最後はこんな青空になって、天気も微笑んでくれた卒業式でした。
IMG_20180301_132530 - コピー.jpg IMG_20180301_132546 - コピー.jpg
posted by しゃーしゃん at 22:43| 宮城 ☀| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

次男、第一関門突破。

次男は高校3年生。まさに旬の大学受験生です。

1月13日、14日は大学入試センター試験でした。
私たちの時は、共通一次といって、国公立大学を受験する場合の一次試験でしたね。
今はどの大学を受けるにも、だいたいこのセンター試験を受けなければなりません。
国立とか私立とか、関係ないみたいです。

ここの関門を乗り切ることで、次に自分が受けたい大学へ願書を出せるかどうかが決まります。
なので、とにもかくにも、まずはセンター試験に向けてずっと勉強してきたわけです。

まあ、頑張るのは次男であって、次男の人生ですし、自分自身の努力によって
自らの道を切り開くわけですから、親はたいしたことはできません。

そういえば、最初に自分の力で道を切り開いたのは、高校受験だったよね。
あの時は、その戦う場所や相手は、せいぜい同じ県内の同級生だったけど、
今回は、全国の同じ大学を目指す高校生が相手だから、競争相手は増えてるよね。

でも、本当の競争相手は、自分なんだよ。
自分がどうしたいか、どうありたいか、そこに向かってどれだけ頑張れるのか、
どれだけ自分を高めることができるのか。

ただそれだけなんだと思う。たとえ、大学受験でも。

あ、なんだか精神論な感じになってしまいました。つい・・・。

もちろん、親として次男をバックアップしておりましたよ。
毎日の朝ごはん作りに、お弁当作り。お弁当のおかずはあまり変わり映えしないけど(^-^;
勉強を頑張る以前に、生活リズムを整えることと、朝ご飯は必ず食べること、は大事にしてます。

勉強についてはあまり口出しせず、欲しい参考書や問題集があれば書店に行って買い求め、
こちらもあまりピリピリせずに、いつもどおりにテレビを見たり、おしゃべりしたりで、
勉強に集中できるように、物音一つ立てないとかもせず、いつもどおりに過ごし、
あまり弱音を吐いたり、頼ることのない次男のために、長男が帰省してきた時は、
長男に頼んで、苦手な科目の勉強を見てあげてと頼んだり。

夏から秋にかけては、怒涛の模試修行で、その結果を見るたびに、「えー!」「わー!」と
不安な気持ちに襲われましたけど、今の頑張りがすぐにその時の試験結果に表れるわけではないし
これで一喜一憂するのもどうかと思って、すべてポジティブに捉えておりました。
一番気にしてる&わかってるのは次男本人ですからね。親がなんだかんだ言ってもね。

・・・といった日々を過ごしての、いよいよ第一関門のセンター試験の日がやってきました。
私ができることは、いつもどおりの対応と、いつもどおりのお弁当作りだけです。

次男も緊張している感じはなくて、私自身もお腹がふわふわすることがなかったので、
本当にいつもどおりで、これは大丈夫かもしれない、と安心できました。

あ、一週間前からは思い出したように、こそこそとクリスタルセラピーをしていました。
それと、直前になって、神棚や仏壇に「どうか次男を守ってください〜!」とお願いしたりして。
正直なところ、神頼みは普段滅多にしないのですが(^-^;

センター試験当日は全国的に特大寒波も来ていたのですが、宮城県には影響がなく、
心配していた雪も降らず、電車遅延もなく、晴れて穏やかな二日間でした。

月曜に次男が高校で自己採点をした結果、目標としていた点数を超えることができて、
希望大学の足切り点数よりも上を取ることができて、本当に良かったです。
ここで目標に達成しないことには、希望大学へ願書出せないですので。

次男は英語がずっと苦手で、直前まで調子悪かったんですが、蓋を開けてみたら、
意外なことに一番点数が良かったんじゃない?!という結果になりました。
マークシートだからというのもあるけどね。記述式だとまた違うけどね。

何はともあれ、私は神様仏様ご先祖様に願掛けしていたので、感謝申し上げるとともに、
ここからが本当の意味での受験なので、浮かれることなく、次の二次試験に向けて、
親子ともども引き続き頑張ってまいりますよ。

センター試験には、毎年ネタになる問題が出てきますが、今年も地理Bにムーミンが出たことが
たいそう話題になっていました。

その話を次男にしたら、「そうそう!ムーミン!」と珍しく興奮して話してくれましたよ。
その問題とはこんな感じです。こちらのブログが良い感じなので引用します。
http://blogs.itmedia.co.jp/sakamoto/2018/01/Center-Geography-Moomin.html

私たち世代からしたら、ニルス?!ムーミン?!ビッケ?!って感じで大興奮なのですが、
受験生からしたら、至極真面目にそのアニメはどうこうというのは置いておいて、
冷静にどの国のものかを選択してたようです。(試験なので当たり前か)

次男に「バイキングって?」と聞かれた時は、逆に衝撃でしたけどね(-_-;)

ちょっとびっくりしたのが、地理なのに言語を問うこともあるんだな〜ってこと。
次男に聞いたら、それはあまり難しくなくて、例文のスウェーデン語を頼りにして、
それと同じ言語圏内だから、似たような感じの言葉のほうを選んだよ、と言ってました。

へえ〜〜〜〜!! 次男、すごいじゃん!やるじゃん!
といいますか、この国とこの国が同じ言語圏内だということは、地理の知識としては
普通なのかと問いたいところです。どうだったっけ?!

まずは第一関門を突破できたということで、次男君、大変大変お疲れさまでした。

休む暇もなく、次は本命大学への二次試験対策となりますが、
親としてはできることは本当に少なくて、これまでと変わりないかなってことですね。
下手に親が焦ってあれこれ口出しするのはよくないですから。

次男の頑張りと能力を信じて、体調管理と栄養管理に気を配っていく、
そんなことしかできない親ですけど、フルタイムで働いてるとそこまでが限界です。

どんな結果になろうとも、すべては次男の実力次第であるので、
せめてその実力がいかんなく発揮できましように、お祈り申し上げます。

第二ラウンド開始です!!
 
posted by しゃーしゃん at 23:10| 宮城 ☔| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

次男、高校3年の夏。

あっという間に6月も終わり、今年の半分が過ぎ去っていきました。
そして7月も上旬が終了。早い〜。早すぎます。

相変わらず修行かと思うほど、ほんとに目まぐるしく忙しく、ブログに向かう余裕もなく、
身体にも湿疹や赤み・荒れが出たので、たぶん免疫力が低下して赤信号が点灯状態でした。
この一週間はようやく一息つけたので、だいぶ回復。来週からまた忙しくなるけどね。

矢のように時間が過ぎ去る中で、子供達も成長しているわけでして。
長男は大学4年、次男は高校3年になりました。早っ!!
4月にしみじみと学年の変わり目の記事でも書いてるかな・・・書いてないね(^-^;

さて今回は久しぶりに次男のことを書きますね。



次男は高校でフェンシングをやっていまして、自宅で筋トレや素振りに勤しむほど、
結構真面目に取り組んで、勉強よりも熱中している様子でした。
もちろん勉強もしっかりしてほしいけど、部活にしっかり向き合うのも大事だし、
一つのことを集中して続けることも大事なので、引退までは黙って見守ろうと思ってました。

高校3年生にとっては、6月の県総体が最後の公式戦となり、インターハイに行かない限りは
これで引退となります。そこに向けて毎日次男も頑張ってまして、毎週のように練習試合、
時には、東京の大会に任意参加して自己研鑽を重ねてきました。
(東京行きは自己負担なので、お財布が寂しくなりましたけど、次男のため!!)

あー、これでもう終わりなんだねえ。そういえば、一回も試合を観たことがないなあ。
近隣の体育館への送迎はしたことあるけど、試合は観てないのです。

これで最後の最後だし、総体も金〜月の期間で、たまたま夫も私も土曜は空いていたので、
これは応援に行ってみようと、次男に内緒で、会場となった気仙沼市へ向かったのでした。

気仙沼市は、宮城県の最北にあり、隣は岩手県になります。
仙台からだと車で2時間半位でしょうか。遠いので、私も夫も行ったことがありませんでした。
順調に流れて、午後3時に会場に到着です。

会場はこんな感じ。遠い場所のためか、ほとんど参加する生徒しかいなくて、
応援する他の生徒もいない感じで、保護者はさらにまばらでした。ちょっと寂しいね。
IMG_20170603_153735.jpg

フェンシングは個人同士の戦いになり、前に進んで、後ろに下がっての攻防なので、
白くて細長いシートが、試合のコートになっています。それも初めて知りました。
IMG_20170603_145821.jpg IMG_20170603_145913.jpg

次男はどこかな〜と探していたら、ちょうど歩いているところを発見。
「あれ? 何かのついでに来たの?」と若干驚いてはいたけど、まったく嫌がるそぶりなし。
「気仙沼で他の用事があるわけないじゃん。次男の応援に来たんだよ〜」と話したら、
「ああ、ありがとう」と喜んでくれていたので一安心。

全身白の試合用の防具を着用して、いつも見る次男とは雰囲気が違います。
電気を通すための特別なユニフォームなので、ぴったり長袖長ズボンだし、
これに金属でできたフルフェイスのお面をかぶるので、相当暑そう。
暑さとエネルギー対策に、ウィダーインゼリーとじゃがりこを差し入れ〜。

今は、フルーレという種類の個人戦をやっており、次男は1試合終えて勝った後でした。
すでに総当たりの試合は終わって、そこでの上位者によるトーナメントとのこと。
2試合目がもうすぐ始まるということで、良かった!見られる!! 

次男の試合が始まるまで、他の試合も少し見ていたのですが、ルールが全然わからない。
そのうえ、こっちが刺して点数取ったんじゃ?と思っても、その逆だったりで、本当に難しい。
これは応援したくてもできないタイプのスポーツですね。なるほど。

さて、次男の試合が始まりました。
試合が始まる前には、自分のコートの一番はじっこあたりにある電源装置みたいなところから、
長いリール付の電極みたいなのを引っ張り出して、ユニフォームの腰のあたりにつけます。
お互いに、相手の全身の数か所にフェンシングの剣を当てて、判定用のランプが点灯するかを
入念に審判がチェックしていました。装置なのか、剣なのか、防具なのか、どれかが悪くて、
うまく点灯しない人たちもいて、試合始まるまでが相当長いパターンも見かけましたよ。へえ〜。

IMG_20170603_154053.jpg

確か、規定の時間(3分位?)以内に規定の点数を先に取ったほうが勝ちで、
時間を超えた場合は点数が多いほうが勝ちだったかな、試合前に次男に教えてもらいました。

次男の試合が始まり、私はビデオ撮影係で、夫はスマホで撮影しながら、二人で応援です。
どっちが勝ちそうとかは全然わからないのですけど、次男が点数を入れるたびに、
聞いたことがないくらいの雄叫びを上げていたので、それでわかりました(笑)

他の選手はそんな大声上げてないので、普段の物静かな次男との違いに驚くとともに、
次男なりにフェンシング頑張ってやってきたんだなーと静かに感動しておりました。

試合結果は残念となりましたが、最後の最後で、目の前で試合を観戦できて満足です。

終わってコートから出て戻ってきた次男に、お疲れさまの言葉をかけました。
次男としては、このフルーレはあまり力を入れていないそうで、全然残念そうではなく、
明日のエペという競技のほうが力を入れているとのこと。そうか、前哨戦だったのね。

「じゃあ、明日も頑張ってね!」と激励して、二人で気仙沼を後にしたのでした。
思い切って、応援に来て本当に良かった〜。写真は気仙沼のゆるキャラのホヤぼーや(^▽^)/
IMG_20170603_164659.jpg

そして4日間続いた県総体が終わり、次男も無事に帰ってきました。
次男の学校からインターハイに出場する選手も数名いたのですが、次男はこれで終わり。
約2年間、ずっと真剣に部活に取り組んできたので、部活がない生活は落ち着かないかな?

・・・と思ってたけど、次の日に用事があって次男の部屋をのぞいたら、
もうすっかり勉強に集中しており、受験生モードの様子になってました。

「あー、これはやりきって、オン・オフがうまくできたんだな」と直感でそう思いました。
東京の試合にも2回行かせて、やりたいだけやらせて良かった。これできっと今後も大丈夫。

総体から約一週間後の6月8日は、次男の18歳の誕生日でした。
青春真っ盛りだね。誕生日おめでとう。ここまで健康で生きてくれてありがとう。
IMG_20170608_221917.jpg
 
これからは、受験生としてしばらくの間大変だけど、次男なら絶対合格できると思います。
第一志望はまだ揺れてるみたいだけど、部活での地道な努力と同じ気持ちで、頑張ってね。
家族みんなで応援しています。


posted by しゃーしゃん at 18:12| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

ホワイトデーのお菓子

5月になりました。早いものですねえ、と記事を書くたびに痛感します。

私は、ゴールデンウィークに突入しまして、夢の9連休を過ごしております☆
まあ、それまでにひたすら仕事し続けてきましたので、ご褒美のお休みです。
この期間で、好きなことや放置していたことを少しずつやっていければと思います。
できるだけ記事もアップしていきたいな〜。



というわけで、3月のお話を。ホワイトデーのお返しのことです。

例年どおり、バレンタインデーには、家族の男性陣にチョコレートをプレゼント。
そして、これまた例年どおりに、ホワイトデーにはお返しのお菓子をもらいました。

長男からは、ステラおばさんのクッキー。夫からは、リッチにゴディバのチョコ!
IMG_20170501_201826.jpg

次男からは、チョコやクッキーの詰め合わせ。自分で色々と少しずつ買って、ラッピングしたそうです。
クッキーは紅茶の葉が練り込まれたもので、質が高い。パッケージも綺麗です。
こういうところに、次男のセンスの良さを感じます。少ないお小遣いなのにすごい、すごい。
IMG_20170323_222648.jpg

そんな細やかな気配りができる次男ですが、今年のホワイトデーにすごいことをしました。

ホワイトデー前日夜に冷蔵庫を開けたら、ミニドーナツが山盛りでお皿に入って、
ラップかかっていて、その上に「✕」と書かれた紙が置いてあり、なんだろう?と思ってたのです。
「✕」だから「食べるな」ということかしら、とスルーしてました。

そしたら、次の日、ホワイトデー当日に、なんと次男が手作りしたものだと判明!!
ドーナツの形が揃っていたから、まさか手づくりとは思わなかったですよ。
その残りのドーナツがこちら。いまいちな形のものだけど十分です。
IMG_20170322_220424.jpg

部活の女子3人から手づくりチョコをもらったから、手づくりでお返し、という発想に至ったそうで、
ホワイトデーのお返しに、手づくりドーナツを作って、配ったということだそうです!!
いや〜、まさに次男らしいエピソードで素晴らしい。次男ワールド。

なぜ、手作りしたことに親が気づかなかったかというと、どうやって作ったらいいかという相談や、
材料費をくださいという相談は一切なかったし、台所もいつもどおりに復旧してあり、
お菓子作りをした跡が一切なかったからなのです。そこが次男らしいところであります。

次男に聞いたら、油をフライパンに入れて揚げたらしい。
ドーナツの生地は、小麦粉や卵などネットで見たレシピを参考にしたとか。
ドーナツの型抜きは、コップで丸く抜いて、真ん中の穴はペットボトルのフタでくり抜きだって。
道理で綺麗な揃った形になっていたわけですね。
私が相談を受けていたら、「ホットケーキミックスが簡単よ〜!」って言ってたわ。

それを聞いた後に台所をチェックしてみると、小麦粉は輪ゴムで閉じて引き出しにあり、
ベーキングパウダーは乾物入れのカゴに入っていて、バニラエッセンスは調味料棚にありました。
これ全部自分で買ったんだよね、お小遣いなくなったでしょう。催促しないのよね、次男は。

あ、だからシンク脇に、ペットボトルの蓋があったのか、そうかそうか。
蓋の話をしたら、「あ(しまった片づけ忘れた)」という反応が可愛い。
使った油もきちんと片づけてあり、素晴らしい。

ちょうど春休みで帰省していた長男が、女子に配った残りをもらったそうですが、
外側はさっくり、中はふんわりで美味しかったって! いいな〜。
ラッピングは100均で買ったとか。

でも、手づくりドーナツもらった女子たちはどう思ったかな?
義理なのに、逆に引かれてしまってないかな?と余計な心配が募る母です(^-^;

そして、なぜか私やおばあさんの分はないと言われたのでがっかり。
でも、冷蔵庫に残っていた写真のドーナツをもらって食べましたよ。美味しかった!
たぶん、形がよくないとかで渡さないと思ったのでしょうね。

一人で材料やラッピングを買って、一人でネット見ながらドーナツ作って、
一人で片づけもして、女子向けにラッピングして・・・という姿を想像すると、
「もぉ〜!次男ったら!」と言いたくなりますです。

普段、インスタントラーメンくらいしか作れない次男が、
なぜに一足飛びにドーナツ作りに挑んだのか、それは次男が次男たるゆえんです(´∀`*)ウフフ

この次男の心意気をわかってくれる女子がいつか現れてくれるといいなあ。

次男は静かにそばにいるタイプで、「気兼ねなく話せる優しい人」という友達として重宝されて、
一番恋人として選ばれにくいかもしれない気がしてならないのだけど、
結婚して一緒に暮らすなら、とてもいいと思うのよねえ。

ただ、時々、「え?」という次男ワールドが飛び出るので、
それを理解してくれる人なら大丈夫だと思う。そういう方と巡り合ってね。
 

posted by しゃーしゃん at 21:38| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

長男とデート。

すごく久しぶりに東京出張があり、その最終日に長男と会いました。
新幹線に乗るまでの時間を利用して、二人で夕食です。

なるべくゆっくりしたいので、東京駅ビルにあるお店を選択。
肉が食べたいとリクエストがあったので、ここに決めました。

ビア&グリル THE OLD STATION(オールド・ステーション)
http://www.tokyoinfo.com/shop/search/detail/oldstation.html
http://r.gnavi.co.jp/7cnga3640000/

八重洲北口改札を出て、駅ビル二階にある北町ダイニングというエリアにあります。
八重洲地下街の黒塀横丁よりも混んでいなくて、穴場な感じです。

長男も二十歳なので、こういうお酒が飲めるお店に堂々と誘えるのが嬉しい。
実験終了が少し遅くなったそうだが、18時前には合流できました。

お店の名前どおり、ビールとグリル料理が売りのようなので、
まずはプレミアムモルツと、牛ハラミのグリル バベットステーキ200g、
マテ茶鶏のグリル タンドリーブロシェット、フライドポテトを注文。

美味しいビールで乾杯です。ステーキもポテトもチキンもとても美味しい。
お通しのカレー風味のポップコーンも胡椒かかっていて、ビールにあう。
2016062218090000.jpg

やっぱりビールには、肉とか揚げ物とかが合うのよねえ、などと話しつつ、
最近の様子や興味ある話題など、色々とおしゃべりに花が咲く。

3年生になってからは、毎日、物理学の実験とC言語のプログラミングが忙しくて、
最近は睡眠3時間が続いており、寝不足だそうですよ。

「お酒飲んで大丈夫なの? その前に、授業中寝ていないの?」
「酒は大丈夫。何かやってる時は眠くないけど、終わってほっとした瞬間に眠気が襲う」
「うん、いくら若くても3時間は体に良くないよ、電車も乗り過ごすよ。。」
「今日はさすがに早く寝るわ」

Cプログラミングが苦手らしく、手こずっているようです。
私もポインタとか言葉しかわからない(笑)
実験に関連して予測を導くための計算式などをプログラミングして、
スパコン?に計算させるらしいけど、思った結果にならないので、
何度もトライ&エラーを繰り返しているそうな。

こういう結果が出るはず、ということを考えてやるので、
既存のプログラムがあるわけではなく、自分たちで作るしかない世界らしいです。
長男、頑張れ。そういうのは次男が得意そう。
実験も好きじゃないんだよね、理論追究系の研究室に行きたいらしい。

まだビール半分くらいの時に、話の勢いで手をグラスにぶつけちゃって、
少しだけステーキにビールがこぼれてしまって。
そしたら「大丈夫?酔ってる?」と長男に心配されました(^^ゞ
私を誰だと思ってます? まだビール一杯も飲んでないので酔ってませーん!
とはいえ、心配してくれる長男、可愛い。ありがとー。

ピザとポテトサラダを追加注文。長男はモスコミュール、私はワインを注文。
ここのポテトサラダ、小さく刻んだピクルスと粒マスタードが効いていて、美味しい!

話はますます進みます。長男のおしゃべりが止まりません。珍しい。

その中で、現実世界と物理学の繋がりの話になって、面白かったです。
物理学のテリトリーは抽象的な世界なんだそうですよ。(記憶によれば)

例えば、「1を示してください」と言われて、例えばりんごを1個差し出したとしても
それは「りんご」であって、「1」そのものではない。
確かに、「1」を物理的に差し出すことはできないんだなあ。なるほど。
そういう抽象的な世界を探っている学問なんだけど、あるところでいつの間にか、
具体的な現実世界に結びついてるじゃん!!という場面があって、
そこを感じるのが非常に面白いらしい。 お、おう。。。なるほどな。。。

そうか、今までそういうふうに考えたことなかったけど、
実は人間って、抽象・具象交えて、色々なカオスを瞬時に飲み込んで、
何事もなかったかのように、矛盾なく生きているんだなーってちょっと思った。

他にも、統計の話や、世界の成り立ちとか、大統一理論?とか、
神様やご先祖様を物理学的にはどう捉えるかとか、そんな話をたくさんしました。
そこはかとなく面白いことかも、と思った母なり。

そういえば、ふと思いついて、長男にスタップ細胞の話をして、
アメリカが横取りして特許取った噂があるけど、と話したら、
あれは似てるけど全然違う話だから、原本の論文も読んだから、ガセだから、と。

長男が「原本にあたる」という基本をきちんとしていることに、静かに感動。

ある程度の難しい話はついていけないが、大学で学びに学んでいることは十分に伝わりました。
キャンパスが変わり、学食レベルも良くなり、カツ丼があるのが嬉しいらしい。
あ、そう。前のキャンパスではカツ丼なかったのね。男子には大事な問題だね。

以前、購入するよう頼んだ若冲図録は、忙しくて持参するのを忘れたそうです。
夏休みまで持ち越し。早く見たかったな〜。
長男も図録を眺めて、背景がわかると更にその絵を楽しめることを実感したようです。

あっという間に約2時間が過ぎて、新幹線の時間になりました。

私はプレミアムモルツと、白と赤のグラスワインで、ふんわり酔った感じ。
合計3日連続で飲んでるから、しばらく自粛かな。
長男はプレミアムモルツとモスコミュールでいい感じで酔ったみたい。

別れてしばらくしてから、長男からメールが来たのですが、
どうやら反対方向の電車に乗ってしまったらしい(笑)
20分位経過してたから、結構遠くまで行ったのかもね。お疲れさま。
ようやく帰宅したら、バタンキューだったそうで、それはそうだよね。

次はいつになるかわからないけど、また長男とお酒飲みながら、
色々と話に花を咲かせたいものです。
 
posted by しゃーしゃん at 21:59| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

次男、17歳。

6月8日は次男の誕生日でした。17歳になりました。

次男の好きなカシスムースっぽいホールケーキを探すも、
毎年のことながら見つからず、今年はベリーがたくさん乗ってる
ホールタルトにしてみました。写真は切り分けたもの。
2016060821300000.jpg

ここのタルトです。赤いフルーツのカスタードタルト。
http://www.flojapon.co.jp/product/patisserie/c_529_redfruitcustard.html

タルトなんてどうかなって思ったけど、「超うまい!」と気に入ってくれて
安心しました。来年からはこれにしよう。

高校2年になって、部活(フェンシング)も楽しく熱中しているようだし、
勉強も自分なりに頑張っているようなので、青春してるセブンティーンだね。

相変わらず、常識では掴みきれない不思議なところはあるけれど、
そこはいい方向に伸ばしてくれたらいいです。

誕生日プレゼントのリクエストが特にないのも、次男らしい。

次男のいいところも認めて伸ばしつつ、世間で生きていく上での、
最低限のマナー・常識などを親として教えていけたらなと思います。

長男と違って、そこが一番難しい〜。
私はどちらかと言えば、次男の世界観が好きなんだけど、
夫は現実的に見ていきますので、はがゆい部分も多いみたいだし。

この一年で、どれだけ成長するかな? 楽しみです。
 
posted by しゃーしゃん at 22:17| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

母の日のプレゼント@2016

毎日色々なことが起きて、大変なこと、苦しいこと、困ったこと、
つらいこと、悲しいことなどがあるけど、
同じように、楽しいこと、嬉しいこと、ドキドキすること、
ほっこりすること、にこにこすることなどもあって、
いっぱい書き残しておきたい、伝えておきたいことが積み重なっています。

といっても、相変わらず盛りだくさんで、体力も気力も使い果たす毎日。
Twitterにちょこっとつぶやくのが精一杯で、ブログまでなかなかたどり着かず。

すでに時系列でお届けするのはあきらめて、気分が乗った順に書いていきます。



ということで、今回は5月8日の母の日の話。

GWの連休に帰ってきた妹と一緒に、母を連れて、プレゼントを買いに行きました。
いつも使っているカバンの持ち手がボロボロなので、夏向きのカバンを。
それと、この時期に似合う、白っぽい明るめの色で、履きやすく歩きやすい靴も。

母の誕生日も近いので、そのプレゼントも兼ねてる感じですね。
(戸籍上6月が誕生日だけど、本当は5月生まれなのです)

爽やかなブルーの織り布が印象的なカバンと、履きやすいベージュの靴が見つかって、
母も満足そうです。カバンは毎日使っていますよ。靴はまだ並べてるだけ。

連休中に帰省してきた長男も、肝心の母の日にはもういなくて、
東京へ戻ってしまったので、長男からは何もなかったなあと思っていたら。

Amazonから、ワインが届いたんですよ! 誰からなのかが書いてない。
160508_0948_001.jpg

夫には事前に連絡してあったらしく、これが長男から私への母の日プレゼントでした。

ワインなんてどれがいいのかわからないので、色々ネットで検索して決めたそうです。
母としては、とっても嬉しいです♪ 一生懸命調べてくれたのね〜。
こんなきちんとした母の日プレゼント、初めてな気がする。

イタリア銘醸ワイン、カサーレ ヴェッキオ モンテプルチアーノ ダブルッツオだって。
通常は葡萄樹に8房の実をつけるのを2房に制限して造られたそうです。

すぐにはもったいなくて飲めないので、4月に受けた試験の合格発表が6月にあるので、
その合格の日に開けようと思います。(不合格でも飲むけど)

ちょうどこの日は、夫が急に体調不良となり、いつもの夫の裏プロデュースの
母の日カーネーションなども準備されず、まあ仕方ないわね、と思ってました。

これまで次男もその裏プロデュースに乗っかっていたので、何もなし。
なので、ささやかにその日の夕食は茶碗蒸しをつけて、気持ち豪華に。

すると3日後、学校から帰宅した次男から、「遅くなったけど」と花束のプレゼント。
160511_2355_001.jpg

おにいちゃんからのプレゼントを目の当たりにして、何もしなかったなと思ったのか、
少ないお小遣いなのに、よくぞ花を買ってきてくれました。これまた嬉しいよ〜。

私はカーネーションはあまり好きではないので、こういう花のほうが好き。
だから、余計に嬉しい気持ちが高まりました。

二人の息子たち、母への感謝の気持ち、しっかり受け止めましたよ。
本当にありがとう。また来年、楽しみにしています。
 
posted by しゃーしゃん at 15:36| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

ピアノレッスン終了。

160416_1032_001.jpg

次男も高校2年生になり、部活や勉強が更に忙しくなってきました。

そろそろそちらに集中したいということもあり、
今回、小学校2年生から習っていたピアノをやめることに。

本当は3月でやめるつもりでしたが、習っている曲の仕上がりが中途半端になるため、
4月一杯まで延期して、4/28が最後のレッスンでした。

長男も次男も、唯一の習い事がピアノなんです。

二人ともずっと同じ先生に習ってきたので、これで本当に終わりかと思うと、
非常に感慨深いですし、こんなに長い期間習い続けられたのも、先生のおかげです。

夫も私も、お互いの勤務場所からさほど遠くないところにレッスン場所があるので、
レッスン終わり頃に、先生にお礼に伺うことに決めました。

なのに、その日は朝から結構なトラブルが発生して、夕方まで収まるのかどうかずっとドキドキ。
お昼休みには、先生へのお礼の気持ちを込めて、家族で楽しめるようにと、
和菓子と洋菓子を買っておいたので、渡さない訳にはいかないのよー。

神様、どうか行けるようにしてください。困ります!とお願いしたのが効いたのか、
定時頃にはトラブルが収束して、余裕で行けるようになって、ラッキー!
ありがとうございます、神様!

そして無事にレッスンが終わりそうな頃に到着。
部屋に入らせていただき、次男のレッスンの続きを聴いてました。
久しぶりに聴くなあ〜。家だと夜になるのでサイレントで聞こえないから。

夫は、月末で非常に忙しいし、その日で退職する同僚の送別会もあると言ってたので、
果たしてレッスン終了までに間に合うのか、そもそも無理なのではないかと思ってました。

でも、私が到着してからほどなく夫も到着。間に合ってよかったね。
後で聞いたら、退職する方も家族が家でご馳走を準備しているとかで、
1時間しないうちに送別会がお開きになったとかで、これ幸いな状況になったそう。

次男の最後のレッスンも終了し、先生としばし歓談。
長男が小2の時からお世話になったので、12年位のおつきあいになります。

私はすっかり忘れていたけど、次男が小さい頃から、長男の練習に連れてきたので、
先生としては、小2からではなくて、その頃からのおつきあいだったんですよね。
そんな次男も、もう高校2年ですから、本当にあっという間です。

「私の生徒の中でも、二人とも自慢の生徒だったんですよ〜」と、
お世辞でもそう言ってくださって、本当にありがたいです。

発表会やコンクールなどにも出させていただき、難しい曲にも挑戦して、
でもいつも怒ったり叱ったりはしないで、良いところを誉めて伸ばしてくださる、
そのほんわかやさしいところが、子供達も続けてこられた理由ではないかと思ってます。

長男も、大学受験以来、東京に行ったこともあって、ピアノから離れてましたが、
「最近またピアノがすごく弾きたくなってきた」と言って、
春休みにはガンガン好きなように弾いていたので、習わせておいてよかったなーと。

レッスン自体はもう行かないけど、習った基礎は忘れないだろうから、
次男も細々と、勉強や部活の合間に弾くようにして、この宝物を忘れないでほしい。

ピアノ嫌いだから辞める、じゃなくて良かったです。
生活サイクルの変化に対応するために、そろそろという区切りなので、
いつでもまた、始めたい時に始められるから。

次男が高校になってからは、学校近くで通える場所でレッスンということもあり、
親が送迎することもなくなって、先生とも久しくお会いしていませんでしたが、
いつもと変わらぬ笑顔で、大変安心しました。

たかがピアノのレッスン終了で、両親揃って挨拶?と思う方もいると思いますが、
子供達の成長とともに過ごしてきた、感謝せずにはいられない、先生との出逢いでした。

当の次男は、毎週のレッスンがなくなるということで、一旦スッキリなのかな?
空いた時間を、部活や勉強や遊びに、有効活用してほしいものです。
 
posted by しゃーしゃん at 22:30| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

長男、アパート暮らしの始まり。

長男の話題が続きます。

長男は、大学2年生としての生活も終わり、無事に進級できて、4月からは学部生。
本人の努力の賜で、希望どおりに物理学専攻の道に進みます。

3年生からは、別のキャンパスに通います。学生寮も2年までしかいられません。
なので、寮生活に終止符を打ち、アパート暮らしを始めます。

もちろん、今度のキャンパス近くにも学生寮はあり、応募してみたけど、
20名しか枠がなく、応募者も殺到したため、
世帯年収の他に母の年金額まで査定されて、あえなく落選。仕方ない。

今までいた寮は、賄いもなく、風呂もなく、部屋ごとにトイレとシャワーはあるけど、
トイレ部屋にシャワーがある感じで、シャワーする時はトイレを隠す?作りで
たいそう狭かったようです。IHコンロが一台あり、料理できたのは良かったかな。

加えて、建物が古いので、隣の生活音がダイレクトに響いてきて、
耳栓をして寝ないと眠れない環境だったようです。
水音はもちろん、些細な話し声や咳なども丸聞こえ。それはうるさいよね。
部屋の前には共同スペースがあって、夜にそこでおしゃべりされるのもうるさかったらしい。

我が家に比べたら、相当ひどい住環境だったと思うけど、
仕送りは多く出せないことも理解していて、一切文句も言わず堪え忍んでくれました。

なので、今回、寮の抽選に漏れて、アパート暮らしが決まった時には、
長男は、もう嬉しくて、楽しみで、しょうがない感じだったらしいです。

これまでの寮の部屋は、自分の居場所・住まいという感覚はなく、
待機場所に常にいる、という認識だったらしく、
引っ越し時に何か寂しいとか、感慨深い気持ちになるのかなと思っていたけど、
全く何も未練もなく、思い出を振り返る気持ちもなかったそうですよ。
ふーん、そうだったのねえ。よく我慢したわね。

正月明けからの一ヶ月で、アパート探しを始めた訳ですが、
長男だけでは甚だ不安なので、妹にも度々アドバイスを求め、
候補物件の下見にもつきあってもらったりして、大変頼りになりました。

私も夫も、新婚当時の2年間しかアパート暮らしの経験がなく、
東京で学生が一人で、それなりに安く快適に暮らすためのノウハウはありません。
そこで、妹の物件探しのノウハウがとても役に立った感じです。

大学周辺は高いので、電車通学範囲だけどあまり時間がかからず(定期代を安く)、
アパート周りにコンビニやスーパーなどがあって、駅からも近いところ。
築年数は古くても、リフォームしてあればOK。
玄関入ってすぐに部屋はダメで、台所などがあれば良い。
洗濯機置き場が部屋の外じゃなくて、中にあること。
収納がついていて、風呂トイレもあること。エアコンもついていてほしい。
家賃はできれば5万以内で。(何万でもいいけど仕送りの上限は伝えた)

大学生協経由の不動産屋にお願いしたので、学生向け物件を色々と紹介してくれて、
妹の厳しいチェックもくぐり抜けた、良い案件が見つかりました。

最寄り駅の一つ隣の駅は、それなりに大きな駅で、百貨店や商店街があって、
何か買い物をする時には便利な感じ。

一つ不安なのが、若干移動できるガス台が一つあること。
ガステーブルなら安心なんだけど、ホースに繋がったガス台という感じ。
寮でも我が家でもIHなので、ガスの炎に気をつけて料理してほしいな。

2月の家賃は無料だったので、長男は嬉々として2月初旬に引っ越し。
1週間程滞在し、あとは仙台に帰省してきたので、一ヶ月半ほど仙台にいたかな。

先日、ようやく東京へ戻ったので、これから本格的にアパート暮らしが始まります。
戻ったその日に、アパート近くの桜を撮影して送ってくれました。満開だったな〜。

これまでより仕送りがアップするし、20歳になったので国民年金も支払い開始だし、
まだまだ親のすねかじりな長男だけど、その分、やりたいことをとことん、
やり抜いてほしいです。ただ漫然と過ごすことはしてほしくない。

今年の夏休み家族旅行では、長男のお部屋拝見ができるね♪
寮では、他人の入室禁止だったので、結局部屋の中を見ていないのです。

狭いだろうけど、ようやく自分のお城ができたわけで、良かったね。
 
posted by しゃーしゃん at 20:35| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

長男、二十歳になりました

ほぼ2ヶ月ぶりの記事です。

毎年のことながら、2〜3月は怒濤の忙しさで、ブログも滞りがちですが、
ついに2月は一度も記事をアップできませんでした。

記事のない月はこれまで一度もなかったので、なんだか悔しいです。
でも仕方ない。これからたくさん書いていけば良いです。

この2ヶ月は、仕事のみならず、プライベートも濃くて、
たくさん書きたいことがあったのですよ。

その中でも、まずは長男のことを書いておかねばなりません。



長男が今年成人式を迎えたことは、こちらの記事で書きました。
http://shashan.seesaa.net/article/432394770.html

長男は早生まれなので、成人式の時点では、正確には19歳であり、
成人式おめでとうと言っても、本人としてはまだ実感が沸いていなかったはず。

それもあって、成人式の記念撮影は、誕生日が来てからとなりました。

3月18日の誕生日は、家族みんなで集まって、ホールケーキを囲み、
ハッピーバースデートゥーユーを歌って、お祝いしました♪

これがその時のケーキ。長男は果物アレルギーなので、いつもチョコです。
最近は、フロ プレステージュのショコラアメールが定番です。
http://www.flojapon.co.jp/product/patisserie/c_521_chocolatamer.html
160318_2204_001.jpg

あらためて、長男よ、20歳おめでとう。

私も夫も、親業を始めて20年経過したのね〜。早いものだわ。
21年目の親業が始まったわけで、まだまだこちらも成長中。

生まれた時の話は、過去記事にも何回か書いているので、今回は書かないけど、
2274gの小さな赤ちゃんが、順調に大きくなって、大学2年生になるとは、
本当に感慨深いものがあります。

妊娠して、無事に生まれて、20年の間、大小の波はあったけれども、
人並みに健康で、大学生にもなり、無事に成長してくれたことは、
当たり前のようだけど、本当に奇跡なのだと思います。

一つの命が、20年間生き続けるということは、とても恵まれたこと。
ここまで長男を守ってきてくれた、すべてのものに、感謝します。



さて、20歳といえば、お酒解禁♪
体質的にお酒がダメな夫と、お酒大好きな私と、どちらの体質を受け継いでいるのか?

昨今、大学サークルなどでは、お酒を飲ませる風潮はかなり下火となり、
長男もほとんどお酒を飲む機会はなかったそうです。

なので、初めてのビール(キリン一番搾り)で乾杯!
恐る恐る飲むのかと思ったら、躊躇なく、ゴクゴクと飲んでるではないか!

苦くないのか聞いてみたら、「思ったほど苦くないよ」と。
そうか、ラガービールじゃなくて、一番搾りだから飲みやすいよね。

「まあまあ」と言いつつ、息子にビールを注ぐ私。
ようやく息子と一緒にお酒が飲めるようになったのね、嬉しい(^o^)

夫だと、1cm飲んだ程度で真っ赤になるのだけど、長男は何も変化がない。
しかもグラスに2杯程飲んでも何ともない。

これは確実に、私の体質が遺伝したね! 心おきなく酒盛りできるね!わーい!
5月連休に、妹と私と長男とで、酒を酌み交わすのが楽しみです。

「いったい、どういう感じになると、酔っぱらったっていうのか、よくわからない」
と長男が呟いていたが、それはそのうち、嫌でもわかる日がくるのでお楽しみに。

20歳解禁はタバコもあるけど、我が家は誰も吸わないので、このままなしで。



先日、名実ともに20歳になったので、写真館を予約して、記念撮影をしてきました。
ぼんやりしていると、東京に戻ってしまうので、その前に。

今回は、長男一人で撮影し、家族写真はなし。1ポーズだけ注文と決めてました。

成人式のスーツを着て、カメラマンの指示に従いながら、姿勢を整える長男。
それを遠巻きに眺める夫と私。非常に興味深いです。

最初は、水色っぽい無難な背景で、立ち姿で撮影。

それで終わりかと思いきや、今度は茶色の壁のような背景に変わり、
ビンテージ風の椅子が置かれ、背後には灯りのスタンド、そして赤い花束(笑)。
椅子に座って、足を組んで、腕を組んで、笑顔のショットが続く。面白すぎる。

そして隣の場所に移って、今度は白い窓に白い階段のセットへ。
もう、このセット自体が面白すぎるのだけど、そこの階段に腰掛けての撮影。
白いセットは明るくていいのだけど、モデルが長男なだけに、
偽物韓流スターがポスター撮影でもしているようで、大いにウケた(*^O^*)

最後は、その横の茶色の壁にもたれて、斜め横を見ながら、腕を組みながらの撮影。
これも偽物感が漂い、ただただ面白い時間が流れました(笑)

少し待っただけで、撮影した写真すべてをパソコン上で見ながら、
どれがいいのか、取捨選択できるんですよね。とても便利な時代になりました。

撮影に来る前は、普通の全身像がいいかなと思っていたのですが、
最終的にみんなの意見が一致したのは、2番目の椅子に座ってのショットでした。

色々なポーズの写真が目の前にあるので、意志が強くないと、1ポーズだけでなく、
何枚でも注文してしまいそうになりますが、ここはきっちり抑えましたよ。

台紙も無料のもので十分です。出来上がりは2週間後とのこと。楽しみです。

これでようやく、我が家の成人式が終わった気分です。

本当に、ここからが大人への一歩、始まりです。
学生という身分ではあるけれど、社会的には成人=大人という扱いになるので
くれぐれもそこのところは心得て、毎日生きていってほしいと思います。

posted by しゃーしゃん at 22:19| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

長男の成人式

今年は、長男の学年が成人式を迎える年です。
平成7年4月2日生まれ〜平成8年4月1日生まれまでが該当します。

我が家の長男は、平成8年3月生まれのため、まだ実際は19歳ですが、
もちろん、今日開催された地元の成人式に参列しました。

大学の仲間と一緒に東京の成人式に出るか、
中学時代の仲間と会える地元の成人式に出るか。
懐かしい仲間と出会える滅多にない機会なので、地元に出たらと助言、
長男は、正月に帰省、東京に戻り試験受け、成人式のためまた昨日帰省してきました。

帰省途中に「式典案内、ワイシャツ、ネクタイは持ってきたよね?」と確認すると
「全部忘れた・・・ワイシャツとネクタイはお父さんの借りる」だって。

長男は夫よりも身長があるし、ネクタイも若者向けはないし、昨日急遽購入。
家庭教師の時にワイシャツネクタイが必要なので、東京に持って帰ってたからね。
スーツ、靴、ベルトはこちらにあったから安心。全くもう〜。長男らしいけど。
成人式の案内には、記念撮影写真の申込用紙も入っていたが、当日何とかなるだろう。

成人式に親が参列することの是非は人それぞれと思うけど、
式典案内には「ご家族揃って参列してお祝いしましょう」みたいなことがあったので、
夫婦揃って出ようか?と相談はしてました。

でも、一応本人の意向を尊重しようと、昨夜長男に「一人で行く?」と聞いたら、
「お父さんやお母さんが行かないんだったら、そもそも成人式なんて行かないよ!
 親のために出るんだから。そうじゃなかったら、試験受けて、またこっちに
 わざわざ戻ってこないし」と、予想外の反応が!

・・・そうですか、そうでしたか、親を喜ばせるためと考えていたのね。
親側としては、そんなつもりは全くなかったけど、そう感じたのだろうね。
同窓会も、あまり仲良かった友達いないから欠席の返事したって言ってたし。
(仲良しでつるんでた友達はいたはずなんだけど・・・)

というわけで、何はともあれ、両親揃って、長男の成人式に行くことになりました。

会場となった体育館には、美しい振り袖姿の女の子達がたくさん。眼福、眼福♪
男の子はほとんどスーツ。みんな顔つきも変わり、誰が誰だかもうわかりません。

保護者もそれなりに来ていて、ギャラリー席もいつの間にかほぼ埋まりました。

式典は、熟女コーラス隊による合唱で幕開け。その後開会宣言、君が代斉唱。
君が代はシンプルで静粛な感じがして、純粋に好きです。

続いて、祝辞、来賓挨拶、来賓紹介、祝電披露、新成人による答辞など。

祝辞で印象的だったのは、「中学校卒業式当日に、東日本大震災を体験した子供達」
という観点が盛り込まれていたこと。
ここにいる全員が同じ経験をしている。午前は祝福と希望、午後には恐怖と不安を。
このことは何かの節目につけ、思い出され、語られるのだろうな。

あれから5年が経過しようとしている。
地震の犠牲となった友は幸いおらず、一緒に明るく成人式を迎えることができた。
このことがどれだけ貴重なことか、ありがたいことか。
恐らく、長男も含め、ここにいる新成人のみんなは、今は意識できないだろうね。

その後、新成人代表による、二十歳の抱負発表。とても立派な意志表明でした。
男女1名ずつでしたが、この人選はどうやったのだろうねと後で話題に。
おそらく生年月日で並べて、一番最初に二十歳になった子じゃないの?と私は推測。

次に、ステージでは、中学校時代の恩師からのビデオレターが流れてきました。
中学校ごとに、主に3年次の担任や学年主任の先生などが、メッセージを語りかけます。
懐かしい先生方の顔が登場する度に、その中学校の生徒達がどよめいて楽しそう。
これはいい趣向です。私たちも見ていて楽しかったです。

そして次は、高校生吹奏楽部によるお祝いの演奏が始まりました。
最近の曲とか、旅立ち的な曲を演奏するのかな〜と思いきや、中学校の校歌を演奏!
すると、ステージでは、その中学校の生徒達の思い出の写真がどんどん流れ、
これまた子供達、もとい新成人達はどよめき、笑いあい、和やかな雰囲気に。

式典も終わりに近づき、ここでなんと全員で「ふるさと」を歌いました。
子供達も素直に歌っているところがいいわ〜。

最後は、万歳三唱で晴れやかに終わりました。

中学校ごとの校歌を演奏した高校生のみなさん、お疲れさまでした。
ビデオレターやスライド作成をした大人の皆様、本当にありがとうございました。

地域の皆さんの手作り感満載の成人式式典でした。
こんなにたくさんの愛情に包まれて、幸せな子供達だなあ。

ちょっとやんちゃな髪型とか服装の子達もいたけど、
式典中は誰も騒いだり、立ち上がったりもせず、おしゃべりもほとんどせず、
みんな真面目に聞いていました。本当に素直なまま成人になったねえ。

長男も、科学部仲間に久しぶりに会えて、話が弾んで仕方ない様子。
ね、親のためと言っていたけど、地元の成人式に参加して良かったでしょう・・・。
しっかりとLINEの交換をしていたようです

学生だったり、社会人だったり、それぞれの場所で自分の人生を歩み始めている、
かつての仲間達の状況を知り、今の自分と照らし合わせて、どう思ったでしょうね。
20年間生きてきて、ちょうど良い振り返りになってくれればと思います。

夜は、家族全員で焼き肉店に出かけて、「成人式おめでとう」の乾杯をしました。
思う存分、焼き肉を食べて、満足してくれたようです。

長男よ、成人式おめでとう。

まだもう少し19歳が続くので、誕生日が来たら、あらためてお祝いします。
 
posted by しゃーしゃん at 23:57| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

長男とデート。

先日の土曜日は、午前中に雀踊りの練習、午後は9月のどんとロード雀踊りの説明会に参加。

記事にしてないですけど、雀踊りはずっと続けていますよ。
5月の青葉祭り、7月の夏まつり、そして9月のどんとロードと、
イベントが続いています。

どんとロード雀踊りは、国宝である大崎八幡神社を主要舞台にして、
48号線も片側閉鎖して大流しを行う、結構大きなイベントです。

今はこのイベントに向けて、練習を重ねているところです。

さて、土曜日にそのすずめ関係が終わったのが16時。

汗だくでヘトヘトになっていたのですが、
そういえば、帰省中の長男が、新しい眼鏡をこの土日で買いたいと言ってたのを
思い出しまして、急遽呼び出して買うことにしました。

初めて入った眼鏡屋さんですが、店員さんも親切で、眼鏡の種類も豊富。

今の眼鏡だと若干見えにくくなってきたという他に、
ちょっと重みがあるために鼻のところに痕がついて痛いので、
軽いフレームとレンズを探す。

良さげなお値段の中から、あれこれと試着?して、
長時間かけても痛くなりにくい、黒いフレームの軽い眼鏡を選びました。

眼鏡が完成するまで、30分程度時間がかかるため、外で時間潰し。

同じアーケード向かいに、カルディがあったので、そこに入りました。
なんと長男はカルディを知らなかったので、興味津々。

カルディって都会にあるお店、という雰囲気があるので、
東京にいっぱいあると思うのだけど。
仙台駅地下2階にもありますよね。
お、長男が利用する駅の近くにも3店舗あるわ。

カルディ
http://www.kaldi.co.jp/

ついでに、私が買いたいものを長男が買ってくれることに。
そう、誕生日プレゼントとしてです♪

あまり高いものはおねだりできないので、目についた物をなんとなく。
会社で飲める粉末のチャイとか、四川麻婆豆腐の素とか(笑)、
夫が好きそうなかりんとうとか、ハラペーニョ味のプレッツェルとか。

「あ、地ビールが売ってる♪」
「俺、未成年だから、買えないから」

ええ、真面目な長男です。早生まれの19歳です。

自分の財布から、お金を出して、私にプレゼントを買ってくれる姿。
そのお金は仕送りではなくて、きっとアルバイト代だよね(^_^;

ようやくと言うべきか、あっと言う間と言うべきか。
いつの間にか、が一番気持ちにあってるかな。
少しだけ、長男の背中が大きく見えました。

長男はカルディを気に入ったみたいで、近所にあれば通い詰めたいって。
珍しい輸入品がたくさんあるし、うまくセール品を買えば安いよね。

もう少し時間があったので、店頭での試飲コーヒーをいただきながら、
店内をウロウロして、時間潰し終了。

眼鏡屋に戻って、最終調整をして、支払いをして終わり。
一万円で買えたので、良い買い物でした。
東京にもお店があるし、利用後の微調整もしてもらえるから良かったね。

「これくらいで買えるなら、東京で自分で買おうかなあ」
はい、ぜひ次回はそうしてくださいね。アルバイト頑張って。

さて、帰ろうと、東二番丁通りの横断歩道で信号待ち。

「あの視力表、つい見てしまうよね」と、水晶堂の視力表看板の話をしたら、
「え?何ソレ?」だって。

仙台の街中で高校3年間過ごしていて、これを知らないとは!!
どうやら長男の行動範囲は、仙台駅前と名掛丁商店街あたりまでのようです。

横断歩道を渡った先には、ひょうたん揚げで有名な、阿部蒲鉾店。

ひょうたん揚げは、笹かまの材料にする魚のすりみを蒸したものに、
アメリカンドッグの甘めの衣をつけて、揚げたもの。ケチャップつけて食べる。
このひょうたん揚げの串の先に、「当たり」が書いてあれば、もう一本もらえる。

写真などはこちら。
http://gurutabi.gnavi.co.jp/sp/i/i_6092/

150円だか170円だかで安く、ここのお店でしか買えないので、
ひょうたん揚げ売場付近では、みんなたむろしてひょうたん揚げを食べている。

仙台では有名なファーストフードなんだけど、実は私は一度しか食べたことがない。
その時、次男も夫も初めて一緒に食べて、次男が「当たり」を出したんだよね。
今年の話だったと思う。

なんと長男も食べたことがないというので、一本買ってあげた。
私も一口もらったが、揚げたてで美味しい。

食べながら駅方向に向かって歩くとすぐ、「あれ?当たり?」

なんと、長男も「当たり」を引いたのでした。
兄弟で、一度しか食べてないのに当たるとは、すごい確率。
それとも「当たり」棒が多いのか?

すぐさま引き返して、お店でもう一本引き替えてもらいました。
その場で食べる場合は、簡単な紙に包まれるのだけど、
持ち帰りする場合は、きちんと蓋をして、手提げ袋に入れてくれたので良かったです。

約1時間半ほどでしたが、長男と二人で一番町をデートするなんて、初めてです。
デートという言い方が古くさいですかね(^_^;

でも、とても貴重な時間を過ごすことができて、楽しかったです。

来年、長男が20歳になったら、バーに連れていくのだ!!
それが当面の夢、楽しみですね〜
 
posted by しゃーしゃん at 00:00| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

次男とピアノ

写真は、裏庭に咲いた百合の花と紫陽花の花。
今年は百合の株が増えて、2本になってとても華やかです。
もうだいぶ散ったけど。
2015071112480002.jpg 150706_1935_001.jpg
2015071112480000.jpg 2015071112480001.jpg



子供の習い事の定番といえば、そろばん、習字という時代から、
水泳、ピアノ、バレエ、英会話、スケート、バスケ、野球、サッカー・・・など
ずいぶんと多岐に亘る時代となったものです。
(←こんなことを語れる年齢になった自分)

さて、我が家の息子たちの習い事といえば、ピアノだけ。

長男は、小学校3年くらいから、高校3年の夏休み前まで習ってました。
次男も、同じく確か小学校2年くらいから、ずっと習ってます。

次男には、高校入学時に、ピアノ続けるかどうかの意思確認をしたところ、
特にやめずに続けたいとのことなので、そのままやらせてます。

男子で、高校生になっても、ピアノ習い続けているって、あまりないらしい。
しかも、特にピアニストや音楽関係を目指していないのに。

習い事にもお金はかかるし、無理に習わせるのも本意ではないので、
いつでもやめてもらってかまわないのだが、
「やめたい」と言わないのは、本人たちもピアノが好きなんだろうね。

ピアノが好きというよりも、音楽に触れる仲立ち、ツールなのかも。
もしくは、勉強や部活とも、まったく違う世界に入れるからか。

私は子供たちのピアノを聴くのが好きなんだけど、
長男と違って、次男はあまりピアノの音を出さないで弾いてばかり。
高校生になったら、その傾向は顕著で、いつもサイレントにしている。
(うちのは電子ピアノなのでそういうことができる)

「なんで、ピアノの音を出さないで練習してるの?聴かれるのがいやなの?」
「うん」

即答。思春期なんですかねえ。
まあ、聴いたら聴いたで、なんだかんだ言われるのが嫌なんだろうよ。

中学までは、土曜に自宅最寄りのレッスン場に送迎したので、
その時に聴くことができたのですが、
今は、平日に高校から徒歩で行けるレッスン場に変更して通ってるので、聴けない。
とっても残念である。

そんなある日。

次男「ピアノの楽譜が買いたいんだけど、どこで買えるかな」
私 「サンモールにあるヤマハで買えるよ。何の楽譜?」
次男「ドビュッシーの月の光。自分で弾いてみたいなと思ってさ」
私 「それなら、そんなに高くないと思うよ、1500円とか」

今は確か、リストのラ・カンパネラを習っているはず。すごく難しいやつ。
それとは別に、好きな曲を息抜きで弾きたいようだ。
私も、「月の光」は好きなのです。

後日。テレビCMから流れてきたのが「月の光」だったので、
私と次男は、あ・うんの呼吸で、「これだね〜」と。

無事に楽譜は買えたみたいで、ちょこちょこ弾き始めているようです。
次男曰く、「8分の9拍子ってどう考えたらいいのか、あと2連符も多くて・・・」
「ピアノの先生に、ちょっとアドバイスもらったらいいよ」と助言しつつ、
次男がそうやって自発的に曲に挑んでいるのが、そばで見ていて楽しい。

だいたい弾けるようになったら、サイレントじゃなくて、ちゃんと聴かせてほしいな。
私が長男によくリクエストする、同じくドビュッシーの「アラベスク」みたいに。
  
posted by しゃーしゃん at 22:53| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

次男の部活(おまけ)

おまけです。

次男の部活について、長々と書いてきましたが、
それがきっかけで、つい最近気づいたことがありました。

2〜3月には、次男が高校合格しますようにと、いつも祈ってました。

その時は、ただ祈るのではなくて、常に、もう合格して、
希望の高校にいる次男のイメージを思い浮かべるようにしてたんです。

コツは、合格して、「やった〜!!」の場面ではなくて、
入学式を迎えて、高校の校門に笑顔で立っている場面を想像するのです。
合格の、その先、がコツです。

まあ、それは良いとして、問題は、その時の次男の姿なのです。

いつも目を閉じて想像するのですが、なぜか、次男は学ランを着ているのです。

中学校の制服は、学ランではなく、ブレザーなので、違います。
合格した私立高の制服も、学ランではありません。(と後で知った)
もちろん、希望の高校の制服でもありません。

じゃあ、なんなの、このイメージは???
とずーーーーーーっと不思議に思ってました。

きっと自分のイメージ力がないんだなあと思いながら、それを打ち消して、
中学校の制服か、私服を着て、校門の前で笑顔になってる次男を
一生懸命想像してました。

それも1%くらい貢献したかどうか不明ですが、
次男は、実力で無事に合格できたのですが・・・。

ここまで来たら、察しのいい方なら、わかりますよね。

きっとあれは、次男が応援団の学ランを着て頑張っている姿だったのでは?

・・・とハッと気づいたのでした。

私に予知能力があるとか、未来が見えるとか、そういう話ではないのです。

あのイメージは、やっぱり正しいイメージだったんだな、って、
自分自身、ようやく腑に落ちたのでした。

おしまい。
 
posted by しゃーしゃん at 20:33| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

次男の部活(3)終

そして、期限が来て、ホントのホントに、応援団の暫定部員は終わりました。

その週末には、伸び放題だった髪を切りに床屋へも行ったし、
週明けから着ていく、学ラン以外の(笑)私服も何着か選びました。

さて、最終的にはどこの部活に決めたのでしょう?

なんと、フェンシング部です!!

よ、良かった〜、応援団じゃなくて(笑)

4月下旬から入部していた1年生とは、1ヶ月の差があるけれど、
そもそも中学にはフェンシング部は普通ないでしょうから、
みんな初心者で、同じように成長していける。
1ヶ月の差分は、すぐに追いつくでしょう。

フェンシングと聞いた時は、「フェンシング?!」だったのですが、
ようやく次男がやりたい部活が見つかったので、もちろん応援しています。

同級生や、先輩などの雰囲気もいいみたいだし、男子だけでなく、
女子もいるようなので、いろいろと楽しそうです。

今年の1年生は、男女あわせて15名ほどいるらしく、例年になく多いそうです。
貴重な時を一緒に過ごす仲間が多いことは、いいことです。

入部が決まり、早速、防具一式を揃える必要があると次男に言われ、
請求された金額は、約9万強でした。

トホホ・・・
期間限定での割引があるようだが、それでも一式揃えるとなると
かなりの出費になりますなあ。

他にも、学校名が入った部活ジャージや、協会などに登録するための登録料とか、
一昨日まで行われた、県総体への大会遠征費用(宿泊代金)などがあり、
お財布がやせ細っていったのでした。

でも、吹奏楽部で楽器買うよりはいいですね。あっちは何十万の世界ですから。

次男よ、どうぞ最後までフェンシング部で頑張っておくれ。
この出費を無駄にしないでください(爆)

入部して数日しか経っていないのですが、6月6日〜8日には、
宮城県の北東端の、気仙沼で県総体が行われました。

隣はすぐ岩手県という、仙台からだととても遠い場所です。

どうやら気仙沼の高校は、フェンシングが強いらしく、
今回軒並み個人や団体でも、優勝していましたね。インターハイ出場です。

次男の高校も、8年?連続でインターハイへ出場していると聞き、
おお!そんなに強かったの?と驚いた次第です。
(後で聞いたら、フェンシング部がある高校の数はそんなに多くないみたい)

今回は、優勝こそ逃したものの、女子も男子も何人かインターハイへ
行けることになったようで、良かったです。
応援しがいがあったことでしょうね。

自分の先輩や、強豪校の試合をずっと見てきて、精神的にかなり何かくるものがあったようです。
次男は、それをうまく言葉では説明できないようでしたが、
すごいな〜!!等の感動に加え、本当に自分にもできるんだろうか、という不安も
入り交じった、複雑な想いを感じたのではないでしょうか。

まずは、最初から不安がらずに、地道に練習することから初めて、
ちょっと体力的に辛くても、なんとか楽しく続けてほしいものです。

高校の部活仲間は、大人になってもその繋がりが続くことが多いし、
青春の1ページを彩るには、やはり部活は欠かせません。

紆余曲折して、ようやく落ち着いた次男の部活選び。

ほんとに、頑張ってね!
 
posted by しゃーしゃん at 21:59| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

次男の部活(2)

次男の高校では、全員必ず部活に入ることとなっているので、どうするのかなと
思っていたら、ある日突然、次男が学ランを着て帰ってきたのです!!

「それ、どうしたの?! 今朝着ていった服は?!」

なんと今度は暫定的に、応援団に入ったとのこと。
これまた、晴天の霹靂な展開です。普段の次男からは想像できない。

5月中旬に、伝統の野球部定期戦があるのですが、
その日に向けて、1年生は必死に毎日応援練習をします。
2〜3年生も、朝・昼・夕と練習の相手をしてくれます。
そこで、1年生は鍛えられて、真の○高生となるわけです。

もちろん、先輩の最高峰として、応援団長や幹部がいる訳なのですが、
色々な理由により、この期間限定で、有志として応援団に入団もできるそうです。

それから、毎日、応援団の服=学ランを着て、通学する次男。
応援団ならではの上下関係の厳しさも目の当たりにしながら、
毎日声を枯らして、5月連休も毎日応援練習に行っていました。

定期戦間近には、卒業したOB・OGがやってきて、
河原で一緒に練習したとかで相当緊張したみたい。
その様子を語る時に、「OBの皆さんがいらっしゃって・・・」
などと敬語で話しており、そんな姿がすごい初々しくてねえ・・・。

朝も早いし、夜も遅いし、本当に大丈夫なんだろうか?と思うほどの練習を重ね、
いよいよ、定期戦当日です。

某土曜日に、コボスタ宮城を貸し切って、伝統の定期戦が始まりました。
保護者も、誰でも、自由に観戦可能なので、私も夫も、観に行きましたよ♪
思いがけなく大学時代の仲間にも会い、ご子息が野球部だとかで、応援に熱が入りま
す。

もちろん私たちは、スタンドの中に立つ次男をチェック、チェック。
応援団幹部は、スタンド前方に作られた舞台上で、応援の指揮を取ってますが、
次男たちのような暫定部員は、在校生への指示伝達や統率など、こまごまやってます。

次男、頑張れ〜!! 野球部、頑張れ〜!!

相手高のバンカラ応援も、見ていてとても楽しいです。
お互いつい最近までは、男子校だったので、その流れが残っており、面白いです。
そうそう、こちらの応援団長は、長い髪の女子です♪ でも凛々しいですよ。

熱い応援虚しく、今年の定期戦は負けてしまいました。

学校全体の反省会も遅くまでかかり、応援団としての片づけが終わらなくて、
初めて学校に泊まることになった次男。

日曜15時近くにようやく帰宅してきたその顔は、日焼けして、
だけど情熱を傾けて、やりきった感が溢れていました。
昼ご飯まだだったので、お風呂入らせてから、特製カレーを食べさせました。

その後更に2週間は、バレーや軟式野球などの定期戦応援に従事しつつ、
次の本当の所属部活を検討していたのでした。

でも、応援団の熱の入れようがすごくて、このまま応援団に正式入部して
しまうのではないかと、家族で心配してました。
連休に帰省していた長男も、「受験を考えたら応援団はやめとけ」と進言する始末。
勉強する暇がないくらいなんでしょうね、きっと。
 
続く。
 
posted by しゃーしゃん at 18:28| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

次男の部活(1)

高校生になった次男ですが、部活を何にするかで、かなり時間がかかりました。

受験時も入学時も、中学でやっていた卓球部に入るんだ!という感じで、
本人もとても楽しみにしていたし、自主練習もしていたのです。

実際に、卓球部を見学して、体験入部してみた様子では、
一年生も、先輩も、県大会レベルの人が多かったようで、
中学の弱小部にいた次男は、ラリーするのも精一杯だったようです。

どうも、自分はやっていけそうにないなと感じたらしく、
あんなに楽しみにしていた卓球部を、選択肢から外したのでした。

他にも色々見学して、部活登録届の記入をしてほしいと出してきた紙には、
「吹奏楽部」と書いてありました。

夫も私も、てっきり運動部と思っていたので、「おおっ!」と驚き、
でも音楽をやるのは大賛成なので、「頑張りなさい」と保護者印を押したのでした。

吹奏楽部の練習が始まると、毎日帰宅は遅く、土曜も日曜もほぼ一日練習で、
火曜日だけが休み。

これはいつ勉強する時間を見つけるのやら、でも慣れれば大丈夫なのかな〜?
しかしこれじゃ毎日休み無しで、弁当作りじゃないか?!
などと、過ごしていたある日。

何の楽器をやりたいか、楽器を決める時期になり、
次男は、バリトンサックスが希望でした。

しかし、全員で担当楽器を話し合いで決めた時に、
サックス希望者は非常に多く、また中学からの経験者もいたことから、
次男は辞退して、希望者がいなくて人数不足のパーカッションに決まったと。

そのことを教えてくれた次男の目からは涙が・・・。
そんなにサックスやりたかったのね。またはパーカッションが嫌なのか。

第二希望は、ファゴットだったようですが、その話し合いでは第二希望が
どうのこうの、とはならなかったらしいです。

ファゴットの希望者はいなかったから、先輩に相談してみたら?と提案。
しかし、相談したら、既にファゴットは2年生が2人いるし、
とにかくパーカッションが手薄で大変なので、それは無理と断られたようです。

仕方なく、パーカッションの練習を始めたのですが、
最初は、小太鼓かな? スネアドラムの練習からスタートとか。

モチベーションを上げるために、そもそもパーカッションとは
どんな楽器を担当するか、ちょっと勉強してみました。
そして、意外にもパーカッションが大事なパートであるかがわかり、
次男を励ましてみました。

・・・ですが、半月もしないうちに、吹奏楽部を辞めてしまったのです。
きっとやりたくない楽器をこの先ずっとやるのは嫌だと思ったのでしょう。
 
続く。
 
posted by しゃーしゃん at 21:37| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

次男、16歳になりました。

150608_2104~001_t.jpg

今日は、次男の誕生日です。

16歳になりました。おめでとう♪

大好きなカシスとチョコのケーキでお祝いです!

一度しか経験できない、16歳のこの一年を、おもいっきり楽しんでください。

いつでも、みんな次男の味方です。

 
posted by しゃーしゃん at 21:23| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

長男からの進路相談

GW連休で帰省してきた長男から、進路の相談がありました。
といっても、夕食中に出た話なので深刻ではないです。

今は、理工学部系という感じの枠組みの中で学んでますが、
そろそろ専攻(学科)を何にするか決める時期らしいのです。

長男が行きたい学科は決まっていて、理学部物理学科です。
人気の高い学科らしく、まずは成績で第一選抜があるそうですが
そのボーダーラインも満たしているため、問題ないとのこと。

では、何に悩んでいるのか?

唯一、就職のことが気がかりだと。

理学部学生の多くは博士課程に進むようなのですが、
博士課程に進むと企業は採用してくれず、
ポスドクになると生活が厳しいのだそうです。

えーっと。
大学の学部で4年学ぶと、学士でしょ。
大学院の前期課程2年が終わると、修士でしょ。
大学院の後期課程3年が終わると、博士になるのか。

ポスドクって何だろう?
Post Doctorのことで、博士号を取得した研究員のことなのね。

大学にとどまることを選択した場合、
助手・助教などのポジションに就職するまでに経ることの多い
任期付きのポジションなのだそうです。知らなかった。

え・・・ということは9年間大学生?(^_^;)
ちょーっとちょーっと待って、お兄さん!
卒業する頃は27歳ですかあ。
(※留年、留学、休学などをしない前提ね)

そうか、確かにそれなら就職は厳しそうだね。

その点、工学部だとある程度コネなどもあって、
就職が楽らしいのだが、先輩の話を聞いていると、
どうも長男の興味がある分野(素粒子の理論系)の勉強が
十分にできないようで、不満だそうです。

素粒子に興味をお持ちの長男。
本当に私や夫の息子なのかしら。遥か遠い存在になりつつある。

素粒子の学問って何なのかと検索したら、こんなサイトを発見。
http://kids.kek.jp/multi/particle/physics.html

「素粒子・原子核物理学は、物質の究極的な構造と
 自然界の力の本質を研究する学問である。」

なるほど。わかるような、わからないような。

本題に戻ります。整理します。

物理学科に進みたいし、進める条件も満たしているけど、
就職が不安なため、安全パイの工学部にしようか、
でもあまり魅力を感じないので、どうしたらいいか?
という相談です。

夫も私も文系学部卒なので、理系の就職事情は想像しにくいのですが、
二人とも考えは一致しています。

「就職はさておき、好きなことを勉強したほうが良い」

私の補足としては、同じ授業料を払うのだから、
わざわざ好きでもない分野の勉強をする必要はないと思います。
素晴らしい環境にいて、しかも進学できる条件も満たしているのに、
これを逃す手はないでしょう。

今回、長男が相談してきたのには、私たちの経済的負担や、
就職に関して将来心配させたくない、という配慮があったようです。
その気遣いだけでもありがたいです。

「お金ならなんとかするから、やりたいことを思う存分やりなさい」

親の気持ちは伝えたので、安心して進路選択すればいいのだが、
やはりまだ不安が残るようなので、
こんな時に頼れる、理系出身の大先輩である、私のいとこのMさんに
メールで相談してみたら、と第三者の意見を聞くことにしました。

Mさんは、大学では工学部に所属、数学がとても得意で、
大学の数学試験では常に100点という、教授も一目置く方。
在学中に書いた論文が、欧州の大学で教材になっていると聞きました。
おお、すごい。あ、別に大学教授にはなってませんよ。

相談してすぐに返事が来ました。



さて、理学部物理学科に進学できるなんて、素晴らしいではないですか。
やりたいことをどんどんやりなさい。こうとしか言えません。
就職のことを考えて工学部などという選択はやめてください。

運と能力があれば就職などどうにでもなります。
また、将来の不安を現在において確定的に考慮する必要はありません。

好きなことを続けてください。
自分の足元を掘り続けてください。

以上、幾分かの参考になれば。



ああ、同じ考えでよかった!
これで長男もようやく納得して、安心したようです。

将来に対する不安で、目の前に広がる道を、自ら狭めることはない。
本当にそう思います。

相談の過程でわかったのですが、
将来的には一般企業へ就職しないで、大学教授を目指すとか、
海外の会社に就職して、そこで研究を続けるなども
選択肢にあるようでした。

まあ、まずは学業を修めてくださいませ。

いつでも私たちは、あなたを応援しています。
posted by しゃーしゃん at 18:42| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

長男の語学探究の旅

長男は大学2年になり、また新しい語学に挑戦しています。

今回は、中国語、ギリシャ語、アラビア語、ヘブライ語と
なんと4つも語学を選択したとか。

文学部の人みたいなラインナップですが、
長男は物理学専攻を希望してますので、こてこての理系です。

語学好きは誰に似たのやら・・・まあ、私かな?

春休みのうちに、次は中国語を習いたいと言ってたので、
私がかつて通信教育で学んだ時に使った、初心者向け辞書をもたせました
十分使えているようです。

そういえば、フランス語辞書も、私のおさがりを使ってくれてたよね。

昨年(大学1年)は、英語、フランス語、ドイツ語、韓国語を履修したから、
合計で、8か国語を学ぶことになります。

文学部だった私が履修した語学数を遥かに超えてるわ。
私は英語、フランス語、ドイツ語だけだもの。
社会人になってから、仕事の都合上、中国語を自主学習したけど。

最近は、アラビア語の書き方にも慣れてきたそうです。
アラビア語は、左から右に向かって書くから、変な感じなの。

中学生になった頃、フランス語を勉強したいと言われて、
初心者向けの参考書と、大学時代に使った辞書を手渡した時は、
すぐに飽きるかなと思ったけど、その頃の熱がまだ続いているようです。

彼にとっては、語学を学ぶことは趣味や息抜きなのかもしれない。

普段、数学とか物理とかの問題に集中している分、
まったく違う分野のことを学ぶことで、バランスを取ってるのかもしれない。

右脳とか左脳とか、活発になる場所が違うのかもしれない。

前にも書いたかもしれないけど、小学生の頃から、
発音記号に非常に興味を持って、ネットで調べて、自分でまとめてました。
実際に、発音の練習もしていたような・・・。

興味を持つと、すごく深く、徹底的に調べて自分のものにする、
そんな傾向が長男にはあると思います。

「地図」についても興味深く、中学の頃に専門書みたいなのを欲しがったので、
買い与えたら、地図の図法(メルカトル図法とか)にやたら詳しくなってました(^_^;)

そういうこと一つ一つ取ってみれば、「え、それがどうなるの?」と思うかもですが、
色んな分野のことを、自分で納得行くまで探究することが、これからの自分にとって
とても大切な財産になると思うから、好きなようにどんどんやってほしいです。

けっして、「理系」とか「文系」とかで単純に区切れるものではないですよ、人生は。
そして、すぐに結果が出るものばかりではないです。

いつ、どこで、「あの時のあれが!!」となるか、誰にもわかりません。

だから私も、「あの時のあれが!!」となるのを楽しみに、
いろんなことにチャレンジしていこうと思います。
posted by しゃーしゃん at 21:40| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

何者かになるずっと手前で。

次男は今日から高校一年生としての生活がスタートしましたが、
長男も大学二年生になりました。早いね〜

新学期は4月6日からスタートしたようです。
一年過ごして、大体こんな感じという生活スタイルができてきたんじゃないかな。

そんな先日、長男から相談メールが届きました。


☆☆

ところで今、履修で悩んでるんだけど・・・・
教職科目を取るかどうかっていう話。

就職先が決まらなかった時に、
教員免許はあったほうが良いのはもちろんだけど、かなり負担が大きい。
自分が取りたい授業を取るってことで教職とってないひとが多くて、
どうすれば良いのかわかんなくなっちゃって・・・
アドバイスお願いします。

ちなみにどっちかというと取らない方に傾いている。
別に教師になりたいわけじゃないし、
興味のない講義をとって、他の興味がある講義に
負担をかけるのは本末転倒な気がするから・・・

ただ、将来のことをまるで考えないわけでもないから、相談した。

☆☆


そういえば、何とはなしに教員免許は取っておいたほうがいいよね、
みたいな話は、入学当初からしており、本人もその気でした。

別に教師になりたいということも聞いてないし、
私たちの時代の感覚で話しただけなので、あまりこだわってないです。

それで、私から次のように返事しました。


☆☆

お金払って、なりたくない職業のための勉強をするより、
なりたい職業のために勉強してください。

昔と違い、今は教員免許を取るのも難しい、
というか本気の人しか取れない感じに変わった気がする。

どこにも就職できない時の保険を考えるより、
どこかに就職できるだけの研鑽を積んでほしいです。

私は途中で教師になるのは向いてないと思って、
教師になるのをやめたけど、
「教師になりたい」と親に説明して大学に入った手前、
免許だけは取るのが礼儀と思って取りました。

☆☆


はい、私は英語の先生になろうと思って、
そのために大学に行かせてもらったんですよね。

自分達も大学に行ってないのに、特に裕福でもないのに、
男の子でもないのに、両親は大学に行くのをよくぞ許してくれたなと。

なのに、先生になることもせず、安泰な公務員になることもせずに、
そのまま卒業してしまうには、親に対してあまりにも申し訳なくて、
卒業後にもしかしたら教員試験を受けるかもしれない、という
可能性が薄い考えに思い至り、教員免許だけはしっかり取ったのでした。

確か大学2年の頃に、ふっと「先生は違う」って思ったんですよね。
なぜそう思ったのかは、いまだにうまく説明できないです。
直感としか思えない。

それが良かったのか、悪かったのかは、わからないです。
だって、先生としての人生を生きてないからね。一生比較できない。

何の職業についたか、じゃなくて、毎日どう生きているか、が大事。

さて、長男からの返事です。




わかった。教職はとらずに、研究者目指して頑張るよ。




はい、長男よ、頑張ってください。

そういえば、最近は、物理学よりも数学に興味が移ってきたようで、
まさかまさか?とちょっと思ってます。

物理より数学のほうがつぶしが効かないんじゃないかな〜・・・

でも、JRに就職したいと言ってたらしいし。
え、いったい何をするの? 新幹線がいかに早く走れるようにとか?
摩擦とか、抵抗とか、流線体とか研究するのかしら。
それはでも、JR本体じゃなくて、関連会社じゃないのかしら・・・

まあ、鉄ちゃんでもあるので、好きなところへ、という感じかしら(^_^;

とにかく、今しか吸収できないことを一所懸命に吸収して、
時間の許す限り、好きな研究に没頭してください。

これ、大学にいる間は、その貴重さがあまり実感できないのよね。
社会人になったらわかる。

長男、頑張れ〜p(^^)q
 
posted by しゃーしゃん at 21:33| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

次男、高校入学です

150408_1555_001.jpg

今日、4月8日は、次男の高校入学式でした。

仙台の4月上旬は、いつも少し肌寒いけど、今日は全国的にかなり寒く、
関東では雪が降ったそうです。

仙台も寒かったけど、曇り時々晴れで、雨が降らなくて良かったです。

夫は一旦出社してから高校へ、私は休暇を取ったので、次男と一緒に高校へ。
お互い現地集合です。

入学式が始まる1時間前に、高校に到着。

校門前には、入学式の看板と記念撮影をしようと、みんな並んでいる。
もちろん、私たちも並んで、家族3人で記念撮影しましたよ♪
長男の時に、そうとは知らずに遅めに来て焦ったので、今日は楽勝。

それから、クラスと出席番号を確認して、受付です。

講堂に入ると、案内の先生が「こんにちは」と声をかけたのに対し、
次男もきちんとはっきり「こんにちは」と答えていたのが印象的でした。
おお、なかなかしっかりしてるよ、次男。

13時半から入学式が始まるのですが、余裕で来たのでゆっくり待ちました。
次男も、同じ中学の友達を見つけて、嬉しそうにお話してたので、
ようやく合格したという実感と、新しい高校生活が始まる嬉しさが沸いてきたのかなと
思って見ていました。

次男が合格しますように、といつも祈っていたのですが、
その時は、合格シーンをイメージするよりも、
その先の、入学式に次男と一緒に来ている、笑顔でその日を迎えているイメージを
繰り返し、心に描くようにしていました。

長男が卒業したこの講堂に、また次男の入学式で絶対来るんだと思ってました。
そして、今日、自分のイメージどおりの景色が目の前に広がっているな〜と思い、
私もじわじわと喜びを感じておりました。

そして、13時半から入学式が始まりました。

「入学式を許可される者、1組、○○・・・」と一人ずつ名前が呼ばれます。

全員の名前が呼ばれた後に、校長先生が、
「呼名された320名に、○○高校への入学を許可します」と言いました。

ああ、これが本当の入学式だなと実感。
そうですね、合格しただけでは入学の資格があるだけですね。
こうやって、許可されることが、高校の入学式なんですね。
→長男のときも同じはずなのに、忘れている。

長男の時は、東日本大震災が起きた直後だったので、
ゴールデンウィークの1週間前に、ようやく入学式をしたんだったなあ。

そのことを思いだし、本来の日程に沿って、つつがなく入学式をできたことが
なんて有り難いことだろうと、一人しみじみとしていました。

校長先生の式辞には、大人が聞いてもなるほどと思うことがたくさんありましたが、
その中でも、印象に残ったことを。(ちょっと言葉尻りは違うかも)

「学問も部活動も一生懸命に取り組んでください。
 ですが、完璧さを求めなくてもいいんです。時に休んでもいいのです」

これは、毎日の生活に疲弊している大人たちにも当てはまるなとも思いました。
と同時に、そのように認識している先生方がいる学校で良かったなと。

もちろん、
「常に高みを目指して、切磋琢磨する」
「社会のため、世界のために貢献できるように、自分を成長させる」
という言葉もありました。それが前提でのことです。

次男にとって、今日はかなり刺激を受け、希望に満ちた始まりの日だったことでしょう。

これから3年間の高校生活を送る訳ですが、辛いこと、苦しいことがあった時に、
この入学式で感じた気持ち、自分で決めたことを思いだしてほしいです。

初心忘るべからず。

次男、高校入学、本当におめでとう。

自分の力で切り開いた、最初の扉。本当におめでとう。

これから毎日、お弁当を作ることで、応援していきます。
時々、作れないこともあると思うけど、頑張ります。

明日からの一歩、頑張ってね。


写真は、仙台の入学式シーズンには普通咲かない、高校近くに咲いていた桜です。
ここ数日の陽気で、かなり桜が咲き始めました。

春ですね。
 
posted by しゃーしゃん at 23:56| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

次男、高校合格おめでとう♪

次男の中学卒業式の2日前に、公立高校の後期選抜試験がありました。

公立高校の受験制度も、近年ころころ変わっていて、
長男の時ともまた違っており、何がなんだかよくわかりません。

公立は、前期と後期の2回と、受験できる機会が増えました。
前期は、高校ごとに高水準の受験資格が設定されており、
また、試験そのものも高校独自で作成し、ハードルは高いようです。

うちの次男は、前期に力を注いでも、ダメだった時のリカバリを考えると
無駄な気がしたので、最初から後期一発勝負で行くことにしてました。

ちなみに、宮城では、私立は滑り止めで、公立が第一希望という傾向です。
もちろん、次男も目指すは、公立です。

お正月には、私の妹(つまり次男の叔母)から、合格しますようにと、
合格祈願の達磨をプレゼントしてもらいました。

しばらくして、「そういえば、目は入れたの?」と次男に聞いたら、
「ああ、入れたよ」と言うので、見てみたら、こんな感じに。

150405_2052_001.jpg

両目、入っちゃってる〜〜〜〜!!!

もう、合格したことになっちゃってる〜〜〜〜!!!

とっても次男らしくて、笑ってしまいました(≧▽≦) 
もうね、「THIS IS THE 次男!」なのです。

あ〜、もらった時に、「片目だけね」って言えば良かったなあ〜。。。

すぐにでも、ブログなりTwitterなりで伝えたかったエピソードなんだけど、
それをしてしまったら、「合格」しなくなりそうだったから、封印してました。

あと、両目が少し薄くて、ちょっと幸薄い雰囲気も気になってまして。

ですが、次男も正月過ぎてから、かなりラストスパートをかけていて、
私立が受かっても、毎日夜遅くまで、自分の部屋でずっと勉強していましたよ。

公立受験当日は、「これまで生きていた中で、一番集中した」そうです。
あまりに集中しすぎて、終わった時には頭がクラクラしたみたい。
頭がよく働くように、板チョコも持参していたから、食べたのかな。

振り返ってみると、次男は小学生の頃から、どうも集中することが苦手なようで、
勉強するのにいい場所を探し求めて、トイレにこもってみたり、
机の配置を変えてみたり、と、試行錯誤していたように思います。

単なる場所の問題だけではなくて、今それに集中して取り組まなかったら、
あとでどうなって、こうなっちゃうよ、ということがあまり推測できない
側面もあったように思います。なので、よく夫に叱られていましたよ。

授業中に集中できない、部活に集中できない、ということはないけど、
家で自分でやる時、という時ですかね。環境面も関係あるかな。

今回、高校受験という、ある意味失敗が許されない挑戦に対して、
自分がそれに本気で取り組まないといけない、というスイッチが、
きちんと入ったのだと思います。夏休み以降かな。

自分の机ではなくて、長男の机で勉強することが多くなったので、
机の位置も結構大事な気がします。あくまで私の勘ですけど。

ちなみに、次男の机は南向きで、窓に面しており、背中にドアがありますが、
長男の机は西向きで、左手に窓があって、右手にドアが見えます。

あ、別の話が長くて、本題が遠くなっている(汗)

という、試行錯誤しながらどこかもがいている次男の様子を長年見つめてきたので、
今回の受験がきっかけになって、「集中すること」の自分なりの捉え方や、
スイッチを見つけることができたのかなと思えて、少々胸をなで下ろしています。

長男とはまた全然異なる性格なので、いつもどこか心配は尽きないのですが、
その心配をダイレクトにぶつけても仕方がないので、
遙か遠くから眺めるようにして、心の中で応援してきました。

なので、「そんなに集中してやり切ったのだから、きっと大丈夫、合格するよ」と
言いつつも、合格発表までの一週間、毎日オロオロして、神様に祈ってました。

次男も、河北新報に載っていた回答例を見て、数学の凡ミスを見つけたりして、
合格ラインギリギリかも、とこれまた不安や心配が尽きない様子。

「自分が試験問題を半分程解いて、時間的にも良し!と思ったら、
 視界に入ってきた隣の子が全問解き終わった感じでいたから、
 何でそんなに頭いいのに、前期じゃなくて後期受けてるんだろうって思った」
と、試験終わって帰宅して、そんな話をしてまして、
自分のレベルよりも、遙かみんな高いレベルにいる人ばかり、という状況に
うろたえている感はありました。

・・・ていうか、今までで一番集中していたのに、隣が視界に入るかい?
という突っ込みはしたくなったのだけど、もしや茂木健一郎さんが言うところの
「フロー」に入ったのかしら、とも考えてみる。(考え過ぎか)

はい、そして合格発表当日です。

発表は、各高校で15時に、合格者の受験番号を掲示する形です。

私はうまく仕事を調整できたので、現地直行。
夫はたまたま脳ドックのため、終わり次第現地直行。
春休みで帰省していた長男と、次男は、電車とバスで現地直行。

なんと、家族4人で合格発表をみることに。
長男の時と同じです。あの時は大震災で、合格発表がかなりずれたよね。

合格発表を待つ受験生と、家族と、部活勧誘を待つ在校生と、マスコミもいて、
ごった返している中、15時になると吹奏楽部のファンファーレが鳴り響き、
一斉に合格者の掲示板がオープン!

150312_1501_001.jpg

「え、どこどこ?」と探そうとしていた矢先、
次男が数秒で、「よし!あった!他のみんなも合格した!」と言うので、
ホッとして、うるうると涙が滲んできました。

絶対合格すると信じていても、やっぱり心配なものは心配したから。
いや、本当に良かった。

実は、夫も直前まで、私立に金払うことを覚悟していたらしいです。
次男には、「絶対大丈夫だから、合格してるから」と言ってたのに、
やっぱり同じく心配だったんですね。

長男の3年次の担任もいたので、長男に次男を紹介させたら、
周りの先生もみんな、「うわ〜似てる〜」と言われてました。
親としては、そんなに言うほど似てるように思わないけど、似てるんですね。

次男、よく頑張りました。おめでとう。
初めて自分の力で、自分の人生の扉を開けることができたよね。

「なんか、もっとこう、嬉しい気持ちになると思ってたけど、案外そうでもない」
と次男が語ってましたが、たぶん、嬉しいよりも安心したほうが勝ったのでしょう。

嬉しさをじわじわと感じるのは、入学してからだと思います。
早く卓球もしたいしね。

次男は、今回の件で、ぐっと大人になったように感じます。

そうそう、あの達磨の薄い目は、油性ペンで濃くしてもらいました。
これで本当の合格祈願成就。
150405_2059_001.jpg

その日の帰りは、みんな一緒に、お正月に合格祈願した氏神様にお礼参りをして、
その次は、父(次男のおじいさんね)のお墓にも行って、合格の報告をしました。
神様も、おじいさんも、喜んでくれたことでしょう。

次男の桜が咲いて、本当に良かった。感謝です。
 
posted by しゃーしゃん at 23:34| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

次男、中学校卒業しました

大切なことなので、遅くなっても書きますよ。

3月5日に公立高校受験が終わり、6日は次男最後の中学校授業となり、
いよいよ3月7日(土)は、3年間通った中学校の卒業式でした。

公立の合否が出る前の、進学先がきちんと決まらない状況で、
お互いもやもやなままでの卒業式は毎度どうなのかなと思うけど、
逆に合否が出た後で、だめだった場合は声もかけづらいし、
素直に卒業を祝うとか、友達の別れを惜しむ気持ちになりづらいかもね。

やや曇りの朝、雪や雨になるかもという予報でしたが、まずは良かったです。

次男は、いつも一緒に登校する友人M君と示し合わせて、この日も登校。

その仲良しのM君は、実は4月から引っ越ししてちょっと遠くに住むことに。
同じ宮城県内なんだけど、おいそれとはいけない町。
高校もそちらにあるところを受験したそうです。

小学校の頃からの仲良しで、ずーっと一緒にいたから、
一緒に学校通うのも、色々おしゃべりできるのも、今日が最後。

なのに、男の子ってあれですね、そういう約束はしてないものなのね。
前日に聞いたら、「行く約束はしてない」というので、
お節介な母としては、M君に電話して一緒に行くように段取りしなさいと助言。
素直に次男は電話してました(^_^;

10時から式が始まるため、ちょっと早く9時頃に到着。

私は、いつもこういう時に着る、黒のワンピースに千鳥格子のボレロスタイル。
自分の結婚式の二次会で着たものだけど、まだ着られる(笑)
この日のために新調する、というのはとっくにしなくなりました。
だって、主役は息子ですものね。

受付で、卒業式のしおりと一緒に 、息子からの手紙が入った封筒を渡されました。
長男の時もそうだったのに、すっかり忘れてました。
もう、それだけでアウトな感じ。涙腺ゆるみそうになりましたが我慢。
帰宅したら読みます。(そしていまだに読んでない)

10時になり、吹奏楽部の生演奏が流れ、いよいよ卒業生の入場。

担任を先頭にして、1組から順番に、男女ペアになっての入場です。
真ん中の通路で、男子が右側、女子が左側に座るように分かれていきます。
むむむ、私たちは左側に陣取っていたのだが、しょうがない。

入学式の時には、ダボダボだった制服も、男の子なんてツンツルテンな感じ。
あどけない顔だった男の子たちは、背も高くなって、精悍な顔つきになり、
おしゃまさんだった女の子たちは、恥じらいを覚えて、大人びた顔つきになっていた。
あれ、あの子があんなふうに?というくらい、成長していました。

天気が悪い予報だったのに、意外にも晴れてきて、
体育館には明るく優しい日差しが差し込み、
卒業式にふさわしい、晴れやかな空気になりました。

卒業証書授与で、次男の名前が呼ばれ、校長先生から卒業証書を渡され、
くるりとこちらを向いて、しっかりと顔をみんなに見せながら、壇上から降りてくる、
長いようで短く、そして濃い3年間だったねと見つめていました。

この3年間で、お世話になった先生、先輩、後輩、そして何よりも同学年の仲間たち。
たくさんの思い出ができたことでしょう。色んなことを教わったことでしょう。
それは確実に、大人になっても次男の心の中に甦る、宝物になるはずです。

そうそう、次男が1年の時に、大学卒業したてのA先生がこの学年の担任になり、
お母さんたちからは、結構不評だったんですよ。まあ、先生歴0年ですからね。
次男の担任にはなったことがないのですが、そんな話はちらほら聞こえてました。

A先生は3年間ずっと持ち上がりできたので、A先生にとっても、
これが初めての卒業式、卒業生を送り出すという経験でしたので、
一人一人の名前を読み上げる時に、涙ぐんでいることがわかりました。
それは胸に迫るものがあったことでしょう。

式が終わって、最後に卒業生を引き連れて、教室に戻る時に、
A先生の顔はくしゃくしゃになっていて、卒業生よりも涙、涙でした。
よく頑張ったね、A先生。この子たち、最高でしょう?

おっと、A先生を見つめる保護者の目線になってしまった。

在校生の送辞に答えて、3年生の立派な答辞、それに続く合唱では、
3年生全員が舞台に上がり、全員がこちらに顔を向けて、
合唱コンクールで歌った、3年時の課題曲「友 〜旅立ちの時〜」を熱唱。
次男も一生懸命に歌ってました。女の子は泣いてる子もいたなあ。

式が終わり、クラスに戻って最後のホームルーム。親も後ろで見守ります。
次男の担任は、4月に異動してきた先生で、すごくサバサバしている女性。
これまで何度も3年生を受け持ってきたベテランさんです。

「一人一言」が始まり、みんな照れながらも、
「3年になって、このクラスで本当に良かった」「みんな大好き」などと話してました。
泣きそうになって言えない子にも、みんなで励ましの言葉をかけたり、
お茶目な子が真面目なことを言って終わろうとすると、「からの〜?」と
それだけで終わらせずに面白いことを言うように仕掛けたりで、
本当に和気あいあいとしたクラスだったんだなと感じました。

肝心の次男は、「えーっと、えーっと、えーっと」と3回ほど繰り返した後に
「1年、2年と根暗だったので、あまり他の人と話さなかったんだけど、
 (え〜そうなの?と先生の声)
 このクラスになって、色んな人と話すことができて、楽しく過ごせたので良かったです」
みたいなことを話してました。

次男、根暗だったのかい。初めて知ったわよ。
確かに前にどんどんでるタイプではないから、本人にしたらそういう表現なのかもね。

でも次男も、この1年間で相当大人になったと思うよ。根暗じゃないね。
きちんと内に秘めてないで、自分の意見を言えるように、反論できるようになったもの。

それと、先生から、一人一人にメッセージカードが渡されてまして、
先生、頑張って書いてくれたんだなあ。
「恥ずかしいから、今読むなよ!うちに帰ってから読めよ!」と
先生照れまくりでかわいかったです。

ホームルームの最後には、クラス全員から先生へサプライズのプレゼント。
喉を大切にということで、飴玉がたくさんディスプレイされた額縁?かな。
先生、嬉しそうだったなあ。

中学校には珍しく、教室で全員の記念撮影をしようと先生が提案し、
机を下げて、子供たちがみんなで集まって、保護者による撮影大会。
なかなかできないことなので、しっかりと何枚も撮影しましたよ〜。

その後、また体育館に戻って、保護者も入ってクラス撮影。
どやどやと参加したので、お約束のように、次男とは全然離れた場所に配置。

それで解散となる予定ですけど、みんな名残惜しいから友達同士でわいわいやってる。
「仲良しの友達と記念撮影すればいいのに」と声をかけるも、「別にいい」という次男。
他の男子も、母親が一緒に撮影したがってるのを逃げまくってたね(笑)
まあ、そういうお年頃とはいえ、友達とは撮ればいいのになあって思ったわ。

ようやく体育館から出て、帰れるわ〜と思ったら、
今度は生徒全員がなぜか校庭へと向かいだしたので、私達もついて行った。

冷たい風が吹き付ける中、子供達はコートも着ないで、校庭に散り散りになって何かを待っている。
大半の親は帰宅したようだけど、一部は残って何か起こるか待っている。

だいぶ待ったら、ようやく各クラスのリーダーが、応援団のポンポンを手にして、
校舎二階を見上げて、エールを送り始めた。
校舎二階には職員室があるので、先生に向けてのメッセージなのだろう。
私たちからはわからなかったけど、どうやら何かの人文字を作ったようです。

これも、みんなで考えたサプライズなのでしょう。
終わったら、A先生が外に出てきて、「もうお前ら、早く帰れ帰れ!」と声かけてました。
もう、本当に幸せな先生達だねえ。そして、本当にいい子供達だ。

これで本当に解散。さて、次男と一緒に帰る前に、卒業式の看板と撮影だ〜!
と校門に向かったら、あまりに校庭での時間が長すぎて、撤去されてました(泣)

仕方ないので、学校の名前を入れて、夫と順番に、次男とのツーショットを撮影。
うん、これでよし。

あー、うちの義務教育も、これで終わりです。

廊下や、外でも、次男は男女関係なく、色んな友達に声をかけられていて、
ちゃんと仲間がいたんだな、人気もあったんだなというのが見えました。

中学校での経験を糧に、高校でも頑張ってほしいです。
次男、卒業おめでとう。


※卒業記念にもらった鉢植えの花。
150307_1426_001.jpg

※記念にもらった、男子用コサージュ。女の子はピンク。
150307_1427_001.jpg

※記念にもらった、紅白饅頭。
150307_2202_001.jpg
 


 
 
posted by しゃーしゃん at 23:25| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

長男と二人でデート。

たまに東京に出張するのですが、予定が合えば妹や長男と会ったりもします。

半月前も東京出張だったのですが、長男は夕方まで授業だろうと思い、
(いつも18時くらいまで授業なんだって)
妹と夕飯食べるくらいかなと思って、特に誘いはしませんでした。

すると、偶然その日の朝に長男からメールが。
長男は9月から自動車教習所に通い始めたのですが、
そこに出すための両親の同意書が必要なので郵送したいが切手代はいくら?
というものでした。

郵便局で聞けばいいのになと思いつつ、どうせ東京にいるのだから、
直接もらおうかと返信したところ、テストが終わったばかりで、
また夏休み?秋休み?らしく、早い時間に会えることになりました。

17時半に最寄り駅で待ち合わせして、妹に教えてもらった焼鳥屋へ。
他にも候補はあったけど、鶏肉好きな長男が決めました。

妹は仕事が忙しくて合流できず。またこの次ね。

長男と二人だけで、大人の焼鳥屋さんに入るなんて初めて。
ようやくそういう年齢になりましたね。

二人なのでカウンターに通されて、なんとなく緊張。

長男はまだ18歳になったばかりなので、コーラ注文。
私は遠慮なく、生ビール(中)で乾杯!

「好きなものたくさん頼んでいいよ〜」と親らしいところ出してみる。
こういうところじゃないとなかなか食べられないものを色々と注文。

ねぎ肉、つくね、手羽先、もつ、ぼんぼち、トマト巻き、ぎんなん、
なんこつ、せせり、ささみ梅しそ焼き・・・など。

焼き鳥の具が大きいし、どれも美味しい!
140912_1825_001.jpg

色々と、東京での暮らしぶり、学校生活、あとは次男の話などをしました。

自動車教習所では、親の同意書がないと運転の練習をさせてもらえないんだって。
だから今は学科教習を受け始めたところ。
受けられるうちに受けたほうがいいんだよね。
あと一つがなかなかタイミングあわなくて、
ずっと受けられずに終わらないとかあるから。

自炊もちゃんと続けているみたい。
この前は、回鍋肉を作って、すごく良い出来だったとか。
回鍋肉のタレとかそんなので作ったのかな〜と思ったら、
ちゃんと調べて、普通の調味料を組み合わせてやってるそう。

それで、回鍋肉が好きな友達に、夜中に「回鍋肉できました」って
写真つけてメールしてやったとかって(笑)
なんだか楽しんでるなあ〜。

家では本当に何も作ることがなかったので、聞けば聞くほど
本当かい?!って思うような自炊ぶりです。

唐揚げが好きだから、しょっちゅう作ってるみたいだし。
でも、フライパンに使い終わった油を入れたままにして、
すこしずつ調理に使ってるとかって・・・。
オイルポットを買いなさいと教えておいた(^_^;

マンガを読むサークル(いかにも大学生らしいサークルだわ)に
入っていて、そこは結構友達との居心地良さがあってるみたい。

そういえば、昨日まで二泊三日で、国道1号線を南下しながら
途中の古本屋を巡る旅に行ってきたようです。

焼き鳥食べながらその計画を聞いたんだけど、
先輩が車を運転して、宿泊先は当日決めるって、
いかにも大学生っぽい、行き当たりばったりな感じが楽しそうと思った。

ちょうど台風が温帯低気圧になり、雨模様の旅になったようだけど、
当初目的の滋賀あたりまでは無理で、名古屋まで行ったようです。
まずは無事に帰ってきてよかった。

それから、次男の運動会での奮闘ぶりを教えてあげたら、
「その次男らしさをずっと持ち続けてほしいよね」という結論に。
うまく説明できないんだけど、あのいかにも次男らしいところですよ。
家族にはわかる。

・・・などなど、たくさんお話をして、お腹一杯焼き鳥を食べました。
飲み物はお互い一杯だけだったなあ。

会計は5000円ちょっとだったんだけど、長男が「高かったね、ごめんね」と。
「いや、飲み会に行って二次会まで行ったら、これ以上かかるから、
別に全然高くないよ」という謎の説明をして収めました。
お金を心配してくれる長男、いい息子です。

あとは最寄り駅で別れたんだけど、駅にあったカフェに寄って、
ハンバーガー、ポテト、ローストビーフのお持ち帰りを買って持たせました。
ご飯類を食べなかったから、お腹すくよね。

こんな機会がこれからはもっと増えていくのかな。
あまり出張も行けないけど、タイミングがあえば、また一緒に食事しよう。
 
posted by しゃーしゃん at 16:54| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

次男、中学最後の体育祭

9月最初の土曜日は、中学校の体育祭と決まっています。
次男は中学3年なので、これで最後の体育祭。
我が家としても、義務教育最後の体育祭です。

1〜3年生の縦割りでカラーチームを組んで、
夏休みが終わってからの一週間で、競技の練習や応援練習などをします。
その間、授業も部活も一切なし。毎日体育祭の練習に明け暮れてました。

当日9月6日は5時起きで、恒例のお弁当作り。
これで最後かと思うとちょっと寂しい。

前日も残業で疲れて、唐揚げの下ごしらえしかできなかったので、
朝はだいぶ時間がおしたけど、なんとか間に合いました。

空には薄く雲が広がっていましたけど、陽射しは暑くて晴れと同じでした。
空の表情が気になって、数枚撮影したので載せますね。

140906_1007_001.jpg
140906_1006_001.jpg
140906_0850_001.jpg
140906_1009_001.jpg

ブルーシートで陣取って、日傘を差しての応援です。
保田委員の方々から、PTA綱引きメンバが足りないので、と急遽夫も参加することに。

次男は青組なのですが、どの競技もなかなか青は上位につけないで苦戦。
それでも応援には熱がこもり、みんな一丸となって盛り上げてます。

次男も、学年リレーや踊り、部活対抗の4人3脚、綱引きなど頑張りました。
案外と足速いんだな。

次男の良いところは、なんでも一生懸命やるところ。
中学生男子だと踊りなんか恥ずかしくて適当にやる子が多いけど、
次男はそういうのがなくて、声も大きく出すし、全力投球ですね。
すごくいい部分なので、このまま成長してほしい。

さてお昼になったのでお弁当タイムです。
教室で友達と食べるのもありなんですが、次男は家族と一緒に食べてくれます。

いなりずしと茹でブロッコリー。この他に梅干しおにぎり。
140906_0804_001.jpg

定番の鶏唐揚げ。プチトマトを添えて。
140906_0804_002.jpg

唐揚げついでに、エビフライも。タルタルソース添え。
140906_0804_003.jpg

何か辛いものとリクエストされ、フライドポテトにサルサソースをつけるつもりが、
作っていくうちに、ベーコンとタマネギとゆでインゲンを炒めて、フライドポテトを
一緒にして、塩胡椒したらサルサソースで和えたもの、ができました。
ジャーマンポテトのピリカラなやつ?
140906_0804_004.jpg

豚肉野菜巻き。人参とアスパラを巻いて、照り焼きっぽい味付けにしました。
手前は、ミートボールとうずら卵を爪楊枝で刺したもの。プチトマトも。
140906_0805_001.jpg

筑前煮。鶏肉の代わりに練り物を使用。
140906_0805_002.jpg

季節の梨と枝豆。
140906_0805_003.jpg

全部並べた様子です。半分は残って、夕飯のおかずになりました。
140906_1229_001.jpg

午後の競技で面白かったのが、カラー別の応援合戦。
最初にPTA役員の方が、マイクで掛け合いをしてくれてから応援が始まります。

青組は赤・黄・白に抜かされ、最下位にいたのですが、
「青組はこのままでいいのかあ〜〜!!」との問いかけに、
青組みんなで「ダメよ〜ダメダメ!!」と答えたのがいまどきで面白かったです。

青の応援合戦が、一番立体的で見応えがあったな〜と思っていたら、
応援の部で、総合優勝を勝ち取りました!よかったね!

その時の発表を聞いた次男の喜びようときたら。
隣の友達と手を取り合い、本当に嬉しそうに跳ねてました。
こういう表現ができるのっていいな。

総合的には3位か4位だったけど、満足感はあったようでよかったです。
日焼けで鼻の頭が真っ赤になってました。

最後の体育祭が終わって、夏も終わりです。
さあ、次は合唱コンクールだね。受験勉強もね。
 
posted by しゃーしゃん at 22:02| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

次男、ピアノコンクール予選に挑戦

お久しぶりです。

Twitterでは毎日つぶやいてますけど、気づいたらもう9月半ば。
なんと、8月には1つも記事を書かなかったことに今気づいた!
それは避けたかったが、裏返せば充実していた証拠かも。仕方ないね。

さて、遅ればせながら次男のピアノコンクールのことを。

震災以降、実力アップのための目標として挑戦している、ピアノコンクール。
中学3年となった今も、次男はピアノを続けております。
嫌いではないんだね。

今年も当然のように挑戦となり、一年かけて練習してきました。
まあ、音楽科でもないし、家は電子ピアノだし、
あくまでも県予選通過が目標でございます。

「第24回日本クラシック音楽コンクール」という結構大きなコンクールです。
宮城県予選は、8月16日のお盆の終わりでした。

お盆期間ということもあり、私はお墓参りを優先せざるを得ず。
今年は次男の弾く姿を見ることはできませんでしたが、心の中で応援。

その代わり、夏休みで帰省中の長男と夫が応援しに行ってくれました。
長男もついこの前まで挑戦していたコンクールなので、
第三者の視点で聴くのは初めてです。

次男が一年かけて少しずつ完成させていった演奏曲は、
ショパンの「華麗なる大円舞曲」です。
たぶん、有名な曲なので聴けばすぐにわかります。

でもねえ・・・直前までなかなかテンポが定まらない、
メロディーがうまく聞こえないなどいろいろ課題が満載でした。

帰省して練習を聴いていた長男も、「基本的なところがまだまだ」と
冷静なコメントをしていたくらいなので、これはダメかな〜と。

それでも土壇場の驚異の追い上げで、テンポも定まってきていい感じに。
土壇場って、本当に一週間前とかですわよ。
本気出すの、遅すぎですわよ、次男くん。

それで、県予選に臨んだ結果は、見事予選通過!!

墓参り中の私に、長男が「次男、予選通過したよ!」と電話をくれました。
とても興奮している感じで、次男が実力を発揮したんだなと嬉しくなりました。
「今までで一番上手だった!」みたいなことを言っていて、
あの冷静な突き放したコメントからのコレですから、ちょっとびっくり。

さすが、本番に強い次男。
実は予選通過は難しいと思っていた私。すみません。
だって普段のレッスンとか、家の練習を聴いてるとそう思ってしまうんだもん。

ちなみに予選通過は平均70点以上だったかな。
次男は平均78点でした。よく頑張った!!

今回の審査員講評を記録として載せておきますね。

<審査員1> 78点
・華やかにひけてよいと思います。
・伴奏とメロディーのバランスを耳できいて調整しましょう
・連打がクリアになるように、指つかい研究してみて下さい
・ペダルにごらないように!
・ベダルの使い方、楽譜によって様々きさいの違いはありますが
 もう少し効果的にワルツのリズムをきざめるように練習してみて下さい

<審査員2> 78点
・ワルツのテンポ感は良いと思います。
 とてもしっかりとひいていてよいです。
 左手の3拍子がきちんと保たれているのは安定していて良かったです。
・連打が難しい曲です。右手の連打が軽やかにできると、なお生き生きした
 音楽になると思います。
・場面ごとの音楽の違いをもっと積極的に感じて出して良いと思います。

<審査員3> 79点
・華やかで明るい曲想をよくつかみ、丁寧に演奏されていました。
 よく勉強されていますね。
・姿勢に気をつけてください。ひきにくく感じる所などがそれだけで
 変わると思います。


こちらは長男が中学2年の時に、同じコンクール予選で通過した時の記事です。
http://shashan.seesaa.net/article/129509182.html

今読み返して見たら、長男より次男のほうが点数高い!!
ええっ?! これまでの練習の印象からは、
長男のほうが点数高かったと思っていたんだけど、そうでもなかったんだね。
記録に残しておいてよかった・・。

というわけで、県本選は10月にあるので、それまでまた頑張ってください。
でもそちらは通過しなくてもいいよ。

その前に、秋分の日にはピアノ発表会あるし、
校内の合唱コンクールの伴奏も担当になって、県本選の直前に本番あるしね。
次男もピアノ忙しいね。受験勉強もあるんだけどね(^_^;

対外的な結果はどうあれ、自分として納得できるまで、チャレンジしてくださいね。
応援しています。
 
posted by しゃーしゃん at 20:28| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

次男15歳になりました。

最近はどうしても長男のことが記事になりがちでしたが、
次男のことももちろんちゃんと見てましたよ〜。

次男も中学3年生になり、学校では最上級生、部活でも一番の先輩です。

あまり強くはないみたいだけど、卓球部で毎日一生懸命練習してました。
家でも素振りをしたり、ペットボトルに水を入れたものを持って
筋トレしたりと、自分なりに頑張っていたようです。

家庭訪問に来た先生にも「いい奴ですよ」と言われました(^_^;
裏表もなく、実直で、色々一生懸命だそうで、部活への情熱も見えてると。
席がたまたま一番前なので、先生が話しかけることも多く、
そんな時もきちんと自分なりの意見や返事をしているそうです。

そう、次男は前に強く出るタイプではないけど、
案外と冷静に周りの状況を見ていて、自分の役割はきちんとこなすタイプ。
そして、性格的には独特なものがあります。うまく説明できないけど面白い。

そしてこの土日は部活の集大成、中総体でした。
個人戦、団体戦とも惜しくも負けてしまいましたが、
本人なりにやりきったことでしょう。

終わってから、部活の仲間とすたみな太郎という食べ放題のお店に行き、
これまでのお互いの頑張りと、過ごした日々を振り返りながら、
楽しく食べて、語り合ってきたようです。いい思い出ですね。

さあ、これからは高校受験に向けて、勉強に精を出すことになります。

おにいちゃんが東京に旅立つ前日に、1時頃まで起きて頑張って作った、
次男宛の受験アドバイスもあります。それがこちら。
140608_2008_001.jpg

ちゃんと教科ごとに章立てて書いてあって、それぞれに次男の弱点に
対するアドバイスや、テストに向かうための心構えやテクニックが
書いてあって、A4用紙4枚にもなってます。

ここ最近の問題集の回答結果をきちんと見て、長男が独自に分析。
いや〜、弟思いのおにいちゃんでよかったね、次男くん。

ここからは、いよいよ自分の足で一歩一歩進んでいくしかありません。
周りが色々アドバイスしても、結局はそれを生かすも殺すも自分次第だからね。

6月8日で、次男も15歳になりました。
15歳、おめでとう。元気にいい子に育ってくれてありがとう。

ここから一年、人生最初の扉を開ける旅が始まります。
頑張れ、次男! みんなでサポートするからね。
 
posted by しゃーしゃん at 23:49| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

長男の大学入学式に行きました(2)

前回からだいぶ間が空きました。皆さんのご想像どおりに激動の日々・・・。
それはまた別の機会に語ります。

もう5月も終わってしまう勢いですので、さっさと続き書きます。

オサレなお店で朝食を取ったのですが、寮にも入学式会場にも近くない(苦笑)
都内平日朝の交通事情がわからないので、早く出発しよう〜。

紙の地図と道路標識を頼りに会場へ向かい、会場付近になったら
なぜか警察の車とか見張ってる人が多くなって、ちょっとドキドキ。
東京には国の偉い人とか天皇一家とかいますからね〜。

おお!ここが会場だわ!とすんごい人だかりを発見しつつ、
隣接する駐車場の入り口を探すが、わかりにくくて通り過ぎ、
Uターンできない道路のためぐるりと再度回って、ようやく到着。

カーナビだったら優しく、「ここが入り口よ〜」と教えてくれただろうに。
別にいいんだ、到着したから。

入場は9時から10時ですが、9時半に到着。セーフ。
まだまだたくさん会場の外には新入生と保護者が溢れています。

皆さん都会の人らしく、公共交通機関利用が多いようで、
駐車場は余裕でした。しかも係の人に入学式で利用と告げると
とても丁寧に「ご入学おめでとうございます」と挨拶され、
とっても気分が良かったです。無料だったし。←そこか。

駐車場前はあまり人もいなくて、会場も目の前で、抜群の撮影スポット。
まずは、長男と記念撮影。お互いに撮影しあって。ビデオももちろん。

いや〜本当に合格したんだね。ようやく実感。
長男の晴れやかでうれしそうな笑顔。良かった良かった。

そうこうしているうちに入場時間が終わりそう!
新入生入り口と保護者入り口が別なので、ここでいったん長男とお別れ。

会場はキャンパス内の建物ではなく、大きなホールみたいなところ。
非常に有名ですが、みんな初めて入ります。

新入生は一階フロア、コンサートホールならアリーナっていうのかな?
そこにたくさんの椅子が並び、段々と埋まっていきます。
最後のほうは入りきれなかったようで、観客席2階にもいましたね。

2階には、基本的に学校関係者がいました。応援団、チアガール、合唱団とか。
1階には室内管弦楽団もいました。

3階より上が保護者席。いや〜、急勾配でちょっと怖い感じだったけど、
一階の様子がきちんと見えて、なるほどなと思いました。

式典は10時40分からでしたが、その前に応援団が歌を歌ったり、
チアガールが踊ったり、エール送ったりで、新入生歓迎モード。
オケも何か演奏していて、気持ちが高まります。

一枚だけ写真を。保護者席はこんな感じです。
140411_0950_003-1.jpg

ステージがあって、壇上にはずらりと椅子が。こんなに来賓?
バックにはスクリーンがあり、応援団の様子や会場の様子が映し出され、
なんと話す言葉もリアルタイムで字幕で流れています。
そして、手話の人もいます。すごいです。

都会の大学はこれが普通なのか、この大学ならではなのか、
今はどの大学もそうなのか、よくわからないけどいいことだ。

しかし、新入生の服装が男子はともかく、女子もダークスーツで
まるで就職活動中か、入社式の会場のようですよ。
女子はもっと華やかな色の服装にすればいいのにね。お祝いなんだから。

さて、開始時刻になり、正装した総長や学部長などが入場。
外国の大学卒業式で見るような帽子とガウンを羽織ってます。

来賓として、旧国際司法裁判所にいた小和田さんが紹介されると、
会場全体がどよめきました。本物にお会いできるとは。
この時はただのゲストと思ってたけど、OBだと後で知りました。

式典のメインは、総長、教養学部長、小和田さんの式辞でした。
一人15〜20分くらいはお話していたように思います。

長かったけど、それぞれに内容が濃く、最新の時事も取り入れ、
聞いていて楽しいものでした。こういうのって珍しい。

「手元のスマホで入学式の様子をツイッターで流している人もいると
 思うが(会場爆笑)、私はガラケーなので羨ましいです」みたいな掴みもあったり、
「最近は論文のコピペ問題が話題になっていますが・・・」とあの話題を引き合いに
出したりと、なかなかに面白い組立てでした。

3名に共通していたのは、「海外に目を向けよ、海外での体験をせよ」です。
確かに日本にだけいるよりは、遙かに外国での経験が人生を豊かにしてくれ、
自分の世界が広がり、ものさしの幅や種類が格段に増えます。
私は留学経験はないけど、仕事で海外の方と仕事をした経験があるので、わかります。

あとで長男と話をした時も、
「なんかみんなで外国に行けって行ってたよね。でもねえ・・・」となりました。
まあ、今後のことなので、なるようになれ、です。

総長の式辞で印象的だったのは、
『主体性』という言葉よりも『自己投企』という言葉を用いて、
「これまでの受験勉強の時代に別れを告げて、大学という知的な新しい世界に
思い切り自分を投げ込んでほしい、そこから改めて大きな成長を遂げて欲しい」と
期待を表した部分です。

教養学部長の式辞で印象的だったのは、
「無意識のコピー&ペーストが目に見えない形で私たちの思考を浸食している」
「他者の思考の模倣に陥らないためには、まずその中にどっぷり身を浸してみることが必要」
「その最も有効な手段は、ひたすら本を読むこと。これに尽きる」
「書物という言葉の海に全身で飛び込み、必死にもがきながら自力で泳ぎ渡ることによって、
 はじめて人は自分だけの言葉を鍛え上げ、自分だけの思考を紡ぎ出すことができる」

そう!!本を読もう!! 言葉の海に溺れよう、溺れたい。
そういうことを式辞で述べるのは素敵です。長男、わかったかな?

小和田さんの式辞で印象的だったのは、
『国際化』と『グローバル化』の違いです。
「『国際化』は国と国とが関わり合うという意味あいだが、
 『グローバル化』は、国と国という境界を越えて、面と面で接して、
 その面との境界ですら溶けてなくなり、一つになっていくこと」

本当にもっと紹介したいけど、私の記憶ではこの程度で終わりです。
はたして長男の心にどこまで響いたでしょうか。

これを資料化したものがあれば読みたいな〜と思ったのですが、
なんと先週、大学側からその式辞を冊子にして郵送してきてびっくり。
さすがに小和田さんのは載ってなかったけど、あとでじっくり読もう。

式の終わりに、保護者も含めて会場全員で「大学の歌」を合唱。
初見で歌える簡単なメロディー。

終わってから、新入生はクラスごとに記念撮影。
待ってる間、夫は大学のノベルティグッズをたくさん購入してました。
(私はそういうの別に興味ない)

あとでその話を長男にしたら、
「大学行った時、名前入りのグッズあったから、お父さんこういうの好きだし
 あとで買おうと思ってた」
だって。よくご存じで(笑)

会場を後にして、遅い昼食を取りに街へ。
夫がリサーチしていた店はなんと「俺のイタリアン」という店。

「あのね、1時間は平気で並ぶ、大人気の店なんだけど、ほんとに行くの?
 しかも立食だよ」
「え、そうなの?」
リサーチしていたわりには、そういう情報は知らなかったみたい。

これから仙台に車で帰るのに、ずっと並んでしかも立食とかっていやです。
案の定、行ってみたらすごい行列。もう14時近くなのに。

さっさとあきらめて、その近くの豚カツ屋で昼食に。
長男と色々とお話したけど、もう一緒に帰らないと思うと不思議な感じでした。

夕方からはクラスメイトと渋谷に集まり、ピザパーティーをするというので
すっかり楽しい大学生活が始まっていました。

寮に長男を送り届けて、いよいよ仙台に帰ります。
次の日土曜だから泊まりたかったが、次男の授業参観だから帰らねば。

その前に、夫が合格祈願をした、湯島天神にお礼参りをしたいというので
そちらに寄りました。

なんと夫は結局合計3回も合格祈願に訪れていたという。
私は東京出張何度もしてるけど、1回も来てませんけど。(そもそも思い浮かばず)

思ったより小さくて、でもすっきりした境内でした。
「長男、合格しました。ありがとうございました」とお礼を述べてきました。

そして、仙台まで5時間半運転してきて、ようやく長い一日が終わりました。

はい、記事も長くなりました。最後まで読んでくださってありがとうございます。
長男のことは、また書きますね。
 
posted by しゃーしゃん at 15:54| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

長男の大学入学式に行ってきました。(1)

4月2週目の金曜日は、長男の大学の入学式がありました。

事前案内には、家族2名までが出席できる入場券が入っていました。
大学二次試験や引っ越しにはついていかなかったし、
入学式も大学なんだから親同行もいかがなものかと思ってはみたものの、
「こんな機会二度とない」という意見のほうが強く、
思い切って夫婦二人で東京に行って出席してきました。

夫は何の躊躇もなく、もちろん張り切って行く!でした。
私は、自分の大学入学時に、大学都合で入学式がなかったため、
その雰囲気を味わってみたいなという気持ちが強かったです。
それから、10日ぶりに長男に会って入学の喜びを分かち合いたいから。

二人で東京に行くといったら、有無を言わさず車です(爆)
長男へ渡すペットボトルの飲み物や、日持ちのする食料品など、
車なのでたくさん後ろに積めます。

入学式会場には10時までに入場すればいいので、
我が家にあるスーツ一式を長男の寮に届けて、
朝食も一緒に食べて行くのを逆算すると、6時までに到着すれば良い計算に。

余裕を見て、真夜中の0時出発にしました。
更に逆算して、夫は帰宅してすぐに寝ましたが2時間ほどしか寝られず。
私は一生懸命仕事して、18時半には会社を出て、20時近くに帰宅。
急いでご飯食べて、荷物準備などして22時前に一旦就寝。
前日まで忙しくて寝不足だったので短時間でもぐっすり。

23時半過ぎに起きて、荷物を積み込んだり、着替えたりしてたら、
予定より遅く0時半に出発。

交代で運転するつもりでしたが、なぜか夫は眠くならなかったので、
結局東京まで交代せずに運転してもらいました。大丈夫なのかな。

入学式用スーツに着替える場所もないので、
途中のインターで着替えてお化粧もしました。
寮の部屋には本人以外入ってはいけない決まりなので。

相変わらずの紙の地図頼りのドライブですが、
こう何度も東京に行ってるとだんだんわかってきますね。
長男の寮への道も、直感と地図でなんとか行けました。

遅れるかと思いましたが、6時5分位に到着。OK!
早起きが苦手な長男ですが、さすがに起きてました。
久しぶりの再会、ちょっと照れくさそうです。
でも、入学式なのに髭を剃っていないという・・・前日にやっておいてよ〜

朝早いので、3箱ほどの荷物を長男の部屋近くまで静かに運んで、
長男がスーツに着替えて、ひげ剃りを終えるまでしばし待つ。

建物はこんな感じ。
140411_0607_001.jpg

窓は西側にあり、まだカーテンはない。一階じゃないからいいけど。
窓側には、テニスコートがあって、緑が多く、良い感じです。
この時はすでに桜が満開でした。
140411_0608_001.jpg

着替えた長男と一緒に管理棟に行って、管理人さんにご挨拶。
職員は9時から来るらしく、宿直のアルバイト?の方に挨拶して、
仙台土産の支倉焼きというお菓子を渡してきました。
朝7時前に、びっくりしたでしょうね(^_^;

さて、朝食の場所は夫が考えていたらしく、お任せ。
代官山にある、「IVY PLACE」というカフェです。
http://www.tyharborbrewing.co.jp/jp/ivy/

しかしいつの間に調べたんでしょうね。
こういうところは感心します。

その店があるエリアがとてもお洒落な感じで、
お客さんもなんだかハイソな雰囲気が漂います。
きちんとした服を来ている私達ですが、なんか浮いてます。

メニューを渡されたけど、カタカナばかりで写真がなく、
とても素敵なお値段だったので、何にしたらいいか迷ってる私達に、
店員さんが親切にいろいろ説明してくれました。

きっともう来ないし、せっかくなので美味しそうなのを注文。

私が注文したのは、フライドエッグ スモークチキンと野菜のハッシュ 1300円。
140411_0808_002.jpg

夫と長男は、カンパーニュタルティーヌ サーロインステーキとフライドエッグ
チミチュリマヨネーズ 1600円なり。
140411_0808_001.jpg

私は足りないかもと思い、トーストブレッド400円も注文。
4種類から選べて、私はブリオッシュトーストに。ジャムとホイップバター付。
140411_0809_001.jpg

この他に、私はホットコーヒー300円、二人は紅茶350円を注文。
うわ、あえて合計したくない金額です。でも記念だから・・・

お味はもちろん美味しかったですよ。でもちょっと濃い味かな。
すごくお腹一杯になりましたし、セレブな気分を味わえました。

さて、いよいよ入学式会場に向かいましょう。

続く。(え?)
 
posted by しゃーしゃん at 22:31| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

親離れ、子離れの日。

長男が東京に行ってから、一ヶ月が経過しました。

大学の寮に運良く入ることができて、
まるっきり一人暮らしではないのですが、
家族と離れて、食事も洗濯も掃除もお金の管理も、
全部一人でやる訳なので、長男としては大変な一ヶ月だったことでしょう。

民間のアパートなどとは違い、入寮できるのがなんと4月1日からでした。
大学での諸手続きもこの日に済ませないといけません。

そのため、長男は前日の3月31日に東京へ旅立つことになりました。
ちなみに妹の家に泊めてもらうようお願いし、ホテル代を浮かせました(^_^;

新生活に必要な家電や生活用品の準備は、3月中に夫と長男でやりました。
私は土日も予定が詰まっていて、とてもその準備に口を挟むとか、
一緒に見に行く時間などなくて、まるっきり二人にお任せ。
なので、どんな台所用品を買ったのか等も知りません。

家電はヨドバシで、生活用品はニトリで買って、
直接寮に指定した日に配送してもらう段取りにしたそうです。

家にある他の荷物も、普通に段ボール2〜3箱に詰めて、
順次ゆうパックで送ったので、特に引っ越し業者も頼みませんでした。

あとはスーツケースに洋服や身の回りの品物を詰めて、
新幹線に乗るだけです。

長男は、3月31日の14時頃の新幹線で旅立つのですが、
平日だし、私も夫も会社なので、特に見送りなんていいかなと
思っていたけど、夫が見送り必須な様子だったので、
私もお昼休みをずらして、仙台駅に駆けつけることに決めました。

その日は緊急の仕事やトラブルもなく、予定どおりに遅めの昼休みにして
仙台駅へと向かうことができて良かったです。

なんとなく、母心が生じて、キオスクで好きなおやつや飲み物などを
ささっと買い求めて、入場券を買って新幹線改札口へ。

すでに夫もいて、旅立ちモードの長男。若干照れくさそう。
今日からはもう一緒に暮らさないんだねえ。。。
これがある意味、最初の親離れ・子離れのイベントかな。

夫は、案の定ビデオカメラを持参しており、別れの時を撮影している。
ホームに新幹線が入ってくるまで、色々と会話をして。

新幹線が入ってきて、長男が指定席目指して乗り込む。
「身体に気をつけて、なんとか自分で頑張って!」

少し仰々しく感じたけど、夫が座席近くまで移動して、
ずっと撮影もしていて、聞こえるわけがないのに、
こっちを向いてほしいから大きな声で長男の名前を呼んでいる。
うん、男の親ってこうなんだろうか。

指定席だけど結構混雑していたので、他のお客さんで長男の顔が
よく見えないまま、新幹線は出発したのでした。

私はさっさと会社に戻りたかった(→あまりこだわりがない(^_^;)が、
夫が新幹線が見えなくなるまで見送っていたので、一緒にいましたよ。

「行っちゃったね」

結果的に見送りに行って良かったかも。
引っ越しも一人でさせる訳だし、きちんと区切りができた気がします。

その後はお互いにまた職場に戻り、仕事を再開したという一日でした。

その後一週間位は、なんとなく長男がいないことに慣れない感じで、
夫はだいぶメランコリーな気分になっていたように思います。
私はあんまりそんなに寂しい気分にならなかったのは母親だからなのかも?
仕事の環境がガラリと変わってそれどころじゃないというのもある。

長男がいなくなると、我が家は4人家族になります。
父が3年前に亡くなり、5人家族になって、もう4人家族。
3年間で6人から4人になるのは、ちょっと減りすぎですね〜。

ご飯を炊く量や、味噌汁の分量とかがすぐに調整できなくて。
夜にはいつもいるはずの長男がベッドにいない。
次男も一緒に使っていた勉強部屋が、急に自分だけのものになって
どんなふうに思ってるんだろうか。

そんな毎日を重ねていって、ようやく最近は4人家族が普通になって
きたかな。

夫が一番寂しそうです。

でも、こうやって子離れしていくのが自然ですよね。
物理的に離れることで、強制的に子離れもいいかもしれない。

まだ始まったばかりです。
離れていても、親子関係はずっと続く。

だから自分は寂しくないのかもしれないなあ。

さて、長男も明日から連休なので、一ヶ月ぶりに帰省してきます。
うちの味噌汁、食べさせてあげますよ〜!!
posted by しゃーしゃん at 23:16| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

長男、サクラサク♪

140311_1444~001.jpg

もう3月も終わってしまいますね。
忙しすぎて早すぎて、長男卒業式の3月1日が遙か過去のようです。

さて、長男の大学受験結果ですが、無事に第一希望に合格しました☆
長男、おめでとう♪♪♪ 本当によく頑張りました!!

大学合格については、
Twitterやメールで各所に連絡済みなので今更な感はありますが、
やっぱりブログに残すのが大事なので・・・。

2月12日 第1段階選抜合格者発表
 センター試験の成績で足切りされるのですが、
 無事に通過。本人は絶対的な自信がありました。
 そこがすごい。

2月25〜26日 二次試験(前期)

 前日から一人でホテルに宿泊し、受験会場まで下見するなど
 受験に集中する以外にも色々気を配る必要がありました。
 ですが体調も崩すことなく、実力出し切ったようでした。
 チェックアウトした日は駅のコインロッカーに荷物預けてから
 会場入りで忙しいなと思ってたのですが、ホテル側が荷物を
 預かってくれると申し出てくれて、とっても感謝です。

3月10日昼
 
 前期試験合格発表。発表はインターネット上のみでした。
 私はこの日札幌への出張初日で、11時に新千歳空港に到着。
 なので、携帯サイトをブックマークして、12時頃にアクセスしようと。
 空港で早めの昼食を取ることになり、美味しそうな海鮮の店へ。
 
 長男の手応え度合いから、私も夫も心配はしてなかったですね。
 それでも前日位からドキドキするのかなあと思ってたけど、
 自分の昇進試験の結果発表前と全く同じで、
 心の中にある湖はシーンとしてました。さざ波が立たない感じ。
 この感覚、昨年後半くらいからよく感じるようになってます。説明が難しい。
 美味しそうな海鮮三色丼を奮発して頼んで、さあ食べようかと思った頃が
 ちょうど12時で、行儀悪いけど合格発表サイトへ携帯からアクセス。
 すぐに繋がったものの、受けた学部のリンクが3つに分かれていて、
 受験番号から適当にアクセスしたけど範囲が違っていて、
 オタオタしていたら長男から合格メールが届きました!

 「おめでとう!」とすぐに返信。一緒に食べてた同僚にも報告。
 そしたら急にドキドキしてきてしまって、食事がなかなか進まない。

 すると長男から更に電話が来て、お店の外で話しました。
 「いや〜本当におめでとう。よく頑張ったね。良かった良かった!」
 そんなことしか言えないものですね。いざとなると。
 でもメールもくれて、電話もくれた長男の気持ちが嬉しかったです。

 電話を終えて、ようやく興奮冷めやらずで三色丼を美味しく食しました。
 その後は各所へメールで合格報告の嵐でしたよ〜(^_^)

振り返ってみると、塾にも予備校にも行かず、家庭教師もつけず、
学校の授業とテキストを中心に、補助教材で某通信教育をやっていただけです。
高3の夏休みは勝負の時なのに、肩の手術を受けて夏休み中ずっと右手動かせず、
でも彼なりに頑張って、模試もこなしたし、やっぱり本人の努力なんだなと思います。

それと、勉強の合間の息抜きに、ゲームしたりマンガ読んだりもしてたけど、
物理学の本を読んでたりもして、やっぱり研究とか勉強が好きなんだろうな〜。
勉強と休憩のバランスも自分で工夫して、とてもよくメリハリつけてました。

滑り止めも受けずに、国立一本で勝負したので、
現役合格は何よりの親孝行です。

4月からは東京で一人暮らしが始まりますが、
生活と環境の変化に疲れないようにして、本来の勉学に精を出してほしいです。

3月18日は長男の誕生日で、ようやく18歳になりました。
同日に大学病院でMRIを撮り、肩リハビリも完了で、運動もやっとOKが出ました。
これで自転車にも乗れるし、重い荷物も持てるようになります。長かった。
歯医者などの通院も済ませて、今後の話をしてきたようです。

色々と4月に向けて、すでに歩み始めた長男。
寂しくなるけど、君が自分で掴んだ新しい道を、迷わずに進んでほしいです。
そして、新しい経験をたくさんしてください。

いつでも私たちは見守ってますよ。
長男、本当におめでとう。
写真は、妹が合格祈願で買ってくれた達磨。
片目だけ入れて、合格後にもう片方入れて大願成就♪
posted by しゃーしゃん at 23:25| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

長男、高校卒業しました。

2014年3月1日(土)は、長男の高校卒業式でした。

中学校の3年間も早いけど、高校の3年間はもっと早い!
もう?もう卒業式?という感覚です。

中学よりも更に親が学校に顔を出す機会が少ないせいも
あるかもしれませんね。

当日はかなり冷え込みましたが、雨や雪は回避。
長男はいつものように電車で、私達夫婦は車で向かいました。

長男の高校は私服なので、卒業式に着る服も自由です。
長男には、スーツを初めて買ってあげました。
もちろん、ワイシャツ、ベルト、ネクタイ、靴一式も。
今どきのスーツは細身ですねえ。

18歳でも、スーツを着ると一気に大人っぽくなりますね。
グッと成長したように見えました。

正門前では、「卒業式」の看板と一緒に記念撮影をしたい
親子の列が伸びており、もちろん私たちも並びましたよ。
受付時間に間に合うか?とヤキモキしましたが、
無事に親子で撮影できました♪

男子はやはりスーツが大半、少し袴や白スーツの子。
女子はダントツで袴スタイル、少しドレスかな。
どの子もお洒落で、若さが溢れて輝いています。

10時から卒業式が始まりました。

「卒業式を始めます」と先生が言うと、
「よぉぉぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜し!!」と
生徒全員が大きな声で答えたので、とってもびっくり。

卒業式を盛り上げるための、応援団先導の何かなのかと思ったら、
長男に聞いたらそうでなくて、何か式や会を始めたり終えたりすることを
先生が言った後に、その返事として生徒が言う言葉なんだそうです。
面白い伝統ですねえ。

中学校と違い、卒業証書を受け取るのはクラスの代表です。
私の母校もそうでしたが、必ずその代表とかが何かやらかすんですよね(^O^)

やはり長男の高校もその伝統があり、ふなっしーの物まねをしたり、
伝統の高校独自の体操をやったり、面白かったです。
もちろん、証書を受け取った後に、学校や仲間、親への感謝の
言葉を述べている子も多く、素敵だな〜と思いました。

「『辛い』と言う字に一本足すと〜!『幸せ』になります〜!」
「その一本は〜!○○高校です〜!」と言う台詞が良かったなあ。

在校生の送辞、卒業生の答辞も素晴らしく、本当にこの高校の生徒は
強い信頼関係に結ばれていて、この高校が大好きで、先生達も大好きで
みんな誇りと自信に満ちあふれているさまがストレートに伝わりました。

この高校に入学し、友達をたくさん作って、勉強も部活も切磋琢磨し、
かけがえのない時間を共に過ごし、充実した高校生活を送ってきた長男。
先生のサポートも半端なくて、本当に満足する三年間だったと思います。

真面目な式典が終わると、続けて卒業生から更に在校生への言葉が続き、
三年生の応援団長の音頭で、入学式前から覚えるように言われた、
伝統の応援歌の一つを、生徒全員で大声で歌ってました。
元々男子校なんですが、その良き伝統を垣間見た気持ちでした。

卒業生の言葉に、「世界に貢献する」という一言があり、
とても心強く響きました。

震災を乗り越え、学びも遊びも一生懸命に取り組んだ君たち。
新しいことを生み出す力が君たちには備わっているよ。
くじけることなく、しなやかに強く、世界に向かってほしい。

それからPTA役員が作成した記念ビデオを上映。
そうそう、受験当日も震度5の地震に見舞われ、試験時間が少し延長になったね。
その後、中学卒業式に東日本大震災が発生し、合格発表もかなり延期に。
不安なまま時を過ごし、なんとか合格を見届けたね。
入学式も半月遅れで始まり、本来のカリキュラムとはかなり違う一年でした。

あれから3年。校長先生も、卒業生も口々に言っていたのが、
無事に卒業式を迎えることができた喜び、でした。
本当に、本当にそうです。本当によかった。
いつ入学式ができるのだろうと思っていたあの頃の気持ちが甦ります。
本当によかったね。

講堂での式典が終わり、次はクラスへ。

一人一人が担任の先生から卒業証書を受け取ります。
もちろん、長男も。シャッターチャンスはバッチリですよ♪

副担任と担任から生徒へ贈る言葉。
副担任の先生からは、「迷ったり悩んだらトイレ掃除をしなさい」
担任の先生からは、「本気」と題した3つの言葉でした。
みんないつまで覚えてるかな(^_^;

そしてクラス全員、一人一言。

本当に驚くほど、みんなきちんと感謝の気持ちを述べていました。
クラスの仲間が大好き、このクラスになって良かった、
先生大好き、育ててくれたお父さんお母さんありがとう、と。

私がこの年齢だった時に、親がいる前で、友達がいる前で、
こんなに臆せずにきちんと親に感謝の気持ちを言えただろうか?
と思うくらい、男子も女子も素直にはっきり伝えていました。
なんというか、そういう子達が集まっているんだね、きっと。

長男からも、クラスのみんな、先生、そして私たちに対する
感謝の言葉を聞くことができました。
親として、感無量です。ここまで成長してくれてありがとう。

それにしても、わりと多くの子供達が、
「このクラスの名簿見た時に『キター!!』って思って」と言ったり、
ちょっといい感じの言葉を言った仲間に対して、
それをみんなが「ウェーーイ」と肯定的に受け止めるあたりが
現代っ子だなあって思いましたよ。まさに。

ネット言葉だとばかり思っていたのが、普通に話し言葉なわけで。
こういう世代が社会人になる時、ちょいと大変そうです。

でもねえ、どの子もこのクラスが大好きで、クラスが仲良くて、
とってもまとまってるのがよく伝わってきましたよ〜。
きっといつもにこにこして、堅苦しくない担任の先生のおかげもあります。

他の教科の先生からも、長男のクラスはいつも誉められるクラスだそうです。
たまたま学年で一番のクラスだったようですが、進路指導の先生が言うには、
「授業中もすごく真面目に取り組んでいるのに、休み時間にはベランダで
真剣に鼻毛について語っている、そのバランスがとても素晴らしい」とのこと。
先生ってそういうところも見てるんですね〜。
確かに、勉強だけ頑張るんじゃなくて、他のことにも集中して取り組む。
それって人生でとても大切なことじゃないかな。
それを自然にやっている子たちなんでしょうね。

長男は、本当に最高の高校で、最高の先生と、最高のクラスで、
いい三年間を過ごしたんだなあ。それが何より幸せなこと。

最後に、クラス全員で黒板前に集まって、集合写真。
ここぞとばかりに、親がシャッター切りまくりです。
私もたくさん撮影しましたよ。みんないい笑顔。

長男、卒業おめでとう。

今後、君が人生を過ごしていく上で、この高校三年間は
本当に心の礎、基礎になっていくから。

ここで過ごした時間を、仲間を、先生を、大事にしなさい。
そして、ここで培った力を、心を、更に広げて、
力強く、確かなものにしなさい。

いつでも私たちは見守っているからね。

本当におめでとう。
 
posted by しゃーしゃん at 23:58| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

中2次男の体育祭。

今日は次男の中学校の体育祭でした。

台風の影響で大雨になるかと思っていたら、
蒸し暑い曇り、のち、じりじり暑い晴れになりました。

次男は黄組。他に白、青、赤組と戦います。

リレー、踊り、玉入れなどよく頑張りました。
足はわりと速いけど、前の人が3位だったのでそれを引き継いで次男も3位(^^;

この中学の生徒達は、統率が必要なところはきちんと決めて、
素直な情熱をぶつけるところでは、思い切りはじけるというバランスが
ちゃんとできていて、「ザ・中学生」という感じで大好きです。

昼食を食べに来た次男に、気軽に声をかけてきてくれたのは、
卓球部の先輩だって。へえ〜、次男は案外人気なのね。
というか、先輩後輩同士が仲良しなのかもしれないね。

さて、その昼食のお弁当。今日は4時半に起きて二時間で作りました。
夕べは遅く帰宅してもう眠かったので、朝から仕込んで疲れたけどね。

ではそのメニューを写真で御紹介。

130831_0650~001.jpg
フルーツ盛り合わせ。梨とオレンジとキウイフルーツ。

130831_0653~001.jpg
きゅうりと茄子の漬物。これは市販品です。

130831_0707~001.jpg
エビフライと、インゲンと人参の豚肉巻き。

エビフライは冷凍のものを揚げました。時間ないのでね。
豚肉巻きは、いんげんと人参をゆでて、薄切りの豚肉で巻きます。
つまようじで止めて、塩コショウして、焦げ目がつくまで焼きます。
あとは生姜焼きのタレをからめて完成。
つまようじをはずして、半分に切ると、見た目がきれいになりますよ。

130831_0716~001.jpg
鳥の唐揚げ。贅沢にもも肉にしました。胸肉よりやはり旨い。

これはさすがに冷凍のできあいではなく、鶏もも肉を一口大に切って、
しょうゆ、酒、にんにく、しょうがで下味をつけます。
そして唐揚げ粉をまぶして揚げます。いい匂い〜。

130831_0718~001.jpg
筑前煮です。

さすがに、一から作る時間も気力もないので、野菜の水煮を購入。
鶏肉を炒めて、次に野菜も炒めて、だし汁、しょうゆ、酒、砂糖と塩少々を入れます。
あとは圧力鍋で圧をかけて、弱火で3分。ピンがおりるまで放置。
あとは彩りに別ゆでしたきぬさやを散らしてできあがり。

130831_0721~001.jpg
卵焼きと肉団子+うずら卵、プチトマト。

肉団子は出来合いのものをボイル。
あとはうずら卵かプチトマトをつまようじで刺して、そこに肉団子を刺します。
長男のお気に入りなんだよね。

卵焼きは、二人分のお弁当で2個使うから、4個でトライ。
でもちょっと多かったかな?
うちの卵焼きは甘いのです。皆さんの家はどうでしょうか?

130831_0725~001.jpg
枝豆とプチアメリカンドッグ。

枝豆は普通に塩茹でしました。
プチアメリカンドッグはオーブントースターで温めたけど、
そもそも温めなくてもよかったかも。

130831_0736~001.jpg
あとはおにぎり。今回は生たらこです。

子供達は、個別に学校の中で友達とお弁当を食べてもいいし、
家族のところで一緒に食べてもいいのです。
個別に食べる子が結構多いのですが、次男は私達と一緒に食べました。
なんか、ほっとしました。

お昼を食べたら、午後の競技も一生懸命に頑張って、なんと黄組が優勝!!
よかったね〜O(≧▽≦)O

来年で、運動会でお弁当作るのはおしまいになりますね。
高校生の運動会には家族で行かないしね。

なんだか寂しい。こうしてブログに書くのも来年で終わりかな。
せっかくなので、来年は更に豪華版にしようかしら?
 

posted by しゃーしゃん at 23:54| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

次男、中学初めての体育祭

もう9月ですね〜。といっても仙台は珍しく残暑続きですが。

前日の8/31はブルームーンと呼ばれる満月でしたね。
一ヶ月のうちに二回満月があると、ブルームーンと言うそうです。
仙台ではくっきりと、凛とした満月が見えました。ほのかに蒼かったかも。

スーパーには生秋鮭、生さんまが並び、秋到来です。

結婚式記事がいつまで続くのかと思ってるあなた、
私もいつまで続くのかなあと思ってます(笑)

割り込みしたいできごとがたくさん積もってるけど、後回しにしてきました。
でも今日の記事は割り込みで書きますね。



次男の中学では、夏休み終了後の一週間で、朝から晩まで授業をしないで、
体育祭の練習や準備に明け暮れます。

そして昨日、体育祭本番でした!

お弁当作りの最中に、突然の雨。晴れの予報だったのに、まさか?!
どしゃぶりの様子もありましたが、通り雨のようで、すぐに止みました。

前日金曜日に、会社のボウリング大会&懇親会があった私は、
あまり飲むつもりもなかったのに普通に飲んでしまって、帰宅したら12時近く。
頑張ってお弁当の下準備をするも、ブロッコリーゆでながら寝てしまい、
気づいたらもろもろに柔らかいブロッコリーに。
唐揚げの肉に下味をつけるところまで仕込んで、あとは寝ました(^^;

5時半起床でシャワーを浴びて、お弁当作り開始。
9時から開会式だから、8時40分には出るとなると、8時には作り終えたい。

で、朝食も並行で作りながらできたのが、今回のお弁当です。
直前まで真剣にメニューを考えてなかったから、いまひとつですが仕方ない。

120901_0801~001.jpg
こちら定番の鶏の唐揚げです。実は唐揚げ粉がないのに当日気づき、
片栗粉を使って竜田揚げにしました〜。しょうゆと生姜とにんにくで下味つけてて良かった!
あとは柔らかすぎるブロッコリーとプチトマトで彩りね。

120901_0801~002.jpg
少しは煮物も、ということで鶏肉なしの筑前煮です。
時間がないので野菜などは水煮のものを利用。圧力鍋で煮込みました。
圧力鍋をセットした時に、コマ(蒸気出るとこのやつ)をセットせずに
圧力かけてて危なかった・・・。酔いはさめていたはずだけど寝不足ですね。

120901_0801~003.jpg
見たまんま、エビフライでございます〜。あとは彩りでプチトマトとか。
それと、子供達が好きなうずらのたまごとミートボールを爪楊枝に刺したもの。

120901_0802~001.jpg
手前は、ゆでたにんじんとアスパラを豚肉で巻いて、照り焼きにしたもの。
彩りを考えると半分に切って詰めたかったけど、時間がなくなってやめました。
あとはポテトサラダ。きゅうり薄切りとカニカマを入れました。(あまり考えてない)
それと、マカロニをゆでてアラビアータソースであえたもの。

今回のお弁当は以上です。いつもならフルーツとかも詰めるのだが、
時間もなく、長男は文化祭なのでこれないし、こんなところです。
あと、おにぎりを準備しました。

さて、体育祭の始まりです。

120901_0910~001.jpg
こんな青空の下、開始の花火を合図に、鳩たちが一斉に空に放たれます。
毎年の演出ですが、これがとても素敵だわ〜。

次男は実行委員になっており、夏休み中もちょこちょこ準備ていたようです。
そして、入場行進では、自分のクラスのプラカードを持ち、先頭で行進!

通り雨で校庭はどうなってるか心配でしたが、水撒きをしたような按配で、
砂埃が舞わずに済んでいいね、という程度。恵みの雨ですね。

どの競技でも、次男は精一杯力を出し、応援でも大きな声を出し、
とても男らしくたくましい様子でした。そこ、だいぶ長男と違います。

放送委員でもあるので、他学年の競技の実況中継もしていて、
なかなか上手でした。いや〜よくパッと状況掴んで話せるね。

うちの中学校は、4つのカラーに分かれて、1〜3年まで混ぜてチームを作ります。
去年から黄色が増えたそうで、黄軍、赤軍、青軍、白軍で競います。
次男のクラスは赤軍です。

撮影ポイントを探してうろうろしていると、同じ地区のお母さんや、
同級生のお母さん、果ては学年も違うけど、私自身の同級生に会ったりして、
立ち話が長くなります(^^;

その中で、同じ地区で次男と同じクラスの女子のお母さんと話していたら、
「うちの子が、『次男君は熱い』って言ってたよ〜。一生懸命で羨ましいよね。」と。

うちの町独自の踊りを、カラー対抗で踊っていた次男を見やると、
一所懸命大きな掛け声をかけながら、気合を入れて踊っています。

うん、熱い男だ。いいぞ、次男。

昼休みを挟んでの体育祭。
たいていの生徒はお弁当を個別に持ち、友達同士で教室で食べてるけど、
次男はそんなつもりは最初からなくて、私達家族のいる応援席に来ました。

そういうとこもいいね、次男。

お弁当をみんなで食べながら、午前中の頑張り具合や、現在の点数などを語り、
午後の競技に向けて、英気を養ってもらいました。

次男に「熱いらしいよ」と語ったら、「それくらいやんないと勝てないんだよ」と
返された。うむ、そうだよね。

ちなみに、この日は最高30度の予報で、雲は多かったのですが、
直射日光が当たると熱い熱い!!暑いじゃなくて本当に熱くて痛い!!
日焼け止めを塗っていたけど、塗らなかった足下と背中が真っ赤になりました。

こんな空。日傘から漏れ出た太陽の光がまぶしい。
120901_1405~001.jpg

こっちも空。夏の雲と秋の雲が同居している。
120901_1405~002.jpg

あまりの暑さに、応援席には人がまばらで、みんな校舎近くの木陰で見てました。
私達家族は頑張って、トラック周辺にいましたけど(^^;
日傘一本は持ってきたので、母と一緒に差しましたけど、
何もしてない夫はひざから下が真っ赤で、軽いやけど状態です。
恐るべし、太陽光線。

さてさて、午後の競技も無事に終了し、なんと赤軍が総合優勝!!
次男の熱い行動と気持ちが見事に実ってよかったです!
小学校以来、初の優勝、おめでとう〜〜O(≧▽≦)O

帰宅してきた次男は、顔も腕も足も、真っ黒に日焼けしてました。
一日海に行ったみたいになって。

これぞ、正しき中学生男子。

優勝がとっても嬉しかったみたいで、満足そうなやり遂げた顔をしてました。

こういう一生懸命の経験が、少しずつ君の心に蓄積されていきますように。
それをいつの日か、パワーの源にできるから。
 
母は来年も頑張ってお弁当作るぞ〜!
 
posted by しゃーしゃん at 15:06| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

次男の部活が決まりましたよ

次男シリーズ、終わるつもりがもう1回続きます。

次男は、1ヶ月の仮入部期間を経て、5月2日に卓球部に本入部しました。

科学部と卓球部でず〜〜〜っと迷っていたのですが、
小学校のクラブ活動で卓球をしていたこともあり、卓球に決めたようです。
運動部に入ってくれて、なぜかほっとした母です。

連休中に道具を揃えようということで、雨上がりの今日、
次男と一緒に街へ買い物に。

仙台駅東口の卓球用品専門店へ向かいます。
新しいヨドバシカメラのビルを過ぎて、ちょこっと横道に入ったあたり。

私も高校時代に卓球部だったので、ここには通ったなあ〜。
すごく懐かしい。何十年ぶりかな。

初心者なので、お店の方に色々とアドバイスをいただき、
写真のシェイクハンドのラケットを買いました。

120504_1311~001.jpg

ラバー保護フィルムが貼ってあるので、ちょっと変な感じですけど。

本当はペンホルダーのラケットにするつもりだったのですよ。
私もそうだったし、それを小学校の時に貸していたので、
本人もペンに馴染みがありました。

「初心者向けのラケットだと、このあたりからどうぞ」と示されたのは、
全部シェイクハンド。なんでペンがないのかなあ?と思っていたら、
今は50人に一人くらいの割合しかいないそうです。

攻撃力や上達しやすさを考えると、シェイクハンドが有利らしいです。
次男に聞くと、確かに先輩もみんなシェイクハンドなので、
ペンホルダーの素振りをどうすればいいか教えるのに苦労していたとか。

というわけで、若干悩みましたが、シェイクハンドに決定。

・ラケット
・ラバー(表と裏で二枚)
・ラケットケース
・ラケットの側面に貼る保護テープ
・ラケットクリーナー
・クリーナー用スポンジ
・ラバー保護フィルム

とりあえず初心者として必要なものをそろえました。
それなりなお値段になったのですが、カード払いはできず現金払い。

自分達の時代に、ラバー保護フィルムとか、クリーナーとかの
メンテナンス用品なんてなかった気がするんだけど・・・。

急にマイラケットなど道具一式が揃って、ワクワクな次男。
「今までペンで素振りしてたから、みんなから出遅れたなあ。頑張らなきゃ」
と、やる気もみられました。

3年間しっかり練習してくださいね〜♪
 
posted by しゃーしゃん at 13:54| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

次男の卒業文集より

次男ワールドシリーズも今回で一旦区切りです。

小学校の卒業アルバムの後半には、卒業文集が綴じ込んであります。
私の時代には、アルバムと文集は別で、文集は輪転機で印刷して作る・・・という感じでしたね〜。(古)

そこで次男が書いた作文を紹介します。
誤字もありますが原文のままで。一部プライバシー部分は伏字で。



「兄の場所へ」

 ぼくにはちょっとした目標となる人がいる。兄だ。

 兄はぼくと違って、なかなか頭がいい。中学校(〇〇中)でのテストではいつもと言えるほど
トップ〇に入り、県内の模試では三年の頃〇位になった。今ではテストの順位は知らないが、
〇〇高の一年生として勉強している。

 暗くて短気で、人間としては正直言ってなさけないが、実力と実績があることは確かだ。
性格だけ良くて何もできないお人好しよりはよっぽどいい。

 ただ、それは兄の話であって、自分のことではない。このままでは完全に虎の威を借る弧状態だ。
「威」も辞書を引かなきゃ分からないこの脳では、天才奇才にはほど遠い。

 それはつまり、努力をして実績を績み重ねなきゃ話にならない訳だ。ぼくの今までの人生からして、
努力とはほど遠いのだが、中学では努力する努力が必要だ。

 努力する努力というのは、努力を意識する努力をするということだ。「努力しろ」と言われても、
努力しなければならない時に「努力」の言葉がなければ意味がない。そこで常に努力を意識する
練習をしなければならない。

 そのためには今から練習した方がいい。まず勉強部屋にとどまる努力、いすに座り続ける努力、
ボーっとしない努力、案をパッと出す努力、などをする努力をするのが始まりだ。
この時点でダメなふんいきをかもしだしているが元々レベルは高くないのだ。しかたない。

 見習えるのだから、兄が秀才なら弟は兄を超える天才にならなければならない。トップ〇くらい、
ふつうに入れるようにしなければ、その天才にはなれないのである。



・・・正直いって、かなりびっくりしました。
他の子はほとんど6年間の思い出とか、将来の夢とかを作文にしていたので。

次男には、「お兄ちゃんのようになれ!」とか、特別に言ったこともないのです。
むしろ、宿題忘れたりして、「最低限のことができないとダメだ」とよく夫が叱ってましたけどね。
まあ、長男が高校に合格した時には、「ここに入れるといいね」的なことは、夫が次男に言ったかもしれないですが。
その程度だけど、敏感に感じ取ったのかなあ。

長男って、暗くて短気だったのか(笑) そんなふうに感じてるのね。

天才とか、秀才とか、兄を超えるとか、ずいぶんと自分でハードル高くしてますね〜。
目標が身近にあって、高めに設定していることはいいことですけど。

私は「性格だけ良くて何もできないお人好し」でもとってもいいと思うんだけど、
今の次男にとっては、そして現代社会のシステムにあっては、生き残れないのだろうね。
ちょっと悲しいけど。

私としては、別に天才や秀才というラベルは必要なく、
自分の信じる道、探求したい道に向かって、熱い心を持ち続けて、ポジティブに進んでほしいです。
そして、決しておにいちゃんの後をついていくのではなく、次男にとっての最善の道を進んでね。

次男はこの作文を書くことで、ホップ・ステップ・ジャンプの「ホップ」の一歩を踏み出したと思う。
自分のスイッチ、ONになったみたいです。

じゃあ、まずは漢字の勉強しよっかね(^。^;)

× 弧 → 〇 狐 (きつね)
× 績み重ねる → 〇 積み重ねる (つみ)
 
posted by しゃーしゃん at 15:15| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

次男からの手紙

新年度を迎えたと思ったら、大忙しの毎日で、あれよあれよともう連休に突入しました。

私は9連休なんですが、夫や子供はカレンダーどおり。

長男は昨日予定の運動会が雨で延期になり、今日やってます。
高校なので見にはいかないですけど。見たいですけど。
確か明日から部活合宿って言ってたし。

そんなこともあり、妹も帰省してくるし、今年の連休はノープランです。
まあ、小さな旅とか、買い物とか、美味しいもの食べるとか、ですかねえ。

あとは日ごろしたくてもできてないことをたくさんやりたいです。
掃除とか、片付けとか、机整理とか、ブログとか、メールとか、読書とか、
たまったビデオ見るとか、観葉植物植え替えとか、衣替えとか、
震災グッズ・備蓄品点検とか、父の遺品整理とか・・・

うん、たぶんこの中の50%くらいしかできない(笑)



さて、本題に入ります。

次男の卒業式の時に、受付で次男からの手紙を受け取った話を
この記事で書きました。

その手紙もなかなかに次男ワールドなので紹介します。



お父さん
 お母さんへ

  ああ、もう卒業か。

 「長い戦いほどあっけなくケリがつく」っていうけど、
 それに似てるな。・・・戦ってはないけど。

  いまだに実感がわかないんだよな。
 この手紙、書いてる次の日が卒業式だよ。

 小学校生活、けっこうカッスカスだったな。
 あーあ。もう中学生だよ。

  せめて中学校では、充実した生活を
 送りたい。

  中学生になったら勉強するから
           部活がんばるから

  どこかで見ていてください。


           H24 3/15  〇〇



・・・そっかあ。カッスカスでしたかあ(笑)(涙)

きっと自分が夢中になれるものがまだ見つかってないんだな。

おにいちゃんは、鉄道に夢中になったり、歴史にはまったり、
宇宙にはまったり、地図にはまったりと、いつも何かを深く追求してたけど
キミは特に何かにはまるってこと、なかったもんね。

でもね、6年生の三学期あたりからエンジンかかり始めた気がするんだ。
お母さんはわかるよん。

卒業式が終わって帰る時に、担任の先生も言ってたよ。
「次男くんは大丈夫です。もう今からぐんと伸びますから」ってね。

私達ができることは、本当に見守ることだけだよね。
ついつい口出ししがち(特に夫)なんだけど、
もうそろそろ、自律が必要だし、
そのためには言いたいこともぐっと我慢して、
長い目で待つことが必要だと思う。

次男は特に自分からなんにも言わないタイプだから、気になるんだけど。
「見ていてください」って書いてあるしね(^。^;)



次男の中の大きな宇宙には、今どんなものが渦巻いているのかな。

何を見つけてるのかな。

何が生まれようとしているのかな。

何が消えようとしているのかな。

何を育てているのかな。

何を伝えたいのかな。


うん、楽しみに待ってます。
 
posted by しゃーしゃん at 15:31| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

次男のスタンス

ここしばらくは、次男の気持ちというか、内側というか、
次男の世界、次男ワールドの一端をご紹介したいと思います。

小さい頃から、長男とは全く違った感覚や思考があるなあと
感じることが多々あり。

兄弟だって個性があるから違うのは当たり前なんだけど、
次男には独特の世界があるのよね。うまく説明できないけど。



小学校卒業前に、親への感謝の会があったんですけど、
その時の記事はこちら。
http://shashan.seesaa.net/article/254245425.html

その時に書かなかったんですけど、
次男からもらった、成長過程の記録があります。

生まれた時から現在までに、自分にどんなエピソードが
あったのかなどを年表形式にしたり、写真を色々貼って
作ります。そして最後に親への言葉を添えています。

次男もなかなか上手に作っていましたよ♪
生まれて一週間くらいの写真を貼っていて、懐かしい。

あれ、「生まれたてのデータなし(泣)」って書いてあるなあ。
聞けば教えてあげたのに。2500gちょっきりで生まれたのよ〜

そうそう、それで、親への言葉を紹介したいと思ったのです。
(前置き長い)



 病弱で話を覚えないオレでしたが、
 今まで育ててくれてありがとう。
 これからも○○家にしばらくいさせてください。

 中学生では集中したいなぁ



病弱というのは、1歳〜小2くらいまでアトピーだったことを
指していると思われる。皮膚が強くなって今は何ともないけど。

話を覚えない・・・心あたりないんですけど(^_^;
3歳まで目が見えなかった(本人談)って話があるんだけど、
それとも違うかなあ? この話はまた後で書きます。

でね、注目すべきところは「いさせてください」なんだよね。

ここ、生まれた時からあなたの家なんですけど。
生まれた時から家族は変わらないんですけど。

居候しているような気持ちなのかしら?
ねえ、君はどこからやってきたの?
遙か彼方からなの?

長男と同様に接してきたつもりだけど、
疎外感でも感じていたのかしら。

こういう文章を読むと、
これが次男の世界なんだよなあと感じる。

時々ちらっと垣間見る度に、「ふ〜む」と思う。
 
posted by しゃーしゃん at 23:36| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

次男、中学生になりました

今日は次男の中学校入学式でした。

4月に入ってもダウンジャケットやマフラーがはずせない寒さが
続いてましたが、ようやく今日、17度まで気温が上がり、
風はかなり強くて、最低気温2度という落差はありましたが
とっても春らしい一日となりました。

子供達の登校は12時半まで、保護者受付は13時までで、
入学式は13時半からなので、ゆっくりと準備できました。

でもこういう時に午前中目一杯用足しを入れてしまったり
するのが貧乏性というか、なんというか。

早めのお昼を食べさせて、慣れない手つきで着替える次男。
真新しい制服、バッグ、靴で全身ピカピカです。
グッと大人っぽく見えますね〜

一足先に友達と登校した次男。
二人でまだ通い慣れない通学路を歩きながら、
何をおしゃべりしたのかなあ。

私も普段よりはお洒落なスーツに着替えて、
夫と二人で学校へ向かいました。
歩いて30分なので結構疲れます・・・

久しぶりに体育館に入ると、卒業式とは違って
保護者の装いも晴れやかな感じ。

去年の3月11日の長男卒業式以来の体育館です。
余計にあれから一年かあ〜って思いました。

ここの体育館は町の学校の中で一番損傷がひどく、
なかなか修繕が終わらなかったんですよね。
でも、なんとか卒業式に間に合ったようで良かった。

さて、吹奏楽部の生演奏の中、緊張した面もちで、
新入生の入場です。

もう一つの小学校と一緒になったのですが、
結構背が大きな子が多くて、次男なんて凸凹の凹です。

小学校6年時の担任の先生も、来賓として来てくださってましたが
どんな気持ちでいたでしょうね。

さて、入学式って、クラスごとに点呼されて、
「はい!」と返事して立つのがメインイベントなんですよね。

それ以外はカメラもビデオもほとんど用無しです。

校長先生、町長、教育長、PTA会長と祝辞もてんこ盛りでしたが、
わりとみんな短かったような。

来賓も地域に根付いた方達がてんこ盛りで、紹介が長かった〜。

式も終わり新入生が退場した後は、保護者が残されて、
学年委員を決めるという儀式。

1クラス2名ずつ。小学校のうちにアンケートを取らされ、
私は「誰もいなければやってもよい」に丸をつけてました。

案の定、やる!って人はいなくて、同じ回答をした人達が集まり、
誰がやるのか相談タイム。

とはいえ、そこでももちろん決まらない。
もう面倒になって、次男の友達のお母さんと一緒に
結局引き受けることにしました。まあ、いいか。

で、今度は各クラスの学年委員が集まって、
委員長、副委員長、書記、会計を決めるのですが
これまたもちろん決まらない。

なんだかんだで、結局、学年委員長をやることになっちゃいました。
大丈夫なんだろうか?

ようやく解放されて、クラスに戻ると学活中。
次男の担任は転任してきたばかりの男性の先生です。
声も大きいし、きちんとした態度なので大丈夫かな。

でも別のクラスは、新規採用の先生でフレッシュだから、
あっちの先生のほうが良かったよね〜とおばさん同士の会話(笑)

そしてまた体育館に戻り、記念撮影。
まだ大きめな制服姿の子供達。次男はネクタイを直されてました(^_^;

最後に通学カバンを購入しておしまい。
また30分歩いて、なかなかに疲れた入学式でした。

次男は明日の準備もしっかりして寝ました。
ちょこっと覗いたら、せっかくエナメルバッグ買ったのに
なぜに体操着を別のビニール袋に入れているのかなあ・・・?
明日の朝、声がけしなくっちゃ。

こちらは早速明後日まで提出予定の書類がいっぱいですが、
もう疲れたので明日書くことにします。

明日から次男がどんな中学生活を送るのか、楽しみです!
 
posted by しゃーしゃん at 22:49| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

長男、肩脱臼するの巻

ほぼ一ヶ月前の話です。
3月はイベントがありすぎて、仕事も忙しすぎてタイムリーに書けず、
なんとまあ、新年度の4月になってしまいましたよ。

今日は年度末とか新年度の節目で記事を書くのが一般的なんでしょうけど、
私の記事待ちリストは長い列になっていますので、
マイペースで更新いたしますです。
これが私の「普通」なんです(^^ゞ

3/5(月)のことです。
次の日から二泊三日の出張を控え、〆切ありの仕事をこなしつつ
ランチタイムを同僚と楽しんで、会計しようとふと携帯を見ると、
メール1件に着信23件の文字が飛び込んできた!

これは一大事と思い、着信履歴を見たら1分置きに夫からだった。
12時20分頃に知らない着信が1件、その後は全部夫から。
メールを見たら「長男骨折」というタイトルが。

緊急時なのに着信に気づかなかったので怒られるな〜と
冷や汗かきつつ、すぐに夫へ電話。
案の定とっても冷静に怒られました。

今までお昼に電話かかってくることはなかったので、
ついつい財布と一緒にミニバッグに入れてランチしてたのです。
もちろんマナーモードのままで。深く反省。
これからはテーブルの上に置いておきます。

夫はどうしてもはずせない用事があるから、私が行くことに。
何はともあれ、長男が救急車で運ばれたという病院へ。
仕事はあるけどまずは親として行かなくっちゃね。

その前に、知らない着信にも折り返しかけてみました。
するとそれは長男の担任からでした。かけてよかった。

体育の授業で組体操の練習をしていて、ピラミッドの二段目にいた長男。
ピラミッドが崩れた拍子に右肩を脱臼してしまいました。

体育の先生の見立てでは鎖骨骨折でしたが、救急隊員の診断では脱臼でした。
前にも二度ほど亜脱臼をやっていた右肩です。今度こそ本当に脱臼してしまった。
でも骨折じゃなくてよかった。ホッ。

今は肩を正常な状態にしてもらって、レントゲンを取り、
ちゃんと入っているかの診断待ちとのこと。

タクシーに乗って20分程で到着。整形外科やギプス科がある総合病院です。
ようやく先生と長男と合流。なんと長男は車椅子に乗ってました。
温かいお茶も傍らにあり、たぶん先生が買ってくれたのね。

施術結果は問題なく、次回一週間後に予約を取ってくださったとのこと。
何から何まで申し訳ありません、先生。

長男は幅広のマジックベルトで右肩を動かさないように腕ごと固定されてました。
でも手首は動かしてもいいので、日常生活はなんとかできそう。

会計をしようとしたが、会社から駆けつけたのでもちろん保険証がない。
なので一旦帰宅して、また戻ってきて会計することにしました。
処方箋も出ていたのでそれもその時に。

体操着+上靴のままの長男。
通学カバンと着替えと外靴は持ってきてもらったようです。
外靴に履き替えさせ、着替えを畳んでカバンにつっこみ、帰り支度。
学校に携帯、定期券、財布、コートも置いてきたけど仕方ないね。
貴重品はロッカーだから安心。

先生にタクシーを呼んでいただき、恐縮。
無事に帰宅した長男は食べそびれたお弁当をほおばり、一安心。

私は再度病院へ行こうとしたけど、長男の保険証がない。
どうやら夫が持っていったままのようだ。なに〜?!

距離でいうと、自宅<病院<私の会社<夫の会社です。
文句言っても仕方ないので、急いで夫の会社へ向かい、
保険証を受け取り、とって返して病院へ向かい、会計を済ませました。
薬も湿布だけです。時間内に間に合ってよかった。

で、そのまま私は会社に戻り仕事続行。17時頃だったかなあ。
結局終電まで仕事して、次の日から無事出張に出かけました。



それにしても、いつも我が家に何か「事件」が起こる時、
私がそこにいる、あるいは駆けつけられるようになっている
このシステムには本当に感心する。不思議なんだけど。

それによって私自身のタイムテーブルはみっちり埋まってしまうけど、
うまく重ならないようになってるんだよね〜。
天の采配というか、緻密に仕組まれたイベントなんだろうね。

最近そんなふうに思えるようになってからは、
どんな「事件」が起こっても必ず大丈夫、着地点はあるはずだから
っていう気持ちで立ち向かえてるような気がする。

・・・にしても、私の体力いつまで持つのかい?(笑)
そろそろもうちょっと余裕持って対応したいです。



一週間後の診察で、治療してくれた先生と初めてご対面。
おじいちゃん先生でした。

服の上から肩をぽんぽんと触り、「入ってるな」と言って
1分で診察終了〜(笑)

「次は2週間後ね」と言って、PC上で予約を始める先生。
でもその日付、3週間後なんですけど・・・と思ってたら
看護婦さんに指摘されてた(^_^;

大丈夫なんだろうか?この先生?!
長男に聞いたら、肩入れてくれた先生に間違いないって。
腕は確かなんだね、たぶん。

そして、先週木曜日に再度診察。
レントゲンも取り、特に問題なく順調に回復。

やっと肩の固定から解放されました。
しばらく少しずつリハビリです。日常生活は無理なくできそう。

全身の関節が緩い?みたいで、これはもう仕方ない。
脱臼しないように、肩の関節のところの筋肉を鍛えると良いそうです。
どうやるのかはそのうち教えてくれるのかしら。
受験前になったら、本当に洒落にならないからね〜

あまり脱臼が続くなら、手術もあるって言われたけど、
そうならないようにしてほしいわ。

自転車も運転していいけど、転んで肩を打たないようにとのこと。
まずは春休みだし、リハビリするには良かったかもね。
ピラミッドなどの組体操はできればしないほうがいいね。

再診察の時に長男から初めて聞いたんだけど、
救急車で病院に到着するまで、気が遠くなるくらい
時間がかかったように感じたらしい。
やっぱり相当痛かったからのようです。

ピアノレッスンも再開しました。
ブランクを感じさせないタッチに一安心。

自分の身体をどう守るか、どうおつきあいしていくか、
長男にとっては良い機会になったでしょう。

早く完治しますように。
 
posted by しゃーしゃん at 21:26| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

長男、16歳になりました

春の彼岸に入り、雪よりは雨がよく降るようになって、
朝の気温も氷点下から抜けだし、ゆっくりと暖かくなってきました。

毎度のことながら、昨日は4カ所お墓参りに行き、
遅まきながら自宅の仏壇周りも彼岸っぽくちょっと整えて、
今日は朝から父方の祖母の一周忌という忙しさでした。
なんだかずっと線香の香りに包まれていた気がします。

でも今日は、長男の16回目の誕生日だから、
ぐったりした身体に鞭打ちつつ、夕飯の支度をしました。

何が食べたいか聞くと、「焼き鳥とか」という答え(^^ゞ
鶏肉が一番好きなんですよねえ。

スーパーで出来合いの焼き鳥を買って、温めるだけという
疲れた母には優しいメニューでございます(笑)

でもそれだけではあんまりなので、シチューも作りました。
あとはネギトロ巻き買って、法事のお膳の持ち帰りとか並べて。

今回は初めて近場のケーキ屋で事前にホールケーキを注文。
いつも当日さまよいながら買うので、珍しいことである。

果物アレルギーになってしまったので、生チョコケーキにして
スポンジの間には果物を挟まないようにしてもらいました。
表面にはいちごとブルーベリーがあるけど、これは長男だけ
取り除けば良いのでそのままに。

ほんとにね、果物食べられないって結構大変なのよ。
あ、でもあまり食べたことない果物はOK。マンゴーとか。
市販の野菜ジュースにも果物入ってるから飲めないし。
震災直後が大変だったね。空腹を果物で満たすこともできず。

何はともあれ、今年は普通に家族で誕生日をお祝いできました♪
16歳おめでとう、長男!

昨年はお祝いどころじゃなかったものね。

直前まで、何もほしいものがない(思い浮かばない)と言ってたけど
ぎりぎりにリクエストしたようで、ゲームソフトをプレゼントされていました。
DSソフトの「逆転検事」です。逆転裁判の映画も観に行くくらい、
このシリーズは好きなようです。

高校入学してから、ゲームで遊ぶ時間がほとんど取れてないけど、
春休みにもなるし、たまに遊んで気分転換してね。

記念にケーキとか、長男の写真を撮影していたら、
「もう小さい子供じゃないし」と軽く嫌がられてしまった・・・。

いいのだ!「今この瞬間」、16歳になりたての長男を記録しておきたいから。
あとで「あの時撮っておけば・・」ってなるから。

思い起こせば16年前・・・って、毎年思い起こすから書かないけど、
本当にあっという間に大きくなるもんだね。

脱臼した肩の固定もまだもう少しかかるけど、
それ以外は健康だし、勉強も部活も楽しんでやってるし、
青春を存分に謳歌していますね!

こうやってみんなで誕生日を祝えるのもあと何回だろうなあ。
と、最近は子離れの時期に向けてちょっと切なくなる私でした。
 
posted by しゃーしゃん at 23:46| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

次男、小学校修了しました

今日は次男の小学校卒業式でした。
天気も良くて、柔らかな空気と日差しが春が近いことを感じさせます。

次男は、長男が卒業する時に着用したスーツを着て、ずいぶんと大人っぽい様子。
私達も式にふさわしいフォーマルな服装で出席。母も連れて行きました。

受付で、式次第と一緒に、次男からの手紙を受け取りました。
もうこの時点でヤバイです(^^; この演出、長男の時はなかった。中学卒業ではあったけど。

体育館では暖房がついてましたが、式が始まると音を気にしてか消されてしまい、底冷え。
足下から冷えるのを我慢しながらの式でした。

10時になり、いよいよ6年生の入場です。
5年生の演奏するエルガー「威風堂々」が流れる中、
体育館の入り口に注目していたら、なんとステージの上手と下手から一人ずつ現れ、
中央の階段から下りて自分の席へ向かうという演出に軽く驚き。
でも、おかげでじっくりはっきり次男の姿を写すことができました。

式冒頭では、東日本大震災で亡くなられた方へ黙祷を捧げました。
同じ年頃で卒業式を迎えられなかった子、また、卒業を見届けることができなかった保護者の方へ
祈りを捧げました。なおのこと、自分達は恵まれているなと感じながら。

国家斉唱。こんな時しか歌えないので、私はしっかり歌います。日本人だもの。

卒業証書授与。53名の名前が一人ずつ読み上げられ、壇上で卒業証書を受け取ります。
次男は4番目に呼ばれ、しっかりと返事をして、堂々と受け取っていました。

証書を受け取り、そのまま保護者席の前まで来ると、
先生から小さな花束を受け取り、自分の親へ渡すのです。またまた初めての演出!
渡す場所が決まっているので、親はそこまで出て行き受け取ります。

デジカメ当番の私は、歩いてくる次男をファインダーに収めつつ、急いで所定の場所へ。
受け取る時に(あ、何かいわなくちゃ!)と焦ってしまい、
小さな声で「(花束を)ありがとう。(卒業)おめでとう。」と言うのが精一杯でした。

校長先生の式辞。そして来賓からの祝辞。
これが長いのでござる。ありがたいのはあまりないのでござる。
校長先生は良いとして、教育委員長、町長(代理)、PTA会長、そして中学校生徒会長からも。

生徒会長が来るのも珍しいでしょ。実はこれも長男の時はなかった。
数年前からうちの町は「町はひとつの学校」というコンセプトで、
幼稚園から高校までの連携を非常に密にする試みをしています。今回もその一環らしい。
一番年齢が近いし、中学校への歓迎もあって祝辞としては一番良かったかも。

そして、いよいよ子供達の出番です。そう、今までの思い出や中学校への抱負を語るアレです。
ステージ下へ並んだ子供達。1年生からの思い出を一言ずつリレーしながら語っていきます。

5年生のくだりが終わる頃に、最前列にいた次男がおもむろに歩き始めたと思ったら、
ピアノの前へ。そうです、歌の伴奏をするお役目だったのです♪

歌は、ゆずの「栄光の架橋」です。次男の堂々としたピアノに乗せて、みんなで合唱。
一ヶ月ほど前から、頑張って練習していた成果がよく出ていました!
次男は本当に本番に強い!強弱もはっきりついていて、滑らかに弾けていました。
みんなの歌よりももちろん次男のピアノに食いついていた私達です(^^;
あとで担任の先生からも「いつも軽く弾くんだけど、今日すごく良かったです!涙出そうになりました。」
とお褒めの言葉もいただきましたし、他の先生からも良かったといわれましたよ〜

またおもむろに次男が戻ると、最後の6年生の思い出のくだりが始まりました。
そして5年生からの言葉と歌。「世界にひとつだけの花」でした。
私の花って咲いてるのかな、咲いたのかな、まだなのかな・・・なんて思いを馳せながら聴いてました。

最後にまた6年生から親への感謝の言葉があり、続いていきものがかりの「YELL」を合唱。
3?4?部合唱でなかなか綺麗でした。

そして子供達が自席へ戻ると、出席者全員で校歌を歌い、閉式です。

退場する時は、5年生の演奏でいきものがかりの「ありがとう」に乗せて。

はあ〜、12時近くまでかかりました。記念撮影の前に急いでトイレへ殺到する親たち。
私も校舎内のトイレへ向かいました。

すると、来賓の一人の元職員の方を発見。実は私が在校していた時の職員さんでした。
先生じゃなくて栄養士さんか業務員のような方だったと記憶しています。

懐かしくてつい、「〇〇先生(私の当時の担任)のこと、覚えてますか?」と声をかけました。
「(?!)覚えてるよ〜」「私、ここの卒業生なんですよ!」
その方も当時を懐かしく思い出した様子で「〇〇小学校、本当に楽しかったのよ〜」
「あら?!じゃあ今日卒業の保護者なの?」「はい」

するとその方は「あら、何も渡せるもの持ってないわ」と言いつつ、急いで鞄を探り、
なんと「これでノートでも買いなさい」と折りたたんだ紙幣2枚を渡してきたのです!
私は全くそんなつもりもなくて、あちらからしたら見ず知らずの人物なのに、
私もびっくりして「いえ結構ですから(まさか受け取れないよ〜)」

それでも、やっぱり「いいからいいから!」とおっしゃるので、
非常に恐縮しつつもありがたくいただきました。
トイレに行く途中だったのと記念撮影が迫っていたので、長くはお話できませんでしたが、
本当に本当にありがとうございました。(届かないけど)
もったいなくて使えないけど、使うならぜひ次男のノート購入にと思ってます。
そんなプチ出逢い、過去との不思議な交差に感謝です。

さてさて、親も入っての記念撮影も無事に終了し、教室に戻って最後の時間です。

担任の先生も、たぶん6年生を受け持つって大変だと思うんですよ。
総仕上げで中学校へ送り出す最後の責任がありますから。思春期にも入ってくるし。
通常でも大変なのに、この一年は、大震災の影響があって、一学期の始業も遅かったし、
震災で壊れた外のテラスや階段、体育館などの工事もあって、子供達も勉強に集中できずに
しばらく心もざわざわしたようだし、夏休みや冬休みも減らして、授業も一生懸命に
遅れを取り戻す必要があったし、修学旅行も定番の福島ではなく初めての秋田・岩手だし、
本当に本当に、私達には計り知れないご苦労があったと思うのです。
それでも、ご尽力くださって、本当に子供達は後半ぐんと個々の良いところを伸ばし、
明らかに成長しましたよ。ありがとうございました。

4月から一人東京へ行くそうなので、みんなで集まるのはこれが最後。
なので先生発案で急遽「解散式」を行うことに。声かけられた次男とあと二人で司会進行。
代表で10名ほどみんなに語りたい一言を話しました。
急遽すぎてうまく言葉にならない子もいたけど。
次男も「6年間の中で、この一年間が一番良かったです」と発言。うん、よし。

最後はみんなで円陣組んで、「中学校言っても頑張るぞ!オー!!」

さあ、いよいよ小学校ともお別れです。
うちの小学校は校舎が高台にあって、校庭に下りるまでにわりと長い階段があります。
その階段脇に、先生方がみんな並んで、卒業生と保護者を見送ってくれるのが慣例なのです。

担任の先生、そして過去の担任の先生にも挨拶をしながら、下りていきました。
なかなかこそばゆい演出ですけど、嬉しいものです。

帰宅して13時過ぎ。これですべて終了。

本当にあっという間の6年間だったね。
次男よ、卒業おめでとう。ずいぶんと成長したよ。私の背丈もついに超えた。

これからしばらくは春休みです。思う存分遊んでくれたまえ。
でもちょっとは復習もね。

posted by しゃーしゃん at 23:59| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

子供会の歓送迎会

3/3(土)は子供会の歓送迎会でした。
次男は6年生なので、送られる立場、つまり主役です。

毎年、地区の集会所で開催して、
5年生が司会をやり、各学年で出し物をして、
お菓子やマックなどを食べながら、
2回のビンゴで盛り上がり、
最後には新1年生と6年生へプレゼントを贈呈し、
一人ずつ抱負を述べて、閉会という感じです。

もちろん新1年と6年の親も招待されており、
一緒に楽しみます。あ、他の学年の親もいます。

今年は、集会所が震災で全壊と判定されたため、
子供を伴った行事での利用は不可とのこと。

そのため、初のお店での歓送迎会となりました。
食べ放題飲み放題の店、すたみな太郎です。
実はうちでは行ったことがなくて、初体験でした。

貸し切りではないですが、相当数の人数なので
ほぼ貸し切りのような喧噪です。
子供たちのテンションも上がってますからね(^_^;
もちろん、親や同行したちびっこ達もです。

子供達は同じ学年同士で、低学年は親子で、
中学年以上の親は親同士で座ります。
役員さんが座席を決めているので指示どおりに座るだけ。

開会の挨拶はよく聞こえなかったけど、どうでもよい(笑)
さあ、戦闘開始!!じゃなくて、食事開始です!!

私のテーブルには、同じ班の気心知れた母仲間4人。
それぞれ適当に食べ物を取りにでかけます。

焼き肉いろいろ、唐揚げ、エビフライ、ポテトなどの揚げ物、
すき焼きなどの煮物、作りたてのお寿司、スープ、サラダなどが
テーブルに並びます。

さあ、食べますよ〜!!
子供の世話がいらないので、大人のペースでお気楽♪
肉をどんどん焼いて食べるのだ〜。

子供達も肉焼いて楽しそう。次男はしっかり白飯ゲット。
炊き込みご飯やカレー、ラーメン、うどんなどもありました。

食べながらおしゃべりにも花が咲き、楽しい〜。
なかなか同じ班のお母さんとじっくり話す機会がないので
面白いです。

子供の中学校、高校の話をしていたら、
自分達の時代の学校の話になって、懐かしかったな。

結構お腹いっぱい食べたけど、最後はデザート食べねば!

でもな〜と控えめに取ってたら、痩せててお洒落なお母さんが
ドーナツ2個にケーキに杏仁豆腐にと山盛り取ってたのでびっくり!
やっぱり甘いものは別腹ですよ、奥さん!

ということで、私もケーキ、シュークリーム、ソフトクリーム、
杏仁豆腐だったかな。結構食べました。もちろん紅茶をお供に。

子供達は、自分で作るクレープ(皮から焼きます)や、
自分で作る綿あめ、自分で道具で丸くすくって取るアイスクリームなどを
堪能していましたよ。31アイスみたいに種類も多い。
ぐるりんとやるソフトクリームマシンもある。

綿あめ作りが楽しいみたいで、作りすぎたのを親のテーブルに
持ってくる子もいます。おすそわけもらいました〜

そろそろお開きの時間。
プレゼント贈呈&一言述べていたようだが、うるさくて聞こえず。
仕方ないですね。子供達楽しんでいたから良かった。

現地解散で、次男と帰宅しました。
次男は焼き肉と白いご飯を堪能し、ラーメンを作り、
綿あめなどデザートを食べて終わり。
お寿司は食べなかったそうで、もったいないな〜。
でも焼き肉だとご飯山盛り食べるタイプだからそうだろね。

「お客さんに作らせるから、店の人はほとんど働かないで
 済む仕組みだなあ」と次男ならではの切り込み。

「うん、だから食べ放題飲み放題がそういう値段で
 できるんじゃないかなあ」

次回は家族で来よう!夫が一番喜びそうだ(^^ゞ

次男も今日で小学校生活が終わり。
明日はいよいよ卒業式です。

3学期に入ってから、ぐんと最上級性らしくなった次男。
学校全体の半数がインフルエンザに感染するも、
なんとか今日まで乗り切ったよ。予防接種もせずに。

明日は卒業生が歌う際のピアノ伴奏を担当するのです。
毎日一生懸命練習していて、仕上げもバッチリ。

明日が楽しみです。
 
posted by しゃーしゃん at 23:59| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

小学校最後の授業参観でした

2月ももうすぐ終わり。ほんとに速い。

そして、ようやく2月の2記事目です(!)。
とっても忙しくて、メールの返事もしてないです。心あたりある方、すみません。
ブログももっと書きたいのになあ・・・。
長男が期末テスト期間だってことも、当日知ったくらい。



さて、1週間前の2/17(金)は、次男の小学校最後の授業参観でした。
ちょっと感慨深い。

6年生は体育館で「感謝の会」を開いてくれました。
子供達が親を招いて、感謝の気持ちを表して、親をもてなす。

ちなみにその日は最高気温2度だったので、体育館はやっぱり寒い(^。^;)
ストーブが何個かついてたけど、親も子供もジャケット・コート着用のままです。

テーブルと椅子が準備され、テーブルには子供達が作ったクッキーが。
親は子供と同じテーブルに座り、子供が温かい紅茶を淹れてくれました。
親にお茶を淹れるなんて、うちじゃほとんどしないよね、みんな。
だからなんだか照れくさそうです。特に男子たち。

さあ、感謝の会の始まりです!

始まりの挨拶、そして、校長先生の挨拶。(割愛します)

ここから出し物が始まります。4グループに分かれて発表。

最初は、EXILEのRising Sunに乗せた、元気なダンス!
さすが女子、今どきのダンスお上手です。
そこをサポートする男子、苦労した練習の跡が見えます。

ダンスが終わると一列に並び、一人ずつ中学への抱負を話してくれました。
これは、どの出し物でもありました。

お次は、ハンドベル、鍵盤ハーモニカによる合奏です。
曲目は・・・忘れました(^。^;) いきものがかりの「ありがとう」だったかな?
ハンドベル、綺麗でした。

そして、次は劇です。登場人物はオール男子(笑)
次男はこれに出てました〜

シナリオも自分達で考えたようです。

低学年、中学年、高学年の授業風景をオモシロおかしくまとめました。
僕たち私達も成長したよ〜というコンセプトはうっすらと(^。^;)

低学年の授業は、言葉遣いに注目した内容。
次男は生徒役。

「先生!消しゴム」(忘れました)

「先生は消しゴムではありません!」

「先生!鉛筆」(忘れました)

「先生は鉛筆ではありません!」

ずっとこんな調子のやり取りが続く。
ちなみに、主語述語を省略して単語でしゃべる低学年時代を揶揄してます。

「先生、くさい!」

「先生はくさいではありません!」

(誰?誰?おならしたのは?ざわざわ・・・)

「あ、先生がおならしました〜!」

生徒全員ずっこけ。チャンチャン♪

中学年の授業は体育。次男が先生役です。
ステージ上にマットを敷いて、マット運動。

「それでは、〇〇君にお手本をしてもらいます。みんなよく見てください」 
次男、大きな声でいい感じ。

お手本の子は、バック転のような妙技を決めて着地!おお〜。

「ではみんな、やってみてください。すぐに難しい技をやらなくてもいいですよ〜」

次々と、前転、後転、開脚前転、開脚後転、三点倒立、倒立前転・・・などを披露。
オチはないけど、色々とできるようになったね、みんな。って感じです。

最後の高学年の授業は理科。次男はまた生徒役。

「月の表面にあるくぼみは何でしょう?」

「はい!クレープです!」

「食べ物じゃあないでしょう」

「はい!ぼくはパフェのほうが好きです!」と次男。

と、またずっとこんな調子で食べ物の話が続く。
最後に誰かがようやく「クレーターです!」と正解を答えておしまい。

男子だけで考えたにしてはよくできてました。はい。

終わってから次男が述べた抱負は、
「これまでほとんど勉強真面目にしてこなかったから、
 なんつーか、勉強に集中していきたいと思います!」
だって。

そうそう、君の課題は「集中」だよね、ずっと。
理解力や応用力はしっかりあるのだから、
集中力がついたら、相当伸びると思われる。
奥に秘めてるタイプ。案外長男よりすごいかも??

最後の出し物は、またもや合奏です。
ハンドベル、ドラム、マラカスなどで「ジュピター」を演奏。
ハンドベルがとても良い響きでよかったです。
マラカス演奏の男子も振り付け面白くて笑った〜

4つの出し物が終わり、本当の最後は全員で「ふるさと」を合唱。
いい歌だねえ。みんなだいぶお兄さん、お姉さんになったね。

これで感謝の会は終わり。
ありがとう、子供達。サポートしてくれた先生にも感謝。

引き続きの懇談会では、残り20日の過ごし方や勉強の理解度のこと、
子供達の様子を色々と教えていただきました。

感謝の会の準備や練習は、一週間しかなかったそうです。
その中で、ダンス曲選んだり、劇シナリオ作ったり、練習大変だったろうに。
なるほど、朝早く登校したり、放課後も遅くまで残っていたわけだ。
前日まで本当に「もうダメじゃないのか?」っていう状況だったみたい。

でも、みんな本番強い!とっても良かったよ〜!
さすが6年生です。

劇は最初6学年に分けてやる構想だったようで、
次男も二回先生役となる予定だったみたい。
でもそれでは大変だからと、先生が3つに分けるように助言したらしい。

劇の練習中、男子だけで大丈夫かと先生も心配だったらしく、
案の定、劇と関係ないボールを持ち出した男子が、
ダンスチームにボール投げたり、劇チームにも投げたりと
チャチャ入れ始まって、ごたごたになったそうで。

「先生!(次男)がキレてて大変です!」
と他の子が先生にヘルプ求めてきたのもそのせい。

「あの(次男)くんがキレるなんて!! これは相当まずいね〜」

そう、次男はクールなヤツなので、滅多に怒ったりしない。
それがキレたってことは相当なのです。
よっぽどみんな言うこと聞いてくれなかったのかもね。

で、先生が仲介に入って、なんとか収まったようです。

懇談会では普段知らない子供の様子が聞けて、本当に楽しかった。
いい先生に恵まれました。

もうすぐ、卒業だね。
残りの日々を大切に過ごしてね。

posted by しゃーしゃん at 21:36| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

次男最後の学習発表会

11/13(土)は次男最後の学習発表会(いわゆる学芸会ね)でした。

長男1年生の頃から毎年見てきたわけですが、これもいよいよ今年で見納め。
保護者によっては自分の子どもの学年の出し物しか見ない人もいますが、
我が家はいつも全学年の出し物を見ています。
もちろん、今年も。

3.11で小学校体育館も被害に遭い、修理が済むのも時間がかかり、
例年より一ヶ月遅れとなりました。

町長の挨拶では、町内の学校のうち、次男の学校が一番被害が軽かったそうです。
それでもこの体育館を修理するだけで1600万かかり、
一番被害がひどい学校の修理費は3億円かかるそうです。
費用捻出に頭を悩ませている様子でした。
町の体育館や学習センター、プール等は学校より後回しにしてるようでした。

中学校の体育館も被害がひどいが全然修理が進んでなくて、部活や体育ができず、
卒業式もどうなるかと聞いています。つまり、次男の入学式も危うい。
子供達が学校で学ぶ時期にストップはかけられません。
国の支援や義援金をこういうところにたくさん投入してほしい。
そして、子供達が早く本来の学校生活を送れるようにしてほしい。
雪の季節は校庭が使えないから、体育館がなければ体育はアウトですよね。

復興なんてまだまだですよ、皆さん。復旧も前途多難です。
それでも前向いて、制限ある中でも最善尽くして生きていますけどね。

おっと、次男の学芸会の話に戻ります。

6年生は「水戸黄門」の劇をしました。
次男はなんと、「格さん」役です。

何をやるか決める時に、次男はドンキホーテがやりたくて、サンチョ役を希望してたらしい。
でも圧倒的にみんな水戸黄門がやりたいということで決まり。

格さんはダブルキャストで、次男は暗転2回目以降に登場とのこと。

水戸黄門の定番話に、ちょこっとロミオとジュリエットの要素や、
地元の名産品も出てきたりと、なかなか良いストーリーでした。

そしてなんといっても、役者が揃ってる!!
さすが6年生というか、個性派ぞろいだわ〜。
特にお代官様と越後屋の秘密の会談がそのまんまで面白かった〜♪
声色とか、含み笑いとか、そのまんま(笑)

そしてそして、いよいよ次男登場!!
茶屋の娘を手篭めにしようとしていた悪代官の屋敷に踏み込み、
まずはチャンバラです。次男、なかなかの殺陣シーンです。

そして一通り終わると、なんと次男がふところから印籠を取り出し、
「ええ〜い、静まれ、静まれ〜い! この紋所が目に入らぬか!
 こちらにおわすお方をどなたと心得る!
 恐れ多くも先の副将軍、水戸光圀公に有らせられるぞ!」

ひょえ〜!!まさかのあの台詞を次男が!
これ、ほぼ主役に等しいのでは〜(^_^)

かっこいいよ!次男!
それにしてもずいぶんと声が低くなりましたなあ。

そして無事に劇も終わり、閉会の言葉も6年生です。
ここでも次男は代表者の一人として前に出て台詞をしゃべってました。

学習発表会の全演目が終了し、6年生はそのまま記念撮影大会です。
次男は要求に応えて、印籠を高々と掲げたポーズを取ってました。
もちろん、私や夫もデジカメ&買ったばかりのビデオで撮影〜。

すると、急に子供達が次男の名前を呼び、何かをさせようとしてます。
ちょっと躊躇していた次男ですが、みんなの前に立って、
なんと三本締めの音頭を取り始めたではないですか!!

「それでは皆さん、お手を拝借!ヨ〜ォッ!!」
パパパン、パパパン、パパパンパン。
「それ!」
パパパン、パパパン、パパパンパン。
「もういっちょ!!」
パパパン、パパパン、パパパンパン!

わ〜〜〜っと歓声が上がり、拍手の渦。みんな嬉しそうでした。
それにしても、あんな掛け声を即興でできるなんて。次男、なかなかやるなあ。

決まっていたことなのか後で聞いたら、やはりその場で選ばれたようで。
2年生の頃には、一緒に雑巾がけをしていた女子に、
「もうちょっとそっち行って!」といわれただけで涙浮かべていたのに、
今や自然とみんなを取りまとめるまでに立派に成長したわ〜。

水戸黄門も、「震災の悲しみから一歩を踏み出すパワーになれば・・・という
願いを込めてお贈りします。大いに笑ってください。そして力強く未来に
向かって歩いて行きましょう」という言葉どおり、本当にみんな楽しく笑ってましたよ。

10月下旬に体育館が使えるようになって、短期間の練習だったけど、
最高の水戸黄門でした。6年生のみんな、ありがとう。先生もありがとう。
 
posted by しゃーしゃん at 00:35| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

長男、鍵で失敗の巻

日曜は天気が良かったので、思いつきで蔵王に紅葉狩りに行きました。
思いつきなのでお昼食べてからの出発だったけど。

長男は朝から仙台に出かけていたので、母含む4人で出発。
山のふもとはまだ緑だったけど、中腹はとても綺麗に紅葉してましたよ〜。
鮮やかな赤、オレンジ、黄色の木々が、くねくねカーブに沿って、
右や左に現れては消え、見ごたえありました。

すると長男からメール。
「鍵持って出るの忘れた」

仕方ないので、近所のスーパーのフリースペースで、
勉強でもして待ってたらと返信。

こまくさ平に近づくと、もう紅葉は現れず、葉を失った木々か、
高山特有の背の低い木々ばかり。
その付近から頂上まではすっぽりと雲で覆われており、
登れば登るほど、視界も悪くなる。
ほんとに5m先も見えないくらいの霧状態。

それでも頂上までたどりつき、売店で山形名物玉こんにゃくを購入。
やっぱりおいしーなー。
もちろんあまりに真っ白で、お釜は見られませんでした。
下界は10月下旬とは思えない27度なのに、蔵王頂上は11度でした。さむっ!

すぐにお山を下りまして、途中で青根温泉じゃっぽの湯に寄りました。
大人300円と安い。お湯は透明でさらっとしてぽっかぽか〜。

あとは家を目指すのみ。と、また長男からメール。
「実は・・・台所のドアにいらない古い鍵を差してピッキングまがいで
 開けようとしたら、鍵が折れちゃって、取れなくなった。ごめんなさい」

あらら。やってくれましたね〜。
だからおとなしく待ってればよいものを。
古い鍵は友人からもらったそうな。
玄関でなくてよかった。まあ玄関の鍵は特別な感じなのでできないだろうけど。

17時半過ぎにようやく帰宅し、勝手口のドアを確認。
内側からは問題なく開け閉めできるので、まずは一安心。
でも、鍵穴に入った折れた鍵は、やっぱり取れませんでした。
これは鍵屋さんを呼んで取ってもらうしかないね。最悪交換か。

長男はひどく反省してました(^。^;)
まあ、これに懲りて次からはもっと良く考えて行動してくれるでしょう。

posted by しゃーしゃん at 22:07| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

やってくれました、子供たち。

こんなタイトルにすると、何かで表彰されたとかって思うかもね。
そっちじゃないのよ。

今日は珍しく二人の子どもたちに振り回されました。

次男はたてわり遠足の日だったので、お弁当。
長男、夫とあわせて3つ作る予定だった。

お弁当箱を準備しようと探すも、なぜかない。
包む袋も、バッグも一式ない。なんでだ?

台所で思いつく場所をすべて探し、まさかと思って
次男の机周りを探してみたら、ありました。
大きな紙袋の中に、バッグごと。

私ねえ、最近作った記憶ないのよ。
もしやこれは夏休み前のモノではないのかい?

恐る恐るフタをあけようとしたが、なぜか真空状態のように
ぴったりくっついて全然開かない!
なんとか開けてみたら、卵焼きの残りが出てきた!!
もちろん腐ってた。チーン。

こんなことで時間かかってしまったせいで、
肝心の弁当作り&朝食作りの時間がそのままずれこみ。
なんとか長男の朝食時間には味噌汁と目玉焼きを出せたけど、
弁当のおかずがまだ作り終わらない。

あともう少しという時に、夫は出勤時間になってしまって、
お弁当持たずに出かけてしまった。すまぬ。

半端に3人分のおかずが残ったので、子供達の弁当箱に
ぎゅうぎゅうに詰めてやった。

全部用意できたのが7:13。
そこから自分の準備。シャワー、洗髪、化粧して7:35に無事自転車乗れた。

本当は夕べ飲み会で寝るのが遅かったから、くじけて午前休みにしようか
迷ったんだけど、まあ5時半に起きたし、意地になって会社に行ったよ。
弁当が原因で遅刻したら残念なので間に合ってよかった。

今日はまったりお仕事な日だったので、ゆるゆるしていたら、
お昼過ぎに長男からメール。

長男は大運動会の日だったのだが、障害物競走の途中で肩がはずれたそうだ。
リュック背負って走って、はしごをくぐり抜ける時に肩をすくめたらはずれたとか。
リュックをなんとかおろそうとしたら、その拍子に肩が元に戻ったらしい。
でも一応病院へとのことなので、午後に連れていってもらえないか、という内容だった。

骨折でもないし、今は元に戻ってるので、あまり心配はしなかった。
病院へ連れて行くことにしたので、午後休暇を取りました。
なんだ、結局半休になっちゃった。

整形外科でレントゲン取って診察したら、「亜脱臼」といわれました。
普通は脱臼したら自然に入るってことはないし、入れるのも入れたあとも痛いそうだ。
だから事情説明の時にすごく怪訝そうだったのよね、先生。

でも、他の関節動かしてみたり、レントゲン見た結果、
長男の関節はどこも柔らかくてゆるいから、半分ずれた形になったのではと。
それで何かの拍子にそのずれが元に戻っただけのようです。
もちろん、ずれたから痛みは残る。でも4〜5日の湿布でよくなるって。

肘をまっすぐ伸ばした時、男性なら通常180度くらいの開きなんだけど
長男は210度くらい開くので、柔らかさが女性に近いようです。
確かに、小さい時から体は柔らかくて、体育では体操得意だったしな〜。
専門家が驚くほど柔らかかったとは!

某バーマスターによると、アントニオ猪木もそうらしいですね。
ダブルジョイントといって、関節技が決めづらいみたい。
まあ、長男はプロレスは絶対やらないんだけど(笑)

ということで、一安心です。

ほんとに、一日中子どものことで振り回されましたわ。

明日から連休。母と一緒に妹のところに行ってきます。
プチ親孝行ですかね。


posted by しゃーしゃん at 23:19| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

次男の修学旅行

木〜金と次男が修学旅行に行ってきました。

宮城県の小学校での修学旅行といえば、
会津若松で白虎隊のことを学んだり、
猪苗代湖近辺で野口英世の偉業を学んだりと、
福島を巡る旅が定番なのですが・・・。

余震や放射能等を考慮して、
秋田と岩手を巡る旅に変更されました。

う〜ん、これは仕方ない判断なのでしょう。
児童の安全に責任を持つ学校の立場としてはね。
次男は、白虎刀を買いたかったみたいで残念がってましたけど。

実際、木曜は福島で震度5弱の地震があったので、
影響がなくてほっとしたのは事実です。

いつも色々な準備やおたよりがギリギリになったり、
抜けたりしていた次男ですが、
今回はずいぶんと成長したなと感じましたよ。

土曜のうちに、自分で全部準備して、名前を書いたり、
ビニール袋に小分けしたり。
タオルなどもどれ使ったらいいのかなど聞くこともなく、
ささっと取り出して入れてました。
いつの間にこんなにやれるようになったのかな〜。

前日は8時にベッドに入り、5時に起床。
朝7時集合だったので、大きな荷物もあるし、
車で送ろうと思ったら断られました(^。^;) 
いつもどおりに徒歩で通学。

あとで知ったんですが、出発前の代表挨拶もしたそうです。
学校からのお便りの裏に下書きがメモしてあった・・・(笑)

一泊二日の短い旅ですが、たくさん思い出ができたみたいですよ。
えさし藤原の郷、秋田ふるさと村、田沢湖遊覧、宮沢賢治記念館、
童話村賢治の学校など。

わんこそばも食べたって!一人25杯までの制限付で25杯食べました。

おこづかいも自分の貯金から持って行きました。
思ったよりたくさんお土産を買って、びっくりしてたっけ。5000円位?

家族向けにと、漬物3点とお菓子2点(写真)。
漬物をチョイスするところが次男らしいです。

111002_1445~001.jpg

自分の記念には、秋田犬のキーホルダーや、宮沢賢治マグカップ
(雨ニモマケズが書かれている)を買ってきました。

どんどん小学校最後の行事が終わっていくね〜。
思い出一杯作ってね!次は学習発表会だ!

posted by しゃーしゃん at 17:37| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

二学期始まりました

今年の夏休みは短かった。次男は21(日)、長男は22(月)で夏休み終了です。

一学期の授業日数が少ないので仕方ないことですが、
子供達はもっと自由に遊ぶ日が欲しかったのではないかな。

次男は小6ともなれば、案外と課題も多くて、宿題実行スケジュールを
書かせてみたならば、家族旅行とお盆を除いてほぼ毎日何かしらやることに。
そもそも毎日自主学習1ページという宿題があるんですけどね(^。^;)

作文か読書感想文では、読書感想文を選択。
一緒に書店に行ってアドバイスしつつ自分で本を選ばせました。
「ぼくらの七日間戦争」、ページ数多かったけど、珍しくすいすい読んでました。
以前は感想文苦手だったけど、今回はどう書くべきかをしっかり意識してました。
成長したなあ〜。

また、色々なところに出品するやつから1つ選ぶというのがあって、
次男はJA共済の書道コンクールに応募する作品を書くことにしました。
6年生は半紙作品だと「知の創造」と書きます。

でも、習字のお手本はありません。
想像で書いた結果、線は細いし、小さく真ん中にまとまってバランスが・・・。
あまりにもかわいそうなので、昔取った杵柄で、お手本を書いてあげることに。
その流れで一時間ほど次男の練習につきあいました。
ちょこちょこっとコツを伝授して・・・
会社から帰宅して21時から開始したんだけど、久しぶりの書道は面白かった!!

次の日の昼間に、一生懸命清書したようで、帰宅したら何枚か候補ができてました。
おお!!最初の時と全く違う!美味い!いや、上手い!!
やればできるじゃん、次男!!
どれを提出すべきか取捨選択してあげて、無事作品完成です。

そして、私はず〜っと忙しくて、夏休みもまともに取れてないので、
終業式にもらったはずのお知らせプリントを渡されていないことに気づいてなくて・・・。

「そういえば、始業式に何を持って来いとか書いてあるプリントってもらったっけ?」
「あ・・・」

これ、土曜に気づいて声かけたのです。次男、言われなくても出そうよ。
どっさりとありました、プリント。一ヶ月眠ってたよ、プリント。
その中にプール当番表があって、一瞬血の気が引いたけど、
今回は当番になってなくてセーーーーーフ。

さて、長男は。
今日午前はあまり気温が上がらず、プールぎりぎりだったらしいが入ったそうです。
そしたら超寒くって、喉が痛くなって、ただいま微熱ありの就寝中。

夏休み入ってすぐ一週間程は学校の夏季講習。
夏休み終わりにもちょっと講習。
部活は講習後にあったくらいでした。

さぞかし自由に過ごしただろうなと思いきや、宿題が大量にあって、
最後の日までひいひい言いながらやってました。
だって数学だけで200ページとかって・・・。
物理もレポート書いてたし、お疲れ様です。
でもさ、しっかり勉強できるのって「今」なんだよ。
・・・と大人になってから思うのさ。
「生涯勉強」とも言うけどさ、一日勉強できる時代ってほんの数年だから。

というわけで、昨日からまた弁当生活始まりました。
5時半起床の毎日です。

仕事もなんだか集中しちゃって、15(月)から今度の土曜まで連続勤務中です。
13連勤かな。毎日眠いし疲れちゃいます。も少しだからガンバロ〜。

色々後回しになってるけどごめん。
 
posted by しゃーしゃん at 23:58| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

学校もまだまだ復旧せず。

>
先週は飲み会も多くて忙しかったな〜。
なかなかブログ更新も続かないですね。

カードリーディングもぼちぼち再開してます。
1月頃に申し込んでくださった方、もう忘れてるかもしれませんが
ある日突然リーディング結果が届くかもしれません。
半年も経過して、本当にすみませんm(__)m
これ、無料じゃなかったら、本当にどうなってたかしら・・・。

さて、一週間前の金曜日は次男の授業参観でした。

小6の国語ともなると、なかなか難しいね。
新聞の投書内容をその人の主張、その理由、結論などに整理するという授業。

45分間立っていると腰がつらくなってくる・・・。

そして学級懇談では、一学期の様子や夏休み、秋の修学旅行の話。

プールの放射能測定値が出て、問題なしなのでやっとプールが始まりました。
体育館が被災していまだに使えないので、体育は校庭でしかできず、大変だと思う。
暑い中、校庭での体育はちょっとつらいだろうし、熱中症の危険性もある。

だから、プールがOKになってよかったなあ。
週3回だけど思う存分泳いでくれたまえ。そして25m常に泳げるように、ね。
去年泳げたのに、また途中1回立ってしまうようです(^^;

仕方ないね、夏のプール回数が少なすぎるもの。プール嫌いだしな〜。
今年は夏休み中に学校のプールに頑張って行かせるようにしよう。
まあ、水遊び中心だけどね。

で、体育だけでなく、音楽も制限が出てきたそうだ。
先日、音楽室の天井が落ちてきて、利用禁止になったって。
隣の図工室も一部危険みたい。
なので、オルガンや太鼓など使って合奏をやる予定だったけど、
教室でできるレベルの合奏に変更になったそうです。

それと、始業式が遅かったため、授業も遅れ気味。
6月時点で社会が一ヶ月遅れだったけど、やっと一週間遅れまでに取り戻したそうです。
体育や音楽の時間を飛ばして、他の授業にあてて、先生達も子供達も大変だ。

一階テラスや昇降口前の亀裂やひび割れ、段差などもいまだにそのまま。
体育館も使えない。教室の天井は一部危険な状態。階段も一部使えない。
古い学校だからダメージが大きくて、それがまだまだ出てる。

夏休み中に早く直してほしい。そして通常授業を受けさせたい。
夏休みも例年より短く、8/21までです。我慢の一年です。
学校が流されてしまったところに比べれば、まだまだ幸せです。

最近、この相対的比較で考えることが多くなってしまった・・・。
あんまり比較するって好きじゃないんだけど、今回はどうしてもね。

修学旅行はやはり岩手・秋田だそうです。
でも内容はまだ未定。子供達が楽しめますように。
posted by しゃーしゃん at 08:45| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

いつの間にか成長してた♪

110516_0727~001.jpg

父の百か日(GW開始辺り)の次の日のこと。

父方の祖母の通夜があったので、うちの大人達はもちろん全員出掛けて不在。
子供達二人でお留守番です。

そこへ、父がお世話になった床屋のマスターがわざわざ焼香に来てくれました。
帰宅してから子供達にその話を聞いたので、次の日の朝に電話でお礼を申し上げ、
本当にありがたいことだと思っていました。

で、先週の土曜に、その床屋へ子供達二人を散髪のために連れていったんです。
すると、マスターが私のところに神妙な顔つきでやってきた。

え、なんかまずいことでもしたかしら?と身構えてたら・・・

「百か日の時に、お線香つけに行ったけど、子供達がちゃんと接客してねえ。
 焼香してる時も後ろできちっと正座して待っていて。
 本当に偉いと思ったよ〜。あとで子供達、誉めてあげてね」

と言われたのです!

「不在ですみませんでした〜。子供達、ちゃんと対応できたんだろうかって
 思っていて・・・」

マスターの神妙な顔つきは、実は子供達に感心したという顔だったんですね。
かなりホッとしました。

あの時は「ちゃんと不在の説明もしたの?」と長男に聞いたら、
「ちゃんと説明したよ」って言ってたので、まあよし、ぐらいに思ってたのです。

親のいないところで、子ども達がきちんと対応(行動)してくれてるって
とっても嬉しいなあ。

特に、勉強面とかではなく、挨拶や人への対応という側面でのできごとなので、
余計に嬉しく、そして、子ども達も着実に成長しているんだなあって思いました。

親の姿を見てるのだね。背筋、伸ばさないとな。



今日は母の誕生日。71歳おめでとう。
父と同い年なので、母の年齢で父が生きていたら何歳だったかを推し量る。

最近はようやく、父や震災の精神的ダメージが軽くなってきたようです。
寝込んでいたとかではないけど、気持ちの明るさが違うのよね。

愛する伴侶の死だけでも人生における大ダメージなのに、
そこに加えて未曾有の大震災だもんね。しかも短期間のうちに。
誰だってストレスたまりますよ。

でも母の年代の人達は「ストレスたまってます〜!!」とは表に出して言わない。
だから、よく見ててあげて、できる範囲で気分転換させたり、
役割を与えることで生活のメリハリをつけるようにしています。
じっとしているほうが身体にも悪いしね。

まだまだ元気でいてくださいね。
 
posted by しゃーしゃん at 18:14| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

次男、12歳になりました

6/8は次男12歳の誕生日でした。おめでとう〜♪

毎年のことながら、カシスムースのホールケーキをあわてて探し、
結局うまく調達できず、チョコレートケーキになってしまった。
来年はよさげなお店を見つけたから、早めに予約して作ってもらうね!

誕生日プレゼントは、今欲しいものが思いつかないということで、当日は何も渡さず。

物欲がないのは昔からなんだけど、「何もない」ってのは・・・。
震災によるPTSDか? 無関心とかも症状の1つだから、ちょっと不安になる。

と、これを書いていたら、テレビを見ていた次男が、
「3DSか、PSP欲しい〜〜!! でも高いから中古に出てきたら買ってもらう」
と言ってます。安心した(笑)

PSPとWiiの両方でシリーズ展開しているゲームソフトが気になってるらしく、
それにしようかな?と考えてるようです。

誕生日一週間位前から、急に声が低めになってきた次男。
口の周りの産毛も少し黒っぽく・・・。
大人の階段昇ってきたねえ。



誕生日の2日前に、家庭訪問がありました。

クラスでも何かあったらまず次男へ、というようにみんなに頼られている様子。
今年も代表委員に推薦されたらしいけど、ダブりではできない委員会に
入っていたためしなかったとか。
そして4年時は一年間代表委員だったと、初めて知りました。(遅)
友達との関係も良好だし、勉強も理解しているようだし。まずまずです。

担任の先生は、まだ次男の性格を掴みかねている感じ。

「この子は本当に何なんだろう? こういう子なのかなあ?
 ってまだよくわからないんですよねえ。飄々としていて。」

はい先生、当たりです!
次男は本当に飄々としているんですよ〜。
たぶん、それが年齢に似合ってないから、計りかねてるのだと思う。

次男は内側にいっぱいマイワールドが詰まっていて、
ちょっとつつけば、ドドッと出てくる。
でも、自ら先頭に立ったりはしない。頼めばしっかり責任持ってやる。
で、勉強はわかってるはずなのに、変なところでおっちょこちょいで間違ったりする。

先生も同様の認識だったので、そのとおりの子なんだよね。
これはこれで良いところなので、しばらく様子見てくださいませ。



Happy Birthday To You!!

小学校最後の一年、たくさんの思い出作ってね。


posted by しゃーしゃん at 23:59| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

次男、小学校最後の運動会

110528_0806~001.jpg110528_0806~001a.jpg110528_0806~002.jpg110528_0807~001.jpg110528_0807~002.jpg110528_0807~003.jpg110528_0808~001.jpg

5/28(土)は、次男の小学校運動会でした。

6年生だから、これで最後。うちの家族としても小学校行事は見納めです。
なんだか寂しいな〜。

台風が心配だったけど、曇りで始まり、途中小雨も降ったけど、
保護者たちは傘を差しながら応援しました。
子供達も、雨に濡れながらも半袖短パンで頑張りました!!

入場行進では、次男は日の丸を持つ係です。
来賓席を通る時には、日の丸を斜めにして見せるのだけど、
次男はしゃがむ位置にいたので、ちょっと歩きづらそうでした。

他学年の徒競走時には、3番になった子を得点係のところに連れていく係を
やってました。3番のゼッケンつけて、何度もフィールドとテントを往復してたな。

そして次男の徒競走の番!
同じ組には紅白リレーに選抜されためっちゃ早い子がいるので、1位は無理。
走れ、走れ〜〜!! ・・・4位でした。まあ、1位の子を抜かせば3位♪
でも、結構速く走ってたよ、うん。

団体競技としては、5〜6年生合同の「よさこいソーラン」。
実は次男の学年は、去年の運動会でもよさこいを踊ったんですよね。
だから、今年は組体操とかやってほしかったのですが、
震災で始業式もずれ、体育館も使えないという制限条件の中、
半月程度で運動会本番を迎えるというのは難しかったのだと思います。

6年生は5年生に踊りを教えてあげたそうで、本番ではみんなきりっとして
とってもかっこよかったよ!!
もちろん、次男は踊りがとってもうまく、メリハリもはっきりして、すごく上手でした!
写真撮影しながらだと、全体を見れないので、もう一回踊ってほしかったわ〜。

ちなみに長男誕生にあわせて買ったビデオカメラが、
卒業式の後についに壊れてしまいました。
次男の晴れ姿を撮影できないのか?!とあきらめていましたが、
そういえば昨年秋に自分へのご褒美に買ったデジカメに動画撮影機能が
ついていたことをひょんなことから思い出し、それで撮影できました♪

そのデジカメ、なぜか全く封を切らずにおいていたという・・・。
自分で欲しくて買ったはずなのに。
これを機に使い方を覚えて、持ち歩くようにしようかな。
季節もよくなるしね。カメラケース買おうっと。

本当は午前の部と午後の部に分かれていますが、雨が降っていたので
お昼を食べずにひたすら競技を続け、閉会式までやっちゃって、
それからお昼ご飯となりました。

その頃には雨があがり、そのまま校庭で食べることができました!
写真は今年のお弁当たちです〜。去年と似てるのはご愛嬌。
この他に、おにぎりも作りました。

なんだか作りすぎてしまうのよね、いつも。
でもたくさんおかずが広がってるのって、なんか嬉しいのよね。
去年までは父もいたので、その勢いで6人前くらい作ったかも。
いなりずしと煮物が多かったかな。煮物は作らなくてもよかったかも。

ということで、次男くん、よく頑張りました!!花丸です!
 
posted by しゃーしゃん at 21:16| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

次男授業参観&PTA総会

例年、小学校ではGW直前の土曜に授業参観とPTA総会がありますが、
今年は始業式が4/21でしたので、授業参観も遅くなって本日でした。

震災後、初の学校訪問。
体育館は被災して使えない状態。校内の階段2ヶ所のうち1ヶ所は使えない。
校舎は校庭から更に高台にあるのですが、校舎へ向かう階段と校舎の境目に
5cm程段差ができたような感じ。沈下したのか隆起したのか。
そこと繋がっている、一階の6年生教室の窓の外の土地が沈下しており、
ブルーシートが広範囲でかけられていました。
これじゃ何かあった時にサッシを開けて外へ出るのは無理そう。
でも、校舎内の廊下やクラスはわりと問題ないように見えました。

次男のクラスには、習字や桜のスケッチが貼られており、賑やかでした。
習字では本人の努力目標を書いたようで、次男は「責任」でした。
その言葉を更にみんな机に貼り付けてましたよ。

今日は算数で分数の掛け算を勉強。
途中で約分したほうが楽で間違いにくいということを学んでいました。
次男は最後のほうで黒板に回答を書いて説明してました。
「答えは4/1。整数にすると4です」はい、そのとおり。

それにしても授業中に何度もティッシュで鼻をかんでました〜。
今日は鼻炎アレルギーがひどいようです。集中できないんじゃないの?
薬飲んでいるんだけどね。

続いて、学年懇談会。2クラスの先生と保護者が集まります。
次男の担任は、長男が6年の時にお世話になったので、安心。

学年方針や学習内容等の説明があり、今年から学習指導要領ががらりと変わり
中学で習うことが降りてきたそうです。算数ではxとyが登場。
子供達はいずれ習うとしても、教師は教える範囲が広がって大変でしょうね。

そして一番気になる修学旅行の行き先は、やはり福島ではなく、
秋田・岩手方面を検討中とのこと。
例年、会津若松へ行くのですが、やはり原発と地震が心配という理由で
変更になってしまいました。

次男がとても行きたがっていたので、残念です・・・。
白虎隊の刀、欲しかっただろうな〜。

その後、音楽室でPTA総会。体育館が使えないと色々不便だな。
いつもは総会の後に懇談会なのですが、その逆だったので、ほとんど不参加。
約60名程の出席者で、そのうち半分近くが先生達という状況(苦笑)

でもね、この時に教職員の紹介があるし、地震の話も聞きたかったから参加したよ。
地震の話はほとんどされませんでしたけど。
中学校の先生が保護者としていらして、久しぶりにご挨拶して長男の話もできた。

校長先生は4月から赴任ですが、優しそうで良い感じ。
元気な女性の教頭先生と良いコンビだと思う。
先生方もみんなにこにこ楽しそうで、良い雰囲気の職員室という印象でした。

校長先生の挨拶で、始業式にした話を教えてくれた。

「今回の震災で、みんなは3つのことを学びました。
 我慢する心、助け合う心、当たり前のことが本当に幸せなんだと思う心」

うん、そうなんだよね。いいこというね、校長先生!
そう、よく我慢したよ〜、子供達!
 
歩いて帰っていたら、同じ地区のお母さんが車に乗せてくれた。
上のお子さんが中1なので、色々準備大変だったのではと話を振ったら、
制服が届くまでが大変だったそうだ。

できあがった制服がちょうど配送センターにあり、そこが3.11に津波でやられたそう。
ヘドロで汚れたり、流されてなくなったりしたため、制服はもちろん作り直し。
縫製する会社は大丈夫だったらしく、でもいつ仕上がるのか連絡もなかなか来なくて
やっとできたのが入学式の4日前だったそうです。(入学式は4/21)
ダメだったら先に買っていた体操着で入学式かしら、と心配していたらしく、
本当に間に合ってよかったね〜と話したのでした。

このところ、どこへ行っても、誰と話しても、地震の被害の話だなあ。
聞けば聞くほど、「そんなこともあったのね」と興味深い。
というわけで、私のブログも地震話はしばらく続きます。

今夜は大学時代の友人達と飲み会なので、楽しみです。
そこでも地震話、してくるよ〜

posted by しゃーしゃん at 14:31| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

長男入学式&次男始業式

4/21(木)は、長男高校入学式&次男始業式でした。
やっと新しい学年がスタートします。

震災がなければ2週間前の予定だったのですが、そのお陰(?)で
桜が満開の時期に入学式という、仙台では珍しい体験をしました。

夫も私も仕事を休み、長男と3人で出席。
入学式というより、入学許可式ですね。
合格通知書だけではダメなんだなあ〜。
「入学を許可する」とここで言われて初めてここの生徒になれる。

いや〜、長男君、本当におめでとう。
部活も勉強も真剣に取り組んで、良い仲間も作って、
一生忘れられない高校生活を送ってほしい。

入学前にたくさん課題が出されていて、予習も必要で、
「本当にやっていけるのかな」と弱気モードな長男でしたが、
みんな同じだから大丈夫。

今日は早速実力テストがあったみたいです。
初めての自転車→電車→バスという通学経路にも慣れてもらわないと。
震災でストップしていたJR在来線の復旧が通学開始に間に合って本当に良かった!
泉方面の地下鉄組はまだしばらく大変だろうなあ・・・。

母は当面毎日お弁当作りをしなければなりません。
先輩優先で、一年生は食堂が使えないみたいなので(笑)
でも私がくじけたら、パンとかおにぎりとかコンビニでとかになりそうだ。

次男も久しぶりの学校で楽しかったみたい。
もう最上級生の小6です。早いわ〜。

担任の先生は、長男が小6の時にお世話になった女の先生。
サバサバしていて好きな先生なのでよかったわ♪

でも小学校は、体育館や学校そのものに結構な被害があったようで、
体育館は当面利用できないそうです。
学校内の階段も一部利用禁止だったりする。
元々が古い学校なだけに仕方ないか。(だって私がいたんですもの)

早く、子供達が安全に制限なく学校生活を送れますように。
6年生は修学旅行があるのだけど、福島方面なのですよ。
今後どうなるかなあ。思い出作りができますように。

それから給食センターも被害が大きく、2ヶ月程簡易給食になるそうです。
牛乳とご飯またはパンという感じ。
不足する場合は補助食を持参してねとのこと。
育ち盛りには厳しい内容なので、長男のお弁当作りもあることだし、
おかずのみのお弁当を次男にも持たせることにします。

色々と困難を抱えたままの新学年、新学期のスタートだけど、
元気な子供達のパワーできっと乗り越えていくに違いない!
保護者としても最大限に協力していきたいと思います。

 
posted by しゃーしゃん at 17:49| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

長男、第一希望合格!!

長男が無事に第一希望の公立高校に合格しました!!

受験当日も地震にあったのに、よく頑張ったね。本当におめでとう。
これで4月からの進路が定まり、安心しました。

本来は3/15に合格発表でしたが、大震災の影響により、
本日3/23 15時からの発表となりました。

私も旦那も午後休暇を取って、一旦家に戻り、貴重なガソリンを使って
家族総出で受験校へ合格発表を見に行ったわけです。
最初は私、旦那、長男だけのつもりでしたが、大きめの余震が頻発してるため
次男と母だけを残すことはやめて、家族全員でGO!となりました。

発表場所に到着しただけで、私も相当ドキドキ。
先に、入学説明会や入学式の予定が書いてあったので、
手帳に書き写しておきました。
書いておくことで、「実現する予定」となってほしいから。

合格者名簿を貼ったボードが設置され、15時直前にカウントダウンが始まり、
15時ちょうどに目隠しの紙がはずされました。

もう、すぐに長男は受験番号を見つけました!!

「合格した!良かった!!」
「わ〜良かったね〜!!おめでとう!!」
4人で自然と円陣を組んで喜びをわかちあいましたよ。
(母は車の中で待機)

本当に嬉しくてちょっと涙目になっちゃいました。

おじいさんの死を乗り越え、受験当日の地震にもめげず、
そしてこの東日本大震災に遭っても生き長らえた長男。

あなたにはまだやることがあるのです。
高校生活を通じて、色々なことを学びなさい。

今朝、自分が引いたカードは「天のタイミング」でした。
そして通勤中に見たナンバープレートが「1111」。
どちらにも共通するメッセージは、「開かれた扉」です。

今日、長男は、人生の扉を自分の力で開いたんだね。
素晴らしいです。おめでとう。
この嬉しさを忘れずにいてください。

4/5に入学説明会がありますが、課題をたくさん出されており、
その日までに終わらせないといけないそう。
長男は早速高校生としての勉学の厳しさの洗礼を受けております(笑)
でも、被災生活に張り合いが出て、いいんじゃないかな。
「大変だな〜」と言いつつ、嬉しそうですので。

帰り道に、開いていたすき家で牛丼(並)を買い、
31アイスも買い、ささやかながらお祝いパーティーを致しました。

「誕生日も合格祝いもお祝いのケーキ準備できなかったね」と言ったら、
「どんなケーキよりもこのアイスが一番美味しい」と長男は言ってくれました。
そしてみんな胃が小さくなったためか、牛丼(並)を食べてる途中でお腹一杯になりました。
あ、でも全部食べましたけどね。長男は二杯食べましたけどね。(笑)

通学用の自転車とか、カバンとか、洋服とか、色々揃えなくちゃ。
4月にはデパートや百貨店でそのような物が手に入るといいな。

本当に本当に、長男よ、おめでとう。
posted by しゃーしゃん at 22:36| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

長男、中学卒業おめでとう

さて、そろそろ普通に記事を書く余裕が出てきました。

父の記事は一旦中断となります。
本当は記憶が薄れないうちに時系列に書きたいんだけどな。

どうしても今は東日本大震災のことを書かねばならないでしょうね。
でもその前に、やっぱり長男のビッグイベントのことを書かせてください。

3月11日。
この日は長男の通う中学校の卒業式でした。
公立高受験の2日後です。合否発表の前に卒業です。

私は前日まで秋田に出張。この日のために帰ってまいりました。
私も夫も休暇を取って、ビデオとデジカメの準備をして学校へ向かいました。
二人ともちょっぴりおめかし。
私は喪服の上着と高校同窓会時に来た半袖ワンピースを組み合わせて、
コサージュをつけてそれなりな仕上がりに。

体育館の入り口で受付をした際に、長男直筆の手紙が入った封筒を手渡されました。
何でしょう、この演出は!! 中身読む前なのに既にうるうるしてしまうじゃないか!

3年生が入場するまでだいぶ時間があります。
横では1、2年生が送る歌や校歌を練習しており、ムードが高まります。

卒業生の男子は向かって右側、女子は左側で、保護者もその後ろに座ります。
クラスごとのようでそうではないんだなあ。

来賓の方々が入ってきました。各学校の校長、町内会長、民生委員等。
もし父が生きていたら、民生委員として出席して長男の晴れ姿を見ただろうに。
入学式の時はしっかり晴れ姿を見ることができたよね。
父の後任者の方、しっかり父の代わりに見てくださいね。心の中でお願いする私。

いよいよ卒業生入場。男子と女子がペアになって入場です。
長男は1組の最初のほうなので、すぐにビデオに収めます。
制服、週末に気づいてクリーニング出しておいてよかったよ・・・。

全員で君が代斉唱。確か私のラッキーサウンドは君が代。ちゃんと歌ったよ〜

そして、卒業証書授与。
夫はビデオ、私はデジカメ担当。でもズームしすぎでぼやけてブレちゃった。
本音を言うと、大事なシーンはファインダー越しに見たくない私です。
でも記録に残したいので致し方なし。

長男は立派な姿勢でしっかりと証書を受け取りましたよ。

高校や大学と違い、一人ずつ授与するので、全部終わるまで長い。
うちは本当に最初のほうなので、あとはずっと成長した子供たちの姿を眺めてました。

在校生の送辞と送る歌が終わり、卒業生代表の生徒会長から答辞。
とってもとっても素晴らしい答辞でした。
ずいぶん長い答辞だったけど、どの言葉も心から溢れ出ていることが伝わって、
途中、涙を流しながらの場面もあり・・・。
それを聞いてる卒業生、男子も女子も泣いていました。もちろん保護者もホロリ。

みんなみんな、素敵な子供たちだね!
本当に素直で、人の心がわかる、立派な中学三年生になったね。

答辞が終わると、3年生全員がステージ側に並び、「エール」を歌ってくれました。
でもみんな涙、涙でうまく声が出ない。それでも一生懸命、伝わってきました。

厳かで穏やかな中で無事に式が終了。

教室に戻って、最後のホームルームを親も見学します。
担任の先生からの最後の言葉がとっても胸に沁みます。
子供たちの心にもきっと深く届いたことと思います。

先生方、3年間長男がお世話になりました。本当にありがとうございました。

その後体育館へまた戻り、クラスごとに親も入って写真撮影。
自分のクラスの番になる前に、長男と仲良しな友達(三人組)と一緒にスナップ撮影。
あとで焼き増しして送ろうね。
そういえば、長男と一緒に自分も夫も写真撮ってない・・・。
卒業式の立て看板と一緒に撮ることもせず終わった。ていうか忘れてた。

帰る時間になり、私と夫は車で待機。
長男は科学部の仲間達(全員で5人)と校門前でずっとおしゃべりして楽しそう。

14時にようやく帰宅。9時頃からだったので結構長かったです。
そして、長男よ。中学校卒業おめでとう。義務教育も終わりだね。

遅い昼ご飯の前に、長男からの手紙をようやっと読んだ。
そこには長男らしい言葉で、感謝の気持ちと未来への決意が書いてあった。
長男に「手紙ありがとう」とお礼を言ったよ。涙よりも嬉しさのほうが強かった。

昼食を終え、やっと一息。
近所のお母さんから卒業おめでとうメールが入っていたから返信しなきゃ。
夜はみんなでお祝いの外食にしようか?

二階の部屋で、長男はパソコンを開き、私はソファに腰掛け、夫はテレビに向かって座っていた。
ゆっくりしたひと時がこれから訪れようとしたその時。

14時46分。突然、世界が動き出した。

***
  
明日からようやく出社するので、地震記事はできる範囲でアップしますね。

posted by しゃーしゃん at 20:34| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

長男、祝合格!(私立編)

先週、長男が受験した私立高校の合格発表が本日ありました。

タイトル通り、無事合格いたしました〜\(^o^)/

合格発表は学校に掲示される他に、ネットで合否確認ができました。
15時発表にあわせてホームページにアクセスし、受験番号と生年月日を入力。
「合格」の赤い文字が目に飛び込んできて、嬉しかったです!

仕事そっちのけでアクセスしてましたが、許してね(^-^;
本人より母が一番に結果を知ったのでした。

あとは自宅に郵送される合格通知を待ち、一次金を支払うのみ。
滑り止めとはいえ、5万も納入するのは痛いなあ〜。

長男も祖父との別れをうまく切り替えて頑張ったね。
まずはお疲れ様でした。
少しゆっくりして欲しいです。
そして来月の本命公立に向けて勢いつけて頑張ってください!
posted by しゃーしゃん at 23:58| 宮城 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

長男は頑張り屋さん。そして次男も・・・

今週は月・木と父の通院のために休みを取ってますが、全く自分は休めてません(汗)
仕事もその分詰まって忙しく大変でした。
今日は体を休めないと〜。今日引いたカードはBODY CAREだし(笑)
父の車のタイヤ交換したら、美容院でリフレッシュしてきます☆

仙台は昨日初雪だったようです。(出張してたから降ったところは見てないけど)
今朝もうっすら屋根に積もりました。路面は若干凍結気味。
パンジーにも雪が。

101216_0708~001.jpg



さて、先週土曜は長男の授業参観でした。

数学で、二次関数のグラフ、そして連立二次方程式を勉強してました。
あのU字形の放物線、久しぶりに見た〜!
交点、切片、代入法などの言葉も懐かしい。

長男も含めた数人の生徒達は、活発になごやかに発言してました。
挙手はせずに先生の問いかけにそのまま答えて、授業が進んでいくという感じ。

ちょっと余った時間で立方体に関する応用問題を解いてましたが、
イメージできないとなかなか難しい。
1*1*1の立方体をAとして、3*3*3の立方体は何個のAからできてるか。
1面だけに色が塗られたAはいくつあるか。では3面は?全く塗られないのは?など。

図形っていうのはイメージできる頭が必要ですね。

鐘が鳴って授業終了すると、長男のところに答え合わせをしに来た生徒が
二人程いました。頼りにされてるね!長男くん(^o^)



その長男ですが、秋頃に受けた英検と漢検に見事合格しました!

英検は、中卒程度の実力が求められる3級です。
初めて面接試験があり、緊張していたようですが、
渡された問題内容とは全く異なる質問をされても、なんとか答えたようです。

そして、漢検はなんと2級合格!もちろん初挑戦。
中卒程度の3級は既に持っており、高校在学程度の準2級は受けず、
飛び越しで勝負したようです。勉強しててイケルって思ったそうです。
高校卒業・大学・一般程度で、常用漢字が読み書き活用できるレベルだって。

101216_1301~001.jpg

すごいぞ〜、長男!!
次は夫と一緒に難関の漢検準1級を目指してくださいませ。
母さんはパソコンばかりで漢字かけなくなってきたよ・・・。

漢字検定の各級の程度と出題内容はこちら。
http://www.kanken.or.jp/teido/index.html
英検の試験内容はこちら。
http://www.eiken.or.jp/exam/index.html



月曜には私立高校の受験料を納めてきました。
いよいよだなあ〜と親子ともども身が引き締まる。

それにしても受験料14000円は高い。2校受ける人はもっとかかるね。

そうそう、この日に次男を歯医者に連れて行き、写真の器具を入手。
(鉛筆の上で支えて撮影)

101216_1302~001.jpg

以前、上顎前突(じょうがくぜんとつ)と診断され、上あごが下あごより前に出ている状態です。
絶対に治療が必要というわけではないが、咬み合わせに影響が出そうだったので
上記器具を一年程装着して改善を試みるということにしました。
その結果、更に矯正が必要かは考えると。

歯列矯正とは異なり、器具は取り外し可能です。
逆に言えば、自分が意識してどれだけ長い時間装着できるかで結果が変わります。
学校と食事以外ではできるだけつけるように、とのこと。

下あごを前に引っ張り、同時に上顎を押し込むみたいな状況になるらしい。
やはりいくらかは痛いようです。

でも次男は頑張って、2日目夜からは就寝中も朝まではずさずにできてます。

支払いの時に諭吉を何枚も目の前で出したから、きちんとやらなきゃってことを
わかってくれたようです。「え?まだ出すの?」って言われたので。
はあ〜、必要経費とはいえ、矯正器具は高いっす。

というわけで、二人ともますます頑張れ〜!!
posted by しゃーしゃん at 14:15| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

次男授業参観と壊れたランドセルの話

一週間も記事書きませんでした。お久しぶりです。

月〜水と泊まりで出張、木は飲み会、金は疲れが出て書けず。
ツイッターではつぶやいてましたけどね。
つぶやくとブログ書いた気になっちゃうのが良くないかな。

無料リーディング申込くださった皆様、ありがとうございます。
そして予想外にお待たせしておりますが、順次お返事してますので
もう少しお待ちください。

それにしてもリーディングってエネルギー使いますね。
もっとやろうと思ってもパタリと疲れて寝てしまいます。
なので大量生産的なことは無理のようです。



さて、一週間前に次男の授業参観がありました。

週に一度の英語の授業。今回は時間割を使ったレッスン。
国語、算数、家庭科、体育などを英語で覚えて、
「I study math」というように文章を話します。
もちろん筆記はせず口頭だけですけど。

家庭科をHome Economics というのねえ〜。ふ〜ん。

一通りしゃべって頭に入れた後は、二人一組になって
いつもの時間割をゲーム盤に見立てて、ゲームをします。
じゃんけんで勝った人がグー・チョキ・パーに応じたマス目分、
時間割の上を進んでいき、最後のマスの授業に丸をつけます。
それを何度か繰り返します。

次に、先生が点数を書いたルーレットを回して、
各教科の点数(1〜3)を決めていきます。
もう、これで子供達大騒ぎ!!(笑)

「Ready go!!」で先生がルーレットを回す。
相手の取った教科の場合、「イチ、イチ!」
自分の取った教科の場合、「サン、サン!」と大合唱。
先生も「イチ、ニ、サンじゃなくてone,two,threeだよ〜」と声がけ(英語でね)

全部の点数が出揃ったら、自分が丸つけた教科で計算。
じゃんけんに勝っただけで決まりじゃないから面白い。
非常に子供達盛り上がってました〜(^o^)



その後の懇談会で、9月に行った花山合宿での話を聞きました。

夕食にドリンクバーがあったそうです。
そこで、いつも付き添ってる写真屋さんが、
「ここの学校の子供達はみんな行儀いいね」と先生に言ったそうです。
「何でですか?」
「だって飲み物を混ぜてないもの」

確かにみんな普通に飲んでたらしいです。
写真屋さんのような外部の方が見るとチェックするところが違いますね。

でも、二日目の夕食では、他校の子供の真似をしたようで、
混ぜる子続出だったようです。
先生が見つけ次第、取り上げてたようですが。

はい、次男に聞いたら、自分もメロンソーダとオレンジジュースだかを混ぜて、
先生に取られちゃったらしいです(^。^;)



その次男ですが、先日の木曜に仕事中に電話をしてきました。

「あのさ〜、ランドセルの肩のところが・・・」
「壊れたの?」
「うん」
「とりあえずおにいちゃんのランドセル使ってね」

実は長男も同じ頃にランドセル壊れたので、驚きはしませんでした。
その時の記事はこちら

こんな感じで壊れた。背負うとしたら壊れたって。
多分もう一方みたいに亀裂入ってたんじゃないのかな。

101212_1118~001.jpg

もちろん次男の保証書もきちんと保管済み。
本日購入先のイオンに修理依頼してきました。
混んでるから受け渡しは年明けかもとのこと。
イオンはレンタルランドセルなしでした。長男のがあって良かった。



長男の授業参観の話も書こうと思いましたが、
長くなったので次回。
posted by しゃーしゃん at 21:07| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

勤労感謝、子供達に感謝(^ー^)

月曜夜に親戚に不幸があり、昨日はバタバタして祝日モードはどこへやらでした。

夕食も20時過ぎと遅く、自分の部屋で一息ついたら21:30頃。
やっと手に入れたボジョレーを飲むにはもう遅い時間。あーあ。

と、そこへかしこまった息子二人登場。
手には一枚の紙を持ってます。

101123_2200~001.jpg

「今日は勤労感謝の日だから、二人で作ったんだ。お父さん、お母さんいつもありがとう」

写真がその二人の力作です。
上半分の絵は長男が描きました。
夫と私が会社で働く姿をかっこよく描いてくれてます。
二人とも職場に来たことなんてないけどね。
私はパソコンに向かってる(笑)

下半分は次男が書きました。文章も次男が考えたんだって。



お父さんやお母さんが働いてくれているおかげで、
ぼくたちはご飯やおやつを食べたり、勉強をしたり遊んだりできます。
それは、おじいさんやおばあさん、お父さんやお母さんだっていっしょです。
ぼくたちもいつかは働けるようになるでしょう。
しかし、どちらも働けるようになるには、早くても10年ほどかかります。
ぼくたちが働けるようになるまで、仕事をがんばって、家族を支えてください。
よろしくお願いします。



そして大きなオレンジ色の文字で「勤労感謝!!!」。

疲れた一日の終わりに、本当に素敵なプレゼントをもらって、感謝感激です!
何度も「ありがとう」を伝えたけど、本当に「ありがとう」しか出てこない。
本当に嬉しいことです。

長男は月・水と期末試験なのに、時間を割いてくれたんだね。ありがとう。
次男は字を丁寧に書けるようになってきた。よくこんな文章考えたね。ありがとう。

君達が就職する頃、世の中はどうなっているだろうね。
君達の未来のためにも、今、大人達は正しい選択と勤勉に努めなければいけないね。

さあ、今日からまた頑張らなくちゃ!



101123_1626~001.jpg
101123_1628~001.jpg

二枚の写真は昨日の夕焼けです。本当に綺麗でした。
やはり携帯カメラじゃ伝わりにくいな〜
 
posted by しゃーしゃん at 09:55| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

次男、学習発表会で頑張る

101023_1659~001.jpg101023_1730~001.jpg
今日は満月ですね。

携帯で月の写真を撮影したのですが、やはりしょぼい。
明るいほうは17時頃、暗いほうは17時半頃。

今日の輝きはとても強いです!久々に晴れた空に輝いてます。

新月の祈りを振り返って、満月に感謝しましょう。
そして私は満月パーティーを楽しみます♪
石達も月光浴させて浄化しよう〜。

そして22時からはこちらもどうぞ★

☆満月の一斉地球ヒーリング♪☆
http://mitsubasp.blog109.fc2.com/blog-entry-149.html



今日は次男の学習発表会でした。

各学年とも、先生の苦労がしのばれる中身の濃い、完成度の高い内容ばかりでした。

次男は5年生なので、メイン照明の係も頑張ってました。
普通は学年ごとに発表が終わったら帰宅するのですが、最初から最後まで光を操ってました(^O^)

5年生の出し物は、合奏と合唱です。

1曲目「ゲゲゲの鬼太郎」

 色々なお化けをイラストを利用しながら、演奏前に説明。
 リコーダーと鍵盤ハーモニカで演奏。次男は鍵盤ハーモニカ。

2曲目「ありがとう」

 ゲゲゲの女房のオープニング曲のいきものがかりの歌らしいです。
 (そのドラマ見てないので曲がわからず・・・)
 三部合唱で綺麗に響いてました。

 あとで次男に聞いたら、自分の右斜め後ろと左斜め後ろの子の音程が狂っていて、
 自分の音程がよくわからなくなってしまった、と悔いを残してました(^^;

3曲目「踊る大捜査線」ハイライト

 踊る〜のタイトルと共によく流れる「Rhythm & Police」、
 捜査に熱中してる時などによく流れる「CX」、(チャッチャララ〜チャラチャ〜ラ♪)
 エンディング曲だった「Love Somebody」のメドレー。

 テインパニ、大太鼓、小太鼓、鉄琴、木琴、ピアノ、アコーディオン、タンバリン、
 ボンゴ、リコーダー、鍵盤ハーモニカと楽器もたくさん勢ぞろい。

 次男は一番前でイスに座り、アコーディオンを弾いてました。
 なかなかな腕前です。ジャバラを閉じたり膨らませたり、演奏する姿も格好いい。

 演奏が終わると、めったにないことですが、会場から「アンコール」の声が!!
 次男の顔に驚きと嬉しさが入り混じった笑みが浮かびました。

 もちろん、踊るメドレーを再度演奏! みんなリラックスしていい調子!
 「Love〜」になったら会場から手拍子が入り、
 これまた次男が最初はびっくり、でもすぐ楽しそうにニコニコ顔で演奏を続けました♪

うん、本当にみんなの力があわさったいい演奏でした。

最後の6年生の出し物は「キャッツ」の小学校バージョン。
これがメイクは本格的だわ、演奏は生で子供達がするわ(エレキギター、ベース、ドラム等)、
「メモリー」独唱するわで、すごかったです!!
一学期から準備してきたらしく、やはりそうでしょう!な出来栄えでした。

次男もいよいよ来年は6年生、最後になります。
今年の6年生に負けない素敵な発表を楽しみにしましょう〜。



ついでですが、昨日は長男の中学で合唱コンクールでした。
仕事なので見に行ったことないんです。七ヶ浜の国際ホールだったかな。

中3の課題曲「いざたて戦人よ」、自由曲「信じる」(詩:谷川俊太郎、曲:松下耕)

そしてなんと長男のクラスが最優秀賞をゲット!!すご〜い!
本当にクラスで団結した結果だよね。よかったよかった。

いざたては夫テナー、私ソプラノ、長男ベースが揃った。アルトいないなあ。次男か?!
 
posted by しゃーしゃん at 20:23| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

次男の日記より

先月、父が救急車で運ばれた日のことを、次男が日記に書いていた。

その時の詳細はこちら。
http://shashan.seesaa.net/article/164056152.html

次男は「自分学習」という名前の宿題を毎日やってます。
方眼紙ノート2ページを使い、日記と計算問題、あとは各自お好みで、だったかな。
次男は漢字の意味調べなどと、最近は世界地図を一生懸命書いてます。
今日はちゃんと書いたか、夫ができるだけチェックをするので、
日記も秘密じゃなくてオープンです。

さて、その日次男が学校から帰宅した時には、父も病院から帰り、
ほとんどすべての出来事が終了した状態でした。

なので、さらっとしか次男には説明しなかったんですけど・・・
次男の日記にはこう書いてありました。



今日はお母さんがぼくより早く帰っていた。
おじいさんがろう下でたおれていたらしい。
原因はべんぴで、救急車をよんだらしい。
今もまだおじいさんはべんぴだ。



先生からのコメント 「はやく良くなるといいね」



そっか〜、確かにすべて事実ですけど、次男が捉えるとこうなっちゃうんだね(^。^;)
先生、どう思ってこのコメント書いたんだろう(笑)

次男にとっては私が早い時間に家にいること自体が、普通じゃないんですよね。
いつも20時近くとか、ひどけりゃ22時とかですもの。

さて、次男は他にもこんな日記を書いてましたよ。



今日の帰り、ちょっとした雨がふっていたが、
家につくころには晴れて天気雨のようになっていた。
空を見ると、見た事ないくらい大きなにじがあった。



私もその虹、見たかったなあ。
 
posted by しゃーしゃん at 00:04| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

次男の涙

ある日曜の夕方。

ふと見ると、次男が机に向かって原稿用紙2枚を広げている。
どうやら読書感想文を書こうとしていたらしい。

「これって明日までの宿題?金曜に出されたの?」

こくりとうなずく次男。

「土日で本を読んで、感想文まで書く宿題なの?」

こくり。

「それでどの本を読んだの?」

差し出したその本は3cmほどの厚さ。

「え?これ全部読んだの?土日で読んてたところ見てないけど」

「読んでたよ〜。ここまで。」

5分の1程しか読んでない。

「これで感想かけるの?本の感想って最後まで読まないと書けないと思うんだけど」
「本当に大丈夫なの?書けるの?」
「土日でもっと頑張って全部読むようにしなきゃいけなかったんじゃないの?」
「怒らないから、自分でどうするつもりだったのか話してみて」

夫は外出中であり、帰宅してこの状況を見たらまた怒り出すだろうなと思って、
私が先に状況打破をしようと思い、あえて叱り役を買って出たのだった。

しかし、普段受け止め役・緩衝役なので、いかんせん自分の思う方向に向けて
次男を誘導できず、ただ単なる問い詰めになっていることが、言葉を発している時点でわかる。
ああ、でも発した言葉を削除することはできず、心中むなしい思いで次男に語りかける。

黙りこくった次男の目から、涙がぽろぽろと。

「泣かなくていいんだよ〜。」うわ〜、やっぱり泣いてしまった。

右往左往していると、夫が帰宅した。

「ただいま〜」

「お父さん、お帰りなさ〜い」と意外にはっきり大声で話す次男。
まるで拷問の場から逃れようとしたかのよう。

夕食の支度もあるし、もうなるようになれと後は夫の反応に託すことに。

「なんだこれ?書かなくちゃならないの?・・・」 なんだか夫の声は明るかった。

夕食ができて、次男も食卓に。
いつもゆっくり最後まで残って食べてる次男だが、この時は違った。
「早く食べ終わらないと」という気合が感じられ、珍しく次々とたいらげていった。
大根・人参・豚肉の煮物もツユまでしっかり飲み干した。普段ならしない〜

すぐに部屋に戻り、続きに取り掛かる。夫は見張り役で一緒にいる。
どうやら更に読書させて、書かせたようだった。
本は小さな話の寄せ集めだったらしい。どうりで全部読まなくても書けるわけだ。

次男は無事に書き終わり、いつもとほぼ変わらぬ時間に就寝。
夫に聞いたが、ほとんどあらすじを書き、最後に「面白かったです」と締めたらしい。
まあ、追い立てられながら書いたのだし、仕方ないよね〜。

私としては次男との間の心の溝が埋まらないまま、次の日に。

会社でもふと思い出し、もっと謝ったほうがいいんだろうかなど自問自答。
でも、もうこの話題を出すのはやめよう、そして私は叱り役はもうやらない、
いつもどおりに次男に接しようと誓ったのでした。

帰宅後、次男は明るく元気な様子。ほっとした。

私がPCに向かっていると、次男が後ろに来て、私の髪の毛を触りだした。

(あ、もう大丈夫)とその時思いました。氷が解けた感覚です。

本をあまり読まない次男ですが、そのうち読むようになるでしょう。
私は温かく長い目で見守ることにします。
そして、受け止め役、緩衝役に徹することにします。
 
posted by しゃーしゃん at 00:00| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

次男、花山へ

100905_1651~001.jpg

今日から次男は、花山で二泊三日の合宿です。

山が崩れた栗駒の大地震から復旧して、今年からまた自然の家が使えるようになりました。

今朝は残念ながら雨降り。荷物が重いので、車で学校まで送ってあげました。

長男の時は送迎なんて一切しなかったよ〜。
他のお母さん達は見送りにお出迎えをしてますが、私には無理です。
非情な母かしら(^_^;)

しかし、一人で黙々と学校まで歩き、黙々と家まで帰る。
文句ひとつ言わない、そんな子供達です。
現に、今朝も次男は雨だろうが歩いていくつもり満々でしたから(^_^;)

今日は一日弱い雨が続くみたいですね。
オリエンテーリングと野外炊飯があるそうです。なんとかできるでしょう。

明日は明け方まで雨だけど、あとは晴れ後曇り。
沢登りとキャンプファイヤーは大丈夫そうだね!

土曜日は焼き板作りに挑戦。曇りみたいです。

学校解散が16時だから迎えに行く予定です。土曜日だしね。

楽しく安全に、素敵な思い出を作れますように♪



写真は近所の田んぼ。金色の実り。
 
posted by しゃーしゃん at 12:32| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

デジタルオーディオプレーヤー

100910_2015~001.jpg

長男がベネッセの通信教育で課題をこなしていった結果、
ポイントが300点まで溜まりました。

それを利用して交換したのが、写真の品物です。
VictorのAlneo デジタルオーディオプレーヤーです。2GB。

ポイントなんて気にしてないのかな〜と思っていたら、
これが欲しかったみたいで、頑張ってたようです。

この手の商品はうちで誰も持ってないので、
機能とか容量とかが標準と比べてどうかはわからないけど、
中学生が初めて持つならちょうどいいかもしれないですね。

早速、WindowsMediaPlayerと連動して、好きなCDから
クラシックをたくさんダウンロードしてましたよ♪

良かったね、長男(^O^)
友達はiPodとか当たり前に持ってるみたいだから、追いついたかな。

それにしても、ポイント交換の品も様変わりですね〜。
私の時代はどんなものと交換したっけ?
一番すごいのがラジカセとかだったかなあ?
 
posted by しゃーしゃん at 23:52| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

中学校の体育祭でした

昨日は、長男の中学校の体育祭でした。義務教育最後の運動会です。

前日の残念会の酒と気持ちを引きずってる暇はない!
5時起きでお弁当を作り、保体委員なので8時半に学校へ集合。

PTA参加種目のリレーと玉入れを取り仕切りながら、
長男の参加競技を見て、写真撮影もしなければならない・・・ムムム。

今年のテーマは「迸る太陽の祭典」です。 → ほとばしる と読みます。

赤軍、青軍、白軍で競いますが、このテーマにあわせて各軍とも
チームテーマを決めて、シンボルの絵を作成し、一丸となります。

100904_0851~001.jpg

100904_1138~001.jpg

長男は赤軍です。写真は赤軍の絵で、「煌紅炎舞」と造語が添えられています。
(上は遠くから見た様子、下は近くで見た様子)

この絵は、長男を含む5名で書いたそうです。
準備期間は一週間で、テーマから構想を得て、下絵、塗り、仕上げとよく頑張りました。
炎の中でライオンが勇ましく立っています。
長男はライオンとその炎をメインで担当。なかなか上手です!!

さて私は、リレーと玉入れの参加者に声がけをして、体調不良の人がいないかチェックします。
暑さで倒れても困りますので。

参加者を集めるのが大変だったのよ〜。
募集時に申し込みしてくれた方で、全く顔を知らない人を探すのが大変。
そうでなくても、みんな子供の姿を撮影するために、校庭のいたるところに散らばって。
なんとか全員チェックしてOK。リレーも玉入れも午前中のため、すぐに誘導です。

リレーは1年生オールメンバーリレーへの参加でしたが、
お父さんもお母さんもみんな本気で走ったので2位に。体力ありますね!
玉入れは地区対抗で、うちの地区がビリ(^^; でも楽しんでましたよ。
準備した粗品も渡して無事終了〜。

は〜、これで長男の競技に集中できます♪ 保体委員の仕事もこれで全部終わり。

学年全体の競技を1つ見逃したけど、全校あげての踊り、組体操、部活動対抗障害物競走、
オールメンバーリレー、カラー別応援合戦、つな引きを見ることができました。
応援合戦が毎回楽しみで、応援団長はライオンキング(赤)、ゼウス(白)、海賊王(青)に扮してました。
自分達で振り付け、歌を考え、衣装や小物を作って、本当によくやるなあって感動。

とっても暑くて、日焼けしましたが、最高の体育祭でした。赤軍は負け。
これで長男は9年連続負け。1728分の1の確率だそうです。(計算してた)

9時〜15時まで競技で、その後カラーごとに反省会をして、帰宅したのが18時頃。
本当にお疲れ様でした。
posted by しゃーしゃん at 13:19| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

長男の見た風景

100831_2205~001.jpg

だいぶ前になりますが、長男が修学旅行先で撮影した写真の一部です。

デジカメなんて持たせませんので、使い捨てカメラでの撮影。
1つ持たせましたが、やはり足りずに現地でもう1つ購入したようです。

デジカメではないので、カメラ屋さんで現像するまで何が写っているかわかりません。
現像したところ、店員さんが平謝りで現れた。
なぜかネガを本来切ってはいけない場所で切ってしまったらしく、
一枚分が半端なものになってしまいました。
その写真は、竹林を写したもので、多少切れても問題なかったのでOKってことで。

できた写真を見ると、長男が何に感動し、何を見つめていたのかがよくわかります。
この写真は、たけのこが生えてるワンシーンと、竹林を見上げて撮った一枚。
中学生にしては、なかなかだと思いませんか?

他の子はそうじゃないだろうな〜と思うのが、友達同士の写真が極端に少ないこと!
竹林とか、神社とか、たけのことか、抹茶セットとか、好きな電車の横顔とか正面とか(笑)

でもそれがやっぱり、わが子だわ〜と思うのです。
私も人物よりも気になる風景にフォーカスしてしまいます。

そういえば、先週あたりから急に自分専用デジカメ(薄いやつ)が欲しくなってます。
家にデジカメはあるのですが、通勤用のバッグに入れておくにはちょっと厚みがあり重い。

空や雲や月などのいい感じを撮影したくても、携帯カメラでは限界があり、
最近とみにはがゆく思っています。

誰も使わないのだから、今あるデジカメ使えば問題は解決するのですがね・・・。

しばらく悩むことにします。ボーナスのご褒美でもいいかしら?
 
posted by しゃーしゃん at 23:57| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

次男トランクスデビュー

100727_2116~001.jpg

いつの間にか、仙台は七夕祭りの時期になりました。やっぱり七夕は8月!

今日は前夜祭で大花火大会がありますが、私は仕事で行けません。

明日から3日間、観光客で賑わうのでしょうね〜。
仙台は今までにない暑さなので、体調を崩さないで欲しいものです。

写真は仙台駅構内の七夕飾り。吹き流しをかきわけて歩くのが楽しかったりします♪

さて、タイトル内容に入りますか(^ー^)

今年の夏、やっと次男もブリーフからトランクスに切り替えいたしました!

プール着替えで気になるお年頃かな〜(五年生です)と思って、「そろそろどう?」とつついたら、案外素直に「そうする」と。

ポケモンブリーフよ、さようなら。
大人柄なトランクスよ、こんにちは。

下着売り場で選ばせたのですが、子供向けにボクサーブリーフもあってびっくりしました(+_+)それは嫌だって。

新しい下着は気分もルンルンになりますよね。
私も自分のために、可愛い下着を買おうかな〜。



今日から1泊2日の出張です。お仕事頑張ります!
 
posted by しゃーしゃん at 09:54| 宮城 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

高校オープンキャンパス

100728_1854~001.jpg

今日は休暇を取って、長男と某高校のオープンキャンパスへ行ってきました。

昔はオープンキャンパスなんてなかったよね。
今は公立も私立も、受験生に自分の学校をアピールする機会を設けて、
学校の様子や在校生の活躍ぶり、大学進学率なども宣伝しています。
申込は県教育委員会のwebページから。正にパソコンありきな時代です。

9時半〜10時が受付。逆算して家を8時過ぎには出発しました。
本当は自転車で行きたかったのですが、長男には自転車がなかったのと、
高校通学を模擬体験する名目で、家から最寄り駅まで暑い中30分弱歩きました。

電車に乗って仙台駅へ。次にバスプールへ。
なぜか人がてんこもり。東北大オープンキャンパスとのこと。なるほど。
しかし、高校行きのバス停も長蛇の列。
なかなかバスに乗れないし、登校時間ではないので本数も少ない。
遅刻しそうなので、昔取った杵柄で全く別の路線バスに乗りました。
偶然、某アナウンサーが飛び降りたというマンション近くのバス停で降りて、
また10分程歩いてようやく到着。間に合ってよかった〜。

自分の母校近くなんだけど、実は入るの初めて。ドキドキ。
講堂にはなんと1100人を越す生徒&保護者。
とても賢そうなお坊ちゃま、お嬢様ばかりで圧倒されます。
市内中学校の制服が多いこと。うちのような田舎の中学生は少数派です。

熱中症になりそうな状況下で、学校の年間行事、部活、授業などの様子がDVDで紹介されます。
BGMには吹奏楽部のカルテット等が流れ、ナレーションは放送部で、
場面展開の度にその方達のフルネームと出身中学校がテロップで出ます。
ほぼ女子で、いかにも共学化したことの女子へのアピールかも、と思いました。
もちろん女子トイレも新しい。半分は和式なのが妙に納得。

大学進学も半端ない。東大へも現役6名合格か〜。
出身中別在校生数も公表され、附属がダントツ、ついで一中、上杉山、将監、寺岡と続きます。

生徒会長も応援団長も女子。応援団長なんてさらっさらのロングヘアです。でも怖い。
ああ、私の男子校のイメージが壊れていく。

年間行事を辿る中、自分の高校時代が蘇り、勉強も部活も行事も全力投球で楽しかったな〜と。
やっぱり高校時代は最強です。

第二部は45分の体験授業。申込時にいくつか希望を出してまして、長男は英語クラスに。
他は国語、数学、理科、地歴・公民、芸術、家庭科でした。

教室へ入り、グループワークで3つのアクティビティをこなします。
先生はもちろん英語で説明。初めて集う仲間と手探りで進める長男。
みんなレベル高いと感じたようで、良い刺激になったようです。

13時に終了。街まで出てご飯にありついたのが14時。15時の電車で帰宅。

長男のイメージはだいぶ変わったようで、明るい展望が開けたみたいです。
「最初、勉強も部活も完璧でALL5みたいな人ばかりと思ってたけど、
 案外気軽というか気さくな感じで安心した。先生も柔らかい感じでよかった。
 これなら頑張ってやれそう。化学部に入るんだ!」
とすっかり合格後の自分をイメージしちゃってました。

生徒会長の挨拶の中に、
「目標を決めたら、その時点で50%は願いが叶っている。あとの50%は努力です」
という言葉があり、いいこと言うな〜って感動しました。長男もあと50%頑張れ!

推薦入試の過去問が掲示されてたけど、作文が3つ。小論文、数理的、英語的な作文となります。
去年の英語の問題が、次の2文を読み、英語で物語を作れというものでした。

「Shared joy is a double joy. Shared sorrow is half a sorrow.」

スウェーデンのことわざみたいです。
分かち合う喜びは、2倍の喜び。分かち合う悲しみは、半分の悲しみ。
もちろんこの訳は一切ないです。意味はわかっても物語を作るのはなかなか・・・
わ〜、やっぱり一般入試にしときましょう(^。^;)

さて私も入学式を笑顔で迎えるイメージを毎日しましょうか。

写真は今日の夕方の空。雲が何かの横顔に見えませんか?
 
posted by しゃーしゃん at 22:49| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

三者面談&ドッチビー練習

今日は午後休暇を取って、一番暑い時間帯に自転車で帰宅。
仙台がこんなに暑くなるなんて!!まじで熱中症になるかと思いましたよ。

14時から、長男と担任の先生と私で三者面談。
中3ですので、志望校や受験を意識した話題となりました。
とりあえず今のところは第一志望は大丈夫じゃないかと。一安心です。
とはいえ、気を緩めずに夏休みを過ごして欲しいものです。

そして15時からは、次男と一緒に小学校の体育館へ。
町全体の小学校代表によるドッチビー大会が土曜にあるのですが、
それに向けた、うちの小学校地区チームの練習初日でした。

ドッチビーって知ってますか?ルールはドッジボールとほぼ同じですが、
投げるものが柔らか素材の円盤型なものです。
当たっても痛くないから、怪我もせず、一年生でも参加できます。

私は子供会役員なので、そのお手伝いをします。
練習にもおつきあいして子供達を整理(笑)し、本番でもお世話をします。

それにしても真夏の体育館の暑さといったら!!
時折吹く風が命綱な感じ。

それでも子供達は全く動じず、むしろ積極的にドッチビーを楽しみ、汗だくになってました。
子供はパワーの固まりですね〜。元気パワーをもらえた気がします。

次男も頑張ってましたが、途中でチームメンバーと顔がぶつかり、頬がやや腫れてしまいました。
保冷剤をあてて応急処置をしたのですが、ややあざが残りました。ま、大丈夫でしょ。

二時間の練習が終わり、帰宅。 あ〜〜、体力奪われました。
夕食後は会長さんの家で、本番に向けての事務作業を一緒に実施。

明日、あさっても同じ練習をして、土曜日が本番です。朝早いんだな〜、これが。
当日は子供達が楽しめるように、お世話してまいります!
(ちなみに練習付き添いは今日だけ。あとは他の役員さんと交代です)

土曜は会社の同僚有志でバーベキューなんだけど、これがあるから残念ながら欠席。
またの機会を楽しみにします(泣)
 
posted by しゃーしゃん at 00:07| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

子供会ボウリング

100717_1608~001.jpg100717_1609~001.jpg

今日から三連休です。晴れて暑かったり、雷&雨だったり、お天気も忙しそうでした。

午前中はしっかりお掃除。掃除機かけて、トイレを掃除して、浴室の排水溝も綺麗にしました。
やっぱり掃除は気持ちいいですね。家の全部には手が回りませんが、順番にね(^。^;)

午後は子供会の夏季行事。今回はボウリングです。13時集合で13時半スタート。
子供達は夏休み直前でウキウキモードでした♪

今はボウリング場で色々なパックがあるんです。サンドイッチと飲み物がセットとか。
今回は2ゲーム+ポテト+ジュースのセットにしました。
自分もレーンに入りつつ、役員なのでポテトやジュースを配ったりと、なかなか忙しい。
子供には全員ポテトとジュースがつくのですが、親は付き添いだけとか、ポテトだけとか
ボウリングだけとか、ボウリング+ポテトとか、バリエーションがあって渡す側は大変でした(^。^;)

2ゲーム目になると段々腕が疲れてきて、適当になってきました(^。^;)
やはり歳ですね〜。

ゲームが終了したら、お楽しみタイムです。

子供達を学年ごとに並ばせて、1ゲーム無料券を配付。
次に全員のスコアチェックをして、学年ごと&保護者の1位に景品をあげました。
なんと、次男が小5で1位になりました! 景品はでかい水鉄砲。喜んでましたよ〜!
学年ごとに安くても楽しめるような景品を準備した甲斐があったかな。

最後に、全員にスコア表と参加賞のお菓子を配って解散。
参加できなかった子供達にはあとでマックカードを渡す予定です。

まずは大きな行事が一つ済んだので、一安心です。
参加者募って、予算内でどうするか検討して、お菓子や景品を買って、
レーンごとの組み合わせを考えて・・・準備作業は結構大変でした。

来週はドッチビー大会があるので、今度はそちらで頑張ります。

写真は、家の裏庭に咲いた黄色の百合です。
一気に3つの大きな花が咲いて、とても綺麗です。
 
posted by しゃーしゃん at 01:03| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

その後の次男

土曜夜の(飲み)疲れ&寝不足が解消されないまま、日曜は8時〜23時半までお仕事でした。
もう、疲れすぎてご飯も進まず、夜中1時半に鳥唐揚げに挑戦している私にふと気づく。
え〜い、やめやめ!もう寝る!

で、月曜も帰宅は22時過ぎ。なんと次男がまだ宿題をやっていた。
・・・案の定、今日は宿題やるのを忘れていたというわけ。

夫にしこたま怒られてました。私も多少は厳しく接しました。
(こちとら疲れてるんだから怒りたくないのよ〜)
内容は「怒る」ではなく、「叱る」でしたけど。

そして、あまりに何度言っても定着しない次男に、夫がキレかかってました。
怒りが収まらずに「人間として○○」みたいな暴言まで飛び出し、ドキドキ。
次男はじっと黙って聞いてます。自分の気持ちや意見も言わないです。

夫は怒り心頭に達し、ちょっと血管切れたみたいに胸が痛いって言ってました。
「これだけ言ってわからないなんてアホだ。殴ってやらないとわからないんだ。」
などと言い出すので、「暴力は絶対ダメ!解決にならない」と止めました。

結局23時頃にやっと宿題終わって就寝。
本当に、なんでなんだろうねえ。勉強嫌いなのかなあ。面倒なのかなあ。

昨日の朝は、ついにパソコンが使えないように、LANケーブルを抜いて隠してきました。
まあ、ゲームが全ての原因ではないので、根本的解決にはならないかもしれないけど。

さて、どうなるやら。親も次男も我慢のしどころです。

☆☆☆

昨日16:30頃に家に電話したら、長男が出て「次男は遊びに行っていない」という。
隠したLANケーブルの場所を教えて、使い終わったら隠すことと、
次男が戻ったら宿題するよう声がけをお願いしました。

21時30分過ぎに帰宅。次男の元気な笑顔がありました。

夫に宿題を見せながら、今日の日記に書いた友達とのゲーム遊びの話をしています。
友達の家でのゲームは仕方ないね(^_^;)

夫もまずは落ち着き、パソコンのケーブルもつけたままに。(自分達も面倒だし)

あまりおやつを食べない次男ですが、出された桃や私が買ってきたチョコレートをさっさと食べていたのもちょっとした変化。

次男も一生懸命やってます!(^ー^)

 
posted by しゃーしゃん at 08:06| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

次男学年行事&授業参観&more

100702_1146~002.jpg100702_1146~003.jpg

今日は代休のためお休み。でも用事が盛りだくさん。休めません。

早起きして次男にお弁当を作り、午前中はPTA学年行事のため小学校へ。
5年生の企画は、「陶芸教室」ということで、粘土で作品を作りました。

親子でそれぞれ手のひらサイズの粘土を、お皿やカップなど思い思いの形に作っていきます。
粘土をこねるって久しぶり。楽しいですねえ。次男も夢中です。

一時間ほどで雛形が完成!つまようじなどで模様をつけていきます。
私はなんとなく皿を星の形に作り、皿の表面には音符をちりばめて、
音楽が流れていてハートが嬉しいな!みたいな絵を描いてみました。
その場で直感に従って描いたわりにはいい感じかも。
音符の黒丸にあたる部分は、マドラーの先を押し当ててへこませました。

次男は、皿がなんとなくたまご型になったので、自分のマンガキャラの卵というイメージで
絵をつまようじで描きました。

乾燥させて焼きあがるまで2週間ほどかかるみたいです。
できあがりが楽しみです!

一旦帰宅してお昼を食べたら、午後は授業参観です。

算数で、小数の割り算というちょっとハードル高めなことを学んでいました。
もちろん次男はバッチリできてましたよ〜。
黒板の前に行って、きちんとどうしてそういう計算になるのかを説明できました。

5年生になったら、なんとなく落ち着いて、集中して授業を受ける雰囲気を感じました。
計算問題も先生がタイマーを使って2分以内に解くなど、メリハリつけていたのが良かった。

授業が終わると、学年懇談です。

一学期の様子、夏休みや通知表の話の他に、9月の花山合宿の話がありました。
初めての集団合宿&家族と離れての生活。どうなるのかなあ。
山を中心に活動するので、今から体力つけておいてくださいと言われた(^^;

通知表は今年からワープロになるらしい。今までは手書きでした。時代だねえ。
先生もそのほうが楽だろうね。

で、ただいま帰宅して一時の休憩。
この後19時から中学校でビーチバレーの最終練習、
そして、20時半から子供会役員の打合せがあります・・・

全然休みじゃない!!そういう運命なのかしら。
明日はバレー大会本番なので、7時には家を出て、夜の打ち上げまで一日拘束されます。
では!
 
posted by しゃーしゃん at 17:05| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「次男、叱られる」の巻

100429_1642~001.jpg

次男が「自分学習」(自分で調べて勉強するもの)を忘れがちだ、
と家庭訪問で言われたのが次男誕生日あたり。あれから20日ほど経過しました。

でも今週の月・火と連続でやってないことが夫にバレて、かなり叱られたようです。

私が帰宅した21時半頃に、机に向かって黙々と宿題をやっている次男。
夫に言われて、月・火・水の分を仕上げています。
しかも宿題プリントもやってないという・・・
それもやらせて、終わったのが23時近く。まあ、自業自得です。

「本当にがっかりした」と嘆く夫。
「確かに一度注意しただけで直ってほしいけどさ、そこはやっぱり子供なんだから
 何度もわかるまで親が我慢強く言うしかないんじゃない?
 親以外に注意する人はいないんだし。」
「子供っていったって、もう5年生だよ?!」

夫の気持ちもわかるけど、そこは気長にやってきましょうよ。
子育ては親の務めでありますし。

ということで、次男にゲーム禁止令が下されました。
DS、Wiiのソフト、Wii本体とテレビをつなぐケーブルの没収が実施されました。

自分学習を忘れずにやることが習慣化するまでは返してもらえません。
もちろんPCゲームも禁止。(LANケーブルも没収する予定だったが実行せず)

まあ・・・一ヶ月という話だったが、夏休みは入るまでかな。

次男はこってり叱られたようだから、私からは「この勉強は自分のためにやってるんだからね」
というお話だけにしました。

それにしても、夫も私もですけど、今回の件について、一切長男との比較はしませんでした。
「おにいちゃんはちゃんとやってるのに」とか、「おにいちゃんが小5の時は・・・」などは
言いません。あくまでも、今の次男にだけフォーカスします。

そういうスタンスが夫と一緒なのは、とても助かりますし、子供も迷わなくていい。
父親と母親の言うことが矛盾していれば、子供は迷うし。

もちろん、私と夫の意見がいつも一緒なわけはないですよ。
ただ、大きな基本線が一緒だから結婚したのかも。
または、結婚後に歩み寄ってお互い納得する基本線を作ったのかな。

どちらにせよ、次男がこれを機に成長してくれることを祈ります☆



写真は長男が修学旅行で買ったぬいぐるみ。
 
posted by しゃーしゃん at 00:49| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

次男11歳

100608_1920~001_t.jpg
昨日は、次男の誕生日でした!11歳です。

ご希望のプレゼントは事前に準備していましたが、ケーキは予約せず・・・
30分早く仕事を終えて、ケーキを探しました。

次男はカシス系のケーキが好き(生クリームは苦手)なのですが、
ホールではなかなかないものです。

昔、VIVREの地下で買った記憶をたどり、さくら野へ。
ブックオフが入るんだ〜。なんか看板が建物の品格を壊している・・・
地下の売り場もなんだか閑散として。もちろんお目当てのケーキはなし。

キルフェボンなら?!と探すも、なんだか場所がわからなくなり、
店に電話してやっとたどりつくも、ほとんどSOLDOUT。
18時に棚が空っぽなのってすごい。

疲労を感じつつ、時間もなくなり、焦ってきた。
仙台駅2Fのタルトの店、FLOを覗いたら、良さそうなタルト発見!
写真がそれです。無料でプレートとローソクつけてもらいました。
最初からここにすればよかった・・・

夫と合流し、次男の好きなケンタッキーのレッドホットチキンを買って、帰宅。

部活で遅くなった長男を待っての誕生日パーティー!!
お約束のローソク消しが終わったら、プレゼントの進呈です。

今回は、Wiiソフトの「スーパーマリオギャラクシー2」です。
夕食後、早速遊んでいて、とっても楽しかったみたいです。

昨日の家庭訪問で、先生に「ちょっと忘れ物が多い」と言われたのですが、
毎日やる自分学習を忘れることが多いみたいで・・・
帰宅してすぐ遊んじゃうので、新しいゲームが増えてなおさら心配。

・・・という話をちょこっと夫に話したら、「宿題してから遊べって何回も言ってるだろ!!
宿題するなんて基本の基本だろ!!」と誕生日なのに次男は怒られてしまいましたとさ(^^;

友達と外で元気に遊ぶことも増えて、まずはその成長ぶりに一安心です。
すくすくと5年生時代を満喫してほしいものです。
 
posted by しゃーしゃん at 22:48| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

次男運動会2010

100522_0733~002.jpg100522_0734~001.jpg100522_0734~002.jpg100522_0734~003.jpg100522_0734~004.jpg

本日、快晴です!次男の運動会が予定通り行われました。

5:30起床で写真のお弁当を作りました。母が作ったおにぎりは写ってないけど。おかずは私一人で頑張りました〜♪

夕べ一時間程下ごしらえして、今朝の料理の段取りをメモしておいて取りかかったからか、スムーズに一時間半で完成しました。

鳥唐揚げ
ウインナー(カレー味)
玉子焼き
うずら卵とミートボールの串刺し
ちくわのハム巻きマヨネーズ乗せ
筑前煮
枝豆、ブロッコリー、プチトマト、サニーレタス
オレンジ、キーウイ

筑前煮は夕べ作っておきました。水煮の根菜に油揚げや蒟蒻を足して味付けしただけ。

ちくわハム巻きは初めてですが、簡単だしかなり好評でした♪

作り方は、
@ちくわを縦に切れ目を入れて開く
A横向きにして白い内部にさっと切れ目を全体につける。あとで巻きやすくなる。
Bちくわを茶色側を上にして縦に広げて置き、その上ハム半分を置いて、くるくるきつめに巻く。
C上下に爪楊枝を刺して、真ん中から切る。一口サイズになります。
D切り口にマヨネーズ、パセリをのせ、オーブントースターで焼き目がつくまで焼く。

手順を書くと大変だけど、やれば楽チン。お試しを。

茶色ばかりだなと思ったけど、盛り付けでなんとか豪華な感じに見せることができました。

さて、次男は短距離走で6人中2位!という今までにない速さでした(^ー^)
いつのまにか体力もついてきたんですね〜

団体競技は、よさこいソーランを元気に踊ってました。踊りが得意な次男は赤いハッピでかっこよかったです!

赤組は残念ながら負け。次男の不勝記録更新です。入学以来勝ち知らず。

でも頑張ってたからいいんだよ。家族みんなから優勝をあげます。

そしてただいま楽天対巨人を観戦しにきました。18時から開始です。

ビール飲むか〜(^_^;)
posted by しゃーしゃん at 17:31| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

頼りになる次男

100508_1134~001.jpg

出張から帰宅し、部屋に入るとビデオの電源がつきっぱなし。

「見終わったら電源消しておきなさい」と電源オフするも、オフできない。

あれ?よく見るとデジタル表示が点滅したりとちょっといつもと違う。
そして全ての操作指示が効かない・・・

「変だよね?」と次男と色々触ってみても状況変わらず。
「夕食食べた後くらいからそうなってたんだけど。」

馬鹿の一つ覚えのように電源ボタン等を何度も押す私の横で、
次男がさっと取り扱い説明書を取り出して、読み出した。

「え〜っと、『電源は入ってますか?』。うん、入ってるな。」

次にビデオの両側面を触りながら、「熱くはなってないな。」

「『全ての操作に反応しない場合は、何らかの原因で安全装置が働いた可能性があります。』か。」
といいながら、ただ立ち尽くす母の横で、次男は電源ボタンを長押しし始めた。

「なんかパソコンの再起動みたいだね。」「うん、10秒押すと直るみたい。」

果たして、ビデオの電源は切れ、元通りになりました。

この一連の対応で、本当に次男って大人になったなあと感動!!
小学5年生ってすごいわあ。

写真は庭に咲く花海棠(ハナカイドウ)。先日のボケの花の隣で咲いてます。
とっても綺麗な色ですよね。

なんと、妹が幼稚園卒園時にもらったのだとか。
その後引越しして、更に今の家に建て直ししたのによく残っていたものだねえ。
posted by しゃーしゃん at 00:20| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

ついにメガネ

100509_1344~001.jpg

小学校後半あたりから仮性近視ということで定期的に眼科へ通っていた長男だが、
今年の学校での視力検査でついに両目ともCとかDの判定が出たため、
メガネを購入することにしました。

まあ、本人は黒板の字も問題なく見えるし、映画館とか劇場での遠くの字幕にちょっと
問題ありな程度で、今すぐに困る状態ではない。が、やはり子供の健康問題でもあるし、
これ以上悪くなる前にと思い、決断。

まずは処方箋をもらうために眼科へ。
両目とも裸眼で0.4で、先生としても「まだメガネじゃなくても大丈夫かも」という雰囲気を
醸し出してました(^。^;) そんなものかね?

そしてGW中に、近所の弐萬円均一なお店に行ってみました。
なかなかおしゃれなフレームがたくさんあります。私も欲しいなあ〜。
でもメガネ苦手なんだよね。家ではコンタクトはずして裸眼です。

店員さんを捕まえて色々と質問。
処方箋は扱ってもらえるのか、購入後の調整はしてもらえるのか、期間はどうか、
初めての子供のメガネはどんなところに注意して買うとよいか、
安い店と高い店での違いはどんなところが?・・・などなど。

いくつかメガネ候補をあげつつ、今度はイオンにあるメガネ店へ。
そこは5000円とかの安さを売りにしたお店。
でもちょっと中学生が初めてかけるには違うかな・・・

念のためぐるりと見て、店員に質問。
「こちらでは購入後の調整はしてもらえますか?」
「うちは売り切りなんで、買った時のままです。ファッションなんで。」
とおばさんが求めてるようなお店ではないよ、という目つきで返された。

はい、却下。子供は視力の差が結構激しいみたいなので、
購入後の調整は必ず眼科にもいってしないといけないから。

ということで最初のお店で写真のメガネを購入。
レンズの周り全てにフレームがあるほうがレンズもはずれにくくて良いといわれたのだが、
デザインや色で気に入ったのがこれだったので。
運動部でもないし、まあ大丈夫でしょう。
無料のキッズプラン付きで、二年間レンズ交換とか無料でできます。

早速月曜から学校で授業中にかけてみた長男。
「黒板の文字がはっきり見える〜!!」と感動してました。
私のように鼻がむずむずすることもないみたいで、すんなり体の一部になったようです。
posted by しゃーしゃん at 23:20| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

次男授業参観

100424_0953~001.jpg
土曜は次男の授業参観でした。二週連続授業参観(^-^;

なので、前日は歓迎会を一次会だけで切り上げ。
最近あまりお酒を飲みたいと思わなくなってきました・・・

9時から参観開始。
今日は学年全体(2クラス)で、フルーツ白玉を作る調理実習です。

白玉粉に水を加えて練って、白玉の形にしてゆでて、水にさらして。
りんご、バナナ、みかんを小さく切る。
水と砂糖でシロップを作る。
容器に白玉とフルーツを盛り付け、シロップかけてできあがり。
煎茶を急須に入れて、湯のみ茶碗にお茶を注ぐ。
これで終わりです!! 一時間で完成〜。

5人程の班ごとに作成するのですが、段取り悪いところといいところの差が
一目瞭然です(^O^) やはり慣れてる女の子がいるチームは早くて確実。
いかに普段お手伝いしているかが表れますね。

次男チームは女の子の手際がとってもよくて、素晴らしい出来栄え。
使い終わった道具を次々に洗い、包丁の使い方も素晴らしい。
次男は包丁に触る暇がありませんでしたけど(^-^;

フルーツ白玉とお茶を教室に運び、お母さんお父さんとシェアして食べます。
「白玉うまい!」「シロップの甘さがちょうどいいね」
あまり白玉食べたことない次男ですが、とても気に入ったようです。
写真が次男の白玉です。

食べた後の片付けまでが授業なのですが、親はPTA総会があるので食べ逃げ〜。

寒さ厳しい体育館でPTA総会に参加後、クラスに戻って学級懇談。
ベテランのさっぱりシャキシャキした先生(女)で、とっても安心しました。
高学年になれば、子どもにビシッと物申せる先生がいいですからね。
次男もこの先生は好きみたいです。

昼までかかり急いで帰宅。
ピアノに連れて行く途中で、長男の歯列矯正の器具がはずれそうなことが発覚。
ピアノさせてる間に歯医者に緊急予約を取り、終了後はすぐ歯医者へ。

もう夕方ですが、町内会費の集金のため、班内を一回り。
皆さんとても協力的で順調。ありがたや。
一軒、ドア開けたら猫トイレの匂いが半端ない家があって大変だった〜。
玄関の外にいても吐きそうになるくらいでした。
父に話したら、「夏場はもっとすごい」とのこと。よく住んでるなあ。

ということでとっても疲れた一日でした。
posted by しゃーしゃん at 20:19| 宮城 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

修学旅行より無事帰還

100424_2012~001.jpg

金曜に、二泊三日の修学旅行から無事に長男が帰ってきました。

どしゃぶりで寒いといわれた二日目、東京ではマフラーにダウンで冬の装いのニュースが
流れてましたが、仙台の普段の最高気温と同じだったので、息子は平気だったようです。
長袖Tシャツの上にボタンシャツを着て、パーカーを着ただけでOK。

選択体験シリーズは全員お台場で実施し、昭和の体験はあの昭和っぽい店が連なる場所だったそうです。
長男は「江戸文字」を使ったグッズを販売している店で、製品を揃えたり、袋に江戸文字シールを貼ったりしたそうな。
つまり職場体験ですね。

その後、自由研修。昼食は「コンビニでいいよね?」で決まり、その辺で食べたそうです(爆)
やっぱり男の子だな〜〜〜〜。

そして日本科学未来館をじっくり見学。いかにも科学部仲間のチョイスです。
16時までにディズニー現地集合。家から路線図を持参したらしく、無事乗り換え完了。さすが、鉄男。

ディズニーではアトラクション10個位制覇できたそうです。なかなかやるな!
楽しんでる時にどしゃぶりで、外に出ると傘不要なお天気で、ラッキーだったね。

三日目は国会議事堂で衆議院を見学。昨年参議院見学したので、両方制覇だね!
その後は上野で自由研修ですが、なぜか26班程のうち2班だけ国立科学博物館で、
あとはみんな上野動物園という(笑) はい、長男は博物館組です。先生は楽だろうね。

みんなで昼食食べて、帰りはバスで5時間揺られて到着。無事でよかった。

一番楽しかったのはディズニーランドだって。友達と一緒だから楽しかったわけで、家族では行かないそうな。
やっぱりディズニーそのものが気に入ったわけじゃないのね(^^;
一人で行くとすれば一番楽しいものは、科学博物館だそうです。私も好き。

使い捨てカメラ39枚撮りはすぐ使い切り、もう1つ買ったそうです。
とっても楽しい思い出の修学旅行になってよかったね。

写真は鎌倉土産のきなこ飴。うまい。
posted by しゃーしゃん at 13:53| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

秋田と仙台と東京の天気が気になる。

夕べは19日ぶりにお酒を飲みました。やっぱり秋田の日本酒は美味しいです。
朝から会議なので、ビール、サワー、日本酒一杯ずつで終わりにしましたけどね。

さて、東京はどしゃぶりだったみたいですね。修学旅行二日目の長男が気になりました。

本日の予定は、朝から自主研修(事前に選択したもの)をして、引き続き自由研修、
そして夕方からはディズニーランドで遊ぶという一日です。

事前選択の研修は、これまた積み立てとは別に集金されましたよ、トホホ。
選択した研修によって金額が違うからなのですが・・・

フジテレビ番組制作
昭和にタイムスリップ販売体験
シュウマイ作り体験(昼食付き)
ネイリスト体験
染め物体験

長男は上記以外の研修を希望していたようですが、希望者が少なかったためボツになったとか。
なので仕方なく「昭和」を選択したとのこと。さて、何を販売するのかなあ。
ていうか、「昭和」ってタイムスリップするくらい遠いものになっちまったんだねえ・・・

私だったらシュウマイ作りかネイリストかな。楽しそう。

その後の自由研修ではどこに行くのか聞いてません。帰ってからのお楽しみです。

そうそう、学校からはメールで逐次旅行中の様子が連絡されるんです。
とっても便利ですよ!それでどしゃぶりだとか、今からディズニーですとかがわかるんです。
自由研修中には子供達のグループにも1台ずつ携帯電話が貸与されますし、
全く便利な世の中になったものです。

さて、自分はといいますと、お客様との打合せも滞りなく済み、一安心で仙台に戻りました。
秋田は更に寒かったけど、雨は降ってませんでした。桜のつぼみも固く・・・

明日は朝から別件のお客様のところで作業です。夕方はグループの歓迎会。
でも土曜は朝から次男の授業参観があるので、一次会で退散する予定です。
posted by しゃーしゃん at 23:01| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

中3授業参観

土曜は長男の授業参観でした。

この日は担任による授業とのことで、「英語」でした。

さすが中3ともなると違いますね!自分が中3の時とは授業風景が全く違います。
最初から10分程は、先生も生徒も英語のみで、質疑応答を矢継ぎ早にしてました。
リスニングとスピーキングの練習なんでしょう。

そして先生が黒板に書く文字はもちろんブロック体。筆記体じゃないなんてさみしいなあ。

先生の発音の中で、"please"がプレイスに聴こえたのは自分の耳が悪いのか。
あと、"very"をベリーではなく、ベアリーと発音していたなあ。

"Show and Tell"ということで、写真や絵を示しながら、その説明をしていく授業でした。

ニューヨークの自由の女神像の写真が示され、これが何か英語で答えるのですが、長男だけが挙手し、
「The Statue of Liberty」と答えたら、「すご〜い」と教室中で拍手。

母は嬉しかったよ〜☆ 教科書予習したんだろうけど。
母の脳裏に"Goddess"とか"Freedom"が浮かんだことは内緒さ♪
正式名は、THE STATUE OF "LIBERTY ENLIGHTENING THE WORLD"(世界を照らす自由の像)らしい。
あとで長男に教えよう。

長男はその後も何度も挙手し、自由の女神はフランスからの贈り物であると答えたりとか、
説明文暗誦では、一番長い英文を暗誦してみんなが「オ〜ッ」と感心したりと、
なかなか大活躍でした。

懇談会では、修学旅行と受験に関しての話題がほとんど。

実は明日から東京・鎌倉方面に二泊三日で修学旅行なのです。
自由行動(自主研修)が結構あり、色々細かく計画を立ててるようです。

昼食や夕食も何度か自分達で食べるようですし、移動中の交通費やお土産代などを
計算した結果、13,000円のお小遣いを要求されました(^-^;
親戚等からお餞別もらったりした人はもっと多いいんだろうな。

「修学なのになんでディズニーランド?」と先生に疑問をぶつけたら、
「お前ら、寺とかみて楽しいか?!」と逆に返されたそうです。ハハハ。
長男はディズニーが好きではないので・・・

ビジネスホテルに2〜3人ずつの部屋割りらしく、時代は変わったな〜。
ユニットバスの使い方も教えられたようですよ。

あまり天気は良くないみたいだけど、無事に楽しく過ごしてほしいです。
明日は最寄り駅に6:20に集合なので、早起きしなくては!!
posted by しゃーしゃん at 15:59| 宮城 | Comment(4) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

新学期開始!

息子達も昨日から始業式ということで、元気に登校していきました。

長男は中学3年、次男は小学5年になりました。
なんか一気にどちらも大人になった響きがする(^。^;)

担任の先生は二人とも女性。
長男の担任がおとなしいのがやや気になりますが、任せるしかないです。
次男の担任もこの学年では初めての先生ですが、ベテランなので安心です。

お約束のたくさんのプリントと提出物・・・週末にまとめてやる!

今日は小学校の春の交通安全指導(旗振り)当番のため、会社には午後出社です。
8時過ぎには終わるんですけどね、フレックスがないので半休するしかない。

そして、月曜日は中学校の交通安全指導(もちろん旗振り)当番なので、
またまた午前休暇の予定。。。

小学校と中学校に分かれて子供がいると、何でも2倍で大変です(^。^;)

でもこういう当番とか役員とかって、働くお母さんがやってることが多いのよね。
(ちなみにうちの学区は、当番については働いてる・働いてないは全く関係なく割り当てされます)

働くお父さんがやってもいいのにな〜。
フルタイムで働いているお母さんとなら勤務条件同じでしょ。
お母さんが一生懸命時間をやりくりできてるんだから、お父さんだってできない訳ないと思うな。
まあ、うちも私がやっちゃってますけどね。

結局女の世界になってしまってるから、お父さん達も怖くて入ってこれないという説もある(笑)

世の中の働くお母さん、今年度もガンバロー!!オー!!
子供達も、新しいクラスで、新しい先生、新しい友達と一緒に頑張って!!
posted by しゃーしゃん at 06:54| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

長男14歳になりました

100318_0835~001.jpg

本日(昨日)は長男14歳の誕生日です。おめでとう。

出張中なので一緒にお祝いできないのが残念ですが、
きっと生チョコのホールケーキで楽しくパーティーしていることでしょう。
プレゼントはDSソフトの逆転裁判2だったかな?

14歳になったばかりですが、もう中2も終わりです。

「早生まれだし、小さく生まれたから」と気にしていた、
同学年の子供との成長差異はもう全く気にする必要がありません。
今気になるのはにきびですね〜。



先日、今年の公立高校の合格発表があり、来年の倍率がどうなるかと
夫と会話を交わした時のこと。

ちなみに、今年の受験で初めて全県一学区制となり、見通し立たずな状態。
また、女子高・男子校からほとんど共学になり、それもあいまって志願状況が読めない感じでした。

長男の志望校の倍率は、結果として予想に反してそれほど高くありませんでした。
それを受けて、夫は「来年は逆にみんな狙って倍率高くなるんじゃないか?」と予想。
私は全く逆で、「実力にあった適性な志願をしてくると思うから、それほど高くはならないのでは?」と予想。

それで、夫が長男に「来年はもっと競争率が高くなると思うよ」と話したところ、
「じゃあその競争に勝てばいいんでしょ」と答えたという。

いや〜、よくぞ言ってくれました!さすが私達の息子!(親バカです)

受験勉強で忙しくなる中3となりますが、きっと大丈夫でしょう。
恒例の夏休み家族旅行ももちろん息抜きも兼ねて行きますよ。
※この旅行も受験勉強があるから行ってダメかと思ってたくらい、真面目な長男です(^-^;

これからの一年、自分で選んだ道を進むために、健康で頑張ってほしいものです。



写真は記事とは全く関係なく、本日の私の朝食です(^-^;

左上から、パンプキンスープ、チョコレートムース、五目御飯、山芋とんぶり、味噌汁、
生野菜(プチトマト、レタス、ベビーコーン)、もやし野菜炒め、茹でウインナー、
スクランブルエッグ、里芋とイカとさやいんげんの煮物、いぶりがっこ、茄子漬物、
オレンジジュース。

稲庭うどんとおでんがあったのですが、取るのを控えました。

14年前は、未来の自分をどう想像していたっけなあ・・・
posted by しゃーしゃん at 00:18| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

次男の好きな食べ物

先日テレビで、拒食症を乗り越えて高松市議会議員として頑張っている女性の話を紹介していた。

彼女の拒食症の原因は、お母さんが働きすぎて自分との時間をほとんど持ってくれなかったり、
お母さんに迷惑をかけてはいけないと我慢をしたり・・・ということが積もりに積もったことらしい。

「お母さん」「働いてほとんどいない」というキーワード、私にも該当します。
ちょびっと心配になり、一緒に見ていた次男に問いかけてみた。

「お母さんいないからって拒食症になりそう?!」 ← かなり短絡的。

「拒食症ねぇ・・・。好きな食べ物たくさんあるからなあ。」といって、好きな食べ物を挙げ始めた。

「たまなっとぅーでしょ、牛丼にたまごかけたやつでしょ、あ・・・たまごばっかりだな。
 キムチ、梅干、うどん、ラーメン、あと寿司でしょ」

「ん・・・(^-^; じゃあ大丈夫だね!!」 ←無理やりな結論。

子供の好きな定番メニューが出てこないのが次男らしい。
ハンバーグ、ステーキ、スパゲッティ、カレーとか。

ちなみに「たまなっとぅー」は納豆に生卵、海苔、鰹節、白いすり胡麻などを入れたもの。
大好きなんです。ただの納豆も好き。「なっとぅ〜〜〜!」と叫びます。

それが好きな食べ物の一番に出るって、うちの食卓がバレバレですわ(笑)

天ぷらなら春菊が一番好きとか、渋い好みの次男です。
posted by しゃーしゃん at 07:53| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

久々の「いいまつがい」 

ある日の夜。

子供達はお風呂に入り、歯磨きをして、もう寝る時間だという21時半過ぎ。

テレビで回転寿司のCMが流れ、それを見た夫が「あ〜美味い寿司食いてえ〜〜!」

もう寝ようとした次男が、それにつられて「ごちそうさま〜!」と挨拶しちゃって大爆笑(^O^)

本当は「おやすみなさい」のつもりだったのに(笑)

しばらくみんなでお腹抱えて笑ってました。あ〜久々に思い切り笑ったなあ。

笑うっていいね。幸せになれます。

*****

もうすぐ卒業式シーズン。

卒業式で3年生を送る歌を歌う際に、長男がピアノ伴奏をすることになったようです。

今回、立候補が二人いて、抽選で決まったとのこと。

以前の長男なら、そういう伴奏とかは「とんでもない」と尻込みしていたのに、
自ら進んでやりたいと言ったなんて、結構親としては意外でした。

そうやって人の役に立つことを進んでやるようになってくれて、嬉しいです。

卒業式という大事なイベントですから、ミスしないように練習してほしい。

今日はコピーした何ページかの楽譜から伴奏の部分だけを切り貼りして、二枚にまとめてました。
これだと譜めくりなしで弾けますね。

曲は、「旅立ちの日に」です。

白い光のな〜かに〜 山並みは萌えて〜♪ というやつですね。

良い卒業式になりますように。
posted by しゃーしゃん at 22:04| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

イマドキの子供とトイレの話

先日、長男は学校でお腹が痛くなったそうだ。ちょっと下痢になったらしい。
授業の途中から部活の途中くらいまで痛かったそうだ。
(うちの子供達はめったなことで腹痛にはならない)

聞けばなんと、小学校・中学校を通じて初めて学校のトイレで個室に入ったそうな。
そういえば小学校の時は帰宅してすぐにトイレに直行してたかもなあ〜。

「やっぱり男子は個室に入るのはいかにもあれで恥ずかしいよね?」と夫が聞いたら、
「いや、『小』をするために入る人も普通にいるから、全然恥ずかしくないよ」
という衝撃的な答えが返ってきたのであります!!

今どきの男の子達は、立っておしっこをしないんですかね〜。
そもそも学校に洋式トイレがある時点で、自分の子供の頃とはもう比較できないけど、
家では汚さないように、小も大もトイレに座ってするという習慣がある男子達は、
学校でも、いや、どこでもためらいなく、個室に入るのでしょうね。
もしも個室に和式しかない場合はさすがに立ってするんだろうけど。

まあ、そんな男子がいるおかげで、長男も変に我慢をせずに済んだわけだが。

・・・それともこの現象は子供だけでなくて、もしや大人も?!
女性なので、世の大人男性がどうしているのか現場確認するわけにもいかず(^。^;)

ああ、それからウォシュレットがないと絶対ダメという人種も増えてますね。

もう〜、みんなそんなんじゃ非常時に生きていけないよ〜!
posted by しゃーしゃん at 22:03| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

インドアな遊び

皆様、三連休はいかがお過ごしでしょうか。
仙台は晴れ続きで外出するには最高でした。

・・・が、我が家はお年始以外、長男の実力テスト勉強のためどこへも行かずじまい。
(テストは明日です)
まあ、家にいればお金もかからないので、いいことですけど。

昨日は夫が午後から外出。私は珍しくすることが思い浮かばずぼ〜っとしてました。
私にしては本当に珍しいです。
やらなきゃいけないことはたくさんあるけど、心もからだもお休みにしました。

そうそう、今日は車検でした。夫に行ってもらって私はゆっくり。
8万ちょっとらしく、ホッとしました。

昼寝・・・昨日も今日もしましたよ。この眠さはオンナノコ前の眠さだわ。

それで子供達ですが、元々おうち大好きなので、「どこか連れてって」とも言われません。
長男の勉強中、次男は手持ち無沙汰かと思いきや、ゲームをしたり漫画読んだり色々忙しい。

長男の休憩が始まると、一緒に遊び始める仲良し兄弟。
何やら、お互い別の部屋に分かれ、ピアノとキーボードの前で一生懸命にやってます。

「何やってるの?」
「お題を出し合って、作曲しているの」

長男から次男へのお題は、「梨の木の生える庭」。
次男から長男へのお題は、「陽だまり」。

なぜか二人とも三拍子、ワルツっぽい曲調になってます(^。^;)
ちゃんと左手もついて、すごいなあ。

二人ともできあがり、お互い発表。
次男はズンチャッチャッなリズムの素直な明るい曲。
お手製の楽譜は、次男にしかわからない暗号的な書き方で、和楽器の楽譜みたい。

長男は三拍子なんだけど、左手が和音ではなくてメロディアスな感じで、
洗練された曲でした。いや、これは綺麗です。誰かに聞かせたいわ〜
こちらの楽譜はきっちり五線譜引いて書いてました。

次男はこの他にも「レインボーブリッジの死闘」を作曲。
ゲームの戦闘シーンにぴったりな仕上がりでした。
誰と誰が戦っているのかは特にないそうです(^。^;)

こんなインドア派な子供達でございます。
posted by しゃーしゃん at 20:41| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

三学期始まりました

091029_2158~001.jpg

金曜日は三学期の始業式。長男も次男も元気に登校しました。

授業数確保のため、給食ありの5時間授業でした(^。^;)

前日夜に次男の持ち物チェック。(長男はもう大丈夫)

「準備したの?忘れ物ないの?」「うん。準備した」

いえいえ、信じちゃいけません。
先生からのお便りを見ながら、持ち物指差し確認。

あるわあるわ、準備忘れ。
お便りに書いていない、歯ブラシ・コップ・掃除用エプロンなどもそろえました。

いつになったら自分でちゃんとできるのかなあ。
これだから長期休暇最終日は早めに帰宅するようにしています。

さて、長男が学校からもらったプリントに、来年の予定が書いてありました。

「今年」じゃなくて「来年」です、ハイ。

・公立高推薦入試  平成23年1月31日(月)
・公立高一般入試  平成23年3月 9日(水)
・一般入試合格発表 平成23年3月15日(火)

手帳にメモしておかないと〜!!
一般入試と合格発表の時は出張したくないな・・・
お弁当作ってあげたいし、合格発表も見に行きたいし。

ということで今年の手帳を買わないといけないのでした。

今使っている手帳は3月で終わり。
4月始まりで買うべきか、1月始まりにするか。悩む。

ちなみに今の手帳は書きやすい&携帯しやすいので、次も同じものにすることは決めてます。
高橋の手帳。リベルデュオ4というタイプ。11月始まり〜3月まで。
日曜始まりでカレンダーと同じで見やすいし、全ての曜日が同じ大きさなのがいい。
あと、開くとすぐにペタンコになって書きやすい。(背表紙近くも書きやすい)
自分は週間メモより月間メモがあればいいほうなので、それも気に入ってます。
手帳によっては土日が半分の大きさとか、月曜始まりとか、
週間+月間で妙にボリュームがあるとか色々ありますよね。

書き込みを見ると、1月から書いているなあ。11月〜12月は使っていない。
今買うと1月から使うだろうから、今のやつの1〜3月分がもったいないなあ。

ムム・・・悩む。すぐにメモしたいけど・・・どうしようかなあ。


***

写真はレッドドラゴンフルーツ。

鮮やかな紫色で、一面の黒い粒はキーウィみたいな種。でも全く気になりません。

味は甘味が強くて柔らかくて美味しい!これはまた食べたい。

味は桃みたいな、ラ・フランスみたいな甘味かなあ。

但し、この紫色のツユが服に着くと危険。カレーやケチャップ並みの着色です。洗濯でちゃんと取れるのか?
posted by しゃーしゃん at 01:58| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

義務教育もあとわずか。

090806_1729~001.jpg



本日は中学校授業参観でした。朝から弁当作成。

ですが、インフルの影響で授業はするものの参観はなし。
親は学年懇談と学級懇談のみ。

中2最後の学年懇談。
議題は色々ありますが、やはり3年時の修学旅行と受験の話が中心でした。

修学旅行は4月中旬で、東京・鎌倉方面。
自由研修もかなり多いですが、劇団四季・ディズニーランド・国会議事堂などもあり
自分達の時とはずいぶん違うな〜と思います。

自由行動では、都会のど真ん中で、行きたい場所へ行き、ご飯も自分達で食べ、
時間までに集合場所へたどりつけるのかしら。

グループ毎に携帯を持たせるらしいのですが、普段持たない子供が多いので、
先生から連絡しても出なくて、「どうやって取ったらいいかわからなかった」とか
「バイブにしてカバンに入れたからわからなかった」なども過去にはあったそう。

今から少しずつ準備するそうなので、どうなるか楽しみです。

受験については、宮城県下の学区撤廃の2年目となる学年ですので、
本当にどうなるか、先生も親も今年の3年生の結果待ちです。

推薦入試が今は4割を占めているそうですが、これも現1年生以降には
推薦枠が急激に減るか、推薦自体がなくなるのだそうです。

なんだか翻弄されますねえ・・・

昨年の推薦倍率を見ると、長男の目指す公立高校は2.63倍!!
全公立高校中、ダントツ一位でございます。

ウム。母の心は決まった。

推薦入試ではなく、一般入試(ペーパーテスト)で受けさせよう。

うちの中学の推薦合格率は五分五分らしいし、
推薦不合格でショックを受けてすぐに一般入試も厳しいだろうから。

*****

先日の職場体験(スーパー)での長男の感想。


最初にゴボウの袋詰めをしました。単調であまり難しくなかったので
結構早く終わりました。商品の陳列では、”既にあった商品が前に
くる様に置く”という工夫を知りました。また、柿などのへたのある商品の
包装では”へたが内側になる様に”といった、お客様への配慮があり
感心しました。働いている人の裏での苦労やお客様への気遣いが分かりました。

そこでは、フライやトンカツ、お茶などもいただいたそうで、本当に至れり尽くせり。
働いてお金を得ることの基本を少しは学んでくれたようです。

写真は前記事ホテルの部屋。
posted by しゃーしゃん at 20:24| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

次男授業参観・懇談会にて

091028_1126~001.jpg



タイトルどおり、先週に引き続き本日も小学校へ。

授業参観は算数。

計算式の中にカッコがあったらそれを先に計算する、という法則を
一時間かけて教えてました。

次男は常に挙手して、黒板にお手本になる式を書きましたので、花丸です。

さて懇談会での話。

あるお母さんが、子供と車に乗っていた時のことを話してくれました。

信号待ちで停車したら、助手席の子供が電信柱の貼り紙を見て質問してきた。

「『ふりんじゅく』ってどんな塾なの?」

「不倫の『倫』という字はね、倫理とか道徳とか人としてあるべき道のことを言うの。
 それに、『不』がつくから、人の道からはずれたことという意味なんだよ。」

「人の道からはずれたことを教える塾なの?」

「そういうところがあるんだねえ」

「一時間で一万円って書いてあるけど、すごく高いよ!
 そんな高いお金を払って、なんでわざわざ人の道にはずれたことを教えてもらうの?」

「世の中には、すっごいまじめ人がいて、時々そういうことを教えてほしいと思う人が
 いるんじゃないかなあ」

「ボク、こんな高い塾には行かないからね!!」

・・・・ということがあったそうです。

「一ヶ月4000円位の塾なら行ってもいいんですけど(^。^;)」と笑い話で締めくくってました。

いつもこのお母さんは、子供に真正面から向き合っていて、エネルギッシュで、
とっても元気をもらえます。

さて、あなたなら、小学4年生に「不倫塾って何?」と聞かれたら、なんて答えますか?

ちなみに、夕方のニュースで、「タイガーウッズ不倫騒動」という言葉が出ていて、
次男が「ふりん?」とつぶやいていたのが、あまりにもタイムリーで苦笑な私でした。


写真は、沖縄の国際通りにあった、ゴーヤーのベンチ。
posted by しゃーしゃん at 21:18| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

次男学年PTA行事

091127_1209~001.jpg



先週、次男の学年でPTA行事がありましたので、半日休んで行って来ました。
(一日休めないのが辛いところ)

まずは、インフル大流行により中止となった学習発表会で見せる予定だった劇を披露。

「本当の宝物とは?」という劇で、世界の宝物コンテストに、色々な国から様々な宝物が寄せられる話。

次男は一番最初に出てくる「解説者2」の役でした。(幕が開く前に説明する人ね)

すぐに終わったと思ったら、途中で「115歳のおじいさん」役で再登場。
休んだ人の代理でした。

おじいさんの口調がすごく上手で、お母さん達から「うま〜い!」の声が。ムフフ。

保護者への代表挨拶でもまた登場。クラス委員だからかな?

次は家庭科室へ移動。子供達が育てた大豆を使って、木綿豆腐を作ります。

水に浸しておいた大豆をミキサーにかけて、水と一緒に鍋に入れて、
確か何か粉を入れて、沸騰するまで20分程焦げないようにかき混ぜる。
沸騰したら、木綿の袋に全部移して、熱いけど我慢してギューッと絞る。
絞った汁が「豆乳」、残ったカスが「おから」です。

豆乳の温度を70度ほどにして、にがりを入れて、よくかき混ぜたら10分ほど置く。
すると固まって、「絹ごし豆腐」ができます。

更にそれを木綿の布を敷いた金属の箱に入れて、ふたをして、重しをします。
余計な水分が出てくるので、箱ごと水の中へ入れる。
ふたを取って布を開くと、「木綿豆腐」のできあがり。
水の中に入れたまま、包丁で切ります。

次男チーム、頑張ってできた豆腐が写真のもの。(6等分)

薄っ!! つまり失敗作です。

コンロの調子が悪く、沸騰するのに40分程かかったせいか、固まらなくて綺麗な絹ごしにはならず。

うまくできたチームの絹ごしを味見させてもらいましたが、甘くて美味しかったです。

固まらなかったため、圧縮しても量が少なく、1cmほどの木綿豆腐ができたとさ。

他のチームはチーズケーキのような高さの豆腐。うらやましい〜〜〜。

でもみんな、大事に大事にできたて豆腐を味わって食べました。

豆腐嫌いな子もいたんだけど、「美味しい」といって平らげ、親がびっくりしてたっけ。

おからは持ち帰り。今度おからドーナツにする予定。

次男も楽しんでやってたので良かったです。
posted by しゃーしゃん at 23:30| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

Xマス

テレビのテロップに、「Xマス」の文字が出た時、「エックスマスって何?」と次男。

あ〜、まだこの言葉は知らないんだね。 「クリスマスの短縮表示だよ」と教えた。

「でもなんで『X』を使うんだろうね。キリストの綴りはChristだしなあ・・・」

次男の質問から、私の疑問に発展してしまった。

※「語源由来辞典」というサイトにその答えがありました。
http://gogen-allguide.com/ku/christmas.html

Xmasは、X(ギリシャ語で「Xristos」の頭文字)+mas(礼拝)。
Xristos(クリストス)は「油を注がれた者」という意味で、「救世主」「キリスト」を意味する。

なるほどねえ。ギリシャ語でしたか。

ちなみに、クリスマスの語源は、ラテン語「クリストゥス・ミサ」の略で、
Christ(キリスト)+mas(礼拝)を意味する、とのこと。

それから、X’masとアポストロフィを入れるのは間違いで、
「Xmas」「X-mas」と書くのが正しいんだって〜!!

その説明の横に出てたスポンサーバナーに、思いっきり「X’masに〜」とあり、苦笑。

次男のおかげで賢くなれた。ありがとう。
posted by しゃーしゃん at 17:57| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

中学生の職場体験

091027_1113~001.jpg



沖縄シリーズ、我ながらモタモタしすぎてますので、たまに別記事を。でも写真はイルカショー。

先週、長男の学年(中二)では、二日間に亘り「職場体験」が行われました。

2〜4人程で様々な職場へ散らばって、平均で9:00〜16:00位まで
仕事を体験してきたようです。

JR、スーパー(大型、中型)、スポーツ用品店、そば屋、ホテル、ガソリンスタンド、
自動車整備、役所、コンビニ、消防署、自衛隊、ホームセンター、
図書館、病院、パン屋、動物病院、レストラン、美容室、菓子製造工場、
ファミレス、ケーキ・和菓子店

バラエティに富んでいて、自分も体験してみたいです!

それにしても、子供たちを迎えてくださった職場の方々に感謝です。
もしも私の職場に中学生が来たら・・・・やれることあるんだろうか??

長男は、中型のスーパーへ行ってきました。

働く親としては、

・時間は必ず守ること
・大きな声で挨拶をすること
・人の目をきちんと見て話を聞くこと

という人としてのマナーを忘れないように、と声をかけ、弁当を渡して送り出しました。

どんな仕事をするにしても、基本はこれだと思うんですよねえ。

職場の都合で、長男は一日だけの体験でしたが、何かは感じたようです。
(残りの一日は学校で自習)

「仕事は何をしたの?」

「ビニール袋に野菜をつめたり、棚に商品を並べたりした」

「挨拶はきちんとできた?」

「きちんとするようにしたから、できたと思うけど・・・」

他の子供たちはどうだったのかなあ〜
病院や自衛隊、消防署ではどんなことをしたのかなあ。

私は図書館やお菓子の店、パン屋などを体験してみたいです。

*****

今週は忙しく、会社を出るのが21時半〜22時。

金曜は職場の飲み会。疲れたので一次会で失礼。

土曜は行きつけのバーのスタッフさんと飲み会。(女子ですよん)
とっても楽しかったです。

一次会は私が予約したイタリアンへ。
白ワイン一杯、赤ワインボトル一本(二人で)、カクテル二杯をそれぞれ飲みました。
でもいいお酒だったので、酔ったけど次の日は残らず。

二次会として、行きつけバーと同じビルにできた、新しいバーに連れていってもらったら、
なんと国分町のカーヴというバーの姉妹店でした!!(店長も、カーヴのスタッフだった)
とても大人の雰囲気で、またお気に入りのバーが増えた。うれしいな。

立て続けの飲み会でお財布が軽くなり、お肉がついて重くなったので、
しばらくは飲み会行きません(笑)
posted by しゃーしゃん at 19:55| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

コンクールへの道F

Eの続き。もう忘れた方はこちらから↓
http://shashan.seesaa.net/article/126284528.html

帰りの車中にて、事情を知らない夫が「まあ色々言われただろうけど気にするな」と
長男を元気付けるために、一人明るくテンションを上げる。

後部座席の長男は静かに黙っている。目が潤んでいるようだ。
私も疲れてしまい、事の顛末を説明する気にもならず、黙る。

「たこ焼きあるよ!食うか?」「・・うん」

たこ焼き食べながら、たわいない話をして、長男も少しは落ち着いたようだ。

しかし、帰宅すると、暗い寝室に一人転がる長男。
悔し涙が止まらないようだ。

私は知らないふりしてそっとしておいた。
そして、長男の気持ちを代弁して、いつもの先生にお礼がてらメールをした。

長男は、本当は大先生に指名されたが代表で出ることに乗り気ではないこと、
でもその気持ちを切り替えて頑張ってきたこと、
それなのに、大先生の対応があまりにも理不尽な結果になったこと、
これは実力不足ということもあるが、非常に今落ち込んでいること、
家族としては、本人がやるといったのでバックアップしていくこと、など。

私にしては珍しく親バカな行動。モンスターペアレント?
でもそうせずにはいられなかった。

するとすぐに先生から返事が。

「そうですね。指名されて、代表になって出るので、理不尽な気持ちだったことでしょう。
 でも頑張ると言ってくれた時はとても嬉しかったです。
 ○○君なら、必ずやり遂げると思います。実力も感性も備わっているので。
 私も120%のサポートをしますので、よろしくお願いします。」

受け止めてくれてありがとう、先生。

そういえば、大先生もレッスン中に何度も「すごく感性があるから」「耳がいいから」と
言っていたなあ。どういうことなんだろう?

やや落ち着いた長男に、

「やるって言ったからには、明日から練習するしかないね。
 先生も大丈夫だし、120%サポートするって言ってたよ。
 さすがに5〜6時間は無理だろうけど、CDも聴いて、いつもより多く練習してね」

「う〜ん」

「ほら、『感性がある』とか『耳がいい』とか、先生言ってたじゃん。
 だから大丈夫だよ!お母さんもサポートするから」

意味もわからないのに、一生懸命持ち上げて励ますしかない母なのでした・・・

続く。
posted by しゃーしゃん at 13:27| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

始業式にあたり

090821_2133~001.jpg



県内の小中学校は本日から始業式。

息子二人とも元気に出かけて行ったはず。(自分のほうが先に家出るからわかんない)

平日も週末も本当に忙しくて、気がつけば始業式前日の朝。

「もしかしたら上靴小さくなってるかもしれないから、履いてみてね」と次男に告げた。

そして19時頃電話が来た。

「やっぱりきつかった」

もっと早く言ってくださいよ〜ダンナ!!

昨日はヘルプデスクで20時半まで勤務した後、アルバイトの方の歓迎会二次会へ参加する予定のため、
上靴を買う時間はない。

「お父さんに言っておくから、ジャスコで買ってもらいなさい」

そして、私は二次会へ行き、ビール一杯とワイン一杯を飲んで23時に帰宅。

そこには、上靴、二人の通知票、長男の試験通知票が。名前付けと保護者から一言とはんこ待ちの状態。

次男の担任から届いた残暑見舞いに、始業式の持ち物が書いてあったのでチェック。

ぞうきん1枚と買い物袋3枚を準備。

そういえば、夏休みドリルの丸つけは親がやるんじゃなかったっけ??

ランドセルを漁って確認したら、既に丸つけがしてありました。すまん、次男。

ちょこちょこっと×のところがあるが、おおむね良し。

「てっきん」という漢字を書くところで「鉄柱」と書いていた。気持ちはよくわかるよ。

立方体の図で角の部分の名称を聞かれて、「角」と書いたがハズレ。正解は「頂点」でした。

これが一番ウケた。うん、確かに「かど」だよね〜。

なんか力が抜けて寝てしまいました。上靴と通知票は今朝起きてやりましたよ。

さあ、今日からまた学校だ!

写真は誕生日の時のケーキ。パルコのRoll Maduで夫が購入。美味し。
posted by しゃーしゃん at 13:53| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

コンクールへの道E

Dの続き。









「・・・・やります」






おお〜〜〜〜〜!!! 私は心の中で大拍手をしたよ!!! よく言った!!

こんなに言われてもなお、挑戦する道を自分で選んだ長男。

もう引き返せないね。でも今は底辺にいるんだから、あとは上がっていくのみ。

そうと決まれば、残り短い時間だが、レッスン再開。

元々遅くスタートしたのに、出る出ないでもめた分、時間が更にない。

「何も気にしないで、いつも家で弾いているように弾いてごらん」

すると、いくらか長男のピアノが戻ってきた。

「そうそう、さっきよりいいよ〜」

たくさんたくさん指導したい部分はあれど、本当にエッセンスだけの指導に。

21:05過ぎた頃に、内線電話が鳴り響く。

先生二人はレッスン中なので、仕方なく私が電話に出た。

「もう時間なんですけど」
「あ、すいません〜。今片付けてますので終わったらすぐ出ます〜」

蕎麦屋の出前のようなごまかした回答をしたよ(^-^;

バタバタと片付けて、9:10頃に退室。

廊下には夫の姿が。しびれをきらして来たのだった。

外は雨。いつもの先生と一言二言お話しをして別れた。

「大丈夫ですから。いつもの練習ではできてますから」

続く。
posted by しゃーしゃん at 09:49| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする