2017年07月09日

次男、高校3年の夏。

あっという間に6月も終わり、今年の半分が過ぎ去っていきました。
そして7月も上旬が終了。早い〜。早すぎます。

相変わらず修行かと思うほど、ほんとに目まぐるしく忙しく、ブログに向かう余裕もなく、
身体にも湿疹や赤み・荒れが出たので、たぶん免疫力が低下して赤信号が点灯状態でした。
この一週間はようやく一息つけたので、だいぶ回復。来週からまた忙しくなるけどね。

矢のように時間が過ぎ去る中で、子供達も成長しているわけでして。
長男は大学4年、次男は高校3年になりました。早っ!!
4月にしみじみと学年の変わり目の記事でも書いてるかな・・・書いてないね(^-^;

さて今回は久しぶりに次男のことを書きますね。



次男は高校でフェンシングをやっていまして、自宅で筋トレや素振りに勤しむほど、
結構真面目に取り組んで、勉強よりも熱中している様子でした。
もちろん勉強もしっかりしてほしいけど、部活にしっかり向き合うのも大事だし、
一つのことを集中して続けることも大事なので、引退までは黙って見守ろうと思ってました。

高校3年生にとっては、6月の県総体が最後の公式戦となり、インターハイに行かない限りは
これで引退となります。そこに向けて毎日次男も頑張ってまして、毎週のように練習試合、
時には、東京の大会に任意参加して自己研鑽を重ねてきました。
(東京行きは自己負担なので、お財布が寂しくなりましたけど、次男のため!!)

あー、これでもう終わりなんだねえ。そういえば、一回も試合を観たことがないなあ。
近隣の体育館への送迎はしたことあるけど、試合は観てないのです。

これで最後の最後だし、総体も金〜月の期間で、たまたま夫も私も土曜は空いていたので、
これは応援に行ってみようと、次男に内緒で、会場となった気仙沼市へ向かったのでした。

気仙沼市は、宮城県の最北にあり、隣は岩手県になります。
仙台からだと車で2時間半位でしょうか。遠いので、私も夫も行ったことがありませんでした。
順調に流れて、午後3時に会場に到着です。

会場はこんな感じ。遠い場所のためか、ほとんど参加する生徒しかいなくて、
応援する他の生徒もいない感じで、保護者はさらにまばらでした。ちょっと寂しいね。
IMG_20170603_153735.jpg

フェンシングは個人同士の戦いになり、前に進んで、後ろに下がっての攻防なので、
白くて細長いシートが、試合のコートになっています。それも初めて知りました。
IMG_20170603_145821.jpg IMG_20170603_145913.jpg

次男はどこかな〜と探していたら、ちょうど歩いているところを発見。
「あれ? 何かのついでに来たの?」と若干驚いてはいたけど、まったく嫌がるそぶりなし。
「気仙沼で他の用事があるわけないじゃん。次男の応援に来たんだよ〜」と話したら、
「ああ、ありがとう」と喜んでくれていたので一安心。

全身白の試合用の防具を着用して、いつも見る次男とは雰囲気が違います。
電気を通すための特別なユニフォームなので、ぴったり長袖長ズボンだし、
これに金属でできたフルフェイスのお面をかぶるので、相当暑そう。
暑さとエネルギー対策に、ウィダーインゼリーとじゃがりこを差し入れ〜。

今は、フルーレという種類の個人戦をやっており、次男は1試合終えて勝った後でした。
すでに総当たりの試合は終わって、そこでの上位者によるトーナメントとのこと。
2試合目がもうすぐ始まるということで、良かった!見られる!! 

次男の試合が始まるまで、他の試合も少し見ていたのですが、ルールが全然わからない。
そのうえ、こっちが刺して点数取ったんじゃ?と思っても、その逆だったりで、本当に難しい。
これは応援したくてもできないタイプのスポーツですね。なるほど。

さて、次男の試合が始まりました。
試合が始まる前には、自分のコートの一番はじっこあたりにある電源装置みたいなところから、
長いリール付の電極みたいなのを引っ張り出して、ユニフォームの腰のあたりにつけます。
お互いに、相手の全身の数か所にフェンシングの剣を当てて、判定用のランプが点灯するかを
入念に審判がチェックしていました。装置なのか、剣なのか、防具なのか、どれかが悪くて、
うまく点灯しない人たちもいて、試合始まるまでが相当長いパターンも見かけましたよ。へえ〜。

IMG_20170603_154053.jpg

確か、規定の時間(3分位?)以内に規定の点数を先に取ったほうが勝ちで、
時間を超えた場合は点数が多いほうが勝ちだったかな、試合前に次男に教えてもらいました。

次男の試合が始まり、私はビデオ撮影係で、夫はスマホで撮影しながら、二人で応援です。
どっちが勝ちそうとかは全然わからないのですけど、次男が点数を入れるたびに、
聞いたことがないくらいの雄叫びを上げていたので、それでわかりました(笑)

他の選手はそんな大声上げてないので、普段の物静かな次男との違いに驚くとともに、
次男なりにフェンシング頑張ってやってきたんだなーと静かに感動しておりました。

試合結果は残念となりましたが、最後の最後で、目の前で試合を観戦できて満足です。

終わってコートから出て戻ってきた次男に、お疲れさまの言葉をかけました。
次男としては、このフルーレはあまり力を入れていないそうで、全然残念そうではなく、
明日のエペという競技のほうが力を入れているとのこと。そうか、前哨戦だったのね。

「じゃあ、明日も頑張ってね!」と激励して、二人で気仙沼を後にしたのでした。
思い切って、応援に来て本当に良かった〜。写真は気仙沼のゆるキャラのホヤぼーや(^▽^)/
IMG_20170603_164659.jpg

そして4日間続いた県総体が終わり、次男も無事に帰ってきました。
次男の学校からインターハイに出場する選手も数名いたのですが、次男はこれで終わり。
約2年間、ずっと真剣に部活に取り組んできたので、部活がない生活は落ち着かないかな?

・・・と思ってたけど、次の日に用事があって次男の部屋をのぞいたら、
もうすっかり勉強に集中しており、受験生モードの様子になってました。

「あー、これはやりきって、オン・オフがうまくできたんだな」と直感でそう思いました。
東京の試合にも2回行かせて、やりたいだけやらせて良かった。これできっと今後も大丈夫。

総体から約一週間後の6月8日は、次男の18歳の誕生日でした。
青春真っ盛りだね。誕生日おめでとう。ここまで健康で生きてくれてありがとう。
IMG_20170608_221917.jpg
 
これからは、受験生としてしばらくの間大変だけど、次男なら絶対合格できると思います。
第一志望はまだ揺れてるみたいだけど、部活での地道な努力と同じ気持ちで、頑張ってね。
家族みんなで応援しています。


posted by しゃーしゃん at 18:12| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

第33回仙台・青葉まつりに参加しました。

もう6月になりました。早い〜、早すぎます。
相変わらずのやること満載で、怒涛の日々が過ぎ去っていきますので、
なかなかブログ更新ができず、それもプチストレスになりますねえ。
なので、ストレス溜めないために、めげずにぼちぼち書いていきます。



仙台での5月のメインイベントと言えば!! 仙台・青葉まつりでございます。
こちらは公式サイト。http://www.aoba-matsuri.com/index.html
今年は5月20日(土)21日(日)に開催しました。

今年は、伊達政宗公生誕450年祭ということもあり、全国から伊達政宗公に
ゆかりのある武将の子孫等が集まってくださり、例年にない盛り上がりでした。

愛媛県宇和島からも、宇和島伊達家十三代御当主 伊達宗信氏(だてむねのぶ)が
政宗公の生誕450年を祝うため、宇和島伊達藩藩祖・秀宗公に扮し登場しました。
リンク先の時代絵巻巡行に、今回初めて参加してくださったそうです。
http://www.aoba-matsuri.com/kikaku/archives/65/

時代絵巻巡行や復興山鉾も大変見応えがありますが、青葉まつりといえば、
やっぱり仙台すずめ踊り!! 私の祭連(まづら)ももちろん参加しましたよ〜!
IMG_20170520_143250.jpg

一週間前には、青葉まつりを宣伝するために、「いちばん踊り」がありまして、
私たちも参加してきました。一番町アーケードをすずめ踊りが練り歩きます。
この写真で演舞しているのは、風羽里(ふわり)さん。とっても上手で優雅です。
IMG_20170514_152248.jpg IMG_20170514_152305.jpg IMG_20170514_152238.jpg

そして、青葉まつり本番当日。土曜の朝に準備していたら、全国放送で生中継が!
思わず撮影してしまいました〜。伊達武将隊が映ってました(^▽^)/
IMG_20170520_083114.jpg IMG_20170520_083119.jpg

私たちの祭連は、土曜は定禅寺通り流し、一番町通り流し、復興山鉾でのすずめ踊りをやりました。
他の祭連の演舞ですが、定禅寺通りを流すというのはこんな感じです。
普段は車しか通れない道路の上を、ケヤキ並木の下でゆったり舞うことができて、快感です。
IMG_20170520_180147.jpg IMG_20170520_180135.jpg

夜の復興山鉾の前に、少し自由時間ができたので、他の演舞を見たり、屋台で腹ごしらえ(o^―^o)
一杯500円でお好みのワインが飲めるお店もあり、仲間におごってもらいました〜。
本当はビールが飲みたかったけど(^-^; でも美味しゅうございました。
IMG_20170520_182401.jpg

土曜は宵まつりと言って、夜の復興山鉾が最高に盛り上がります。
たくさんの山車が定禅寺通りを練り歩き、そこにすずめ踊りの演舞が連なります。
復興山鉾が始まるために待機している一枚です。夜の定禅寺通りにライトが映えます。
IMG_20170520_185422.jpg

たくさんの祭連がすずめ踊りでくたくたになるまで盛り上がり、伊達の一本締めで終了。
終わった後の様子。達成感と、脱力感と、明日もあるよね、的な気持ちが混ざり合う。
IMG_20170520_200042.jpg IMG_20170520_200102.jpg

この日は、祭連のプチ打ち上げがあり、お互いを讃えあい、まずはいったんお疲れさま。
IMG_20170520_205158.jpg IMG_20170520_210454.jpg

明けて日曜は本まつり。この日は中央通り流しに始まり、メインの東二番丁通り流しに参加。
中央通り流しでは、アーケード幅が狭いので、観客の皆さんがよりいっそう近くに。
時間が余った関係で、いつもより多く演舞もできて、拍手もたくさんいただきました。

差し入れにいただいた、ずんだ餅とくるみ餅。うまー。
無料で配布されるリポビタンDとともに、今回のエネルギー補給源となりました。
IMG_20170521_124421.jpg

午後は、先に紹介した時代絵巻巡行がメインであり、とても盛り上がります。
とても豪華で見ていて飽きないだろうな〜と思うのですが、待機しないといけないので
まったく見ることができません。なので、出発する方たちを少し撮影。

こちら、ちょうど政宗公を祀る青葉神社の御神輿に遭遇。白装束の氏子さんがたくさん。
大ぶりの榊を持った方たちや、なぜか天狗の姿も。
IMG_20170521_132513.jpg IMG_20170521_132518.jpg IMG_20170521_132539.jpg

これらの巡行が終わると、最後にほとんどすべての祭連がすずめ踊りで連なります。
これが東二番丁流しなのですが、片側5車線位の道路を流して演舞するのは、本当に気持ちよいです。
でも、とっても距離が長いので、途中で「もう早く終わりたい」と考えてしまうほど。
今回147祭連が参加してますので、そのうちどれくらいが参加したのかな? 100位かな?

東二番丁小学校前からスタートして、定禅寺通り三越前でゴール。本当にへとへとです。
定禅寺通りでは、山鉾や演舞する祭連もあり、まだまだ盛り上がってます。
IMG_20170521_151527.jpg IMG_20170521_151537.jpg

最後の手締めまでに、つかの間の休憩。市民広場へ行くと、なんとむすび丸が!!
いつもの顔と違って、目に赤いラインの縁取りを入れたお祭り仕様になってました。
ほっぺたには、赤で「5/21」「むすび丸」と書いてあり、キュートでした(^^♪
IMG_20170521_151950.jpg IMG_20170521_152008.jpg IMG_20170521_152016.jpg

この週末は、仙台では珍しく連日夏日となり、とっても暑くて汗だくになりました。
土曜は、最高26.9度で来場者数36万5千人、日曜は、最高27.5度で60万6千人が来場!!
観客の皆さんの声援に励まされて、楽しく元気にすずめ踊りを演舞できました。

練習や本番で家を空けることができるのも、家族の理解あってこそ。感謝です。
また来年も、青葉まつりに元気で参加できたらいいな〜。
 
posted by しゃーしゃん at 20:39| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

泉ボタニカルガーデンへお出かけ。

5月5日はこどもの日ですが、次男は部活だし、夫も外出したし、
とっても天気は良いし、空では雲が呼んでいるし(写真)で、
IMG_20170505_084723.jpg

母・妹・私の女性三人で、泉ヶ岳方面、七北田ダム湖畔にある
泉ボタニカルガーデンへ行ってみました。
http://izumi-green.co.jp/botanical/index.html

小さな一つの山全体に、色々と季節の折々の植物や草花が植えられており、
季節に応じて、楽しめる植物が変わりますので、何度も訪れたい場所です。
4月〜11月までオープンしています。今年オープンして間もなくですね。

何度も訪れたいと書いたわりには、実は子供が小さい頃に来た記憶があるだけで、
それ以降、子供が大きくなったこともあり、全然来ていませんでした。
確か、ここができてまもなくの頃だった気がします。15年位前?

その頃の記憶で、確か結構山っぽかった気がするので、
ゆっくり少しずつしか歩けない母がはたして行けるのかどうか心配でしたが、
車椅子貸出の記述も見つからず、でも車椅子用の入口もあるし・・と思案するも、
まあ、花を愛でる訳なので、行ってみて歩かせてみて、考えようとなり出発。

9時頃に出発して、10時頃に到着。9時半開園なのに、第二駐車場があと2〜3台で満車でした。
チケット売り場で尋ねたところ、車椅子の貸し出しはしてないとのこと。
これは母に頑張って歩いてもらうしかありません。

入口付近から春の花々で一杯。気分が高まります。草花の販売もしていました。
IMG_20170505_122615.jpg IMG_20170505_122312.jpg

白いチューリップが印象的。手前の青い花はネモフィラですね。
この花壇を進んだところに、クリスマスローズがたくさん咲いていたのですが撮影忘れ。
IMG_20170505_122131.jpg IMG_20170505_122121.jpg

こんな感じの道が延々と続きます。両脇に草木が生い茂る小道。これは近道ルートだったかな。
正式も近道も、車椅子が入れる広さではなく、曲がりくねった坂道なので、無理ですね。
IMG_20170505_104548.jpg

正式ルートは気持ちばかり歩道が広めで、両脇に立派な見ごろのシャクナゲが満開でした。
帰り際に撮影しようと思っていたら、帰りは近道ルートを通ったので、そちらのシャクナゲを。
近道ルートはもっと道が狭く、やや日陰になる密集度合いなので、花の咲く時期が遅めかなと。
IMG_20170505_104711.jpg IMG_20170505_120831.jpg
IMG_20170505_121809.jpg IMG_20170505_121822.jpg

山なので、遅めの桜もたくさんありました。
IMG_20170505_120639.jpg IMG_20170505_121516.jpg

入口から、山の斜面をゆっくり下りる形で、散策ルートがあります。
下りるだけなのですが、やはり坂道ということもあり、階段でもないので、
母は少し大変そうでした。本当に途中何度も休みながら歩いていきました。
まあ、その分花をゆっくり眺めることができたけど。

山を下りる途中で、広場が見えてきます。隣接する七北田ダムも見えました。
IMG_20170505_103903.jpg IMG_20170505_104048.jpg

母を励ましながら、ようやく広場に到着。迎えてくれた花々たち。
IMG_20170505_105110.jpg IMG_20170505_105359.jpg
IMG_20170505_105319.jpg IMG_20170505_105335.jpg

広場から見上げた、下りてきた山の斜面。わかりにくいがシャクナゲがたくさん咲いてます。
本当に山ですね(笑)
IMG_20170505_112920.jpg

広場から見上げた空。気持ちよく、晴れていました。着て良かった^!
暑いくらいでソフトクリームを食べましたよ。
IMG_20170505_113005.jpg IMG_20170505_113041.jpg

こんな幻想的な太陽も。
IMG_20170505_115133.jpg

広場の周りにある薔薇園はまだ咲いていませんでした。そこから更に下り、大きな桜をパチリ。
IMG_20170505_113322.jpg IMG_20170505_113337.jpg

帰りは、今下ってきた山道を、なんとか登っていくしかなくて、せめてもの近道ルートを使い、
母を引っ張りあげながら、休憩をこまめに取りながら、なんとか入口まで戻ることができました。

来年は、母は無理かなあ・・・。同じように歩けていれば行けるかもしれないけど。
すごく綺麗な花がたくさんなので、足腰の弱い高齢者も楽しめるような工夫があると
もっと良いと思うのですが、自然の地形を生かした植物園という感じなので、難しいですかね。

12時半頃にガーデンを後にしましたが、上下ともすごい渋滞で、皆さんお疲れさまですな感じ。
行きも帰りも渋滞とは無縁で、とってもラッキーでした。
今度は、薔薇やアジサイの季節に来てみようかな。
 
posted by しゃーしゃん at 23:18| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

蔵王へドライブ

GW9連休、早くも8日目も終わろうとしています。
お彼岸やお盆の連休とは違って、本当に休みを満喫している日々です。
前半は、次男のインフルエンザ看病がありましたけど。

29日は、すずめ踊りの練習に、次男の看病。
30日は、次男の高校でPTA総会、学年懇談会、クラス懇談会。
1日は、色々掃除に、青麻神社春季大祭へ。次男も少しずつ復活。
2日は、妹が帰省してきて、一緒に父方実家に行って、ちびっこちゃんの小学校入学祝い。
3日は、大人4人で蔵王へ。雪の壁とお釜を堪能して、蔵王酪農センターでチーズハンバーグ堪能。
4日は、妹とアウトレットへ行ってお買い物。
5日は、母と妹と3人で、泉ボタニカルガーデンへ行って、春の花々を堪能。
6日、今日はすずめ踊りの練習。妹も東京へ戻りました。

・・・と、何だかんだ毎日アクティブに過ごしていた連休でしたね。
一日何もせずにのんびり、ができない性格です(^-^;



さて、4日に行った蔵王へのドライブの話を書きますね。

とってもいいお天気だったので、4月21日に開通した蔵王エコーライン目指してドライブ。
蔵王山は標高1,841mのため、積雪が半端なく、4月下旬まで冬季通行止めになります。
山頂へ至る道が除雪されて、ようやく開通したので、母・夫・妹と私の4人で行ってきました。

高速がかなりの渋滞になっていたので、早々に降りて一般道で向かいます。
杜の湖畔公園近く、釜房湖からも蔵王がよく見えるほどの良いお天気です。
IMG_20170503_104320.jpg

蔵王エコーラインの麓から中腹に至るあたりは、春の芽吹きを感じさせる、新緑の樹々の
若々しい色合いを堪能できました。今年は桜も早く咲き終わってましたが、八重桜や山桜は
ところどころで見かけることができましたよ。そして、空にはこんな雲も。
IMG_20170503_113929.jpg IMG_20170503_113944.jpg

エコーラインももう終盤というあたりで、急に積雪が目につき始めます。
まだかな、まだかな〜と期待していると、ドーンと雪の壁が登場!!
この時期、限定の景色です!! これを見にみんなドライブに来るわけです。
IMG_20170503_114602.jpg IMG_20170503_114855.jpg
IMG_20170503_114901.jpg IMG_20170503_114920.jpg

雪の壁は、たぶん10m近くあります。両脇にそびえると圧巻です。
渋滞になりましたので、まじまじと接写もできました。
IMG_20170503_115016.jpg IMG_20170503_115227.jpg
IMG_20170503_115232.jpg

蔵王ハイラインに入り、蔵王山頂へ。ここまで来ると雪の壁はなくて、お釜を見たり、神社にお参りします。
山頂から臨む、遠くの山々。よくわからないけど、月山方面かもしれない(^-^;
IMG_20170503_124701.jpg

天気がとてもよくて、山頂なのに半袖の方もちらほら。ちょっと歩けば確かに汗ばむかも。
今回のお釜は、表面が凍っていましたが、相変わらず素晴らしいエメラルドグリーン。
IMG_20170503_130922.jpg

蔵王山頂は、麓の天気がいくら良くても、雲がかかったりして、なかなか難しいのですが、
この日は本当に遠くまで、太平洋に浮かぶ船まで見渡せるほどのお天気で、とてもラッキーでした。
初夏の日差しを思わせる快晴でした。

少し遅くなりましたが、帰りに蔵王酪農センター内にあるチーズシェッドというお店でランチ。
http://www.zao-cheese.or.jp/eat/cheeseshed/

何だかんだで15時過ぎになったのですが、待ち行列があるほどの人気。
名物メニューのチーズハンバーグを注文。チーズがとろーり濃厚で美味でございました。
外のテーブルで食べたのも、気持ちよかったです。
IMG_20170503_153524.jpg

チーズハンバーグは、スープ、ライス、爽健美茶がついて1010円とリーズナブル。
でも分量としては女性向けかな。男性は物足りないかも。
他にもチーズを使ったメニューが色々あるので、次回はチーズフォンデュに挑戦したいです。
IMG_20170503_151835.jpg


posted by しゃーしゃん at 23:52| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

ホワイトデーのお菓子

5月になりました。早いものですねえ、と記事を書くたびに痛感します。

私は、ゴールデンウィークに突入しまして、夢の9連休を過ごしております☆
まあ、それまでにひたすら仕事し続けてきましたので、ご褒美のお休みです。
この期間で、好きなことや放置していたことを少しずつやっていければと思います。
できるだけ記事もアップしていきたいな〜。



というわけで、3月のお話を。ホワイトデーのお返しのことです。

例年どおり、バレンタインデーには、家族の男性陣にチョコレートをプレゼント。
そして、これまた例年どおりに、ホワイトデーにはお返しのお菓子をもらいました。

長男からは、ステラおばさんのクッキー。夫からは、リッチにゴディバのチョコ!
IMG_20170501_201826.jpg

次男からは、チョコやクッキーの詰め合わせ。自分で色々と少しずつ買って、ラッピングしたそうです。
クッキーは紅茶の葉が練り込まれたもので、質が高い。パッケージも綺麗です。
こういうところに、次男のセンスの良さを感じます。少ないお小遣いなのにすごい、すごい。
IMG_20170323_222648.jpg

そんな細やかな気配りができる次男ですが、今年のホワイトデーにすごいことをしました。

ホワイトデー前日夜に冷蔵庫を開けたら、ミニドーナツが山盛りでお皿に入って、
ラップかかっていて、その上に「✕」と書かれた紙が置いてあり、なんだろう?と思ってたのです。
「✕」だから「食べるな」ということかしら、とスルーしてました。

そしたら、次の日、ホワイトデー当日に、なんと次男が手作りしたものだと判明!!
ドーナツの形が揃っていたから、まさか手づくりとは思わなかったですよ。
その残りのドーナツがこちら。いまいちな形のものだけど十分です。
IMG_20170322_220424.jpg

部活の女子3人から手づくりチョコをもらったから、手づくりでお返し、という発想に至ったそうで、
ホワイトデーのお返しに、手づくりドーナツを作って、配ったということだそうです!!
いや〜、まさに次男らしいエピソードで素晴らしい。次男ワールド。

なぜ、手作りしたことに親が気づかなかったかというと、どうやって作ったらいいかという相談や、
材料費をくださいという相談は一切なかったし、台所もいつもどおりに復旧してあり、
お菓子作りをした跡が一切なかったからなのです。そこが次男らしいところであります。

次男に聞いたら、油をフライパンに入れて揚げたらしい。
ドーナツの生地は、小麦粉や卵などネットで見たレシピを参考にしたとか。
ドーナツの型抜きは、コップで丸く抜いて、真ん中の穴はペットボトルのフタでくり抜きだって。
道理で綺麗な揃った形になっていたわけですね。
私が相談を受けていたら、「ホットケーキミックスが簡単よ〜!」って言ってたわ。

それを聞いた後に台所をチェックしてみると、小麦粉は輪ゴムで閉じて引き出しにあり、
ベーキングパウダーは乾物入れのカゴに入っていて、バニラエッセンスは調味料棚にありました。
これ全部自分で買ったんだよね、お小遣いなくなったでしょう。催促しないのよね、次男は。

あ、だからシンク脇に、ペットボトルの蓋があったのか、そうかそうか。
蓋の話をしたら、「あ(しまった片づけ忘れた)」という反応が可愛い。
使った油もきちんと片づけてあり、素晴らしい。

ちょうど春休みで帰省していた長男が、女子に配った残りをもらったそうですが、
外側はさっくり、中はふんわりで美味しかったって! いいな〜。
ラッピングは100均で買ったとか。

でも、手づくりドーナツもらった女子たちはどう思ったかな?
義理なのに、逆に引かれてしまってないかな?と余計な心配が募る母です(^-^;

そして、なぜか私やおばあさんの分はないと言われたのでがっかり。
でも、冷蔵庫に残っていた写真のドーナツをもらって食べましたよ。美味しかった!
たぶん、形がよくないとかで渡さないと思ったのでしょうね。

一人で材料やラッピングを買って、一人でネット見ながらドーナツ作って、
一人で片づけもして、女子向けにラッピングして・・・という姿を想像すると、
「もぉ〜!次男ったら!」と言いたくなりますです。

普段、インスタントラーメンくらいしか作れない次男が、
なぜに一足飛びにドーナツ作りに挑んだのか、それは次男が次男たるゆえんです(´∀`*)ウフフ

この次男の心意気をわかってくれる女子がいつか現れてくれるといいなあ。

次男は静かにそばにいるタイプで、「気兼ねなく話せる優しい人」という友達として重宝されて、
一番恋人として選ばれにくいかもしれない気がしてならないのだけど、
結婚して一緒に暮らすなら、とてもいいと思うのよねえ。

ただ、時々、「え?」という次男ワールドが飛び出るので、
それを理解してくれる人なら大丈夫だと思う。そういう方と巡り合ってね。
 

posted by しゃーしゃん at 21:38| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

春になりました。

前回の記事は3月6日ですか! もう一か月以上経過している・・・。
3月の怒涛の日々と新年度の変わり目で、心身とも疲弊してブログどころではありませんでした。

まあ、Twitterでは日々つぶやいていますが、あちらは流れていってしまうので、
やはり私のベースはこちらのブログです。ここに記録しておきたいことが一杯ある!!
あとは時間の捻出と、私のやる気スイッチが揃うタイミングが肝心なのですよね。

3月は、東日本大震災慰霊のための巫女舞奉納を無事に終えたと思ったら、
通常の家事・仕事に加えて、恒例の年度末の怒涛の仕事の日々、
そして春のお彼岸のお墓参りウィーク、などなど、相変わらずの休みなし状態が続き、
そのまま新年度を迎えて、これまた組織変更や上司変更などもあり、
どうなるのやらと思った矢先に、自分の身体が悲鳴を上げて、首と肩が痛すぎて、
整体へ駆け込み、3回の施術だけで治って、ようやく普通の生活に戻ったこの頃でございます。

いや〜、毎度わかっているのですが、自分のケアが一番後回しになるのが続くと、ドカーンと来ますね。
2年位前にも首から腰にかけて痛くなって、寝違えたようになって、整体で治療したのですが、
その後は定期的に整体に行くでもなく、ストレッチもせず、何もせず・・・でしたので、
ここ一か月ではなくて、おそらく2年の間に蓄積した疲れが爆発したのだと思います。

もう若くはないのだから、もう少し自分の身体に目を向けて、こまめにケアしていこうと思います。
痛くなると、ほんとに何もできなくなる、あるいはできる範囲が狭まるからね。

そんなこんなで日々を過ごしている間に、仙台もいつの間にか春本番を迎え、桜の季節になりました。
今年は少し早く、お花見も終わった感じです。でも八重桜や枝垂れ桜、山の桜はまだ咲いてますね。

桜の写真もありますが、それは別の記事で上げるとして、その他に撮りためていた花の写真をいくつか。

神棚にお供えする榊の花。この時は、国産の榊を買ってみたんだけど、
ピンクがかった花が咲いていて、とても綺麗と思ったのですよ。いつもは白なので珍しい〜。
IMG_20170402_191155.jpg

ミニシクラメン。何年か前に買ったものだけど、水やるくらいしかしてないのに、
毎年夏過ぎからずっと花を咲かせてくれている。今もたくさん咲いてます〜。
IMG_20170406_195114.jpg

我が家の庭に咲いていた水仙。母が摘んできて、台所に飾ってました。
黄色の花はパッと華やぎますね。春の雰囲気が一気に漂います。
IMG_20170408_185238.jpg

我が家の梅。今年は新しい枝がニョキニョキ伸びていて、とても元気です。良かった!
小さな植木なのですが、梅の花も思ったより多く咲いて、安心しました。
IMG_20170416_121415.jpg IMG_20170416_121353.jpg IMG_20170416_121242.jpg

春の花の定番、チューリップも咲き始めました。夫が以前植えたプランターを放置していたのに
勝手に成長してきて、こんな綺麗に花が咲いています。
IMG_20170423_113641.jpg

もう4月もあと1週間になりますけど、楽しく連休を過ごせるように、頑張るぞ〜!
(そして、もっと更新頻度も上げよう・・・)

posted by しゃーしゃん at 21:24| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

春の花、桃の節句。

今年の冬はとても雪が少ないし、仙台でも気温高めが続いています。
あまり氷点下にならず、朝に震えながら起きるというのがない。

なので、我が家の庭の草木も、春に向けて芽吹き始めるなど、準備が早いです。
日当たりの悪い庭なので、他のお宅ではもっと色々と花が咲いているかもしれませんが。

こちらは梅の花。日陰なので、まだまだ蕾が固くて小さいですね。
IMG_20170304_133339.jpg

でも今年は例年と比べてたくさん咲きそう。
新しい枝がニョキニョキたくさん出ていて、それも初めて。

父が植木鉢の状態で買ってきて、そのまま庭に置き、何年間も成長せず、
ダメかしらと思ってたけど、なぜに今年になり急成長? 
日陰なのにね。昨年、カイガラムシ退治したからかな?

こちらは、玄関の花瓶に活けた、桃の花。菜の花。スイートピーなど。
桃の花が一輪だけ咲いていたので撮影してみました。
IMG_20170304_134556.jpg IMG_20170304_134225.jpg

そういえば、仏壇の花瓶にも、桃の花を飾っていたのでした。
こちらのほうが部屋で暖かい分、花開いてますね。
IMG_20170305_112111.jpg

桃の花は、蕾がとても濃いピンクだけど、花開くと、濃いピンクが淡く見えるね。
その下の開き始めの花は濃いピンク。菊やカーネーションのピンクとも違います。

桃の花といえば、桃の節句、ひな祭りなり。
我が家には息子しかいませんが、私と母という女子(笑)がいますので、
ちらし寿司を作ってみましたよ〜。道明寺も食べました。
IMG_20170305_192029.jpg

これから、もっと花が咲く季節が来ますね。待ち遠しいです。
 
posted by しゃーしゃん at 22:40| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

榊の花が咲きました。

いつの間にか3月に入りましたね! ご無沙汰しています。

2月は1つしか記事アップできませんでした。
たくさん書きたいことはあったのに、なかなか難しいのはなぜかしら。
自分のこだわりがあるのと、日々の時間創出の難しさが原因なんだけど、
これからはそこをどうにか変えていきたいなー。

まあ、変えても変えなくても、あまり誰も見てないブログなので、関係ないか。
いや、だからこそ、自分の好きなように自分ルールを変えていけばいいよね。

さてさて。
神棚に飾っている榊なのですが、葉っぱだけしかないと思いきや、
先日、水を交換しようとしたら、葉っぱの裏側にあった蕾が花開いているではないですか!!
C5kvpoHVMAAIJk7.jpg

榊を買った際に、蕾がついてるのはよくあるのですが、そこから花が咲くのって、案外難しいのですよ。

以前、花屋さんで、榊の葉っぱに水を吹きかけておくと、花が咲くよ〜と教えてもらい、
何の気なしに、数週間前からやってみたら、うまくいったようです。
あとは気温も関係あるかもしれません。

葉っぱの裏側にあるから、咲いてもすぐには気づきづらいよねえと考えていたのですが、
あれ?でも花はそのまま神様のほうを向いているから、それで正解なんじゃない?と
ふと気づいて、勝手に腑に落ちたりしていた日々でした。

物事の視点を180度変えるだけで、全く違う風景、違う理由が見えてくるものですね。
誰の視点で物事を見るか、見られるか。その視点の場所に、ためらいなく立つことができるか。

難しいことはさておき、榊の花が咲くことは、私にとってプチ幸せ。

プチ幸せを見つける、感じることが大事だなーと思うのですよ。
それが他人にとってはどうでもいいことでも、自分が幸せであれば良いのです。

夫と話していて、夫の大好きなコーラと大福が揃っていて、「それは幸せだねー」と。
あなたの幸せを、私も受け止めますよ。

毎日、少なからず嫌なことや、苦しいことや、辛いことはあるんだよ。
だけど、一つでも、幸せだと思えることに巡り合う、幸せと感じることができるなら、
それが一番、自分の人生に彩りを添えてくれるのだと思います。

嫌なことや苦しいこと、辛いことを帳消しにはしないだろうけど、
少なくとも、幸せな時間が積み重なってはいくよね。
きっとそれの繰り返しができれば、たぶんOKなんだと思う。

プチ幸せを感じて、見つけていこうと思う、3月1日なのでした。
 

posted by しゃーしゃん at 23:04| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

妹の誕生日

先週、2/8は妹の誕生日でした。

例年、メールで「誕生日おめでとう」と伝えるだけで終わってしまうのですが、
今年はたまたま東京出張が重なって、妹に直接おめでとうを言えました。

妹の誕生日を一緒に直接お祝いすることって、何年ぶりだろうか。
いや、何十年ぶりかもしれないです。だって、この時期にお互い行き来しないですから。

東京での仕事(研修)を終えて、妹の家で、二人でゆっくりと、誕生日パーティーです。
辛いペンネ、生ハムと野菜サラダ、きのこソテー、チーズなど、美味しいつまみが揃って、
美味しい赤ワインが進みます。もちろん、いちごのショートケーキも食べましたよ。

前日から泊めさせてもらったので、誕生日当日朝に、妹に「おめでとう」と言えました。

そして、サプライズでプチプレゼントも渡せました。
愛媛あたりの有機栽培の柚子を使ったハンドクリームと、ピンクの岩塩のバスソルト。
とても喜んでくれたので、準備しておいて良かったです。

誕生日の朝、出勤途中で見つけた梅の花。東京ではこの時期が満開なんですね。
IMG_20170208_071521.jpg

仙台ではぼちぼち咲いてるところもありますが、まだまだですね。
我が家の日陰にある梅の木は、つぼみがようやく出てきたところという感じ。

そんな寒い時期に、妹が生まれたのだよねえ。私は8月の真夏だったので真逆です。

以前にもまして、母のことや長男のことなど、相談に乗ってもらうことが多くなって、
姉妹(兄弟)がいて、本当に良かったなと感じるこの頃。

また、来年も、素敵な誕生日が迎えられますように。
そして、これからの一年も、妹にとって幸せな一年になりますように。

妹と素敵な時間を過ごすことができて、神様に感謝です。ありがとうございます。
posted by しゃーしゃん at 21:15| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

父の七回忌

どんと祭の次の日、1月15日の日曜日、父の七回忌を執り行いました。

三回忌が終わってしばらくゆっくりだな〜と思っていたら、あっという間に6年経過ですか。
東日本大震災の直前に亡くなっているので、あれからもう何年というのがわかりやすいです。

今回は、母方の親戚は呼ばずに、父方の親戚と私たち家族だけで、こじんまりと行いました。
だんだん、親戚も高齢化していて、あまり無理にお誘いしても大変ですから。

ちょうど大寒波が日本列島を襲い、しかもセンター試験と重なる週末で、
あちこちで大雪の影響があったようですが、たまたま仙台は大雪にはならず助かりました。

法要の前日は晴れて、妹とお墓掃除をしたり、法要に必要な花やお供え物等の買い物も
滞りなく済ませることができました。引き出物も事前に準備済みです。

深夜に少しだけ雪が降り、当日朝は1cm程の積雪となりましたが、
朝から晴れて、気持ちよい青空となったのは、本当に良かったです。

10時からお寺で法要でしたが、雪だったせいか、皆さんとても早く到着されて、
9時半には到着していた様子。我が家が一番遅くお寺入りしたのでした。
(といっても、15分前には入ったけど)

本堂に、お花とお供え物を飾り終えると、すぐに七回忌法要が始まりました。
皆さん揃ったので、10時まで待つこともないし、何より寒いですからね・・・。

ご住職の唱えるお経を聴いていると、最初は般若心経でした。
なるほどこういうリズムやタイミング、伸ばし方もあるんだなと思いつつ、聴いておりました。

そしてお焼香です。まずは家族から。
私は二番目。順番を待つ間、なぜかにこにこ顔になる自分。なぜでしょうか、嬉しい気持ち。

家族、そして親戚の焼香が続く中、ご住職のお経に耳を傾けると、「ねんぴーかんのんりき」と。
あ、このお経は、なんというタイトルか忘れたけど、御霊様が喜ぶというお経だ!
ああ、こういう時に唱えてくださるお経なのねと一人納得。

今確認しました。「妙法蓮華経観世音菩薩普門品偈(ふもんぼんげ)」というお経です。
法華経(ほけきょう)、つまり妙法蓮華経は8巻28品に分かれ、「観音経」はその中の25番目。
それがこの普門品偈だそうです。「かんのんりき」とは「観音力」です。
観音様のお力で、救っていただくということなのかな。

(いいお経を唱えてもらって、みんなにお焼香してもらって、父も幸せだよね〜)と考えていたら
最後のお焼香が終わったと同時に、胸の中が何とも言えない嬉しい気持ちになって
うっすらと涙ぐむ感じになりました。

あれ? もしかしてこれは、父がここにいて、気持ちを投影してきたのかな?
「みんな、ありがとう」ということを伝えたかったのかなと感じた出来事でした。

本当かどうかは問題じゃなくて、そう感じたので、きっとそうだと思う。それでいい。

法要が終わり、みんなでお墓参り。積雪はなかったけど、やや風が冷たかったです。
お墓用の花は、春を先取りした花束。桜の花、チューリップ、菜の花などが綺麗。
みんなにお線香あげてもらってよかったね。

その後は、会席まで時間があったのでちょっと自宅でお茶飲み。
そして、自宅から近めの仕出し料理店で、法要会席をいただきました。

新しくできたお店で、初めて利用したのだけど、料理の味付けや盛り付けがとても素敵で、
品数も多かったし、持ち帰り用のプラパックも最初から準備されていたし、良かったです。
お年寄りが多かったので、机に椅子というのも評価が高い。
天つゆも、着席してから、温かいものが運ばれてくる気遣いがあり、次回も利用しようと思いました。

そのお店で解散。11月頃から準備していた七回忌法要、無事に終わって一安心です。

そして、1月20日の命日は平日でしたので、5時に起床して真っ暗な中、一人でお墓参りに。

すでに本堂には灯りがともっています。でも駐車場には私の車だけ(当たり前か)。
真っ暗な中のお墓参りは怖いように思えますが、これが全然怖くないのですよ。

前日に用意していた、多めの果物やお菓子をお供えして、線香に火をつけます。
雲が張り出していましたが、隙間から下限の月と、右横にひときわ明るい星が出て、
私の手元を照らし出してくれたような気がしました。

果物とお菓子の香りが充満して、お線香の煙ももくもくです。
死んだ方は香りしか楽しむことができないと聞いてますので、父も味わってくれたかな。

温かいお茶の残りをいただいて、お供え物はすべて森の中へ。施餓鬼供養としました。

これで、本当の意味で七回忌を終えることができました。今年の一大イベント、終了。

次は、十三回忌、あと6年後です。みんな元気でいられますように。
 

posted by しゃーしゃん at 22:18| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする